営業の同業種への転職は外資系企業がおススメ 会社情報を徹底的にリサーチして面接に臨もう

営業と言っても幅が広いですが、営業でも業界によって給与に差があります。地方の地銀などの営業は激務ですけど外資系損保の給料はその2~3倍あります。

その代わり外資系は実力が無ければ首を切られますしリスクがあるわけです。ただ、営業職から営業職に転職したいという人は

ほぼ、こういった給料アップやキャリアアップの野心がある人がほとんどです。どうせなら一流企業の営業としてバリバリ働きたいですよね。

基本営業は自分の会社の商品のメリットを相手に伝えて、売り込むというのが基本スタンスです。商品の形態がモノであっても形のない保険や金融商品であってもやることは一緒なんですよね。なので、営業から営業への転職はそれほど難しくないです。

あなたがある程度成績を上げている営業ならヘッドハンティングもあり得ますし実際そういううケースも見てきました。

営業で成績を上げららえる人は、正直どんな仕事でも対応できます。それほど営業は「人に対してものを売り込む」という一番むつかしい対人スキルを身に着けているんですよね。なのでどんな業種の会社でも営業ができる人材は欲しいわけです。

そういう意味でも、もし自分の営業力に自信があるならなるべく高い待遇でそれなりの報酬を払ってくれる企業に転職するべきです。

冒頭でも言いましたが、地銀の営業と外資系の損保や生保の営業などの賃金格差は大きいです。やっている仕事のキツさは同じくらいですけど、地銀のトップ営業が何人も外資系企業の営業に転職しているのも見てきました。

ただ、営業職から営業職へは転職しやすいといっても、なるべく自分を高く売り込む工夫は必要です

ここでは好待遇で営業職への転職をする方法をご紹介します。

ライバルに差をつけるためには徹底的に転職先の会社の情報を調べておく

これも転職するコツとしてはさんざん言われていることですが、営業へ転職するケースではもうすでに営業成績や営業のスキルに関しては自信のある人ばかりですよね。

面接で差別化できる点は、残っているのは転職希望の会社内容な製品商品を徹底的に調べて、営業としてその企業の商品をいつでも売れるぜ・・・・というくらいにリサーチしておくことです。

面接でも「当社の商品を売るならあなたならどうアピールしますか」っていう質問はいかにもきそうですしね。

営業としては自社の商品を誰よりも理解するのは基本中の基本ですけど、いざ転職の面接対策となると、そういったところを意外とやってない人が多いんですよね。

ある意味「俺は営業力があるしトーク力があるから面接はどうとでもなるだろう」くらいに思っている人が意外と多いです。

もしあなたが、転職先でも即戦力で活躍したい。トップ営業になりたいと思ってあら、もうすでに面接を受ける時点からその競争は始まっています。その企業に入っているつもりで商品を理解しておくのは当然と言えば当然ですよね。

営業から営業への転職はそれほど難しくないないとはいえトップ営業になるのは難しいですよね。面接前から
すでにライバルとの競争は始まっているというマインドで面接に挑むのはと手も大事なことです。

営業の華は外資系企業 地方の信金から大手の外資系損保に転職した人もいますよ

営業の華は何といっても外資系企業です。外資系企業でのトップ営業は日本の収入の数倍の年収をたたき出します。

私は地銀にいたのですが、地銀トップ営業が何人も外資系企業へ営業として転職していきました。

やはりその後を聞くと年収は3倍になったと・・・・マジですか?と思いましたね。同じ日本でこれだけ待遇が違うのはやはり外資系ならではの魅力です。

その反面メリットばかりではなく、常に営業成績を高レベルでキープしている必要があります。地銀営業で成績が下がってもいきなり首にはなりませんが、外資系ではクビになります。その違いですね。

ただ、営業での転職はこういった外資系企業にチャレンジするべきです。逆にいうとそうでなければ相当な待遇のレベルアップななかなか営業では望めません。

「英語が苦手だからなあ・・・・」といってもその地銀から外資系に転職した連中は英語ほとんどできませんでしたよ。

外資系といっても海外の生保や損保の商品を日本人に売るわけですから、もちろん英語ができたほうがいいですけど、出来なくても転職できます。

やはり、いくら営業をやってトップになっても地銀ではその辺でテキトーに事務処理やってるオッサンと給料がそんなに変わらないですよね。そりゃあ営業でトップに慣れる力があるのにそれじゃあ外資系にいくわな・・・と当時は思いました。

もちろん、先ほど言ったクビになるメリットや、絶えずプレッシャー晒されるデメリットもあります。ただ

給料が少なくとも倍になるというメリットはそのデメリットを補うのにも十分ですよね。

「でも外資系企業の営業の求人てどう探すんだ?」というケースなら転職エージェントを利用するのをおススメします。

転職エージェントは非公開求人で外資系企業の求人も多くあるわけです。これを利用しない手はありません。

営業から営業への転職は転職エージェントを利用しよう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人を適正に合わせてピックアップしてくれます。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!