薬剤師は割に合わないし向いてないから辞めたい 薬剤師を生かした転職先に環境を異動しよう

薬剤師の仕事が「割に合わない」。6年間も勉強して学費を出して薬剤師になっても年収500~600万・・・学費って1400万円くらいかかりますしね。親は大変ですよ

これが割に合うのか割に合わないのかは人それぞれ多効く考え方が違います。ただ、このページを見ている人は少なくとも「割に合ってない」と思っているでしょう。

そうですね、私は製造系のサラリーマンですけど、「割に合わない」とは思いません。このくらいの収入がもらえるならですけどね。特にもし女性だったらかなりいいと思います。しかも一度退職しても薬局の経験があったら再就職しやすいというのが薬剤師だからですね。

もし私が今会社を辞めて一年後に復帰となったら、かなり厳しいです。というか就職できるかどうかわかりません。

もちろん選ばなければできますよ派遣とかバイトとかならできるでしょう。ただ、そこそこの年収がある正社員になるのはほぼ無理でしょうね。

そういう意味では薬剤師はたぶん普通のサラリーマンから見ると「割に合わない」といことはありません。と思うんですけどねえ( ;´Д`)

でもあたなたが割りに合わない。しかも薬剤師が向いてないっていうならしょうがないです。若いうちに別の職に転職したほうが無難ってことになります。

薬剤師の資格があるからっていっても、薬局だけが職場の選択肢じゃないですしね。一般企業とかドラッグストアとかの選択肢もいれていけばいいわけです。

ただ、それは薬剤師として働いているあなたしかわからない事情もあるでしょう。薬剤師の仕事をドライに費用対効果だけでみると割に合わない部分が浮かび上がってきます。

ここではその費用対効果の部分とそうでない部分を見ていきましょう。

薬剤師資格を取る費用とその後の給料だけみると割りが合わない

たとえば、薬剤師を親目線から見てみましょう。

将来、安定した職業である薬剤師になってほしいと子供を薬学部に入れるとします。こういった親心は必死なんですよね。気持ちはものすごくわかります。

薬剤師になればたしかに就職はしやすいですし、女性などは結婚で一度退職してからも復帰しやすいですしね。安定しています。

その薬剤師になるには6年間で薬学部の授業料が約1400万円必要です。学費だけでこれくらいですから生活費などを考えるともっと費用が掛かります。

これだけ費用をかけて薬剤師になる。そして年収が400万円~600万円です。600万円くらいになるには「管理薬剤師」くらいにならないと難しいです。

これを費用対効果「だけ」考えてみると、たしかあまりいいものではないのかもしれません。

適当に大学に行っていいとことにうまく就職できればこういった年収は文系とかの学生でも達成することはできるでしょう。本当に単純に費用対効果だと「割に合わない」と言えるのかもしれません。

でもまあ仕事って2~3年で終わるものじゃないので、何十年も働けばすぐに学費ってペイできますよね。学費が高いと言ってもそのあと2~3年でペイできますし、薬剤師として働いていけばなんとかなりますからね。

たしかに、数年単位で考えると費用対効果は悪いですけど、普通に薬剤師として働いていけばペイできるので、そこは仕事を続けるべきだと思いますよ。

今の職場がいやなら別の薬局やドラッグストアに移って、新天地を求めるべきなんですよ。

まあ、仕事がキツイきつくないってのもありますしね。私の知人の薬剤師は、仕事が楽と言うかあんまりお客さんが来ない薬局で調剤している時間よりも、雑誌読んでる時間のほうが長いみたいです。

それでいて、年収600万円くらいもらっていました。当時私は地銀で働いていて営業でノルマ地獄でパワハラ上司にいびられて、長時間残業していても年収500万円前後でしたからね。年収500万円前後とか言っても、毎日夜遅くまで働いて、休日とかもお客さんのところにボランティアで回ったりしていたので、時給にすると1000円行ってないような気がします

関連記事:地方銀行はめちゃブラック企業

地方銀行はブラック企業が多いです。特に中途半端に発展している地方にはブラック地銀ばかりがはびこっています。といっても銀行は、ノルマ、パワハラ、サービス残業などが普通でノルマい追われて一生を終えていきます。それが嫌で転職する人は正しい選択ですよね。地銀から逃げ出したお話です。

だから、薬剤師って美味しいと思うんですけどね。それでもまああなたが向いてないとおもうなら、薬局辞めてもっと別の職業に行ったほうがいいんですけどね。これは自己判断になるので難しいところですよ。

また、薬剤師の仕事は単調なケースがあるので、そこが「割に合わない」という考えを増やすのかもしれません

薬剤師の仕事は基本は同じ作業の繰り返しです。処方されたものを調剤して患者さんに服役指導する。

これの繰り返しですね。薬の種類を勉強したり知識量が多く必要な割にはやっていることはいたって単純です。

単純と言っても扱うものが「薬」なのでミスは許されないです。なので緊張感もあるのですが、単調な毎日についつい「この仕事割に合わないよね・・・・」思ってしまうこともあります。

人間は単調な毎日にはどうしても嫌気がさしてしまいます。仕事はもっと刺激的で自分が成長していくためにありたいという思いは強いでしょうね。

もともと薬剤師になる人はある意味試験を勝ち抜いて就職してきた「エリート」ですかららこういった気持ちになるも当然なのかもしれません。

単調なだけならまだいいですが、ドラッグストアなどでは薬剤師なのにレジをうったり雑用を普通にする店もあります。

忙しい時はかなりブラック企業な状態になるので、人間忙しくてしかも仕事にやりがいが無い時はやはり「割に合わない」という思いが強くなります。

これは薬剤師の仕事もそうですけど、どんな仕事にでも出てくることなんですよね。

なんか薬剤師の仕事が割に合わないって言ったら、ほかの仕事なんて悲惨ですよマジで。

ブラック企業に勤めてる人なんて、激務で年収300万円以下とかザラですからね。下を見ちゃいけませんけど、やっぱり薬剤師の仕事は続けるべきですよ。そう思います。ブラック企業を経験したことがあるサラリーマンとしてはね。

関連記事:年収300万円以下じゃあ生きていけないですからね

年収300万円以下だと結婚できないと言われています。嫁さんが働いてくれていればいいのですがそうでない場合にはむつかしいですね。共働きが前提ですけど、やはり年収はもう少し高くアラサーで400万円いじょうはほしいところです。まず年収を上げる転職活動を考えてみましょう。

私が薬剤師の資格とか持ってたら、といかく化学工場とかの薬剤部門とか製造業の研究部門の研究の仕事とかを自他すら探しますけどね。薬剤師の仕事って普通に探すと、ほぼ調剤薬局とか病院の薬剤師とか、場所は変わってもやることは全く一緒ですからねえ。

割に合わない・・・とか思ったら、企業とかの薬剤師の資格が生きる部門の仕事を狙って行きます。そういった仕事を探すのだって、普通に調剤薬局とかに勤めながらさがすいことができるんですから、いつも求人をチェックしていくのがポイントなんですね。

そのあたりの求人探しは自分で下がるより転職支援とかのエージェントを頼ったほうが効率がイイですよ。

ただ仕事はそれだけじゃないのも現実 自分を表現するための場でもあります

薬剤師の仕事は費用対効果や仕事内容だけを考えると割に合わないのかもしれません。

ただ、仕事は自分を表現することができると「自己承認欲求」みたいな人間にとって一番満足感が高い気持を得られるんですよね。

薬剤師でも調剤薬局なら薬剤の知識を極めてみる。そうすれば医師からの信頼も厚くなりますし、極論を言えば薬の選び方などを極めれば医師に意見できる立場にもなります。また書籍を出している薬剤師とかもいますしね。

薬剤師でも製薬メーカーなどの就職すれば、新薬開発のチームに入ったり世の中に影響を与えるような仕事に就くこともできます。それだけ最初の就職や、新卒で入ったところが「割に合わなかった」としても今では「第二新卒」という枠もあるので、環境を変えれば充分自分のやりたい仕事ができます。

MRなど薬剤師でも営業的な仕事をすれば年収1000万くらいになるので、そこまでいけば「割に合わない」という感覚は少なくなってくるでしょう。

ただ、仕事自体はMRなどはコミュニケーション能力なども必要になるので、そのぶん仕事の負荷は高いです。

そう考えると薬剤師は選択の幅も普通の会社員よりは多いです。もし、「割に合わない」と考えるなら環境を変えることを検討するもの一つの方法です。

そうなんですよ。薬剤師のいいところは、「職場を変えやすい」ということにつきます。自分今いる環境が悪ければ別の薬局に転職することができます。

これって普通のリーマンだとかなりキツイデスよ。とくに30代後半くらいからだと、年齢的のもキツイです。

でも薬剤師なら資格と実務経験があれば、わりと楽に転職できます。うらやましい限りです。そのあたりのメリットももっともっと有効利用していこうじゃありませんか。

どうしても割に合わない職場だと思ったらスッパリ転職しましょう

どうしても薬剤師は「割に合わない」という気持ちがあり、それがもう抑えられないという場合はスッパリ転職しましょう。

今の職場にこのままいてもその感情は消えることはありません。転職して自分がやりたい仕事をするのがいいでしょう。

薬剤師には薬局から企業・ドラッグストア・MRなど多くの仕事があるので自分の適性を考えて満足度が高い仕事を選ぶべきです。

また、薬剤師として一般企業への転職もアリですからね。研究職など製薬メーカーに転職するも積極的に取り入れていきたい選択肢です。

ただ、一人で転職活動をするのはかなり難しです。一人で求人情報を見て、履歴書の書き方や面接対策をするのはかなり大変です。その場合は転職エージェントを利用するのが効率的です。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

薬剤師専門の転職エージェントでは、薬剤師の資格を生かした転職先を斡旋してくれるので相談してみると効率がいいわけです。

優良な薬剤師の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.ファルマスタッフ

2.薬キャリ

3.マイナビ薬剤師

 

「ファルマスタッフ」は東証一部情報の「日本調剤グループ」が運営する転職支援サイトです。

職場へ足を運び求人情報を収集し、面接同行サービスを実施してキメの細かいアドバイスで定評があります。

薬剤師専任コンサルタントが80名在中し、あなたの希望に合った薬剤師求人の提供・面接指導を行ってくれます。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして名前・とアドレス、生年月日・住所と携帯番号と必要事項入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

ファルマスタッフ  (←公式サイトに移動します)

 

「ファルマスタッフ」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「薬キャリ」や「マイナビ薬剤師」を選択しましょう。

「薬キャリ」も「マイナビ薬剤師」も大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

薬キャリ  (公式サイト)

 

マイナビ薬剤師  (公式サイト)

 

 

 

ただ、結局、割のいい仕事っていうといまのところ製造業の工場とかしか思い浮かばないんんですよね。製造業の工場は定時で帰れて、有休も出て長期休暇もあって、パラハラ上司とかもほとんどいないんですよね。おまけに人間関係もけっこう薄くてストレスがたまりません。

関連記事:ホワイト工場は美味しいですよ 

肉体労働をするなら、大手企業の下請け当たりの製造業がおススメです。こういった製造業はたいていホワイトな工場が多く、ポイントは「部品の小さい製造業」というのがキーワードです。ついついホワイトカラーに目が行きがちなので製造業って穴場の工場が多いんですよね。残業もついて、休日もしっかりしているホワイト工場がおススメです。

薬剤師の仕事もおいしいと思うんですけどね。そりゃ1000万円以上学費がかかって、6年間も大学に通わなきゃいけないってのはありますけど、薬剤師の資格があれば、最悪調剤薬局の仕事は得られるんですよ。

それで年収400万円以上、うまくいけが600~800万円の年収が取れる仕事ってなかなか無いと思いますけどね。

ただ、もう薬剤師の資格があるんですから、それを生かした職場につくってのは効率がいいわけです。逆に言うと、薬剤師の仕事がいやになったらきっついですけどね。

出もイイじゃないですか、さっきも言いましたけど、ブラック企業で激務で長時間労働でサービス残業で年収300万円以下とかだったら私だったら自殺します。

下を見ても意味ないかもしれませんが、薬剤師って食いっぱぐれる可能性が低いってのはやっぱりうらやましいもんですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!