-ブラック企業脱出マニュアル-

最初の会社は入った時にブラック企業と気づいていた でも時代背景もあってずっとここにいるしかないと思っていた

ノルマ地獄に追われる毎日 でも成績を上げても出世しない給料も上がらない「これおかしくね?」と思い始めた

過労が限界でうつ病を発症する 体が動かない死にたいと毎日思うこの悲しみ なんでこんなことになったんだ?

ブラック企業を辞める時のポイント 退職拒否などの対応など

ブラック企業を辞めて転職するときにあった特徴的なことをご紹介

 

-ブラック企業につかまらない就活のポイント-

ブラック企業に捕まらないための転職方法はハローワークや就職情報誌を使わないこと

就職活動のためのツールは効率はブラック企業の少ない効率のいい転職ツールを利用する

面接を受けた会社もしくは受けようとしている会社に行って職場の雰囲気を見ておく

万が一にでもブラック企業に入ってしまったと感じたら即日辞めるくらいのマインドを持つ

 

-ブラック企業への思い-

ブラック企業にいても1ミリもイイことは無い でもブラック企業は増え続けるため自分の身は自分で守るしかない

ブラック企業と昔の奴隷制度の時代とそんなに変わらない なんでそこまでして人を働かせるのか WINWINの関係でいいじゃん

女性の立ちっぱなしが限界できつい仕事の足腰の痛みむくみの改善方法 限界なら労働環境を変えていくべき

日本の職場は女性が立ちっぱなしの現場というのが多いです。足腰の痛みがある人にとってはキツイある意味ブラックな職場環境です。立ちっぱなしでの足のむくみや痛みを改善する方法をご紹介しています。特に腰痛になったりすると今後の人生にも支障が出てくるので、もし可能なら労働佳境を変えていったほうがいいわけです。

会社職場で社畜洗脳されてませんか?「逃げちゃダメだ」はブラック企業の洗脳術です

「逃げるのは恥ずかしい」「我慢して仕事しろ」とか言われますけど、これは奴隷として社員を働かせるための子供のころからの洗脳です。だいたい体調崩すまで仕事をする自体が全くのナンセンス。だって体壊して死んだら「終わり」ですからね。そこまでしなくても自分で労働環境を変える行動をするために「逃げる」ことをするのがとても大事な行動ですよ。気づいてください。

会社に行く前に頭痛やめまいや吐き気がするのはうつ病 私が転職した本当の理由

ブラックな会社に行っていると、たいてい「うつ」の症状が軽い重いの症状の差はありますが、出てきます。軽いならいいのですが、思いうつ病の症状が出てくると、それだけで人生が破たんする可能性もあります。自分の身体は自分で守るしかありません。労働環境を変えていく行動は「自分」しかできませんよ。

保育士が保育園の人間関係が悪くて辞めたいと思っている人が上手く転職する方法

保育園によっては人間関係がブラック企業並みに最悪なところもあります。あえてその保育園で長く務める必要って全然ないんですよね。人間関係のいい保育園で仕事したほうが楽しいじゃないですか。わざわざ労働環境がわるいところで働くメリットは一ミリもありませんよ。うまく転園していきましょうね。

新卒で3ヶ月で会社を辞めたいなら転職すべき理由 ダラダラ勤めても労働環境は良くならない

新卒で入った会社がブラック企業だったり仕事内容があまりに自分と思ったものと違っていたら3ヶ月以内でも辞めたほうがいいです。なぜって、その会社にいて10年とか勤めることは不可能だからです。だってブラック企業ですからね。我慢しているうちに過労死するか、うつ病になってどのみち退職することになります。サラリーマンの生活って長いんですからね。なるべく早く自分の労働環境を整える行動って普通ですよ。

24歳で無職や職歴無しの場合ブラック企業を避けて正社員になるべき 派遣やバイトは後悔する

24歳で無職ならそのまま派遣やバイトを長期でやっていくのは危険すぎます。結論を言うと20代で正社員の職歴なしで30代になると、そこから正社員になるのは限りなくむつかしいということです。現実は厳しいものですよ。24歳なら第二新卒の枠も使えますし、普通にホワイトな企業の正社員になるのってそんなに難しくないです。ちょっとした行動で今後の人生が全く変わったものになってきますよ。

仕事を辞めたい20代が転職を決断する瞬間 タイミングよく転職すべき理由

仕事を辞めたいときに20代が転職するタイミングを見ていきましょう。20代のうちならいつ辞めても普通に未経験の求人OKの求人とかたくさんありますから、無理に勤めて30代とかになってしまうとずっとそのブラック企業にハマってやめららなくなりますからね。自分の健康と仕事を天秤にかけるなら断然「自分の健康」ってことに気づいてほしいです。

ブラック企業を辞める時のポイント 退職拒否などの対応など

ブラック企業とはいえ、穏便に退職するのがベターです。ただ、ブラック企業だけにお決まりの「退職拒否」や「退職阻止」という意味不明な妨害行為も出てくるケースもあります。その時の対応方法をご紹介しています。ブラック企業に1ミリも申し訳ないとかの感情は持つ必要などありませんよ。

過労で我慢の限界を超えてうつ病を発症する 体が動かない死にたいと毎日思うこの悲しみ なんでこんなことになったんだ?

過労が限界になって「うつ病」が重度になった時、体が動かなくなるくらい、身体的にも負担がきます。階段を上るのもきつい状態です。いままで膨らんできた風船がはぜてしまう感覚に似ています。そうまったく空気が入らないスカスカな精神状態です。何も考えれない、思考力が回らない。それが重度のうつ病です。

ノルマ地獄に追われる毎日 でも成績を上げても出世しない給料も上がらない「これおかしくね?」と思い始めた

新卒でブラック企業に入って5年ほどたちました。毎日ストレスをためながら仕事していくなかで、あることがきっかけて「奴隷洗脳」が解けてきます。そうするとだんだんと「この会社ヤバくねえか?」と冷静に考えられるようになってきました。ネットの普及で「ブラック企業」という用語が出てきた時代でもあります。

error: Content is protected !!