転職活動にSNSを利用するメリット・デメリット 常に一番最先端のSNSツールをやっておくべき理由

パソコンを使う女性

SNSをうまく使うことで転職活動を有利に進めていく・・・最近の学生ならこういったことは当然になってきていますよね。

結局、企業の求人とかもホームページとかでも公開しますが、最近ではFacebook上で、求人を公開するといったケースもかなりみられます。それだけSNSを利用するということが、個人的でなく、企業上の情報公開や情報交換にとって使えるツールというのが認知されてきたんですよね。

ですので、企業がSNSを使っている以上、やはりSNSは使って行ったほうが就職活動をする場合有利に働く場合もあります。

無理にFacebookやる必要もないですが、コミニケーションのツールとしてはかなり優れているのも事実なんですね。

そういうツールは使いこなせる人はガンガン使って行く必要のがいいですよね。

SNSを利用して、企業の情報を得ていくっていうのもやっておいて損はない行動です。

SNSを利用すると企業の思わぬ求人情報を得ることもできる

IT企業系の情報発信の方法はすでにSNSでの情報発信が主流になって生きています。企業がそういう方法をとっている業界ではやっぱりその業界に就職しようとしている人はSNSを利用すべきなんですよね。

その業界ですでに働いている人でも、Facebookとか使えない人でも「仕事だからFacebookやれ」と言われてやっている人もかなり多いです。年輩の人でも業界によっては無理くりSNSをやっている人もいます。

そうなんですよ。IT系の仕事をやることになるとSNSが嫌いでもやらされます。それで連絡がフェイスブックを通じてなんて会社もけっこう多いです。これって個人的にはビミョーな感じがしますけど、やはりIT系企業に入るならフェイスブックくらいは貼っておいたほうがイイかもしれません。

といってもフェイスブックも最近下火ですけどね。ただ、好き嫌いはこの際考えなないでIT系を狙うならSNSはやっておきましょうね。

それだけ情報発信のツールとしてはすでに社会的に認知されているものなんですよねえ。こういったものが苦手な人もぶっちゃけいると思います。私も苦手ですし、人がプライベート自慢しているFacebookなんて別に興味はありません。

しかし、就職活動のツールとして企業が使っている業界なら、就活に有利に働く可能性があるのは目に見えています。

SNSはダイレクトにそのSNSに参加している人と企業の情報が自分につたわってくるので、その日に入った細心の情報でスグに行動ができるという大きなメリットがあります。

SNSをやっていると、SNS仲間との情報交換もできます。昔で言えば2chの掲示板みたいなものですけどね。いまではSNS上でいくらでも情報が交換できます。ある意味怖いくらいです。

プライベートなことなら怖いですけど、企業情報を得るためなら都合のイイツールであるのは間違いありません。そういう意味でもSNSは使っておいたほうがイイですね、好き嫌いは別にして有効なツールです。

SNSを使うときには慎重に行うのがベター ネット上の情報は丁寧に扱おう

SNSを使うことで最も注意するべきてんは、面接をうけるときその企業の採用担当者はあたなのSNSを高確率でチェックしています。

Facebookは実名で後悔しているので、名前を検索すれば簡単にチェックすることができますからね。

他のSNSでも、同じSNSに参加している人で、コンタクトがあった人間のものはちぇっくされているかもしれません。

そうSNSをやっている以上誰に見られていてもしょうがないということですね。

普通に日常の自分の趣味とか楽しかったことSNSにアップするなら全然問題ないんのですが、良く酔っぱらってハメ外したり、明らかに迷惑行為をしているような、内容のものをSNSにアップしている人もいます。

若気の至りっていえばそこまでですけど、結局、企業の採用担当者がそれを見れば、一発で採用アウトですからね。

基本ネットでは、自分の首を絞めるような情報は後悔しないのが鉄則です。自分の身は自分で守るということもありますけど、ネットって誰が見てるかわからないので、怖いですよ。匿名とかブログとかで、絶対バレないだろうと思っても特定されることもありますからね。

なので、ネット上では万が一自分とバレてもはずかしくないような情報のみを公開するべきです。特にSNSなんかだったら尚更ですね。

今さら的なことですけど、最もSNSを利用するときに注意する点なんですよね。

SNSの転職活動は公開する情報はすべて見られているということは知っておきましょう 逆に自分を良く見せることも可能です そういう意味で自分のブランディングに使うのがいいですよね

SNSって結局、簡単に自分のやっていることが筒抜けになります。企業の情報を得るには必要なもので、ツールとしては利用していくべきものなんですけど、諸刃の剣のものであるということを知っておくことが大事です。

そう、就職活動の時だけ、なんかいい感じの投稿をしても昔の投稿とかもしっかり残っているので、意味ないんですよね。

悲しいですよね、過去の消したい記事もあるでしょう。

まあそういうメンドクサイ面もあるというのがSNSです。そこをしっかりわかって利用するのがベターです。

ただ、SNSをはじめとする、ブログやネット上のものって、自分の「ブランディング」を上げていくこともできるんですよね。

ブランディングっていうと難しそうですけど、平たく言うと「自分のイメージといい方向にもっていく」ということです。

芸能人なんかはイメージがものすごく大事ですよね。そういうのは最近ではテレビなどよりも、ネットのほうが影響力があります。

芸能人ほどでもなくても、ユーチューバーとかああいうのもキャラをつくってブランディングしているわけですね。あえて悪役キャラみたいなキャラを作っている人もいますしね。

就活で使うレベルでSNSでそこまでやる必要はないですけど、SNSに今自分がやっている、ボランティアの活動とかサークル活動、資格の勉強、やっている仕事で努力していることなんかをアップしていくのは就活にとっての

「ブランディング=イメージアップ」につながります。

もちろん、就活をするには、履歴書書いたり、面接対策をするほうが優先順位は高いですが、SNSが好きでブランディングをやることができる人は、やっておいて損はありません。

いつだれが見ているかわかりませんからね。人間て他人のイメージは勝手に作り上げてしまいます。簡単に言うと「妄想」で

「この人はすごい人だろう」

「この人はマジメなんだろうな」

「この人は面白いんだろうな」

ていうイメージを作ってくれます。いい意味での思い込み作っていくわけですね。ネットの情報はこういった戦略に使いやすいので、就活にも使えますし、ネットビジネスなんかにも使えるので、知っておいて損はありません。

そういう意味でSNSを利用した就活の情報収集をしていくのに使っていくためにSNSは慣れておいたほうがイイでしょう。

これからは、ネットを利用して行動するのがたいていの業界で主流になっていくので、SNSを利用して企業情報を集めることから始めてみるのがベターですよ。

追記:SNSの主流は日々変わってくるので就活するときには一番旬なSNSをやっておこう

昔はミクシーなんかやってる人多かったですけど今ミクシーなんてやってる人だれもいませんよね。なんか悲しいです。

LINEなんかはもう通信手段としてのインフラとして認知されているので、しばらくは続くと思いますけど、フェイスブックはかなりやってる人が減ってるみたいですね。

やはり「実名登録」っておいうのがネックになるともいます。ネットでのメリットは「匿名性」ってのがありますからね。

実名をネットで出してしまうと、全世界のひとに自分の情報が筒抜けになってしまいます。

個人的には、そういったネットで実名を晒して、メリットになることがほとんどありません。というかデメリットの方が多いです。

実名晒してメリットがあるのは芸能人が、ブランディング(自分の価値を高めて)お金儲けしてるひとだけですからね。普通い生きている人は全くメリットがありません。

それに、連絡とるならメールでいいですからね・・・・

わざわざフェイスブックで実名晒して、他人が頑張ってバーベキューとかやってるリア充自慢を見るのもめんどくさいです。

ただ、IT企業などではまだフェイスブックを連絡手段にしている会社もあるのが現実なので、SNSを無視することはできません。そういったジレンマがありますね。

そのあたりのことは、就職活動をするときに就活エージェントなどの転職のプロに相談してみるのもイイですよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。就活エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して就職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって就職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (→公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、就職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

 

ワークポート 公式

 

 

リクルートエージェント 公式

 

 

関連記事

転職エージェントを実際に使って転職しましたけど最終的には3つ掛け持ちで使っていました。その3つを使っていた理由は「アドバイザーがしっかりしていた」という理由につきます。転職はアドバイスがないと正直効率がものすごく悪くなります。自分で考えるよりもプロのアドバイスともらったほうが全然時間的に効率がいいからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!