付き合い残業の強制が多い会社は将来経営が傾く理由 定時で帰れる会社のほうが優秀です

長時間残業をする男性

会社に入ったら仕事が終わっても帰れない、自分は仕事が終わってるのに周りの人が仕事をしてるから帰れない。

上司が仕事が終わるまで、自分の仕事が終わっても帰れない。

こんな会社多いですよね。私も経験があります。というか最初に入った金融機関がそういうところでした。

残業をしてる人のほうが出世するような会社で、効率よく頑張って仕事を切り上げて早く帰る人が「なんだあいつ、早く帰りやがって」とか思われるような会社ですよね。終わってます。

こういった連帯責任みたいな体制で、効率を重視するよりなんとなくみんな同じことするのが大好き。みんなで残業やって不幸になろうみたいな体質の会社です。

こういう会社がさんざん叩かれているにもかかわらず、まだまだこういった会社のほうが多いんでしょうね。

こういう「付き合い残業」をしている会社は未来はありません。なぜなら小売りル悪いですし、仕事ができる人のほうがダラダラ残業している人より評価が低いからです。そのままこういった経営が続言えていけば・・・・・どうなるかはだいたい想像できますよね。

社内留保があるうちはいいですけど、経営がきつくなってきたときに一気に崩壊する可能性が高いです。

ここでは、そういう付き合い残業がある会社がいかに危険かと転職すべき理由をご紹介します。

慢性的に残業をしている会社は生産性が低い 仕事が終わっている人は単に能力が高いから終わるわけです

残業を慢性的に続けていると、生産性は当然低くなります。これってビジネスにおいて最悪な「効率の悪さ」をただ時間を使ってやっているだけなんですよね。

いわゆる「効率的な仕事の放棄」です。本来はこういった効率を見直してくのがビジネスの基本なんですけど、それを放棄している時点でその会社や危ういです。

そういう効率を放棄しているうえに、さらに効率的に仕事ができない人間いわゆる「残業をダラダラやっている人間」が出世していく組織はもう組織としてジ・エンドです。いままではそれで通っていた会社も今後の時代はもう無理でしょう。

そういうツケが東芝やシャープのような会社に具体的に見てとれます。

効率が悪い方法を放棄しているということは、企業競争に負けるということです。他の企業が効率的な方法を駆使して仕事をやっているのに、いまだに自分の会社は残業をしてただ労働力を伸ばしていしかも違法なサービス残業でそれをやっている。

もう「何やってんの?」と経営者に言いたいところです。そんな会社ににいるのが恥ずかしいくらいです。

付き合い残業を強要するような非効率な会社はすでに危ないです その速度は速いですよ現実には

そもそも仕事ってお金を稼ぐためにやっているわけです。もちろんやりがいとか、仕事で成長がおかもありあますけど根本は雇用契約で、働いてお金をもらってるだけです。

それを理解していない人が多すぎる。もちろんあなたが理解していないという意味ではなく、会社が理解していないんですね。

そこが分かっていないから非効率なことばかりを「推奨」しているわけです。残業前提の会社っていずれ消えていきますよ。

何度も言いますけど、非効率なことを「推奨」しているわけですから、効率を重視して経営をしている会社にいずれまったく歯が立たなくなってきます。

これからの社会はこういった、効率的に経営を行っている会社とそうでない会社が二極化してきますからね。

飲食業界ではブラックな仕事で有名ですが、「鳥貴族」は社員はバイトからのたたき上げがほとんどで、しっかりと休みも取れますし、残業もつくそうです。あれだけの利益を上げている会社は「効率」をしっかりと求めているから成長するんですね。

ただ、バイトをこき使って深夜のシフトを一人でやらせているような会社はダメになってきていますよね。もう結果ですでに表れています。

付き合い残業を強制しているような会社は、傾いていくのは意外と早いですよ。現実にその速度は見えないところで加速しています。

長時間残業をすると体調も崩れてきます それは避けられない運命です

長時間残業をすれば当然体調も崩れてきます。そうすると仕事の効率もさらに下がって、もうどうしようもなくなりますよね。

従業員の体調も悪くなって、会社全体の仕事の質が下がり、それが顧客や取引先の会社への評価も下がる一方になります。

サービスや製品の質が下がりますからね。

結局、付き合い残業をさせている会社って「自分の首を自分で絞めているだけ」なんですよ。それ気付いていないで

社員をこき使えば利益を上げ続けていけるというポリシーでやってるんですね。

いや、こういう会社はもうこれからは生き残っていけません。みんな薄々わかってきているんですけど、働く場所がないから言わないだけなんですよね。

当然、今すぐ会社がどうなる?というわけでもないかもしれません。ただ、10年後くらいにこの会社どうよ?業績上がってるの?

と考えてみてください。もしくは、あなたがこのまま残業代も出ない会社で付き合い残業を強制される仕事を定年まで続けていけるかを考えてみてください。

それに耐えられないようだったら迷わず転職すべきです。

ただ、転職と言ってもやみくもに戦略なしで転職活動をしても今と同じような会社を選択してしまうハメになります。

そういったケースを避けるため転職エージェントを利用して、付き合い残業が無いような社風の会社の求人を紹介してもらうのがおススメです。

転職エージェントを利用して、付き合い残業のない会社へ効率よく転職しよう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。

求人誌では得られない、求人企業の内部情報もエージェントが教えてくれるケースもあります。そのため付き合い残業があるような会社を選ぶことはありません。

転職エージェントは「転職活動を効率化する」支援ツールです。

これのいいところは、

「アドバイザーと相談できる」

「紹介してもらう求人がしっかり審査されている」

ということです。

転職活動って実際に初めての人がほとんどです。転職を何回もする人もまだ少数派ですからね。

なにからやっていいのか、わからないのが本音ですよね。その場合、アドバイザー相談してアドバイスを受けることができます。転職のやり方から細かい困りごとまで相談することができます。

アドバイザーは転職のプロなので、その人に応じた的確なアドバイスをもらうことができます。転職に不安がある場合でもその不安を相談してみるのがおススメです。

また、転職エージェントでは紹介しれくれる求人はアドバイザーが審査していので、ブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークとか普通の求人誌だと求人掲載に審査が無いので、ブラック企業のオンパレードです。

これだけでも転職エージェントを利用する価値はあります。求人の質はブラック企業を避けるためには必須条件ですからね。

転職エージェントの登録・利用は無料なので安心して使うことができます。求人依頼の企業から紹介料をもらって運営しているので登録者にお金がかかることはありません。

今の会社を出たい、転職に迷っている…という場合は一度転職エージェントに相談して求人を紹介してもらうのをおススメします。

いかに世の中には「まともで従業員にやさしい会社がたくさんある」というのがわかるだけでも視野がグッと広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!