薬剤師が入社後にすぐに辞めたいなら即転職すべき理由 人間関係は自分では選べませんよ

大学でしかっり勉強して薬剤師の資格取って・・・・・メッチャ時間とお金をかけて念願の薬剤師になってヤクザ市の仕事に就いた・・・・でも入った薬局とかの人間関係とかが最悪で入って数日で辞めたくなった。

これって薬剤師に限らず、普通のサラリーマンでもよくあることです。実際、最初位は言った職場がなかなかい心地がイイって人は少ないいですからね。

まあ、多少居心地が悪いとか我慢すれば何とかなるレベルだったらまだいいんですけど、あきらかに職場の雰囲気とかが最悪で、なんか先輩がキチガイみたいな人がいたり

パラハラ上司がいたり陰湿なお局様とかいたら、けっこうキッツいものがありまからね。そういう状況は薬剤師でもリーマンでもまあ良くあることです。

薬剤師といっても、資格を持ったサラリーマンですからね。やる仕事が薬を扱う仕事っていうことになっているだけで、普通のサラリーマンと一緒です。しかし、薬剤師の場合は大抵の場合年収がいいので、そこが普通のリーマンと違うところなんですけどね。

しかし、薬剤師と言っても普通に人間関係の悪かったりする職場もフツーにあります。そうフツーにいくらでもあるんですね。逆に人間関係が良かったり普通レベルの薬局とかもいくらでもあります。

そいうのってハッキリ言って運の要素が9割以上なんで自分から人間関係の悪い職場とかを避けようとしてもぶっちゃけ無理なんですよね。これってサラリーマン全体に言えるんですけど職場の人間関係の良しあしってハッキリ言って運だけです。ある日、ゴミみたいなパラハラ上司が異動してきたらその日から職場は最悪になりますからね。

だから職場の雰囲気とか人間関係なんてあっさり悪くなるもんです。もとから悪かったりもしますしね。だから結局、職場に入ってみないとわからないってのもあります。

これが怖いところなんですよね。勤め人として生きるってことはこういうリスクを常に持っているわけです。

薬剤師の職場って閉鎖社会ですからね 人員も固定で入った職場に変な先輩とかお局とかいたら一発でアウトですからね

薬剤師の仕事って薬局とかドラッグストア、企業の研究室とかありますけど今日筒うしてるのは「閉鎖社会」だってことですね。

もともと薬剤位の仕事は専門職なんで、異動とかそいうのがあんまりないケースが多いんですよね。だからその職場に入って人員が固定されると長期間その顔ぶれで仕事をするわけですよ。そうなってくると一度人間関係が悪い職場に入ると、ずーっと人間関係がわるいわけです。もう永遠にそのままです。

だから、かなりの「絶望感」が出てくるわけですね。職場に行ったらほんとに嫌なクソ上司とか同僚、お局と毎日顔を合わすって経験したことがある人なら

わかると思いますけど、想像以上に自分の生活とかに影響が出ます。ストレスはたまりますし、最悪体調崩したりうつ病になったりあします。ちなみに私は激務と人間関係の悪さ(パラハラ上司)のおかげでしっかりうつ病になった経験があります。

そう、結局一人でも自分の職場の中の近いスペースでそういった、強烈にキッツい嫌な人間がいるとものすごいストレスがたまります。しかも薬剤師の職場ってたいてい異動とか

がほとんどない職場ですからね。特に薬局なんて最悪でです。永遠にその人と顔を付き合わせていくってのは結構きついものがありますよ。そんなことになったらそりゃあ入った職場なんてすぐに辞めたくなるのは当たり前ですからね。

これって普通のサラリーマンだったらけっこう悩みどころですけどね。私もこういうので今の仕事辞めたらなかなか次の仕事なんてないだろうなあ・・・・ってことも思ったわけです。

だからズルズルと辞めれずに勤めてしまいがちですからね。

その点薬剤師はうらやましいです。私が薬剤師だったらソッコーで辞めて次の職場を探します。薬局でもなんでもだって資格持ってますし、就職できないってこをは薬剤師だったらまずありえませんしね。

だから、逆に薬剤師の資格もってて、人間関係が悪い職場とかでずっとそこで働いている薬剤師ってなんだんだろう?とか思いますけどね。せっかく薬剤師の資格取ったんだからさっさと職場変えてスッキリした環境で働けばいいのにと思ってしまいます。

もしかしてあなた、

「職場を辞めたら迷惑が掛かる」

「すぐに辞めるのって人としておかしい」

とか思ってませんか?それってただの社畜洗脳されているだけですからね。仕事って自分の生活を豊かにするためのものなんで、仕事のせいで生活にストレスをため込むとかナンセンスですからね。仕事は金を稼ぐためのツールですからそのあたりを割り切っていったほうが人生が好転することが多いです。

関連記事:社畜洗脳とかされてるとヤバいですよ

会社辞めたら負けとか終わりとか考え時点で社畜洗脳されている事実
会社を辞めたら人生終わり、負けとか短絡的な情報がいっぱいすね。そんなので終わったらとても生きてけないでしょ。仕事なんて労働環境があまりい悪かった自分で変えていかないと状況はもっと悪化していきますからね。逃げるとか責任とかそういうきれいごと言ってる人はもうダメでしょうね。

薬剤師の職場をすぐに辞める人って結構多いですからね そこは全く気にする必要はないです 薬剤師って資格職ですからね うらやましいです

薬剤師の職場をすぐに辞める人って結構多いですよ。そりゃ要領のいい人はせっかく薬剤師の資格持ってるんですから、嫌な薬局とかドラッグストアとか会社なんてスグに転職しますよ。わたしだったらそうしますもん。

資格があるってのはホントうらやましいです。実際には資格を生かすという意味でもすぐに辞めた職場とかはさっさと辞めるのがベターです。資格職の特権を生かすべきなんですよね。

特に薬剤師ってほかの資格・・・・たとえば文系の会計士とか税理士、司法書士とかに比べると働く場所ってたくさんあるわけです。街を見渡すとどう考えても会計事務所よりも薬局のほうが圧倒的に多いじゃないですか。薬剤師は最近では28万人くらいいますけど、実際に働いている人は是吉も少ないですしね。

主婦になったりして働いてない資格取得者もいるので、実際働く場所はいくらでもあります。それがわかっていて敢えて辞めたい職場にいるってのがよくわからないですね。普通のリーマンだったらそりゃあ嫌な職場でも辞めるのは躊躇しますけど、薬剤師だったらあんまり躊躇しないと思うんですけどね?なんででしょうかね?

それこそ社畜洗脳されているとなかなかやめられないんですよね。マジメな人だとすぐに職場を辞めたりするのは「悪いこと」とか思ってますけど、いやいや・・・・

仕事なんて自分の判断で職場を選んで自分の判断で仕事をしていくっていうスタンスでいいんですよ。仕事は手段であって、なんか申し訳ないとかそういう感情とかいらないです。

会社辞めるとかって自分勝手な行動じゃあないんですよ?ただ嫌だと思ったら自分で破断して辞めるっていうそれだけのことです。労働契約をしてるだけなので、それを解除するだけの行動なんですよね。

ずっと学校とかで小さいころから組織でいると、こういった組織から抜けるのって悪いことじゃないかとかっていうのがすでに社畜洗脳されています。怖いですね。

しょうがないんですけどね、そういう教育ですからそりゃあまじめな人ほどそうなります。でも嫌な場所にいてもどのみち辞めることになるので、身の振り方は早い方がイイですよ。

関連記事:洗脳されてるとホント怖いですからね

「仕事を辞めたいのは甘え」は会社の洗脳の言葉 思考停止を辞めて転職すべき理由
仕事を辞めるのは「甘え」とか「仕事辞めたい病」とかはやってますけど、辞めたいと思た時点でその仕事はもう続けることはできないわけです。答えはわかっています。でもまじめな人は思考停止になって上司とかの引き止めを真に受けてズルズルと勤めて最後過労死、うつ病、転職のできない年齢になっているわけです。

なかなか次の職場を選択するのも人間関係までの内情を知るのはむつかしいので、2~3回くらいは転職してそのうちに働きやすい職場を見つければいいやくらいの

スタンスのほうが人生うまくいきますよ

実際には、転職活動とかして会社に入ってもさすがにその会社の人間関係までを調べるのはけっこう無理ゲーです。いい会社だったとしてもイイ職場だったとしても、人間関係までをその職場に入る前に調べるのってのはけっこう難しいです。というか無理なんじゃないですかね?

でもまあ、幸い薬剤師ってのは資格業で転職が容易ってのもあるので、2~3回くらい転職してもいいくらいのスタンスでやっていったほうがイイですよ。新卒で入った職場がイイ感じってのはだいたい50%以下ですからね。半分以上はけっこう雰囲気が悪かったりします。耐えられるくらいならいいんですけど、その中にはこりゃとても無理だなあ・・・・っていうくらい耐えがたい人間関係の職場って結構ありますからね。

そういう職場だったら薬剤師だったらサクッと辞めて別の薬局や会社に入ればいいだけのことです。どうしてそうしないの?っと顔もいますけどね。普通のサラリーマンだったら

そりゃ多少躊躇しますけど、薬剤師だったらまったくもって働く職場はたくさんあるわけですから、そのあたりは割り切って行動すべきですね。せっかく高いかね払って大学行って時間をかけて資格取得したんですから、それなのにショボイ職場で働いていても意味ないですからね。せっかく取った資格のメリットを最大限に生かすべきです。

たぶん普通のリーマンの転職活動の3倍くらいはらくになると思うのでそのあたりはかなりうらやましいですね。薬剤師の資格を生かし切るという意味でも、すぐに辞めるとか

それは労働契約だと割り切ってすぐにでも行動したほうが今後の人生が楽になっていきますからね。

薬剤師が転職するなら転職支援サービスを使うのが一択ですね あとは薬局とかドラッグストアの求人張り紙を見て回るかですけどこれって効率悪いですからね

薬剤師が転職するなら転職支援サービスが一択なんですね。薬剤師の求人で求人誌とかではめったにないですし、あとは薬局とかドラッグストアとかの求人張り紙見たりするくらいなんですけど、それって効率があまりに悪すぎますからね。

普通に転職支援サービスを使えば優良な求人を紹介してくれますし、またアドバイザーが転職活動について的確なアドバイスをしてくれますからね。

転職って難しいと思われがちですし、初めての場合にはなにからやっていいのかわからないっていうのもありますからね。

しかし、転職って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策すれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですね。そうすれば自分がこれからやっていく職場を選ぶ判断材料になりますからね。