新入社員で営業を辞めたいなら3年耐えるより第二新卒で転職するべき理由

私は地銀に入って半年くらいで営業に出ました。男は営業をやってなんぼと言う世界ですからね。特に大卒の男子は営業をやることが多いです。

いやでも、営業をやっていていいことは残念ながら一つもイイことはありませんでした。社畜洗脳されていたので、営業成績はそれなりに上げることはできたんですけど、成績が良ければさらにノルマを課せられてエンドレスで仕事が増えていきました。

営業をやると「根性」「忍耐」「対人スキル」「ストレス耐性」などが一気に学ぶことができますし、会社としても営業が利益をたたき出しているわけですけら、同じ人件費を出すなら営業に回すのは当然です。

営業をやっていれば、ほかのたいていの仕事はできる様にります。もちろん特殊な技能を使えれうようになるわけではないですけどどんな仕事でもやっていけるバイタリティーはついてきます。それだけ営業というのはパワーを使う職種です。

ただ、会社ってもともと理不尽な仕事とか要求が多いものですが、特にそれが突出してるのが営業なんですよね。

上司はパワハラで、雰囲気は体育会系、ノルマはきつくて達成しないと厳しく怒られますし、ノルマ達成しても褒められるわけでもなく給料が上がるわけでもありません。

上司や同僚との飲みにケーションも必須で、もちろんお客さんとの接待の飲み会も多いです。

と、これだけサラッと見ただけでも営業ってキツイ仕事なんですよ。正直営業をやっているうちは、休みの日なんて、疲れて寝てるだけになります。私も営業を8年くらいやってましたけど、プライベートとかもいつも疲れてますし、休みの日も仕事のことが頭から離れなてあんまり精神的に休まる時間て少なかったですね。

そりゃそうですよ、ノルマ達成する人のほうが少ない(1割くらい)ですし、ってことはいつも怒られてるってことですからね。

考えてみるとメチャクチャです。できないノルマを上げられて、達成しないと怒られるって、考えてみると意味が解らないですし理不尽極まりないです。

営業って全くメリットないんですよね。スキルもつかないですし、根性だけがつきます。営業ができなくて営業を辞めさせられて別の係をやっている人のほうが出世するというのもよくあります。

営業ってきつくてしかも10年後とかの出世の可能性もたいしてない、悲惨な係です。やる意味は全くないですね。

だから、あなたが新卒で入って営業をやらされて「辞めたい」と思ったのは普通ですし、辞めたいとおもったらさっさと辞めたほうが良いです。

ここでは、営業を辞めたほうが良い理由と転職する方法をご紹介します。

3年は仕事は我慢して耐えたほうが良い説はブラック企業が仕込んだデマですよ

よく仕事は「3年は我慢して辞めたほうが良い」とよく言われますけど・・・・

これってブラック企業が人を引きとめておくための方便です。選択肢を狭くしてなるべくこき使おうというのが見え見えです。

もちろん昔はブラック企業という言葉もなかったですけど、「3年はがんばれ」といって3年がんばってそのあと「いやあこの会社で3年がんばってよかった・・・」って思う人いると思います?そんな人一人も今まで見たことありません。

少し考えればわかりそうなもんですけどね。

特に新卒で入った人は「3年はがんばれ」っていうのは一回は言われたことがあると思います。

いやでも「3年」て長すぎますよ。その会社の労働環境がおかしいとか、この会社は将来的に厳しいなとか判断するには半年あれば十分ですよね。

22歳新卒で入って3年がんばれば25歳とか26歳とかにすぐになってしまいます。あっというまに30歳が見えてきます。

そうするともう転職とかがむつかしくなってきます。そう「3年がんばれ」は選択肢を狭めるための有効な「方便」です。

アメリカとか転職してナンボですからね。自分のために適した労働環境を求めて行動するのは当たり前です。

怖いですねそういう行動を妨げる「3年がんばれ」説があるのは本当に怖いです。

営業に向いている人なんていませんよ みんな無理してやっているだけです

「営業に向いていない」人はいくらでもいますよね。あまり人と接することが好きでない人はたしかに営業に向いていません。

ただ、イケイケな性格で営業向きに見える人でも「営業に向いている」人なんていませんよ。みんな我慢してやってるだけです。

今時、イケイケな性格だけで営業成績が取れるほど景気は良くありません。逆に営業に向いていない人のほうが淡々とお客さんに向き合って成績を上げている人も多いです。

ただ、その裏にはものすごい量の「ストレス」が溜まってくるわけですよね。うん、営業はやっぱりやりたくないですよ。

営業でやる意味があるのは「歩合制の営業」だけですね。それなら仕事はかなりきつくても自分の上げた成績で給料が上がるからです。

普通の会社の営業は、営業成績が良くても給料も上がりませんし出世することもあるかわかりません。

営業ができると逆になんか妬みの対象になって、出世できなかった人も結構見ています。誠実な人は出世できませんね。

営業ができる人でも「我慢」してやっているわけですよ。営業ができ人はたいてい数年すると「外資系企業」へ転職していきました。

そりゃそうですよね、日本の会社で営業やって成績出しても給料上がらないですし、ゴミみたいな上司に毎日怒鳴られるんだからやってられません。外資系企業なら実力主義なので、成績を上げれば給料もあがりますし、日本みたいなネチネチいってくるパワハラ上司などいません。

結論をいうと「日本の会社で営業をやるメリット」は全くないと断言できます。

営業以外の仕事はいくらでもあるので「第二新卒」の枠でさっさと転職してしまいましょう

新卒で入っても「3年がんばれ」縛りにこだわることは全くありません。

営業って我慢してやっていて、しかも日本の会社での営業職はメリットはありません。もしあなたが将来的に外資系業でブンブンにやっていくというなら、営業をやっていくのもありかもしれません。

ただそういうつもりなないなら、さっさと転職活動をして営業以外の職種を探していくべきです。

幸い、今では「第二新卒」(大学を卒業して25歳くらいまでの人材)という枠で採用を募集している会社がたくさんあります。これは大企業は新卒一括で募集しますが、新卒就活ではあまり目立たない、ネームバリューが低いけど「優良」で「成長している」会社が若い人材を求めて第二新卒の枠で募集をかけているからです。

どうです?「3年がんばれ」で3年勤めると「第二新卒」の枠からも外れてしまいます。こうなると今の会社の思うつぼですよね。

こうやって、選択肢をなくされてずっとイヤな営業職をやっている人も多いです。でもそれじゃあ人生厳しすぎます。

個人的には、営業なんて絶対やりたくないです。営業をやったことがあるから言い切れます。

第二新卒の枠なら基本「未経験」での募集なので営業以外の職種の選択肢は多いです。これが26歳以降になると

実務経験や社会経験の年数を求められる事も多く転職でのハードルは確実に上がってきます。

できれば第二新卒の枠を利用して、転職活動を薦めたいですが一人で第二新卒の求人を探すのは相当骨が折れます。

そもそも求人誌ではそういう案件は少ないですしハローワークなどにはまったく第二新卒という概念はありません。

その場合は「第二新卒」専門の転職エージェントを利用するのがおススメです。第二新卒の求人を豊富にストックしており

エージェントに就活に対するアドバイスをもらうこともできます。

第二新卒専門の転職エージェントで営業職からの離脱を図ろう

転職エージェントは転職プロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良なの転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.JAIC(ジェイック)

2.若者正社員チャレンジ

3.就職Shop

 

JAIC(ジェイック)の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あなたの立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

JAIC(ジェイック)では公式ページの説明会エントリーフォームの説明会の場所を選択して、名前、アドレス、TEL番号を入力して登録します。登録は30秒ほどで完了します。あとは選択した説明会会場に行って説明を聞くだけです。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

JAIC(ジェイック) (←公式サイトに移動します)

 

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合は「若者正社員チャレンジ」や「就職shop」を選択しましょう。

若者正社員チャレンジも就職shopも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともジェイックに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

若者正社員チャレンジ事業  (公式サイト)

 

就職Shop (公式サイト)

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!