仕事を引き止めにあって辞められない時のマインドと行動 人手不足とかの理由はブラック企業の手口です 

仕事が多いから助けて

仕事を辞めるとなって、もう完全に「辞めたい」と思ってそれを上司に切り出す・・・・ここまではイイですけど、

人手不足だから辞めないでくれ

急に辞めると言われても困る

みんなと一緒に頑張ってきたじゃないか、なんで辞めるんだ?

そんな責任感のないことで通ると思ってるのか?

ここを辞めても再就職なんてできるわけないぞ

ここを辞めたら一生苦労するぞ

辞めたら人生終わりだぞ

とか言って、あなたが辞めるのを阻止するケースってありますよね。まあ、マジメな人ほどこういったことを真に受けてズルズルと勤めてしまうんですけどね。

さて、こういった引き止めとかってめんどくさいですしね。マジメなあなたは責任とか、迷惑かけるとかそういった自責の念に悩むんでしょうね。

これって、なんというか「奴隷をとことんこき使うための引き止め手段」なんですよね。

そもそも会社って、人が一人辞めても仕事が回るように人員配置するのが普通です。だって、極論、交通事故とか病気とかで急になくなってしまう人もいるわけですよね。だから、人がいなくなっても仕事がまわるようにするのは会社の責任です。

だから「君がいなくなると困る」というのはただの会社側の怠慢です。そう、人件費をかけたくないので、必要以上に人を少なくギリギリでやってるすね。

だから、そういう激務の会社ほど引き留めが多いです。というかブラック企業になればなるほど引き留めが多いんですね。

というかブラック企業だから辞めたいってのもあるでしょうし、結局、結論を言うとそんな場所からはさっさと逃げたほうがイイんですよ。

あなたの労働力を搾取することしか考えていない会社なので、そういったあの手この手で引き留め作戦をしてきます。そしてまじめなあなたはその引き留め作戦にまんまと引っかかってしまうんですね。

そうしてダラダラと年月が経つと本当に転職が難しい年齢になってきます。そのくらいの年齢になってくると、もうブラック企業では「用済み」の年齢になってくるのでそうなると、その会社から「お前もう辞めろよ」みたいな仕打ちを受けるわけですね。ハイこれでブラック企業にかかわった人間の末路が出来上がるわけです。

普通の会社だと引き止めはきつくないけどブラック企業だあればあるほど「引き止め」がきつい理由

そもそも、普通の会社って引き止めってあんまりしないです。なぜなら、先ほどい言ったように、人が1人2人急にいなくなっても大丈夫なように人員管理をして言うからです。

ぶっちゃけ引き留めに会うって相当ですよ。たしかに「形式上の引き止め」とかはあります。

上司に「辞めます」と言って上司が「うん、いいよどうぞ」とかいう上司はいないですからね。

そりゃ上司も形式上は「どうして辞めるんだ?」とか「辞めないほうがイイと思うよ」とか言います。

でもこれって普通は社交辞令というか、別に人が辞めてもどうでもいいんですよ。普通なら替わりに人間がすぐに配属されますしね。それに上司も辞めたいとか行ってる人間を引き止めるなんてめんどくさいから普通はやりません。これが正常でです。

しかし、ブラック企業だと状況は違います。とにかくギリギリの人数でやってますし、人が辞めるとヘタすると「減った人数で何とか仕事を回せ」とか上層部が言ってきますからね。

そりゃ上司としてはそれは困るので「辞めないでくれ」とか実感がこもった感じで説得してきます。そうやって説得されるとマジメなあなたはこう思ったりします。自分が辞めたら迷惑がかかるんだ

忙しいのに私が辞めたらこの人達に迷惑が掛かる

私が辞めなければ丸く収まるんだ

辞めたとしても次に仕事があるかどうかもわからない

辞めないほうがイイのかもしれない

と言う感じで思考が回転して、ズルズルと勤め続けるみたいになります。こうして年齢を重ねてるわけです。

そして年齢が上がって転職が厳しい年齢になってしまうと、もう選択肢がほとんどなくなってしまうわけですね。そうなると先ほど言ったように

このブラック企業で生きていくしかなくなります。ただ、ブラック企業は基本若い人間しかいらないわけです。なぜなら、年齢が高くなるとそれなり少しは給料も上げなければいけないですし、なにより若い人間ののほうが動くし使いやすいですからね。あなたは、一番いい時期の労働力を

ブラック企業に吸い取られて、いらなくなったら捨てられるみたいな感じになります。

これってなんか不倫とかで長年引っ張られて、結局捨てられる女みたいじゃないですか( ;´Д`)

そこで会社を辞めたいと思った時に引き留められてもそれはただの会社の都合なんですよね。

なんか私がいないと迷惑が掛かるとかってそりゃあなたの思い上がりですよ。会社なんて人が一人減ってくらいで、また採用すればいいだけなのでどうとでもなります。

こういったことはもう、色んな記事とかネットでいやっていうほど情報としてあるので、引き留めにあったからと言ってそんなのどうでもいいんですよ。

そんな、「イイ人ぶってるキャラ」じゃあ人生で損ばかりしますよ。だって、会社を辞めるってことは「全く悪いことではない」からです。

そりゃ、法に触れる悪いことはやっちゃ系ませんけど、会社を辞めるなんて全く普通のことですし、そんなの会社の都合とか聞いてたら一生辞められないですしね。

ま、とにかく会社に辞めると言って上司に引き止められたとして

「私が辞めると迷惑が掛かる」

とか思ってズルズルやってみて下さい。そうするとすぐに何年も経過して、そのうち転職とかも厳しい年齢になってしまいますからね。そうなったときに後悔しても遅いですよ。

そもそも辞めたい人を「引き止める」ってのはただの会社の都合で、あなたの人生には何の関係もない そのくせ会社はあなたが精神的にまいってうつ病とかになっても「何もしてくれない」ですよ そこがわかってますか?

あと、例えばですけど、会社に辞めたいと言って引き留めに合ったとしますよね。

それで、ズルズルと激務な会社で働いているとていてい「うつ病」になって結局会社を辞めることになったりします。そうなると、一度うつ病になったりすると

「ポンコツ認定」

されることになり、会社は何もしてくれないですよ。

むしろ「早く辞めてくれ」的な態度になてきます。割と会社ってそんなもんですし、ブラック企業ならなおさらです。

ドラゴンボールでベジータが

「動けないサイヤ人は必要ない」

とか言ってるのと一緒ですからね。

とにかく、会社って動けるうちはこき使ってきますけど、ポンコツになって使い物にならなくなったらもう「用済み」で「辞めてくれ」ってことになります。

よくあるのが、転勤とかさせられまくるとか、仕事をさらに盛られて完全ノックアウトするとか、そんな方法を使いますけどね。

どのみち、ブラック企業に勤めていたら人生で未来はありません。

だから、辞めるときに辞めておかないと悲惨ですよ。引き止めとかにあって、

「私がいないと迷惑が掛かる」

とか思っちゃってる人は自分の甘さとくか、世間知らずなのを思い知ることになります。世の中って人を利用することしか考えていない輩ばっかりですからね。

特に激務な会社はその一番わかりやすい組織です。そうやってうまく利用されるのがイヤなら、淡々と退職届とかを書いてしまうのがいいですよ。

どのみち、辞めたいと思った会社にどう思われようとどうでもいいです そこでグタグタやってると転職の機会を失いますよガチで

まずは、なんというか「人からだ思われようとどうでもいい」くらいの世間体を気にしすぎるのって、生きていると損ばかりするんすよね。

あなたは、マジメに人生を生きてきて、マジメに仕事をしている人なんでしょう。そういう人がこういったブラック企業とかから利用されやすいんですよね。

そして利用されて、もう辞めたいと思ったらさらに引き留めにあって、骨の髄までしゃぶられるわけです。そして使い物にならなくなるまでこき使われて最後には捨てられるわけです。

会社にどう思われようとどうでもいいんですよ。別に好きな人じゃあないし、基本その会社嫌いなんでしょ?嫌いな人からどう思われてもどうでもいいですよね。

会社とかに八方美人を発揮しても、何にも得にならないですよ。しかも辞めようと思ってる会社とかに、いい人ぶってもまあ何もないです。そこを利用されるだけなんですよね。

もう少し、自分ん人生というのを真剣に考えてみてください。もし、明日死ぬとかわかっていたら、辞めるとか言って引き止められてもどうでもいいはずですからね。

そういったことでズルズルとなやむってことは、まだまだ余裕があるってことですよからね。

辞めると決まっているならさっさと転職活動をしましょう 

会社をもう辞めると決めているなら、さっさと転職活動を始めましょう。どんどん年を取ってしまいますからね。

ただ、転職活動でもハローワークとかちまたの求人誌を使ってしまうとそこにはブラック企業がたくさん掲載されています。ハロワとかは掲載企業を審査していないので

ブラック企業ばかりです。奴隷の狩り場になってるんですね。

転職エージェントでは、厳し基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動に的確なアドバイスをしれくれます。

転職ってたしかに不安ですし、初めてだと何からやっていいかわからないっていうのもありますよね。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして、履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですよね。

一度優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみれば、ブラック企業じゃない求人があるという確認にもなりますし、自分がやっていきたい仕事を選ぶ指針にもなるのでおススメですよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

転職サイトDODAで求人探し

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!