ブラック企業で居酒屋業界はきついから辞めたい 正社員・バイトでもまずい理由

居酒屋のネオン

ブラック企業というとワ●ミとかの飲食業ですけど、その中でも居酒屋ってブラックですよね。

居酒屋に行って働いている人を見ればもうわかりますよね。酔っ払い相手に格安の居酒屋で最低賃金に近い給料で働いている人たち。

深夜まで、中には朝までやってる居酒屋とかあって、その店の店長になったりすればもう、永遠に休みなどまともに取れません。

「通し」っていう業界用語があるように、ずっと通しで働くわけですよね。特に店長になればそうなります。

そうすれば14時間から16時間働くことになって、結局それがサービス残業になったりするわけです。

いやあ・・・・ちょっと怖いですよね。

これってとにかく「人件費を削減」すること「だけ」を念頭に置いてるからこうなるわけです。

なにも居酒屋で働かなくてもいいけです。もしかしてあなたは居酒屋で働いているんですか?なんでこんなブラックな業界であえて働いているんですか?

間違っても居酒屋に就職する人はいないでしょうけど、絶対それだけはやめてくださいね

まず、居酒屋業界に正社員として就職する人はいないでしょうけど、念のために言っておきますけど、絶対にやめたほうが

いいですよ。バイトでも居酒屋は近づかないほうがイイです。

たとえば、バイトにしたって製造業のラインのバイトなら適当に部品を運んだりしてるだけで時給1200円くらいもらえます。

でも居酒屋だとオーダー聞いて忙しい状態で8時間以上行ったり来たりしてしかも、理不尽な酔っ払いの相手をしたりします。

これで時給1000円くらいですからね。私だったら製造業のラインとかでテキトーにやっていたほうが全然にいいです。

とまあバイトでもこれなんですから、正社員で居酒屋チェーンとかに入ってしまったらもう、過労で精神的おかしくなるのはわかりきっています。

先ほども言いましたけど店長は無条件で「通し」をすることになって毎日14時間から16時間働きます。

よく店に泊まってそのまま、働いている店長とかいますよね。まあこうなってしまうともう居酒屋業界の奴隷として立派に役目をはたしていることになります。

「居酒屋奴隷」ですね。変な用語ができてしまいましたよ。

そもそも、人間そんな長時間働いてしかもサービス残業で給料もろくにもらえないのに、働く意味がないのもわかりきっています。

いくら働くばしょがないからといって居酒屋チェーンとかには行ってしまうのは愚の骨頂なんですよね。

そもそももう、構造的に居酒屋業界は限界に来ています 外に飲みに行くという習慣は今の若者には無いです

そもそも、もう居酒屋業界は構造的に限界に来てるんですよ。

よく、街中で激安居酒屋を見かけますよね。たしかに昔に比べて価格も安いです。

無理な価格競争をしていて、価格を下げてしまったためにもうけが無くなり人件費を削るしかなくなっている状況なんですね。

いくら価格を下げても、最近ではもう居酒屋に飲みに行く人っています?

今時の若者は居酒屋とか行きませんよね。というか私も居酒屋に行くのは嫌いではないのですが、ぶっちゃけて言うと家でビール飲んでれば充分です。だって居酒屋行ってお金使うほど景気良くないですしね。

もう外食してお金を落としていく時代じゃあないんですよ。税金も上がる一方ですし、消費税も上がります。

それでもって給料も上がらないですし、そんな状況で居酒屋なんて行く人が少なくなるのは当たり前です。

そこで、価格を安くして居酒屋に行く数少ない人を奪い合いしてるんですからね。業界自体がもう限界に来ています。

価格競争も限界値まで来ていますからね、あとは人件費を安くすることに目が行きますから超絶ブラック職場が出来上がるわけです

そう、もう価格競争も限界にきているので、当然人件費を削ることになるわけです。

人件費削るって言ってもサービス残業させる違法行為や、名ばかり店長で残業代を払わないといったことでまず切り詰めます。

バイトも時給を安くするので、結局そんなバイトに今時に若者が来るのか?ということですよね。

バイト人材もあまりいいものが集まらないので、店の経営は結局きつくなります。正社員として店長になったらまさに地獄の日々なんですよね。

だから、店長が店に泊まり込んで働いたりする考えられない労働環境。過労死する店長とかが普通に出てくるわけです。

このサイトで何度も言っていますけど、仕事で過労死するっていうのは人生で全く意味のないことです。

そこまで社畜洗脳されるなんてちょっとおかしいですよね?そういうことに気づいてないで働いていることを「思考停止」っていいます。

「思考停止」って意外とまじめで頭のイイ人に限って思考停止します。マジメですからね。人から言われたことをきちんと守って死ぬまで働くわけです。社畜洗脳は強力な洗脳なので死ぬまで解けることがありません。

サービス残業で無限に働くことができる居酒屋 いやブラック業界の王様と言ってもイイです こういう業界にあえてかかわりたいですか?

とにかくサービス残業で無限に「働くことができる」居酒屋業界にいるってことはもう、奴隷の中の奴隷、「キングオブ奴隷」になることは間違いありません。

こういった居酒屋業かにかかわり続けて生きていきたいですか?私だったら絶対に嫌なんですけどね。

それでも、転職はむつかしいとかそういった固定観念で労働環境を変えない人がいます。というか、居酒屋業界にずっといるリスクよりも転職するリスクのほうが低いような気がするんですけど間違いですかね?

そのまま過労死するよりも生きて転職する方がいいような気がしますが・・・これは考え方次第なのですが、労働環境を変えていく行動も大事なのではない顔と思います。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

転職サイトDODAで求人探し

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!