仕事辞めたい20代は早めの判断で転職すべき理由 30代の転職は無駄にめんどくさい

悩む女性

20代くらいだと新卒で入った会社での仕事のキツさにけっこううち皮脂が照れているんですよね。あなたもそうじゃないですか?

私も新卒で入った地銀を入った1年目から辞めたいと思いました。しかしまあ、新卒カード使った会社をそう簡単に辞めたらヤバいんじゃないかとか仕事を簡単に辞めるのってちょっとヤバいんじゃないか?とか思ってズルズルと30代まで勤めてしまったんですよね。

結果としてその後あまりの激務でうつ病になって会社を退職して転職する羽目になったわけですけど、結果論だけ言うと本当にさっさと辞めて20代のうちに転職活動をしておけば良かったと思っています。

けっこう新卒で入った会社で「こりゃあ辞めたいな・・・」っていう直感って当たるんですよね。というか、そりゃあ新卒カードつかって入った会社ですからなるべく辞めたくないのはだれでも思うんですよ。 それでもどうしても辞めたくてしょうがないっていう直感と言うか思いはけっこう当たるんですよね。

「仕事が激務すぎる長時間残業でサービス残業」

「ノルマがきつ過ぎる仕事 毎日追い込まれる」

「パラハラ上司に罵倒されイジメられる」

「会社の経営がヤバい」

「そもそも会社の経営方針がまったく共感できない」

とかこういった理由のどれかが辞めたい理由のメインになってくるともいますけど、けっこう新卒で入った時って仕事を覚えるのにイッパイイッパイ辞めたいとは思いますけどリアルな「退職」のイメージはそんなにわかないもんです。

実際嫌だと思いながらもズルズルと30歳くらいまでになるで務めてしまいます。けっこうあっという間に年月はすぎさりますからね。 ここがけっこうヤバいところで、20代って一番転職しやすい年代なんですよ。でも逆にちょっと気抜いているとすぐに30代になってしまう危険な事なんですよね。

そう、それこそちょっと悩んでる間に私もあっという間に30代になってしまって、辞めたいと思いつつもズルズル会社に勤めていました。その挙句にうつ病になって休職→退職と言うことになったんですよね。

30代になって転職活動ってけっこうきついものがりました。それでも私は製造メーカーに入って定時で帰れる仕事にありつくことができたんですけど、今思うと本当に26~28くらいまでには新卒で入った会社辞めて転職活動すればよかったと今でも思っています。

というか正確には20代後半の時に、仕事をしながら転職活動はやっていたんですけど、ハローワークとかつかって転職活動やってたので全然うまくいかなくて結局あきらめてしまったんですね。 今考えると転職活動に使う転職ツールの判断から間違っていたので、かなり後悔しているわけですよ本当にね。

20代で仕事を辞めたくなるのはたぶん9割くらいですね そこで長期的期な視野でこの会社に勤め続けられるかどうかを判断すべき時です

たぶん9割くらいの人が20代で仕事辞めたくなるわけですよ。

もともと人間なんて拘束されて人から命令されるのって嫌いですから、働くこと自体が嫌いなわけです。働くのが好きとか言ってる人ってちょっと気持ち悪いですしね。そういう社畜

はどうでもいいとして、ふつうは仮に仕事は好きだったとしても、上司が嫌いだったり、給料がやすくてきつかったり、仕事が長時間労働で体がきつかったりとまあ不満点はいくらでも出てきます。だからおおよそ9割以上の人が20代で会社を辞めたいと思うわけです。

ただ、その辞めたい理由の内容によって実際に辞めるかどうかを判断すべきなんですよね。当たり前のことなんですけどね。

本当にブラック企業で長時間労働でパラハラ上司がいて給料が安いとかいうもう、どうしようもない会社だったら迷くことは無くて即その会社は辞めて早めにまともな会社を探すべきなのは言うまでもありません。

ただ、それ以外の仕事はきついけどブラックって程じゃなくてグレーな会社とか、人間関係も耐えられないほど悪くないけどちょっと微妙だったり、給料もこのくらい

が妥当かどうか・・・でも不満があるなあ・・・・とか辞めるかどうかの判断に踏ん切りがつかない場合が多いんですよね。

特にまじめな人ほど、仕事を頑張って耐え抜いてしまいあすから、それが跡で命取りになることもリアますけどね。私のパターンなんですけどね。きつい仕事を頑張って耐え抜いた挙句うつ病になって退職するという悲惨なケースです。

そうならないためにも、どういう風に辞めるかそれとも継続してこの会社で仕事をしていくかを判断するためには

「定年まで働いている自分をイメージできるかどうか」

これが一番重要です。これってホントにシンプルですけど、50代後半とかでも自分で今の会社で働いていることがイメージ出来たらその会社は辞めないほうがイイです。

働いているイメージと言っても、本当に嫌で耐えながら働いているというイメージではなくて、普通に多少の楽しみもアリながら淡々と働いているイメージですね。

もちろん仕事なんて楽しくないのがフツーですけど、自分なりに淡々と50代後半くらいでも働いているイメージができる会社なら不満があっても残るべきですね。

逆に、とても今の仕事をやっていて定年まで働けるイメージが全くわかない・・・・・たとえば

「20代の今でもきつい仕事なのに40代以降にはとても続けるなんて無理だ」

「この仕事をあと10年とかやったら死ぬかもしれない」

「もう本当に嫌だあと数年も仕事持たないかもしれない」

「ストレスがたまりすぎて寿命が縮まりそうだ」

「そもそもこの会社って経営がヤバいし定年まであるかどうかわからない」

とかいって、定年まで働けるようなイメージが全くわかないならその会社を早めに辞めて、次の会社の移るべきです。できれば20代のうちに。そして転職活動をして

「定年まで働けるイメージのある会社」

にたどり着くべきです。転職活動しなければ当然ですけど、その会社で働くことになるので何も変わらないですし、ずっとそのままキッツい状況のままで人生を生きていくことになります。

とまあこうやって書いてますけど、会社辞めたい理由なんて、だいたいが

「仕事がきつ過ぎる、限界を超えている」

「上司にいじめられているパラハラとか」

「給料が安くて生活できない」

とこれくらいに集約されてきます。あとは細かい理由もありますけど、とにかく今の状況で定年まで自分が務めているイメージがわかないなら早めに行動していかないと

すぐに転職しやすい20代と言う時期は終わってしまいますからね。だからあまり悩みすぎるのもやばいです。こうやって長期的に勤めていることができるイメージができるかどうかで判断すべきなんですね。

関連記事:会社選びは成長性で選んでくださいね

大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

長期的な判断をしてみて「辞めるしかない」ということになったらすぐに行動を起こさないと30代になって転職活動の幅が大きく減るので早い行動が必要です

20代のうちに仕事を辞めたいと思ったら、上述のような「定年まで勤めあげることができるイメージ」ができるか、できないかを早めにやっておくのがいいです。

仕事も1~3年くらいやれば充分今やってる仕事内容もわかりますからね。というか会社全体の状況もわかってくるでしょう。

会社ってたしかに実際に勤めてみないとわからない部分もたくさんあります。会社のホームページではイイことばかり書いてあっても、実際会社に入るとそういった企業理念

みたいなのが、うろ丸出しってケースもけっこうあります。外面だけよくて、現場ではいいように従業員をこき使って過労死させてるような会社もありますからね。

その辞めるか辞めないかの判断も、できれば会社に入ってから5年以内にはしたいことろですね。そうしないと30代になってしまいますからね。私の方に転職活動で無駄な苦労をすることになってしまいますからね。

30代になってしまうと転職できないことはないですけど、やはり20代に比べると会社を選べる選択肢がグッと少なくなってきます。よくあるのが「未経験OK」の求人ですけど 30歳を境に少なくなりますからね。29歳と30歳では大きく求人の幅が違うということです。

それを考えると遅くても28歳くらいには転職活動を始めたいところです。転職活動もやり方によりますけど、会社に勤めながらやったりするとどうしても半年から1年くらいはかかることも想定しておかないといけません。転職活動をしているうちに29歳30歳になってしまうってこともありますからね。

そこで、悩んでいると私の保養に30歳を超えてしまって、転職活動に余分な労力を使ってしまうことになります。できればそういうことは避けたいところです。経験者の私が
いうのもん何ですけどめんどくさいですからね。

もともと20代で仕事を辞めたいと思ったら早めの判断が必要です 30代後半くらいになると仕事を辞めたいと思っても会社を変えることはなかなか困難ですからね

20代で仕事を辞めたいと思ってるんだったら早めの判断が必要なんですね。焦らすわけじゃなないですけど、どもみち「長期的に定年まで勤めるイメージのない会社」 ってのは途中で本当に嫌になるか、過労とかで体を壊したりする可能性がものすごく高いですからね。そうなる前に20代で長期で働けるイメージができる会社に 転職すべきです。

これが30代後半くらいになると結婚して家庭がある場合もあるし、なにより年齢が高くなると転職する難易度はガンガン上がっていきます。転職市場は完全に年齢至上主義で若ければ若いほど転職がしやすいってことになっています。これが現実なのでしょうがないんですけどね。

早めの判断と言っても新卒で入った会社なら5年くらいは判断の期間がありますし、何とかその間に辞めるか、それとも辞めないで今の仕事を続けていくかの判断をしてくべきですね。

その判断している間に社畜洗脳には染まらない下さいね。

「仕事やってる俺ってかっこいい」

「今月サービス残業250時間やったよ、頑張ったなあ」

「仕事我慢してやってる俺ってかっこいい」

とか意味不明な自己陶酔に陥って社畜洗脳になると、その仕事がおかしいっていう現実を直視しないで自分で分を自己完結してしまいます。

今やってる仕事があまりにもきついので、自己暗示を勝手にかけて現実を直視しないようにしているわけです。これってまあブラック企業の思うつぼなんですけど、

こういう奴隷がたくさんいればいるほどブラック企業の牙城は強固になってきますからね。自分が意味不明に仕事をやってる自分に酔っていないかどうかをチェックしてみてください。

といっても社畜洗脳にあってると極端に視野が狭くなるので、ちょっともう遅いんですけどね。こうやって書いて説得しても、もちろん周りのアドバイスとかあっても効かないケースが多いですからね。

そう社畜洗脳されるかもしれないという危険もあるという意味でも、早めの行動は必須となってきます。20代って意外とあっと言うまに終わってしまいますよ?

関連記事:社畜洗脳を解いてブラック企業を脱出する方法

ブラック企業を退職したいけど、上司に言い出しにくいとか、そもそもこの会社辞めたら行く所が無いとか思っている人は社畜洗脳されています。そうなるとブラック企業のいいように利用されるのでその辺に心当たりがある人は洗脳を解いてサクッとブラック企業から脱出すべきです。

転職活動するにしてもブラック企業の捕まらないようにするのはとても大事 焦らず転職活動をしていきましょう

20代の転職活動でブラック企業に捕まらないようにするには転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しいイメージもありますし、初めての場合って何からやっていいのかわからないことも多いです。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通に取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですね。ブラック企業じゃない求人があるっていう確認んにもなりますし、なによりこれからやっていく仕事を選ぶうえでの判断材料になりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)かリクルートエージェントを選択しましょう。

JAC Recruitmentもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

JAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

JAC Recruitment(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!