薬剤師の仕事でミスが多いから辞めたい時は職場の労働環境を見直そう

薬剤師の仕事でミスをしてしまう・・・・こんな時には「もう薬剤師辞めたい」というと思ってしまいますよね。

「自分は薬剤師の仕事が向いていないんだ」
「こんなにミスをするなんて周りに迷惑をかけてしまっている」
「もう薬剤師になったことを後悔している」

とマイナスのイメージばかり連想してしまいますよね。

ただ、そのミスの原因を冷静に考えてみたことがありますか?

薬剤師になっているということは、大学で勉強して資格を取って、努力してきた人がほとんどです。

正直そういった人種でミスを連発するような人は少ないです。ぶっちゃけて言うと、並み以上の頭の良さと機転の効く要領の良さを持っているんですね。

そういう人がミスをするというのは、環境が悪いというケースが多いです。

環境が悪いというのは

「人間関係が悪い」
「仕事が信じられないくらい激務」
「仕事を教えてくれる人がいない」
「上司がただの根性論者で話にならない」

などのケースがあります。

こういったケースに当てはまると、仕事へのプレッシャーがもハンパないのですが、仕事を教えてもらい無かったり単純に仕事が忙しくてどうしてもミスをしてしまうんですへ。人間てそれほど完璧じゃないですし、メンタルが強い人ばかりではありません。

交えな人ほどこういう、ミスをしたときのプレッシャーとかに弱いものです。ミスして死ぬわけじゃないし位に考えたほうがいいんですけど、なかなかそのレベルにはなるのはむつかしいですからね。

もともと薬剤師になる人は仕事へのやる気はある だからミスをするとへこんでしまうパターンが多い

薬剤師の仕事を目指して勉強してきて、実際に薬剤師になった・・・

「患者さんの役に立ちたい」
「やりがいのある仕事をしたい」
「薬剤師は安定してるので収入を良くしたい」

など目的をもって薬剤師になるわけです。

しかし、実際、薬局に勤めてみるとそこは「ブラック薬局」だったなんてことはとてもありがちなことです。

ものすごい患者数がいるのに、人数が2人しかいなくてとて回らない薬局。薬局の経営者は人件費を考えて薬剤師を増員することなど考えていない。

お客さんを待たせてクレームの嵐。家に帰って、お客さんからクレームを受ける夢を見る・・・

上司に「こんなことも覚えれれないのか?」と罵倒される薬局。ろくに研修体制もないので、他の職員の仕事ぶりも見て仕事を覚えるような昭和な雰囲気の薬局。

こういった職場で仕事をすれば、そりゃあミスも増えます。

「ミスが多いから薬剤師を辞めたい」というのではなく「ミスをしていまった環境を変えたい」

というのが、薬剤師でミスをしてしまって辞めたいと考える人の本音でしょう。

だって、せかっくキツイ勉強をして、やりがいと収入をもとめて薬剤師になったのに薬剤師自体を辞めていというのはナンセンスだからです。

正直、どんな仕事でもそうですが、ブラックな環境とそんなにキツク無いゆるい職場というのはあります。

ゆるい環境がいいというわけではないのですが、そういう環境で仕事をすれば「ミスをして辞めたい」という事にはなりません。

仕事でミスをするのは人間関係が厳しいという面もある

仕事で一番やっかいなのは「人間関係」です。

特に薬剤師は狭い薬局の中で、限られた人数で仕事をするので、人間関係が悪いと逃げる場所が無いのがネックになります。

たとえば、薬剤師として新人として入って、ろくに教えてくれないのにいきなり「お前は仕事ができない」とレッテルを張る先輩とかよくいます。これ本当によくいるタイプです。

こういう先輩に毎日のように「お前は仕事ができない」と罵倒されていると仕事への自信がなくなってきてミスを連発するようになるんですね。この負のループは人間関係が固定の薬局では逃げることができません。

また、お局様タイプの女性薬剤師に目をつけられたりすることもあります。これも罵倒するタイプとは違った陰湿な仕事への嫌味などを毎日言われます。

「まだできないの?そんな仕事」とか毎日言われて精神状態がまともでいられるはずがありません。これもミスを連発する原因になるんですね。

あとは、信じられないくらい激務な薬局。これも経営者が意図的に人件費を削減していると、仕事量と人員配置のミスマッチが起こります。

患者の量がハンパないのにもう、トイレに行く暇もないくらいずっと仕事に追われてしまいます。これも続けているとだんだん精神的に限界がきてミスを連発するようになります。

こういった先にあるのは「うつ病」です。

ストレスを溜め続けて、「まだ大丈夫だもう少しいけるぞ」などと我慢して仕事をしていると、ある日の朝布団から起き上がれないほど体が重くなっています。そしてすべてのことにやる気がなくなり、数年間その症状は続きます。これがうつ病です。

残業とかしまくって長時間残業をしてると、実際どのくらいやると「うつ病」になったりするのでしょうか?うつ病は怖い精神疾患です。実際私が体験した状況からそれをご紹介します。結論を言うとそこまで我慢するのは絶対にやめたほうがイイです。体を壊す前にサクッと転職したほうがイイにきまってますからね。それはホントに辞めたほうがイイです。

特にまじめに生きて生きた人ほど「うつ病」にはなりやすいです。要領のイイ人はこういう職場はとっとと転職してもっと環境のイイ薬局に転職してしまいます。

よくある「3年は我慢しろ」というのは、日本人が体よく作った悪習です。もちろん環境がまともなところでは3年間がんばるべきですが、環境が劣悪なところで3年間やるというのはその時間は完全に無駄になります。

3年間を意味を間違って解釈していると高確率でうつ病になるので注意が必要です。

3年我慢したらガチで死んでしまいますよ。そんなに我慢ばかりして人生楽しいですか?と聞きたくなりますからね。我慢は身体によくないですよ本当に、本当にね。

ブラック薬局ではミスをするのは当たり前 ミスしてもマジメな人はどんどん負の連鎖で委縮していく

そういったミスをするといって薬剤師を辞めたいと思う前に、「ミスをしにくい環境」へ自分を置くことを考えたほうがいいです。

人間は人から感謝されたりすると、一気にやる気が出てきたりします。

上司から「毎日一生懸命仕事をしてくれてありがとう」と言われればだれでも悪い気をしません。

こういった感謝の意を言葉で表してくれる上司は人材の使い方をよく理解しています。

こういうことすらできない人が上司になっているような環境は早めに見切りをつけたほうが間違いはないです。

薬局の場合、改善を要求してもほとんどスルーされます。それは薬剤師の「価値」を理解していない経営者がほとんどだからです。

薬剤師を雇うのには高い時給を設定して雇うわけですから高い人件費を使っているんですね。使い捨てというわけにはいけないです。しかも薬剤師は全く足りない状況ですから貴重な人材なわけです。

それを理解していないのはブラック薬局=ブラック企業にはありがちなことです。

薬剤師を使い捨てのように扱っている環境しか用意できない薬局は即刻環境を変えたほうが良いです。

なぜなら、世間にはいくらでも気分よく仕事ができる薬局があるからです。

そもそもブラックな環境で仕事をまじめにやっていこうとするだけ無駄です。何をやってもマイナスの方向になりますし、結局労働力を搾取されてポイ捨てされるだけです。そういう場合はさっさと環境を変えるために転職したほうがイイですよ。

いい環境の薬局で働けばミスは激減する 環境のイイ職場とは?

結局、職場は「人間関係」ご「仕事の量」で環境が決まることが多いです。

特に人間関係では「上司・先輩」仕事の量では「経営者」によって良いか悪いかが決まってきます。

まず人間性がダメな上司はいくらその先仕事をしても環境はよくなりません。これは経験から言うと間違いはないです。

ドラマのように、改心するような人間はいません。人間性というのはほとんどが死ぬまで変化しないのが普通です。

そのため、ひどい上司はそのままひどい上司のままです。その職場は永遠に改善されることがありません。

大きな会社組織なら異動があれば上司・先輩は変わりますが、薬局などの店舗ではそれはありません。あなたが動く以外は環境はかえられないのです。

逆に良い上司・先輩に薬局であたった最高です。ずっとその人とやっていけるわけですからね。

人への配慮や面倒を見てくれるようなできる人の下だと本当にミスが減ります。こういった職場に入りたいところです。

人としての思いやりがあるか

これもこうして文章に書くのもなんですが、人としての最低限の思いやりが無い人はだめです。

でも社会に出るとこういう人は多いです。特に薬局での上司・先輩でこういう人がたら、かなり厄介です。

人としての思いやりがあるかどうかを確認して置くのも大事です。それが無い上司に当たった場合はその環境から遠ざかる選択をする必要もあります。

良くまじめな人にありがちですけど

「我慢するのが大事」

「逃げるのは卑怯」

とかいい人ぶって勝手に自滅していく人が多いです。そんなキレイごとは社会では通用しません。そういうのは社会に出て揉まれているあなたならわかっているでしょう。

そんなの我慢しないでさっさと転職したほうがイイですよマジで。薬剤師は資格職なので転職は簡単です。そのあたりもあなたならわかっているはずですよね。

やる気があるかどうか

薬局の場合は一度ルーティンワークを覚えてしまえば、いつも一緒の仕事をするだけです。

どんな仕事でもそういう傾向はあるんですけど、上司が完全にやる気を失っている職場も危ういです。

まあ、パワハラしてくる上司よりは100倍マシですけど、やる気がないってのは厄介でそのやる気のなさはだんだん風邪がうつるようにうつってくるんですよね。

「やる気がなくなる病」ってやつです。これも意外とミスにつながります。集中力が切れますからね。

こういう職場も逆の意味で厄介な職場です。

上司は適度なやる気を部下にあたえて使って行くのが基本です。これがうまい人がいる職場は一体感があってとても雰囲気が良い職場になってきます。

こういう薬剤師の職場環境は簡単に変えられます

薬剤師は資格をもっているため、職場環境を変えるのはとても簡単です。

でも実際は、職場の上司からの罵倒や仕事量の多さで思考停止になっていて、そのままずるずる危険な環境で働いている人がいっぱいいます。

そういった思考停止を解いて、環境をかえると状況は一変します。

「でも環境を変えるといってもどうすればわからない・・・」という場合は薬剤師の転職支援サービスを使うことをおススメします。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

優良な薬剤師の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.ファルマスタッフ

2.薬キャリ

3.マイナビ薬剤師

 

「ファルマスタッフ」は東証一部情報の「日本調剤グループ」が運営する転職支援サイトです。

職場へ足を運び求人情報を収集し、面接同行サービスを実施してキメの細かいアドバイスで定評があります。

薬剤師専任コンサルタントが80名在中し、あなたの希望に合った薬剤師求人の提供・面接指導を行ってくれます。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして名前・とアドレス、生年月日・住所と携帯番号と必要事項入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

ファルマスタッフ  (←公式サイトに移動します)

 

「ファルマスタッフ」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「薬キャリ」や「マイナビ薬剤師」を選択しましょう。

「薬キャリ」も「マイナビ薬剤師」も大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

薬キャリ  (公式サイト)

 

マイナビ薬剤師  (公式サイト)

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!