ブラックな仕事でうつ病になったから心療内科を実体験 心療内科に行くときに知っておくべきこと

仕事でうつ病になって心療内科に初めていって見るという人に参考になれば・・・・という記事です。

普通に私が体験した心療内科に行ったことを書きます。もちろん主観はいってますので、そのあたりはそういうものとして見てください(;^ω^)

うつ病になったらまず心療内科に行ったほうが良い理由

うつ病イメージ

心療内科ってなんとなく

「なんか精神崩壊した人がいて叫び声とか上げてるんじゃないのか?」

「鉄格子のある部屋とかに患者が閉じ込められているんじゃないか?」

とかいう変なイメージがありますけど、それは精神異常者のいる病院です。

心療内科は精神が「疲れて」うつ病や適応障害なんかの人が良く病院です。

いまでは、心の病もだいぶ世間的に知られてきているので、心療内科に行くハードルもだいぶ低くなってきましたね。

さて、うつ病っていっても、放置しておくと手遅れ(自殺するとか)になる場合もあるので、症状が出たらとりあえず心療内科に行ってみるというスタンスでいいと思います。

こんな症状や会社での事象があったら心療内科に行ったほうが良いです。

仕事で疲れているのに夜眠れない
眠れてもすぐに目が覚める
悪夢を見るようになった
朝7時に起きるつもりでも5時に目が覚めてしまってそのあと眠れない
仕事に行こうとすると布団から出るときに体が鉛のように重い
朝会社に行くときに吐き気・頭痛・めまいがおこる
日曜日のサザエさんやってる時間になると吐き気・頭痛・めまいがおこる
内科に行っても体がおかしいとか病気ではないと言われる(これ重要です)
あきらかにストレスの原因であるパワハラ上司とかがいる
あきらかに仕事が自分の限界を超えた量をやっている
上司にそういった仕事の軽減を相談してもまったく取り合ってくれない(これも超重要)

こういった症状がでたり会社の現場での理解が無い場合は、すぐに心療内科にいきましょう。

この段階で我慢をすると自分だけでなく周りの人もまきこんでものすごい不幸が起こる可能性があります。

うつ病も重度になると社会生活が送れないので、そうとうな苦しみと周りの人に迷惑が掛かります。

会社の仕事ごときでそういう悲惨な目にあうのもいやでしょ?手取り20万円台とかでしかも、うつ病になったら人生のコスパとしては最悪です。

そいうわけこういう状況になったら早めに心療内科にいきましょう

うつ病は薬を飲んだほうが治りは早い(うつ病の原因の環境から逃げるのが前提ですけどね)

心療内科に行ったほうが良い理由として、「抗うつ剤」というのを処方されます。

抗うつ剤ってなんだか飲んだら人間終わりみたいなイメージがありますけど、うつ病の人が早く回復するには薬は絶対必要です。

よく、抗うつ剤を飲みすぎてそのあと辞められなくなるということを聞きます。これはハッキリ言うと「バカな医者がテキトーに抗うつ剤を出す」からです。

抗うつ剤はいろんな種類があります。心療内科の医者でできる医者は、その人の症状に合わせて抗うつ剤を選択します。

そしてなるべく最新の抗うつ剤を出すのが普通です。最新の抗うつ剤は副作用もなるべくする無いようになってきています。

もうカンが良い人なら気づいていると思いますが、心療内科でも本当にヤブ医者もいれば優れた医者もいます。まあこれはどんな病気の医者でもよくあることですけどね。

すぐれた医者はこういう薬の選択もしっかしてしています。ヤブ医者は古い時代遅れの抗うつ剤をずっと使っていて、どんな症状の患者にもその薬だけを処方しています。

私も実際最初に行った心療内科でもらった抗うつ剤が全く聞かなくて絶望的だったのですが、別の心療内科に行って最新の抗うつ剤を処方してもらったが劇的に効果がありました。

それだけ医者によって処方が違うので、心療内科に行くときは口コミや知人などから情報を得てちゃんとした先生のいる心療内科に行くのを強くおススメします。

抗うつ剤は基本、「一種類」だけを服用します。同時に何種類の抗うつ剤を処方する医者は「とんでもないやぶ医者」です。

こういう医者まだけっこういるらしいんですよね。

同時にたくさんの種類の抗うつ剤を飲むと、それこそ「中毒」になって薬を辞められなくなります。抗うつ剤は基本

一種類です。その種類の抗うつ剤では効果が無いとわかったら、それを辞めて次の抗うつ剤を処方するというのが「まともな心療内科の医師」です。

このあたりを意志を判断するときに利用してみてください。

※あくまでも私はうつ病を経験したものであり、医療に関しては素人です。私の主観の意見なのでそこはご了承ください。

「抗うつ剤」はうつ病を治すキッカケをつくる薬です。

うつ病が重くなると、階段を上ったり、布団から起き上がったりするのが辛いほど体が重くなります。つまり日常生活が厳しくなってきます。

抗うつ剤を飲むとこの「体の重さ」が取れてきます。薬の力で「体だけは」動くようになってきます。

もちろん、うつ病は心の病なので、仕事が原因でうつ病になったのなら、その原因の環境から逃れないと根本的にな治りません。

ただ、うつ病での体の重さっていうのは本当に「絶望的」な感じです。うつ病になった人しかわかりません。

この体の重さを、薬の力とはいえ緩和してくれるので、かなり楽にはなります。そのために「抗うつ剤」は必要なんですよね。

とにかくうつ病上手く回復させていくためには「抗うつ剤」は必要です。

そのためには、先ほど言った「ちゃんとした心療内科の医師」に診察してもらうことが、ものすごく大事です。

やぶ医者に当たると悲惨ですよ。そのあたりは本当に気を付けてください。

補足 心療内科のヤブ医者によくある態度

女囚人

ヤブ医者はうつ病の患者に対しても、上から目線です。

うつ病になった時って、人から厳しいことを言われたりすると、そういった言葉が健康な時より10倍くらい心の傷になります。

心が弱ってるからなんですね。普段多少悪口をいわれたくらいではへこまない人でも、うつ病になるとものすごくへこんだりヘタするとショックで自殺したりします。

そういう患者に対して、上から目線で対応する医者とか、しかも、「それって甘えなんじゃない?」とかいう言葉を吐く医者もいます。これって・・・心療内科の医者か?という人もいます。

どうしてこういう、やぶ医者の心療内科の医師がおおいのかというと、心療内科って医療機器とかいらないですし、机と椅子さえあれば、病院として開業できるわけです。

医師免許をとって、心療内科を開くのが一番コストもかからないですし、薬をバンバン出せばもうかりるので、複数の抗うつ剤を同時に処方したりします。

これが典型的な心療内科のやぶ医者です。・・・・人間じゃないですね。こういうヤブ医者が多いのがものすごく悲しいです。

でも現実はそういう医者が多いので本当に気を付けてください。

簡単に診断書を書いてくれるので会社を休職できるメリットがある 休職したいときはすぐに心療内科を使おう

心療内科に行くメリットはもう一つあります。

診断書を医師が書いてくれるので、とりあえず会社を「休職」することができます。公的に会社を休むことができるんですよね。

「会社を休んだらその分の給料とかがないしやばいよ」

と思われるかもしれませんが、うつ病でも「傷病手当金」が最長で1年6ヶ月でます。

傷病手当金が出るので、とりあえずのお金の心配はかなり減ります。逆に言うと一年六カ月は「休職できる」ということです。

これを知らない人がかなり多いので、うつ病になったら診断書をもらって、会社を休職すればいいわけです。

公的に休めますし、しかも会社を辞める必要はありません。

参照:傷病手当金

ただ、私は休職はしましたが、その会社での仕事が原因でのうつ病だったので、休職している間に裏で転職活動をしました。

転職エージェントに登録してコツコツと求人を探してもらって、地道に面接を受けたりしました。

そのかいあって無事、仕事も定時で帰れてサービス残業もない異業種の会社に転職できした

参照記事 おススメの転職エージェント

実際私は、数社の転職エージェントを利用しました。その中で転職が成功できたのがDODAです。金融業界から製造業の総務部に転職できたのも...

うつ病になったら、会社を休まないと治りません。なぜなら、そのうつ病になった原因の環境から離れないと、「絶対に」うつ病は治らないからです。

そのために傷病手当金の精度もありますし、なにより「診断書」を会社に提出すると会社側は何も言えません。

そう、会社ってこういって、公的な書類にめっぽう弱いです。それまでものすごく強気で「会社を休むのは甘え」とかほざいていた上司も、診断書を出すと何も言えなくなります。

それほど医師が書いた「診断書」の効果を抜群です。心療内科に行って診断書を書いてもらい、とにかく数か月~最長一年六か月は休職するのが、かしこい対応です

実際、心療内科の初診ではこういうことをやります

頭が痛いサラリーマン

実際、心療内科に行くと初診でどういうことをやるかってうのをご紹介します。

まず診察の前に最初に、学生のインターン?だと思うんですけど、若いねーちゃんにいろいろと、今までのいきさつを聞かれます。

どういう症状があるのか?会社でどういうことがあったのか?今の仕事はきついのか?という状況を聞かれますね。

それを医師がみて診察します。

診察は普通に医師と机をはさんで対面します。ここで、医師によってかなり対応が違うというのが分かります。

私は、心療内科で4人くらいの医師を経験しましたが、ヤブ医者はほとんど問診をしないで、「あーうつ病だね」とか即決します。そしていつも出してる「抗うつ剤」出して終わり・・・というパターンです。たぶんほかの人にも

同じ診察をしてただ薬出してるだけでしょう。いい商売です。こんなんなら私でも医師になれそうです。

逆にきちんと診察してくれる医師もいます。状況を聞いて、こまかいことまでしっかりと聞かれます。

そしてどういう症状があるかどうかを聞いたうえで、薬を判断して処方してくれます。

まずここでヤブ医者だったら、その心療内科はやめて別のところに行ったほうが無難です。別に医者を選ぶのは自由なので、全然躊躇する必要はありません。

ホントやぶ医者勘弁してほしいです。

問診が終わると、薬を出すからちゃんと飲んでねと言われて、医者の方から「どうする会社休みます?休むなら診断書書ますよ」といわれます。

言われない場合は、会社を休みたいから診断書ほしいと言えばたいてい初診でも書いてくれます。診断書は2000円とかとられますけどね。

それを会社にだせば、数か月休職できます。診断書に「うつ病のため2か月の休養を要す」とかいてあるので、その期間は

大手を振って休めます。

これが一連の流れです。とにかく心療内科に行って診断書書いてもらって休んだほうが良いです。

「休職したら会社での出世とかがダメになるからなあ」とか思って休まない人はどうぞ、このまま仕事を続けてうつ病を悪化させて、最悪だと自殺する羽目になるので、そこは自己選択ということでお願いします。

症状が軽くなっても通院したほうが良い理由

うつ病は、会社を休んでいればだんだんと良くなってきます。

一回はぜてしまった風船を、穴を補修して、徐々に膨らませていくという感じですね。

風邪とかと違って、数日で治るものではありません。じっくり時間をかけて治っていきます。

私の体感だと、簡単な仕事ができるようになるには半年くらい。以前のように仕事ができるようになるには

2年くらいかかりましたね。個人差があると思いますけどだいたいこんなもんでしょう。

うつ病に一回なると、仕事とかプライベートもそうですけど、あまり「無理」をしなくなります。

「人間休養することも大事なんだ」ということを身をもって知るからです。そういう人生のほうがいいですよ。

ずっと走り続けていても、いつか破たんしますし、そういうまじめな人間ほど会社に利用されてこき使われます。

適度に休んだほうが人生長持ちしていきますよ。

個人的には心療内科にお世話になるくらい仕事がいやだったら転職してください 私は転職しました(^O^)/

というわけで、仕事のせいで心療内科にお世話になるって、どんだけその仕事が嫌なのかがわかりますよね。

うつ病はもう一度言いますけど、うつ病はその原因となった環境から脱出しなければ治りません。当たり前ですけどね。

ということで、そういう会社は見切りをつけて転職しましょうというのが結論です。

休職中に転職活動をすればいいわけですから、時間は十分にあります。

転職エージェントを利用して、「定時で帰れる仕事」「仕事料が適度な仕事」という二つの条件に絞って転職活動をしました。

エージェントがその希望に合った求人を選んでくれるので、面接をすぐに受けることができて内定をもらうことができました。

やっぱりこういう、効率を良くするためのツールを使って行くのはもう必須の時代です。自分で調べて自分で全部やるのは効率が悪すぎます。

おススメの転職エージェントのご紹介です

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職エージェントに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職エージェントはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職エージェントの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!