読書しても頭に残らない時の本の読み方 作者の言いたい事をイメージしながら読んでいこう

激務で死にそうな人

読書しても、その内容が頭に残らない・・・・

これって最初に行ってしまうと「普通」ですよ。人間なんて簡単に忘れる生き物ですからね。

本を読んでも、一か月くらいで内容とかはおぼろげになってきます。小説とかでも数年たって読み返すと、

「あれ?こんな話だったっけ?」

っていう感じになりますしね。悲しいですけど人間の記憶力なんて相当低いです。

受験とかで無理して覚えてるのは、「何度も何度も同じものを繰り返し読んで記憶してるだけ」ですからね。

一回呼んだ普通の本とかの内容はそりゃあ覚えてない・・・忘れてしまうのは当たり前です。ぶっちゃけそんなので悩んでもしょうがないです。

本の内容なんて一回呼んだくらいでは、たいてい忘れてしまいます。実際は何度も何度も読んて行かないと記憶することなんでできませんからね。

本って一回読むくらいじゃ頭に残らないですよ 人間の頭ってそこまで優秀じゃないですしね 根性論は嫌いですけど3回くらいは読まないと頭に残らないのが普通です

本の内容って一回読んだくらいじゃあ記憶に定着しません。

根性論とかは嫌いなんですけど最低でも、3回くらいは読まないとだめなんですよね。だから最初から本の内容を覚えるつもりなら

「3回は読む」

ことを最初からやったほうがいいです。受験の参考書なんて10回以上読みますからね。ある程度内容を把握するためなら、3回は呼んでいきたいところです。

3回読んで本の内容を定着させる方法

ベタな方法ですけど、これが一番本の内容を頭に定着させるのは手っ取り早いですね。

①一回目は何も考えずに本をサラッと読んでみる。

一回目は本を何も考えずに楽しんで読みます。あまり深く考えずに本を読む・・・ってことですね。

この時点で本を読めないなら、本を読むことが「きらい」ってことなんで、本の内容を把握するのはむつかしいかもしれません。

とにかうサラッと一回最後まで読んでみます。

②二回目は、その本の作者が何を伝えたいのか?もしくは小説だったら、主人公はどういう気持ちなのか?など感情移入して読む

二回目に読むときには、その本の作者が「その本で何を言いたいのか」、小説だったら「小説の主人公が何を言いたいのか、何を訴えているのか?

どんな気持ちでいるのか?」

といったこをと自分なりに想像しながら読んでみることです。

平たく言うと「その本に感情移入しながら読んでいく・・・・ってことですね。

人間って、感情移入をしてものはなぜか記憶に定着ます。その本を書いている人、その本の主人公が何を考え、その本で何をを言いたいのか?

それを考えながら読んでいくわけですよ。それをやると、本を読んで記憶は定着させるのにもやくだしますし、たとえば、人間関係でも

「この人は何を考えてこういうこをと言ってるんだろうか?」

「この人はどうしてこういう行動をとっているのだろうか?」

っていう風に、人間関係についても相手のことを考えるようになるので、うまく人間関係を作っていくのにも役立ちます。

常に相手のことを考えていくってのが、人間関係でも恋愛でも大事ですからね。

本書いてる作者や小説なら主人公なり登場人物の心情を「想像」してくことで、その本の内容が深く定着しますし、記憶にも深く残っていきます。

③本のカテゴリー(章ごとなど)で、それぞれの言いたいことを考えつつ読んでみる

本のカテゴリーとか章とかごとに、作者がいいたいことなどを考えながら、読んでいきます。

本の内容というよりもあくまで

「その本で何が言いたいの???」

ってのを、カテゴリーごとで読み取っていくわけですね。

これが、本当に作者が言いたいことと違っていても別にイイんですよ。本を読んでその内容の受け取り方って人によって千差万別ですからね。

しかし、本の内容で作者が何を訴えたいかを意識して読んでいくと、ただ、本の字を読んでいるのとは、全く違った記憶の定着ができます。

三回目を読んでるときにはある程度余裕が出てくるので、カテゴリーごとに作者が何を言いたいかを考えながら読んでいくのがかなり有効です。

受験の教科書とか参考書、仕事での知識を得たいんだったらその本を三回くらい読むのが手っ取り早い 頭に残らないと悩んでるよりそっちのほうが現実的

ちなみに、受験教科書とかだったら上述みたいに3回読んでみて、たぶんそれだけじゃ試験には役に立たないでしょうね。

結局、人間の記憶力ておは、すぐに忘れるもんです。個人差もありますけど、

「何度も繰り返して読む」

ってしか記憶を定着させるにはそれしかないんですよね。

本を読むと言っても

「趣味で本を読む」っていうのと

「仕事や勉強の知識をえるための本読み」ってのはまったく別物ですね。

受験を経験した人ならわかるんですけど、何十回も読んで、受験にそなえていくわえですけど、受験が終わって3年くらいたてば、その内容なんてほとんど忘れています。10年たてば9割くらい忘れてますしね。私なんてほとんど覚えていません(;´Д`)

なので、本の内容をが頭に残らないって人が

「私は記憶力とかが無いのか?」

とか悩むのはナンセンスすぎます。そんなことで悩むくらいなら、記憶に定着させたい本を何度も読むことです。

本を読めるってこと自体、それだけ優秀ですよ。本当に集中力が無くて本を読めない人とかもいますからね。

どうしても本を読むのもめんどくさいって人は、「本を音読してくれるサービスを聴いてみる」って手もあります。

本を読んで頭に残りやすいようにするなら、「本を音読してくれりサービスを聴いてみる」のも手っ取り早いですね 聞く方が頭に残りますからね

本を読んで頭に残りやすいようにしたいなら「本を音読してくれるサービス」っていうのがあります。

[template id=”6619″]

実際には、覚えたい内容は安ども読んでいる、役者が台本を覚えるのには、何度も何度も読み込むのと一緒ですね

実際には、本を読んで内容を忘れないようにするってのは

「何度の何度も」みんな読んでいます。これいっちゃうとどうしようもないですけど、どうしても本の内容を覚えたいなら、覚えるまで

何度も読むしかありません。当たり前なんですけどね。

ただ、その回数をなるべく少なくするためには、上述したような「作者が言いたいことを意識しながら読む」といった工夫そすると時間を

大幅に少なくできるってことですね。

焦らずに、本の内容を楽しみながら、「この本では何を言いたいのだろう・・・・」を意識しながら読んでいけば割と頭に定着していきますよ。