-ブラック企業脱出マニュアル-

最初の会社は入った時にブラック企業と気づいていた でも時代背景もあってずっとここにいるしかないと思っていた

ノルマ地獄に追われる毎日 でも成績を上げても出世しない給料も上がらない「これおかしくね?」と思い始めた

過労が限界でうつ病を発症する 体が動かない死にたいと毎日思うこの悲しみ なんでこんなことになったんだ?

ブラック企業を辞める時のポイント 退職拒否などの対応など

ブラック企業を辞めて転職するときにあった特徴的なことをご紹介

 

-ブラック企業につかまらない就活のポイント-

ブラック企業に捕まらないための転職方法はハローワークや就職情報誌を使わないこと

就職活動のためのツールは効率はブラック企業の少ない効率のいい転職ツールを利用する

面接を受けた会社もしくは受けようとしている会社に行って職場の雰囲気を見ておく

万が一にでもブラック企業に入ってしまったと感じたら即日辞めるくらいのマインドを持つ

 

-ブラック企業への思い-

ブラック企業にいても1ミリもイイことは無い でもブラック企業は増え続けるため自分の身は自分で守るしかない

ブラック企業と昔の奴隷制度の時代とそんなに変わらない なんでそこまでして人を働かせるのか WINWINの関係でいいじゃん

上司が帰らないと帰れない雰囲気の会社 そんなブラック残業の会社は見切りをつけたほうが良い理由

上司が帰らないと帰れない。そういう雰囲気の会社はよくあります。効率が悪い仕事をやっている典型的な会社ですね。こういう残業をやれば仕事をやっていると評価される会社はハッキリ言って将来性はありません。その会社に満足しているならいいのですが、いずれ破たんしていく会社なので、見切りを遣たほうが無難でしょう。

ブラックバイトを辞めれない人はバックレればいい 塾講師・ワンオペ・飲食のブラックバイトから脱出して正社員を目指そう

ブラックバイトで辞められない、辞められないように圧力かけられていう場合は最悪バックレればいいです。そんな圧力かけてくるバイトに未練はないでしょ?別にバイトなんて簡単に辞めればいいです。人生の無駄な時間なのでさっさと正社員になったほうがいいです。あなた真面目で責任感が強いのを利用されてるだけですよ。

転職を決めて会社を辞める理由 転職理由は人間関係の悪化が圧倒的に多い現実

転職を決めるのは色んな理由がありますけど、人間関係の悪化、承認欲求が満たされないとかが多いですね。どのみち一度会社を転職しようと思ったら、その思いは消えることは絶対にありません。そのまま我慢して勤めていると高確率でうつ病になったりするので、自分の健康を守る意味でも労働環境は変えたほうがイイですよ。

どのくらいの労働時間でうつ病になるの?長時間労働・仕事量・ストレスがこれくらいでなる実際のケーススタディ

長時間残業をしてストレスがたまっていくと、意外と簡単に「うつ病」になってしまいます。具体的にどのくらいでうつ病になったかを体験を踏まえてごしょうかいしています。あんまり思い出したくないことですが、これがあなたの役に立てば幸いです。

私がサラリーマンは奴隷階級以下と思い転職を決意したいきさつ

私が転職を決意したのはサラリーマンは奴隷みたいなもんだっていう何気ない言葉でした。現代のリーマンは奴隷以下と言う噂もありますからね。ただ、それは会社によって違いますし、ブラック企業の社員は奴隷ホワイト企業の社員は兵士くらいの差はあります。とにかく奴隷扱いされる会社は避けたほうがイイと言うことです。

自販機オペレーターを辞めたい 自販機補充業務は激務でうつ病になる長時間労働の仕事

「自販機オペレーター」の仕事いわゆる自販機に飲み物を補充の仕事です。これ激務で超ブラックな仕事なんで高確率でア過労で倒れたり腰痛で歩けなくなったり、うつ病でダウンします。間違えてこの仕事についてしまった人は、今すぐにでも辞めたてもっと給料がよくて労働環境のいい仕事を探すべきです。

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう

製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

ブラック企業を辞めたいのに転職できないのは社畜洗脳されてるから サクッと転職していいんですよ

ブラック企業を辞めたい人は「転職するリスク」が高いと思ています。いやいやそれって、「ブラック企業にいて体を壊して退職したり過労死したりするリスク」よりも全然低いですよ。リスクのうちに入らなっ暗いです。普通に自分の悲惨な労働環境を変えていく当のは自分で自分の身を守るための最低限の行動なんですすよ。

タウンワークなどの求人誌はブラック企業ばかり ハローワークと同じ特徴です

タウンワークとかはたらいく、ジョブとかのコンビニとかドラッグストアとかファミレスにおいてある求人誌(フリーペーパー)は普通にブラック企業が95%です。悲惨ですよ。ずっと掲載されてるブラック求人ばかりで使うと確実にブラック企業の奴隷として確保されるので注意が必要です。もっと別の方法で求人を探すツールがあるのでそちらを使いましょう。

転職エージェントのメリットとデメリット 有効な利用方法を考えましょう

転職エージェントはあくまでも転職の効率を上げるツール=道具です。ハローワークなどはブラック企業が多すぎるので転職エージェントを使うという選択肢しかないわけです。そのメリットとデメリットを知ったうえで、効率よく利用することが転職活動をうまくやる秘訣です。転職は準備と対策をすれば内定を取るのはそれほど難しくはありませんよ。

error: Content is protected !!