第二新卒の就活は厳しいのは間違い 会社の知名度でなく成長性を重視すべき理由

選択肢

第二新卒での就活ってことは、新卒での就活に失敗したか就活をしないでそのまま卒業してしまったんですよね。

とりあえず、個人的には新卒で就活がうまくいっていわゆる「大企業」に入ってもあんまり幸せというか満足する生活ってできないんじゃないかと思っています。

大企業って仕事けっこうキッツいですよ。私はいわゆる金融機関の地方の大手に入りましたけど、仕事があまりにも長時間労働で金融機関なのにサービス残業とかあって、

ノルマも高くて上司もパラハラ上司が8割くらいっていう極悪な環境でしたからね。企業規模が大きいから劣悪な労働環境だけど給料はイイかと思ったらそうでもないというか

普通に中小企業と変わらないくらいでした。というかサービス残業やってるので時間給に換算すると普通にバイトと同じくらいでしたよ。

いや、これって大企業入っても意味ないんじゃね?とか思いましたね。まあ、私の入った場所がたまたまだったのかもしれませんけど、けっこう大手の会社に入った友人は

悲惨なくらいの長時間労働で頑張っていました。見事社畜になっていましたね(^O^)/ 大企業っていっても給料って時給換算し見るべきですよ。

大きな会社でもけっこうサービス残業やってるところが多くて驚きです。大企業が違法行為のサービス残業をやってるんだからそりゃ、日本全体がそういう風潮になりますよね。ダメだこりゃって感じです。

第二新卒の就活では大企業とかの求人はぶっちゃけ少ないです。というか大企業はほとんどが新卒採用なので、そりゃ当たり前ですよね。

 

「大企業に入れないから第二新卒の就活は厳しい」

とか言ってるならちょっと視点がずれているというか、大企業至上主義とか辞めたほうがイイですよ。どのみち仕事をメチャクチャさせられて思っているイメージの給料が

もらえないのが今の大企業の現状ですからね。高度経済成長期とは状況が全く違うんですよね。

第二新卒の就活が厳しいって何と比較して「厳しい」って言ってるんですかね もしかして新卒と同じように大企業とかに入れると思ってます?そりゃ無理ですよ

第二新卒の就活が厳しいっていうなら、何と比較して「厳しい」とか言ってるんですかね。

これって新卒の就活と比較して「厳しい」っていうならまったくもって比較対象が違うってことなんですよね。

ハッキリ言うと「新卒での就活」ってのはなんというか特別なんですよ。ユルイというかなんかマニュアル通りにやってれば普通に内定が取れるのが新卒の就活です。

新卒の就活で内定が取れないってのは、無意味に人気のある大企業ばかり狙ってるパターンがほとんどなんですよね。

恋愛とかっていい女とかいい男に一極集中するのですけど、それと一緒です。ただ、見た目がイイ男とかイイ女が性格がイイかは接してみないとわからないわけですよね。

恋愛なら、別れればいいだけですけど就活だと退職するのってめんどくさいわけですよね。

ぶっちゃけ大企業って、イメージとしては最近では「中身のない見た目だけの男」みたいなイメージですね。もちろんいい企業もありますけど、どっちかっていうと、ただただ仕事量が多い大企業がいっぱいです。

これってなんでかっていうと、いわゆる大企業ってもう会社で言えば「衰退期」に入ってる会社が多いんですよね。これから成長してっくことはありません。

人間の年齢で言えば50~70歳くらいの年齢の会社がいわゆる大企業ってやつです。

 

成長曲線

 

画像出典元 プラスワーク 成長曲線・ライフサイクルとはなんでしょうか?

大企業に入れないってのはたしかに第二新卒のデメリットと言われていますけど、わたしから言わせると別に大企業って無駄な仕事が多いですし、人間が多いので

変な上司とかもいっぱいいて無駄なストレスがたまりまくりですよ。しかも、名前も知られている大企業とかでも普通にサービス残業とかありまくりだし、やりたい放題やってる

のが現実です。ネームバリューとかだけで大企業にはいるとけっこう悲惨ですね。しかも「衰退期」の会社が多いので、これから給料が上がっていくとか考えにくいです。

第二新卒の就活が新卒カードをつかった就活に比べると「厳しい」っていうのはなんか比較するのがそもそも間違っています。新卒カードを使った就活がなんというかユルイというか楽なだけで普通に転職するのは第二新卒でも普通に転職するのでも一緒ですよ。

 

関連記事:会社を選ぶには「成長性」を重視しよう

大企業に入社して後悔する理由 会社の「規模」で見るのはやめて「仕事内容」「成長性」で会社選びをしないとダメ
大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

第二新卒での就活での最大のメリットは、「知名度は無いけどこれから伸びていく会社を見つけることができる」ってことです 会社を見るべきポイントを間違えると悲惨ですよ

逆に第二新卒での就活でのメリットって

 

「知名度とかネームバリューは無いけどこれか伸びていく会社がたくさんある」

ってことです。上述のグラフだと「導入期」「成長期」にある会社がてんこ盛りってことですね。

こういう知名度が低いけどこれから伸びていく会社ってのは、その名の通り知名度が低いので会社の内容はいいのに人がなかなか集まりません。知られていないわけですからね。

だから、新卒採用ではなかなか人が集まりません。そういう知名度の低い会社は第二新卒や普通の中途採用で募集をかけます。

私のケースですけど、新卒で入っいわゆる知名度のある金融機関てのは仕事がかなりブラックで給料が高いだけが取り柄と思いきや給料もたいして普通の会社と変わらなかったわけです。

そのあと転職して入ったのが中小規模の製造業ですけど、その製造業は知名度は低いですけど自動車部品での特許を取っていて業績は右肩上がりの会社でした。仕事の「効率」を追及している会社で、無駄に残業とかすることもなくて定時で帰れて給料もよかったですからね。

第二新卒の就活ってそりゃあ新卒カードつかった就活に比べれば求人数も少ないですし、なんか目立った会社とかも少ないので一件なんかパッとしないような気がします。

しかし、第二新卒の就活のほうがぶっちゃけ内容のイイ会社がけっこうありますよ。無駄に知名度だけあって仕事がめっちゃきついだけの大企業ってかなり多いですからね。

そもそも会社なんて、地味でその裏で業績がイイ会社のほうがイイにきまってます。人間でもそうでしょ?口ではいいことを言っても行動できない人って最初はいいですけど、

付き合っていくうちに化けの皮がはがれていきますしね。これって会社とかでもおんなじですよ。

新卒カードつかった就活ってとにかく会社のイメージ戦略の捕まる大学生が多すぎますからね。

よく、新卒就活生の人気のある会社とかってランキングで出るじゃないですか。あれって・・・仕事がメチャクチャきつい会社ばっかりですからね。パット見でも仕事がきつい会社ばかりです。

なんでこんな会社にわざわざ入るのかな?って不思議でしょうがないですね。そこまで会社にこき使われたいドMな人が多いってことでかね?(^O^)/

 

 

第二新卒で入る会社のほうが仕事もある程度ユルイ仕事量でいいと思いますけどね 新卒で大企業に入ってもメチャクチャこき使われてけっこうキッツいですよ

個人的にはホントに思いますけど、第二新卒とかで仕事がある程度ユルイ会社に入ったほうがイイにきまってると思いますけどね。

ヘタに大企業とか入るとメチャクチャ長時間労働、サービス残業で転勤とかありまくりで、無駄に人間関係が複雑で社畜洗脳された人間ばっかりでろくなことないですからね。

大企業ってとにかく社畜洗脳された人が多いんですよね。

「俺って残業今月300時間やったぜ」

「徹夜で書類つくっかから寝てないんだよね」

とか嬉しそうにドヤ顔で言う人とかがいます。こいつキチガイじゃねえのか?寝てないとか嬉しいのか?って思いますからね。社畜洗脳された人間が多いのが大企業です。

関連記事:社畜洗脳されてる人間とかかわるとろくなことが無い

ブラック企業勤めは社畜洗脳されてる理由 効率の良い仕事はかえって邪魔される
ブラック企業の会社ってかなりの確率で社畜洗脳された人ばかりになります。効率のいい仕事とかをしようとすると逆に妨害される始末。サービス残業で働かされて仕事を邪魔されるという悲惨な末路が待っています。社畜になると効率的な仕事が出いなくなるんですよね。怖いです。

言い方がわるかったですね。大企業でもちゃんとした会社も多いです。ただ、比率的に大企業のほうがこういった社畜洗脳されるような激務な会社が多いってことです、比率の問題です。

こういう社畜洗脳されて人間ってのがたいてい出世するので、こんなの上司だったらどうします?残業300時間とか徹夜の作業とかをなんの疑いもなく強要されるんですよ?

理由は「俺がやってきたんだからお前もやるのは当然だろう」

ってのが理由です。そういった負のループが永遠に続きます。だから、ずっとずっと激務な労働環境ってのは続くわけです。

ちなみに激務な労働環境がある日突然仕事が楽になるってことはありませんよ。というか労働環境が悪い会社はどんどん環境は悪くなりますし、逆に

労働環境がイイ会社はドンドン労働環境はよくなっていきます。

これなんでかっていうと、労働環境が悪い会社の経営方針は

「従業員をこき使って利益を出そう」

っていう考え方ですけど、労働環境のいい会社は

「いかに効率よく仕事をして利益を上げていくか」

って言うことを求めているからです。この違い解ります?そりゃ悪い方はどんどん悪くなるし、いい方はどんどん良くなりますよね。メチャクチャわかりやすい状況ってことですよ。

第二新卒での就活はブラック企業に捕まらないのがとても大事ですからね 落ち着いて就活をやっていきましょう

第二新卒の就活とかでは就職活動のツールで何と使うか?っていうと就活エージェント一択ですからね。

やっぱり就活してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが就活エージェントなわけなんですよね。

就活エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また就活のプロであるエージェントが就職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

就活って難しいイメージがありますし、何からやっていいかわかりにくいってのもあります。

しかし、就活は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすればフツーに内定は取ることができます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですね。ブラック企業じゃない求人があるっていう確認にもなりますし、なによりこれからやっていく仕事を選ぶうえでの判断材料にもなりますからね。

 

 

→使いやすい就活エージェントの情報はコチラから