会社で尊敬できる人がいないから辞めたい 上司・先輩が尊敬できない会社の現状

休日出勤

「会社で尊敬できる人がいないから辞めたい」

尊敬できる上司とか先輩がいないからですね。まあ、そもそも尊敬できる人って会社以外でもいます?よく親を尊敬しているとか言ってますけどほんとですかね?

だって、会社で働いている人とか、家庭をもって子供とかいますけど、こんな奴尊敬する人いるのか?っていう感じですからね。感謝はするかもしれないですけどなかなか「尊敬」ってなると難しいんじゃないですかね?

まあ、会社で尊敬できる人となると

「仕事ができて、人間性もよくめんどくさくない人」

ってことなんでしょうけど、仕事ができる人はけっこういますけど、仕事ができて人間性もイイって人はなかなかいないですからね。

後述しますけど、会社って人間性がいいと逆に出世できない構造になってますしね。他人を蹴落としていくくらいのキャラじゃないとなかなか出世できないです。それに仕事ができるかどうかってのもあんまり出世に関係ないです。そりゃ、仕事が全くできないじゃ困りますけど、普通レベルくらいできればあとは、上司に媚び売って会社の言うことを間違ったことでもなんでも言いなりで言うことを聞いていれば出世できます。

まあ、平たく言うと仕事ができて人間性がイイ人ってのはほとんどいいないですし、いたとしても人間性がいいから部下をかばったりすると逆に左遷させられたりするので日の目を見ることはありませんからね。

結論言っちゃうと、会社で尊敬できる人なんていないですよ。いるにはいますけど尊敬できる上司ってなると20人い一人くらい、尊敬できる先輩ってなると100人に1人くらいです。

まあこれって私の体験でもあるんですけど、そんなにおかしな数字じゃないって気がします。

それにまあ、尊敬できる上司ってのはそりゃあ「人間性がイイ」人ですから、部下をかばって会社に意見を言ったりしたんでガチで降格とか左遷とかさせられていましたからね。

そこからさらに出世していったのは、部下をうつ病に追い込むくらいにパラハラでこき使って、部下の手柄とかを自分のものにして、力のある役員とかに媚びを売っていた人間がうまく出世していました。よくマンガとかでサラリーマンの上司たとけっこうイイ上司とかいますけど、現実はそんなのほとんどいません。

まあ、そういう現実をがわかってる人は、

「尊敬できる人がいないから辞めたい」

とか思わないでしょう。わたしも別に尊敬できる人がいるとかいないとかで会社辞めるとかそんな安直なことで自分の人生決めたくないですしね。尊敬できる人がいなくても、その仕事が楽だったり、耐えられるストレス状況だったら辞めません。

でもまあ、尊敬できる人が極端に少ない労働環境だったりする会社ってのは得てしてブラック企業が多いですから辞めたいと思う人も多いんでしょうね。

ぶっちゃけ尊敬できる人となると20人くらいの上司(直属)を経験しましたけどその中で1人ですね 先輩は100人くらいでその中で1人でした こんなもんですよ現実は

ぶっちゃけ「会社の中」で尊敬できる人となると、私の体感では上司だと20人に1人くらい(直属の上司ってことですけどね) 先輩になるともっと少なくて100人に一人くらいですかね。

尊敬するってかなりハードルが高いですからね。だって、仕事できて人間性もよくてめんどくさくない人ってなると、それだけでかなりハードル高いです。それにまあ会社で尊敬できる上司とか先輩を求めるってこと自体がナンセンスのような気もしますけどね。

尊敬できる人がいなくても別にいいですし、仮に尊敬できる上司とか先輩がいたとしてもブラック企業だったら私は嫌ですけどね。尊敬できる先輩がいないホワイト企業のほうが全然いいです。

というか会社に何を求めてるんですかね?

「人間的な成長?」

「承認欲求を満たす?」

「尊敬できる人と接したい?」

こういうのって会社で求めちゃいけないことだと思います。私って別にそれほどネガティブな人間じゃないですよ。会社自体は「お金を稼ぐために時間を売ってる労働契約をしている場所」です。会社に勤めて、その上、尊敬できる人と接することができるなんてそんなの求めてる時点でなんか、ドラマとかの見すぎですね。

尊敬できる人とかいなくてもその会社の労働環境が良ければ会社辞めるべきじゃあないですしね。っていうか辞めないでしょ?

会社なんて、異動とかって人事が勝手に決めるわけですから自分で動いて尊敬できる人の下で働けるわけじゃあありません。もし尊敬できる人と働きたいならそういう尊敬できる人が立ち上げてるベンチャー企業とかに入ればいいんですよ。ベンチャー企業だったら、社長との距離もちかいのでいくらでも尊敬できるひとと一緒に仕事ができるわけです。

なんか、大企業には入りたいけど、尊敬できる上司とか先輩も欲しいってのは無いものねだりですね。それに尊敬できる人って会社で必要ですかね?そりゃあそういう人と一緒に仕事できれば楽しいですけど、尊敬できる人と一緒だからって、仕事内容が楽になるわけじゃあないですすし、悲しいですけど、大きな組織とかだとそういう「尊敬できる人」ってのは得てして出世しません。というかそういう本当に仕事ができて尊敬できる人って、やっぱり自分で事業を立ち上げたりするのでベンチャー企業とかの社長とかになりやすいですね。私だったらどうしても尊敬できる人と仕事したいなら、その人が立ち上げたベンチャー企業とかに入ります。

ベンチャーだからリスクも多いですし、そのあたりは自分の人生と働き方を考えて選択するわけですよね。

関連記事:ベンチャー企業でうまくやっていく方法

ベンチャー企業に転職して年収をアップさせる方法 成長中の会社を選ぶべき理由
大企業でも最近では給料が上がっていくことはほとんどありません。年収アップをするにはこれから伸びていくベンチャー企業に入るのが効率的です。ベンチャー企業を選ぶときに経営者や経営方針などをしっかりとチェックしてこれから伸びていく会社を判断するのが重要です。
ベンチャー企業に向いている人 大企業は衰退期の会社が多い理由
ベンチャー企業は大企業にない自由な仕事内容とやる気がある人ならいくらでも新しい分野に挑戦していけるというメリットがあります。大企業にいて満足した仕事ができなくて身動きが取れない場合はベンチャー企業で働いてみるのも一つの選択肢です。

尊敬できる上司とか先輩とか会社で求めないほうがいいですよ 会社って上司に媚び売って部下とかの手柄を自分のものにするくらいの人が出世する場所ですから

人間性が悪い人のほうが出世しやすいっていう構造です そんな中で尊敬できる人なんているわけないです尊敬できる人上司とかか先輩って会社で求めるのがやっぱりナンセンスですね。

実際、日本的な会社って上司に媚び売って部下とかをパラハラまがいの感じでこき使ってる人が出世します。まあ部下からすれば「クソ上司」のほうが出世しますしね。

これって、私がテキトーに行ってるわけじゃあなくてサラリーマン20近くやってましたけど、出世するのはそういった権力のある人間に媚びを打って、部下をゴミのようにこき使う人間がけっこう役員クラスまで出世ていていました。

逆に、人間性が良くて、部下とかを気にかけて部下のために会社に意見したりする上司は、ことごとく左遷とかまあ課長止まりくらいで50歳くらいになると役職定年で降格させられていましたね。まあまともな人は行ったとしても係長、課長クラスです。ちょっと頭がおかしいくらいに会社の犬的な人間じゃないと本当に出世はできません。

まあ、日本的な会社ってのは今だにこんな感じです。まあ現実はこんなもんなので、会社で尊敬する人がいないから会社辞めたいとか言ってる場合じゃないですよね。

そんなこと考えていたら、たいていどんな会社に行っても会社辞め無きゃいかなくなりますからね。

それでも、尊敬できる人がいないから辞めたいなら辞めて転職すればいい話です。これって、尊敬できる人が少ない職場ってのは、けっこうブラック企業って場合も多いのでどっちかっていうとそれが理由なんじゃね?ってことですね。

ブラック企業なんかは、出世する(上司になる)ってのは会社の命令をすべて聞いて、サービス残業も受け入れて、部下をゴミのようにこき使う人材がブラック企業にとっては「最高の人材」ですからね。そもそもブラック企業の経営者はそういった人材を極限まで奴隷として使ってダメになったら捨てればいいと思ってる人がほとんどです。もちろん表向きは絶対にそんなこと言わないですけど、現実的に会社ではそういう体制になっているのでバカでもそういうのはわかりますからね。

現実を見るとまあ尊敬できる人なんて会社にはほとんどいないですよ。そういう人は自分で会社立ち上げたり、ショボい会社だったら辞めていきますからね。

だから、尊敬できる人がいないから辞めたいっていうのは、どっちかって言うとそういった会社は長期的にはできる人財がいなくなって傾くから辞めたほうがいいって感じですね

会社で尊敬できる人がいないから辞めたい・・・・

ってのは、気持ちはわかります。ただ、

「なんでこの会社には尊敬できる上司とか先輩がいないんだろう?」

って考えるとちょっと怖くなってきますよ。そういう尊敬できる人がいない会社ってのは、まあ単純に人財に乏しいですしそいうい人はたいていいい会社を求めて辞めていきますからね。

人間性がイイ人が出世できないとかいう会社はかなりまだまだ多いので、そういう古い日本的な会社には尊敬できる人は極端に少なくなります。

そういう人は早めにそういう古い日本的な会社に見切りをつけて辞めていって転職したり、自分で事業を始めたりと別の方向性をもと揉めていくんですね。尊敬できる人のレベルなら行動力はかなりありますからね。そういうショボイ会社に居なくても自分でやっていけるわけです。

まあ、長期的にみるとたしかに尊敬できるレベルの上司とか先輩が全然いない会社ってのは人材不足になっていきます。これって平たく言うとブラック企業とかには尊敬できる人なんていないってことが言いたいわけですよ。

まあブラック企業じゃなくてもそいいった尊敬できる人がほとんどというかまったくいない会社ってのは単純に人材不足になっていくんで長期的には経営がヤバくなっていくので、辞めたほうがいいってことにはなります。

さんざん言ってますけど、仕事ができて人間性がイイ人ってまあ出世しにくいってのもありますし、そういう媚び野郎とか部下の手柄を横取りして自分のミスを部下に押し付ける人間のほうが出世する会社ってのは、結局自分の首を絞めてるですね。そういった人間が上のポストを占めればまあ会社の経営はヤバくなるのは素人でも簡単にわかりますよね。

まあ、そういう会社ってのは、大企業とかにけっこう多いですけど今では海外資本に押されて買収されたりする大手企業もけっこう多いですしね。

そりゃあそうなりますよね。海外企業は人材を実力主義でちゃんと評価して使っているケースが多いです。その代わり仕事ができなければクビみたいな厳しいものもありますが、ナアナアで何にもできない人を上司にして、仕事の効率とかを無視してただ、サービス残業とかで労働時間を長くしてひたすら薄利多売とかをやってるいわゆる「人海戦術」てきな会社が多いですからね。まあ、これも人件費がかさんでくると外国人をつかっていきますからね。最近バイトとか外人ばっかりじゃないですか。

そういう人材がろくにいない系の会社に長くいるってのは、それだけでやばいですからね。

尊敬できる上司とか先輩がいないっていう感情論で会社を見るんじゃなくて、

「どうして尊敬できる人がこの会社にはいないの?」

って支店で会社を見ればわかりやすいんですよね。単純に人材不足ってことです。ショボイ人間にポストを与えて自分の首を自分で〆てる会社ですね。そういう会社はかなりやばいんで確かに見切りをつけたほうがいいんじゃないですかね?

転職活動するにしても一人で求人探したりするのはけっこうしんどいですし効率も悪いです しかもブラック企業に捕まるかもしれないので転職ツールを使ったほうがベターですね

転職活動するにしても、一人で求人探したりするのってけっこうしんどいですしね。効率もかなり悪いですしやっているときついですしね。しかも一人でやってると視野が

狭くなるんでブラック企業とかに捕まる可能性もけっこう高いです。転職ツールを使うのが無難ってことですね。

転職エージェントは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職ってやる前はちょっと怖いって感じもありますし、やったことがないと実際どうやっていいかわららないってものありますからね。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらいながら、履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

優良な求人を紹介してもらって一度自分の目で見てみると、実際に自分がやってみた仕事を判断するうえでの材料になりますし、ブラック企業じゃない求人が実際にあるという確認にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)