薬剤師がブランクから再就職する方法 ブランクを気にする必要は無い理由

薬剤師のお姉さん

薬剤師の資格を取るメリットとして、再就職がしやすいというメリットがあります。

ただ、再就職がしやすいといっても普通のの職種「よりは」という点で、資格があってブランクが長かったりすると再就職がむつかしいケースもあります。

ブランクが長い場合保険制度や薬の種類も時代とともに変化しているので、いわゆる「実務ができない資格だけあるペーパー薬剤師」状態になってしまいます。たしかに薬剤師のブランクは厄介なんですよね。

そのため、再就職するためにはやはり最低限の薬剤師としての勉強は続ける必要はあります。

そうしないとせっかくの資格も完全にさび付いていまい、仕事を再び始めたときにかなり苦労することになります。医学も薬も日々進歩しているので、それに合わせた知識はどうしても必要になってきますからね。

とは言っても薬剤師の仕事でブランクってあんまり気にすることはないです。

時代が進歩すればIT化も進んで、結局薬剤師の仕事も正直楽になってきます。今まで手作業でやってきたこともパソコンがやってくれるので、ブランクがあったとしても薬剤師の仕事自体は簡単になってくるんので、あまり気にする必要なないです。

それよりも、パソコンとか使えるようになった方がイイですね。たとえば女性が結婚前に薬剤師をやっていて、子育てが落ち着いてきて、10年ぶり薬剤師に復帰するとなると、今では機械がやってくれることが多いので、どちらかといてばパソコン使えるようになっておいたほうが後々楽ですよ。

薬剤師の再就職でも、病院から薬局に再就職するとなると仕事内容が当然違うので、そのあたりはかくごしたほうがいいですよね

再就職するときにブランクがあるケースでは、「仕事内容が違う業種」に再就職すると大変です。

たとえば、製薬会社に勤務していて退職して、ブランクがありそのあと調剤薬局に就職する。 その逆のパターンもそうですね。製薬会社と調剤薬局では仕事の内容がかなり違います。

新卒で企業に入って薬剤師として薬の研究などをしていて、退職してブランク後に調剤薬局に入るというケースが一番多いのではと思われます。

調剤薬局は普通の人から見ると患者さんに薬を渡しているだけのように見えますが、実際は薬の相互作用をチェックしたり患者さんから薬の内容の問い合わせやクレームに対応しりします。コミュニケーションの力が必要で、企業で研究職をしていた人が調剤薬局にい対応するのはかなりの努力が必要になります。

このように同じ薬剤師の仕事でも内容が異なってくるとキャリアとしてはあまり役に立たないケースがあります。 全く役に立たないということはないでしょうが、実務レベルになるとほどんど未経験からというのと一緒になります。

特に女性は結婚などをして退職するケースもあるので、こういうキャリアが違うとブランク後の再就職がむつかしくなるということは覚えておいた方がいいでしょう。

とまあ、けっこう厳しめのことを言っていますけど、これもそこまで気にすることはないですからね。何度も言いますけど、昔と違ってIT化が進んでいるので仕事はかなり自動化されています。

仕事全般に言えますけど、だんだんと仕事自体が誰でもできる簡単なものになってきているんですよね。

でもどうして仕事が簡単いなってきてるのに、激務な仕事が減らないの?と思いますよね。それは単に過剰サービスだったり、一人当たりに仕事量が増えてるだけです。仕事は簡単になっても仕事量が増えてるので、仕事は楽にはならないんですね。仕事量が増えてるだけで仕事の内容自体は簡単になってるので、あまりブランクとか気にする必要はないですよ。

結局、薬剤師といっても薬局とかが変われば一から仕事を覚えるのでブランクがあってもそんなにやることは変わらないです

たとえば企業に勤めていてそこで薬剤師として働いて退職し、その後調剤薬局に勤めるということに関しては、最初は調剤を一から覚えるのはしょうがないことです。

ただ、企業に勤めていればそれなりにキツイ人間関係や仕事のスキルは社会人として備わっていると判断されるでしょう。

薬剤の資格を持っていれば、まだまだそういうケースでも自分の努力次第で、ブランク後の新しい職場でもやっていけるでしょう。

その時大切なのは「一から調剤を覚えていく」という意識で謙虚にその職場にいる人の教えを得ることですね。

そうすれば薬剤師の中での違う職種でも対応していけると思いますし、なにより人生長いです。同じ仕事(企業からブランク後企業に・調剤薬局からブランク後調剤薬局に)につくのが一番ですが、住んでいるところに同じ職種の勤め先が無い場合は違う仕事内容でも選択するしかないのかもしれません。

薬剤師って常に勉強していないといけない職種なんですよね。その分、普通の仕事よりも給料がイイというメリットがあります。勉強するのを義務ではなくて、「仕事」と思えばやっていけると思います。それだけ社会的な責任もある仕事なので、やりがいはあるんですよね。薬剤師の仕事はライフワーク出にできる仕事なんですよね。うらやましいです。

仕事ってどんな仕事でも異動とかがあって部署が変わればそれなりに最初から仕事を覚えなければいけません。

私も前の職場で工場現場から生産管理の仕事をいたときとかは、ほんとに全く仕事内容が違うので、一から仕事を覚えましたからね。というかサラリーマンは誰でもこういったことを経験しながら出世した行ったりします。

薬剤師なら仕事内容がまったく予想外のものになるってことはありえないので、ブランクがあってもそれほどビビることはないですからね。

大事なのはキャリアの一貫性です 自分の経験を生かしていくためにもキャリア形成をしっかり行いましょう

もし再就職でブランクがある場合でも、やっている仕事内容に経験があればかなり有利に再就職できます。

「キャリアの一貫性」ですよね。人生で自分のやりたいことが変わったとか、どうしても違う仕事をしなければいけないといった事情が無い限り「キャリアの一貫性」があると、とても仕事につきやすいです。

仕事は自分の人生を豊かにするものであると同時に「お金を稼ぐ手段」でもあります。

その点で見てみると、たとえば調剤薬局一筋でやっていけば、再就職もむつかしくありません。こういう職場は特に「経験」がものをいうからです。

さらに、その勤め先の上司がカスだったり、人間関係がひどくて辞めたいときにもサッサとその職場を辞めて別の薬局に移ればいいわけです。「キャリアが一貫している」と身の振り方も楽になり、人生の選択の幅が広がってきます。

そのため、もし可能であれば自分仕事の仕事を「キャリア」という考えることで、

 

薬局なら薬局の仕事を極める

企業なら企業でずっと勤める

ドラッグストアの仕事ならドラッグストアの仕事を極める

 

というほうが人生にはプラスになります

ただ、人生は自分の考え通りには行かないケースもあるので、なるべくならということですね。薬剤師の仕事はブランクあって、しかも企業→薬局・薬局→企業などと仕事内容が変わると大変なんですが、それでも普通の仕事みたいに、いきなり全く違う職種に勤めるよりはマシですからね。そこは腹をくくって仕事に対応していくのがベターなんですよね。

サラリーマンとかでも専門職を極めた人とかのほうが、あとあと楽ですからね。「あの人が会社からいなくなったらけっこうめんどくさいことになる」ってくいの人材になると会社に対しても発言権を持てますからね。そのくらいキャリアを詰めればあとあとの仕事人生が楽になってきますからね。

ただ薬剤師もIT化が進んでそこまで人数はいらなくなってきてるので余る時代になってくるので今後は再就職自体はだんだんと苦しくなっていくのはしょうがないんですよね

これからや薬学部も増えてきて薬事師の資格を持った人が増えてきます。

調剤薬局の数も最近では町のいたるところに見かけるようになり、これ以上増えることは無いと言われています。また、処方箋が電子化されて薬剤師の仕事自体が自動化されて、薬剤師を必要とする人数が減ってきます。

通信販売などでも規制が緩和されていくことで、今後、薬を売ることが可能になってくれば、薬剤師の勤める場所も徐々に減ってくるでしょう。 時代の流れを見ると薬剤師の就職先は減ってきています。

そのため、再就職でブランクがある人は、就職活動をしっかり行っていかないと、なかなか自分の希望に合った職場に就職するのはむつかしい状況になってきています。仕事自体はIT化で簡単になってきますけど、その分薬剤師の仕事自体にあまり人員がいらなくなってくるんですよね。これは介護、販売業界でも言えることなんですけど、人員がいらない時代になってきます。

そりゃそうですよね。極論AIが発達して、ロボットが薬剤師をやってくれるなんて時代もそう遠くない気もします。話が逸れましたけど薬剤師の転職は自分ひとりでやるのはけっこうきついので、専門のツールを使ったほうがイイですね。

「でもどうやって就職活動を行えばいいの?」という場合は「薬剤師の転職支援サービスを利用することをおススメします。

ブランク後の再就職先を探すのは一人でなむすかしいです 「薬剤師転職支援サービス」を利用しましょう


実際に就職活動をすると一人で求人情報を集めたり、おの情報が良いものかどうかや、履歴書の書き方や面接の方法を自分で考えていくのは大変なことです

「薬剤師の転職支援サービス」はプロのアドバイザーがあなたと面接をして、希望に合った求人を探してくれてくれます。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

 

→使いやすい薬剤師の転職支援サイトの情報はコチラから