超ブラックなTV業界を辞めたい ADや編集業務のテレビ界の今後と転職方法

飛ぶ牛

「私は人にメッセージを送る仕事がしたい」という強くて熱い思いを抱いてTV業界に入社したあなた。

華やかなTVの世界もあって、女子アナ、アイドルとの出会い。ディレクターになれば社会に影響を与えるテレビ番組を作成できす。

まさに夢のある仕事です。TV業界に入った当初はこんな感じですか?

でも現実のTV業界の仕事は、会社に泊まり込みは当たり前で芸能人に頭を下げて、社内の先輩後輩は絶対という超体育会系の上下関係。

いや、まず今時こんな社風でやってる会社なんて未来は無いですよね。というか「時代錯誤」っていう言葉をご存知ですか?

案の定、最近はTV業界も苦しい状況になっています。ネットの普及でのきなみスポンサーになってくれる会社が少なくなり

テレビ局の収益もさがり当然、従業員の給料も下がっています。いい時代は終わってしまったんですね。

ただ、一番やばいのは会社が「以前のテレビがよかった時代」を引きずっていることです。ネットの普及を無視して「テレビが一番だ」と思い込んで、以前のやり方を変えずにそのまま経営を続けている・・・・

今はネット配信でいくらでも映像が見られる時代ですしね。そもそも私はテレビを10年近く視ていません。これだけ情報がネットで入ってくる時代に、一方的に映像を垂れ流すだけのTVというものを見てる時間が効率が悪すぎます。

こうなるとシャープや東芝のようになるのはわかりきっていますね。あなたはこういう会社にいたいですか?

ここでは、TV業界に勤めるメリットの無さをあげていきますね。

テレビ局がもうすでにダメな会社であることをガンガン出してみます ネット社会でテレビ見てるのは高齢者だけ

うつ病イメージ

TV業界がダメだ・・・と言われていることはけっこう世間ですでに認知されています。メディアとしての機能がすでにネットのほうが優れているからです。

そこを理解していないで以前のままの経営方法をとっているテレビ局はもう時代の流れに取り残されて終わっていくだけなんですよね。

結論と言うとテレビを見てる人はもう高齢者だけですね。いわゆる団塊の世代くらいがテレビ見てますけどい今の40代以下くらいはテレビ見てません。これって規制が厳しくなったのかぶっちゃけテレビが全然面白くないからです。思い切ったことができない媒体ってのは正直見ていても楽しさをまったく感じません。

ずっと昔のTV業界の良かった時代を引きずっている

すでにテレビ以外でも娯楽を供給できるものがいくらでも出てきています。ネットテレビ、オンデマンド、あらゆるサービスが出てきています。というかスマホがあれば情報はいくらでも取得できるし動画も見れるののでテレビは必要ないです。

テレビ見てる時間もったいないですからね。私はテレビを見なくなって5年がたちます。

そんな世の中でもテレビ局の中ってテレビの良かった時代と同じ経営をしています。代理店やクライアントとの接待をして仕事を取ってくる。そのために接待飲み会ゴルフは当たり前。

いつまでこういう接待中心での仕事獲得をしているのかと思うとげんなりします。

いや接待だけしてれば仕事が取れるという時代はとうの昔に終わっています。それでもまだ接待をやり続ける体質が

ある意味怖いです。時代に合ったサービスを提供しようという意識が全く見られません。

ブラック企業に定番の体育会系の気質で悲惨な上下関係

まあ体育会系の会社ってろくなことが無いです。会社って仕事をするところであって、上下関係を誇示する場所じゃないですからね。当然体育会系の会社は経営の効率が悪くなっていきます。なぜなら、余分なパワーを仕事以外で使うからです。

TV業界はその典型的な場所ですね。ブラック企業ってたいてい体育会系の縦社会なのがお決まりです。どうしてこんな風に体育会系になるのかというと・・・・とにかく人を「服従させたい」からなんですよね。そして力を誇示する人が集まる。今時こういうのは無理があります。

先輩は「神」であり絶対逆らってはいけない存在。どんな理不尽な要求でも「イエス」と言わなければいけません。

年が上なら先輩で、どんなゴミ野郎のいうことでも聞かなければいけません。逆にただ年齢が上がれば先輩なので自分が低レベルでも言うことは聞いてくれる・・・

こんなことしていて未来があるともいますあなた?会社とかで仕事ができるとかそういう概念が無いわけです。入社直後は当然奴隷です。仕事に関してだけならまだしも、普通に「お前パン勝ってこい」とビーバップハイスクール顔まけのパシリ制度が適用されています。

当然こんな状態ですから理不尽なイジメなんて日常茶飯事です。あたなはメディアを通じて人にメッセージを伝えたかったんですよね?どうですか今の現状は?

 

 

関連記事:体育会形のノリの会社は本当にウザい

体育会系ノリの会社を辞めたい 合わない社風の特徴と転職すべき理由
体育会系の会社の特徴ってホント嫌なんですよね。これってブラック企業って基本体育会系なので体育会系企業はブラック企業として認定したくらいです。もし辞めたいなら、体育会系の会社に近寄らないほうがイイですよ。運悪く入ってしまったら労働環境を変えることも検討しましょう。

関連記事:AD業界はゴキブリ以下の仕事と言われている

ADをバックレてでもすぐ辞めたい 体育会系好感で転職先は多い理由
ADの仕事は長時間労働、サービス残業、パワハラセクハラモラハラ上司っていうのが当たり前の仕事ですからね。ストレスとかいう次元じゃなくて命にかかわる仕事です。ただ、ADから転職するとけっこう体育会系の仕事なので転職市場での評価は意外と高いので転職しやすいです。だから迷わず異業種に行ったほうがイイですよ手遅れになる前に。

永遠に働くのが基本のテレビ業界 普通に毎日テレビ局にお泊りします

テレビ局に入社したら普通にテレビ局にお泊りしますからね。だってトラブルがあったら帰れませんし、番組収録中はずっといなければいけません。深夜になろうが何だろうが、仕事が無くてもいなければいけません。

会社に泊まりっぱなしですよね。基本。サービス残業とかそういう次元ではなく固定給しかもらえません。

手取り20万前後で永遠に休みなく働くわけです。私は死んでも嫌ですね。アホちゃうか?と思ってしまいます。

ロケなんかに行った日には奴隷のようにこき使われて寝る暇なんありません。というか普段も少し寝て、仕事して少し寝て仕事して・・・・・と体を普通に壊すわけでうよね。当たり前と言えば当たり前ですね。

これだともう生きていても楽しくないんじゃないですか?どうですかあなたは?

テレビ業界で生き残っていくには犠牲にするものが多すぎます。それでいて大したスキルも身につかないのでその業界内で出世できない場合はかなり人生がキツイ状況になります。そういう人が多いんじゃないですかね?ここまで非効率な仕事をやってるわけですから、その見返りの出世とかが無ければもうテレビ業界に居る意味すらないんじゃないですかね?

ネットが普及してきてTV業界の時代はオワコンです それに気づいてないTV業界側もやばい

ネットが普及してきてからは、もうTV業界での情報もほとんど後出しです。ネットのほうが早いですしね。

TVを見てるとほんと情報が遅いのが分かりますし、しかも脚色していて真実の情報かどうかもよくわかりません。

ネットもそういう面もありますけど、普通に2chとか掲示板では本音が書かれてるのでそういう情報ほほうがまだ信ぴょう性があるような気がします。

ただ、そういう時代背景をテレビ局側が理解していないのはちょっとヤバいですよね。

現実的に私のまわりでテレビを見ているのは、60代を超えた世代くらいです。まわりの人は「テレビって見ないよね」という人ばかりです。

これは時代の流れなのでしょうがなにです。だってネットのほうが便利ですし、情報も早いですし、ユーチューブとかで無料で自分の好きな動画をみれるわけですからテレビに必要性ってないですよね。

そこを理解して経営をしているなら話はわかりますが、まったく「テレビってまだまだいけるぜ、これからだぜ」とか思ってるテレビ局の上層部なんですよね。これってオワコンてやつですかね。

だから、昔からの仕事のやり方が変わっていかないわけです。TV業界に未来はありません。残念ながら。

個人的にはテレビ見てると15年くらい前まではけっこうおもしろかったんですけど、いまではぶっちゃけユーチューブのほうが面白いです。わざわざ時間を割いてテレビを見る大人は減ってきてますしね。そこまで暇人ばかりじゃないですよ。

というわけでどうしてもテレビ局じゃないの仕事じゃないイヤという人以外は転職しましょう

可愛い娘
そんな状況なので、あたなが今、ものすごく苦痛を感じながら仕事をしているテレビ局の仕事に将来性はありません。しかも辞めたいと思っているならさっさと転職をしてしまいましょう。

これからはネットの時代です。TV業界の仕事を経験しているなら、ネット関連の仕事に関してやっていけるだけのバイタリティは十分あります。

このままTV業界につとめていても、TV業界の仕事はきついだけでほとんどスキルに結び付きません。やっているとわかりますよね?

できれば年齢の若いうちに転職をしてしまったほうが安全です。ただ、一人で転職求人を集めたりするのは大変ですしなにより、履歴書の書き方や面接対策は一人でやるのはかなりの手間になります。

そんな時は転職エージェントに登録してあなたに合った求人を探してもらうのがおススメです。

面接の対策や履歴書の書き方もエージェントが教えてくれるので、その道のプロのアドバイスをうけることができるのでとても転職活動の効率が良くなります。

転職エージェントを利用して効率的な転職活動をしよう

しかめっ面する営業

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

ブラック企業との関わり合いを絶つには、

 

「転職して今いるブラック企業から脱出する」

「就職するときにブラック企業に引っかからないようにする」

 

とこの二点が必須ですよね。このポイントを同時に兼ねそろえているのが「転職エージェント」です。

ブラック企業から脱出するにしても、一人で転職活動をするのは大変ですが、転職エージェントではプロのアドバイザーが転職の方法を詳しくアドバイスしてくれます。

また、転職エージェントの求人はアドバイザーが審査を行っているので、ブラック企業は限りなく少ないです。

ここが、ハローワークや普通の求人誌とは大きくし我う点です。ハロワや求人誌は求人掲載に審査が無いので、ブラック企業の求人の巣窟になっています。

ハローワークでブラック企業の見分け方 転職でハロワは優良企業が少ない理由 
ハローワークの求人でブラック企業を見分けて、避けて就職したいものです。しかし、見分け方を駆使するわけですけどそもそもハロワはブラック企業の巣窟になっているので、ホワイト企業はほとんどゼロに近いというのが現状です。それより効率のイイ転職ツールを利用するのがベターな方法です。公的な期間であるハロワですが嘘の求人を掲載できるというのは厚生労働省から黙認されているんですよね。悲しい現実です。

こういう理由で転職活動をするなら転職エージェントを利用するのがブラック企業を避けるために最も有効なんですね。

もちろん、転職エージェントの登録も利用も無料です。求人企業からの紹介料で運営しているので登録者にお金がかかることないので安心して利用できるのが転職エージェントです。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから