妻から転職・退職を反対された嫁ブロックの対応方法 自分の意志で行動しないと後悔します

飛躍する営業マン

奥さんに転職しようと思っているとそれを打ち明ければ、ほぼ100%で

「転職なんてしても失敗するに決まっている」
「今のご時世転職なんかしてどうするんだ?」

みたいな回答が返ってく来ます。お約束ですよね。ただ、そういった回答を普通に真に受ける人が多いです。

特に優等生でマジメに物事に取り組んできた人ほど妻の言うことを聞いてしまいます。

奥さんて怖いですからね。奥さんの気持ちもわからないでもないです。

だだ一方的に転職を反対されて聴き耳持たないならちょっと問題ですよね。

真面目なタイプは公務員になったり地元の金融機関や優良企業に入って世間的には「いい職場に入ったねえ」なんて近所のおばちゃんから言われることが多いでしょう。

うーん正直私もそうでした。でも現実は入ってるとそこが自分にまったく合ってない職場だったり上司がクソだったり、意外とブラック企業だったりということはよくあります。

世間的には、イイ職場っていう地方銀行に入ったんですけど、その仕事内容は「ブラック企業そのもの」でしたね。結局転職して製造業に入りましたが、それからですよ。まともな人生が始まったのはね(;^ω^)

さすがにそういう場合は転職したほうが良いと思うのですが、親に反対されただけで自分の判断が全くできなくなる人っていますよね。

でも特にブラック企業にそのまま働いていたら正直命にかかわります。そんな状況でも奥さんは

「辞めないほうが良いんじゃない?」

といったことを言うかもしれません。

私はその時気付いてしまいました。親は私の健康や精神状態をまったく心配していない・・・・

このときかなり寂しい気分になりましたが、それが多くの嫁さんの現実です。世間体を気にして安定だけが大事な価値観だけで話しています。

その時は会社をすっぱり辞めて転職して割と待遇のいい製造業に潜り込むことができました。

そのまま妻の言うことを聞いていたら、あのままうつ病で死んでいたのではないか??とゾッとします。

今考えると優等生だったんですよね昔から。だから人の言う言ことをきちんと聞いて仕事でもそのスタンスでやっていたら大きく要領のいい人間に水をあけられました。

誠実に人のいうことを聞くことと、何も自分の判断をしないで間違ったこをも全部人のいうことを聞いてしまうのはただの「思考停止」です。自分の体調や精神状態ひいては将来のことを考えた転職は絶対にしたほうが良いものなのです。

それをあっさり反対する奥さんはかなり問題があると思います。悪気はないのでしょうが、妻と言ってもあなたが本気で転職したい問う気持ちよりも安定しか見ていないケース、親身になって考えているかどうか、仮に親身になって考えてくれていても、その考えが完全に間違っていたら取り返しのつかないことになります。

結論を言うと、「自分で考えて自分冷静に状況を判断して自分で決断する」というのが大事です。これサラッと言ってますけど人生で超重要なので私が言わなくても誰かがアドバイスしてくれるはずですけどね。

妻の反対はあなたの状況を本当に把握しているかわからない

特に最近の厳しい時代・・・・リーマンショックのあとは本当に大手の企業でもリストラ、買収などが進んでいます。

まず、奥さんて今の失われたリーマンショック後の悲惨の企業の悲惨な状況を知っているのかどうかはわかりません。

ぶっちゃけていうともし専業主婦だったりすると、本当に悲惨な時代を知らないわけです。リーマンショック以前のいい時の会社とかしか知らないかもしれません。

そんな世代のイメージは

「正社員で働いていれば絶対に良い生活が送れる」

「会社がつぶれるわけはない」

「正社員じゃない人間はもうダメだ」

「真面目に会社にいれば人生間違いない」

と脳内はこんな状態です。今の若者からは信じられない状態なんですよね。

別に奥さんが悪いというわけではなくて、うまくこういった洗脳教育を受けてしっかり育ってしまったためにしょうがない面もあります。実際会社にいればそれなりのいい思いをしてきたのでなおさらです。

リーマンショック前は給料そこそこありましたし、ボーマスも良かったです。それ以降はなかなか厳しい状況で給料もろくに上がって無いですからね。

今では年に1,000円でも昇給すればいい方です。逆に会社が不調なら給料は減っていきます。

そりゃあ給料が上がっていく時代だったら会社は絶対に辞めちゃいけないという固定観念が頭にインプットされるに決まっています。ただ、今って会社の給料は上がらないですし、普通にブラック企業とかも多いですからね。そういう会社なら転職しても「普通」です。無理に勤めていると身体を壊して取り返しがつかないことになりますからね。

あと、大きいのは給与体系の変化ですね。昔は定年までずっと給料が上がり続けるシステムでした。

今では大概の企業が出世をしない限り40代前半んで給料のピークがきてそこからは増えません。そして55歳くらいからゆるやかに減っていきます。

いやこれ世代で違いすぎるだろ。と思いますよ。そりゃ考え方に違いがでてきます。奥さんが「転職しないほうが良い」っていうの決まっています。リーマンショック前のいい時代しか知らないんですからね。

まずあなたと奥さんとはこれだけ価値観が違うということを認識してください。それを認識したうえで妻の言っていることを判断してみてください。

仕事は自分でやっていく人生のお金を稼ぐためのツールです

仕事には「自己実現」「やりがい」「楽しさ」などを求めるのも大事です。そうでなければ人生で多くの時間を費やす仕事を継続してくことはむつかしいです。

あと現実的な面ですが「お金を稼ぐため」というのが仕事の役割です。お金があれば幸せになれませんが、人生の選択肢が増えて楽になってきます。

別にサラリーマンじゃなくてもお金を稼ぐことができればなんだっていいんです。だいたいサラリーマンという収入のスタイルが普及したのは戦後からです。それまではみんな農家や自営業だったわけですからね。

何が言いたいかというと、仕事で「辞めたい」「転職したい」と本気で思って親にそれを話したりする時点で、そうとう精神的にも切羽詰まってますし、もう自分の意志は決まっていると思います。親に言う時点で「辞める」ということは決定事項に近いんですよね。

辞めたい理由は、仕事がキツクてうつ病になりそうとか、上司がサイコパスでうつ病なりたいとか、プラスの理由なら今の会社の賃金に不満があってキャリアアップしたいとかいろんなパターンがあります。

マイナスな理由でもプラスな理由でも、そのまま不満のある会社にいたら100%後悔します。

そんな状況で「妻に言われたから」という理由で、自分の判断を曲げることができますか?

私だったら絶対にイヤですね。妻に言われようが何だろうが自分で決めたことは自分で行動し実行します。特に仕事の面では自分で考えて選択しないと人生にかかわることなので、一生後悔します。

そんないい大人が妻に言われたからといって転職の行動を辞めるといったら正直引きます。

人生は自分のためで、妻の言うことを聞くためじゃないんですよね。当たり前なんですけど、なぜか「人の言うことを聞く」という風に子供のころから洗脳されてきた人はなかなか奥さんの呪縛から解放されることができないんですよね。

仕事はお金を稼ぐための手段でツールです。それなら、精神状態が限界でうつ病になったら入院しますよ?お金かせげなくなりますよ。

また、いまより待遇のいい会社に転職したいなら、年齢がいけば転職はむつかしくなってきますよ?

そういうことです。転職をすることで人生をコントロールしいくのにあまり人の意見は関係ないんすね。

自分の直観・価値観は意外と当たっている それが信じられないならもう行動しないほうが良い

最近特に思うのは「自分の直観」というのは今まで当たっていたなあと思います。

例えば、「この人とかかわるとろくなことが無いな。」と直感で思った人は大体かかわるとろくなことが無かったです。

「このままこの仕事やるとやばいんちゃうか?そのうち倒れるな。」

「この仕事に未来はないな。」

「この上司もうだめだわマジで」

「この会社じゃ給料一生上がらんな」

と直感でも思ったら大体当たっています。それだけ負の直観ていうのはあたります。

なぜなら、人間は自分を守ろうとする本能はものすごい高いです。動物ですからね。

「転職したい」と思った考えを理性でむりをして押さえつけて、奥さんに言われたから転職しないほうが良いってどれだけ自分を信じることができないんだろうと素直に思います。

自分の行動に自信がないってのは悪ですね。奥さんに反対されたという理由で本当に転職をあきらめたというなら、ちょっと怖いです。ぶっちゃけ親離れしたほうがいいです。

奥さんの言うことを無視しろといっているんじゃないですよ。自分の判断を大事にしろということです。

このまま数年たったら、ものすごくみじめで後悔する事態になるでしょう。それは私の経験ですから間違いないです。

転職はするかどうか迷ってる場合は一度求人を紹介してもらいましょう そうすればやるかやらないかの判断もつくと思いますよ

こういった転職をしたいと思っても、絶対に失敗してくないというプレッシャーからかなかなか行動を起こすことができないものです。

そんな時は、まず優良な求人を紹介してもらうことから始めるのがイイと思います。

そういった求人を紹介してもらって、実際に見てからでも転職するかどうか判断してもいいじゃないですかね。

転職は、優良な求人を紹介してもらってアドバイスをもらって履歴書対策をして面接対策をして転職活動をすれば、普通に内定を取ることはそれほど難しくありません。

まずはイイ求人を紹介してもらうのが大前提なんですね。それをやってくれるのが転職エージェントです。ハローワークや求人誌はブラック企業が多いですけどそれは求人会社を審査してないから出会って、転職エージェントは厳しい審査基準で求人紹介企業を審査しています。

だからブラック企業はほとんどありません。

転職するか迷っている場合は、一度求人を紹介してもらうのが良いでしょう。そうすれば自分が転職活動をするかどうかの良い判断になると思いますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!