会社行きたくなくて吐き気・頭痛・下痢の症状はうつ病末期の状態 限界になる前に休職・転職すべき理由

うつ病イメージ

会社に行きたくないと思っている。これって誰でも思うことですけど、会社にただめんどくさいかいら行きたくないって人もいますしパワハラ上司がいてイジメられる、長時間労働でサービス残業でこき使われてもう本当に精神的に厳しい、もうダメだという人もいます。

こういった精神的に限界が近づいてくると、朝会社に行こうとすると

「吐き気・腹痛・頭痛・下痢

といった症状が出てきます。内科とかに行って検査してもらっても、体が病気と言うわけではなくこういった症状が頻繁に出るようになります。

こうなってくると「うつ病」がかなり重度になっている可能性が高いです。ソースは私です。というかネットで情報を集めればこの手のうつ病の症状はいくらでも出てきますしね。

こういった吐き気とか頭痛とかはっきりとして自覚症状が出てるときには、うつ病って相当重症になっています。心の中の風船が膨らみ切っていつ爆ぜてもおかしくない状況になってるんですね。

ちなみに、心の中の風前が爆ぜるとどうなるともいます?ある日突然、朝起きると布団から起き上がれないくらいに体が重くなっています。金縛りになったようで、

布団から起き上がっても、歩くのもしんどいですし、階段とかは上がるのも一苦労・・・ってくらい体が重くなります。そう、重度のうつ病が発症してしまうんですね。

すでに、吐き気とか頭痛とか初期症状が出てるにもかかわらず、我慢して会社にいってればそりゃそうなります。マジメでがんばり屋の人ほど

「会社を休んだら恥ずかしい」

「とにかくどんなことがあっても我慢して仕事は続ける方がいいことなんだ」

「死んでも仕事を続ける方がかっこいい」

とか思っていたら、まあそりゃね・・・ダメですよね。体がきつければ休養を取るべきですし、無理をするとそりゃ精神も肉体も悲鳴を上げますからね。

こうなる前に心療内科に行って診断書をもらって休職したほうが身のためですよ。

この状態でよくありがちな情報として「職場の環境を変える」とか「くよくよ考えないようにする」とかムリですからね

こういう会社に行きたくない状況をうまう乗り切る方法とかで

「職場の環境を変える」

っていうのとか

「くよくよ考えないようにする」

とかありますけど、無駄ですからね。

職場の環境を変えるっていうのは、異動願いを出したり、上司との関係を良好にしようとしたりとかするわけですけど・・・・・そりゃムリってもんですよ。

まず、異動願いとか出しても異動とか希望通りにできた人ってあんまり見たことないですし、そもそも異動の希望なんか受け付けない会社も多いです。

異動っていっても、1年後とかに移動できたとしても、1年も会社にいきたくなくて吐き気とか我慢して会社に行くってのは現実的じゃあありません。

あと、上司との関係を良好にする?パワハラとか嫌味言われる上司との関係を良好にする?いやキリストとかブッダじゃないんですから、普通の人間にはムリでしょう。そんなことをしても、そういった人間性がもうダメな人はダメですからどんなふうにコチラが接してもパワハラとか無くなりませんよ。

ヘタに下手に出て接するとさらにパワハラやイジメが加速するということになりますからね。

そもそも、うつ病になりかかってる状態でなんか、自分の方から積極的に動くのはむつかしいです。すでに吐き気とかの症状が出ているなら、精神的にそうとう疲弊していて、ただ、普段の仕事をするだけでも精いっぱいなっ状況になっているはずですからね。

結論を言うともう会社を休むしかないわけです。心療内科に行ってください。診断書をもらって休職しないとさらにうつ病が重症化して社会復帰が2~3年遅れることになりますよ。

会社は休職すればいいです 傷病手当金も出るしとにかく休んでください それでもってその会社に行きたくないなら転職活動したほうがイイですよ

復帰してもまた会社に行きたくない状況が続いて吐き気などの同じ症状がくりかえされるだけです

会社に行きたくない・・・・と思いつつ吐き気とか頭痛、下痢がある。これってもうかなり深刻な状況です。

マジメでがんばり屋な人ほど、

「まだ大丈夫だ」「まだ仕事はできるさ」

とか症状が出てる時点でも頑張ってしまって、さらにうつ病が重症化して、長期の療養が必要になってしまうことがあります。というかこれって私の経験でもあるんですけどね。

私も、マジメでがんばり屋ってタイプでした。いわゆる「イイ子ちゃん」だったんですよね。親の言うこととか聞いて、我慢するのが美徳の教育で洗脳されていましたからね。洗脳っていうか今の日本ではそういう教育がされますからね。

今ではネットの普及でそういったのが「ちがうんじゃないの?」っていう情報も得られるので、今時の若者は、そういう価値観も少なくなってきてると思います。

私くらい(アラフォー)だと子供のころネットも無かったですし、とにかく「がんばって我慢してやってればうまくいく」的な価値観だったんですね。

だから、そういった、行きたくないような職場でしかも行きたくなくて「吐き気」とか出てるくらい精神状態がボロボロなのに、それに対処するどころか

「がんばって我慢すればきっとうまいくいく」

みたいな訳の分からないこをと考えちゃうんですよね。こやって限界を超えて自殺をしちゃう人もいるんでしょうね。

会社を休職しても傷病手当金も出るので、そこまで生活の心配をする必要もないです。そんなことよりも、傷口が浅いうちに休養を取って心と体を休めるのが先決です。

関連記事:診断書をもらって休職する方法

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

会社を休職中に転職活動をするのもアリ 行きたくなくて吐き気が出るような会社にまた勤務したいですか?

会社に行きたくなくて吐き気は頭痛などの症状が出るなら、とにかく会社を休職すべきです。体と心を休めないとすぐに、心のなかのストレスでいっぱいになった

風船が爆ぜて本当に体が動かなくなるっていう、うつ病の末期症状になってしまいますからね。

さて、そういった会社を休んで、今後の身の振り方を考えてみるのがおススメです。私の場合は地方銀行にだったんですけど、もう、そういった行きたくなくて吐き気とか腹痛ですね。

それがあったばかりか、もともと会社に入ったときから辞めたくてしょうがなかったですし、ノルマに追われて上司からパワハラなんて毎日ですし、

「こりゃ、もう潮時だな・・・・」

といった、冷めた気分になりました。会社を休んでみるとこういったなんというか「冷静な判断」ができるようになるですよね。

そうなるとこの会社にいて休職した後に復職しても同じことの繰り返しだろうな・・・・と簡単にイメージができるわけですよね。やっぱり頭を冷やすっていうことは大事です。冷静になれば視野が広がって、別にこの職場じゃなくてもほかの職場あるしな・・・っていう

「あたりまえのこと」

を考えることができるようになります。

そして転職活動をボチボチと始めていったわけです。おかげで、ホワイト工場の製造業に手職できたわけですけどね。

ただ、転職活動でもハローワークやちまたにある求人誌とかではブラック企業がたくさん掲載されています。これはハロワとかが掲載企業を審査していないからなんですね。

転職エージェントでは、厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

優良な求人を紹介してもらって一度自分の目で見てみるのがおススメです。そうすればブラック企業じゃない求人があるとう確認もできますし、自分がやりたい仕事を選ぶときの判断材料になりますしね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (→公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!