ブラック企業を2年半で辞めても第二新卒で転職活動すればいい 新卒の会社は選択ミスが多いからね

座って悩む男

2年半で会社を辞めてしまった。または辞める予定。新卒で入った会社がブラックだったら当然の選択ですけどね。

これってかなり微妙な年月ですよね。会社に入ってソッコーで辞めると数か月で辞めるパターンでこういうのは今時は多いですよね。

そして次に多いのは3年くらい仕事してから辞めるというパターンです。3年くらい勤めていれば職歴として十分なんでそこまで計算に入れているかどうかはわかりませんが、3年くらい勤めて辞めるパターンも多いです。

2年半だと職歴としてはちょっと微妙です。ただ、2年半で会社をやめるということは、あなたはかなり深刻な理由があるのでしょう。

そう、ソッコーでやめるほと悲惨な会社でも無かったけど、1年くらい勤めたら

「この会社ではやっていけない」

と思って2年半で辞めた・・・という風なストーリーが多いんじゃないでしょうか?

でも、結論言うと別に辞めたことを気にすることは無いです。

新卒で2年半で辞めたなら、まだ23~25歳くらいでしょう。それなら「第二新卒(学校を卒業した25~26歳くらいまでの人材」の枠での転職活動もできますし、

2年半勤めたらなら、社会人がどういうものかと現実の仕事がどれだけシビアで自分の思っているものとは違うということが

イヤでもわかったんじゃないでしょうか。そこからの転職活動をすれば、最初の学生の時の就活とは違い現実社会を考えて、自分の適性を考えて、そして最初の就活の失敗を改善して転職活動を行えるからです。

そう、最初の就活は「失敗」したんですよね。就活で失敗するとかなり大きなものを失うというのが分かっと思います。

それだけ転職活動は人生において重要なことなので、こんどはしっかりと準備をして失敗のないような行動をしていく必要があります。

2年半で辞めると職歴はあまり意味はないので、さっさと第二新卒の枠での転職活動を開始しよう

2年半で会社を辞めると「職歴」というものは履歴書でもあまりアピールできません。ただ、第二新卒での枠での採用で職歴を重視している会社はほとんどないので、あまり問題にはなりません。

サッサと辞めた瞬間から、もしくは辞めると決まったらすぐにでも転職活動を開始する行動がベターです。

この行動を早くしたほうがいいのは「第二新卒」の枠の募集はたいてい25~26歳くらいまでの年齢制限があるので、すこし躊躇しているとすぐにこの年齢を超えてしまいますからね。

そう「年齢が若い」というのは就活にとっては、どんなものよりも重要な要素なんですよね。これが現実です。

年齢が行ってしまえば、有能な人でも転職はむつかしくなるのは当たり前です。なるべく就職に有利なうちに一回目の就職のリカバリーをしたほうが、今後の人生が充実するに決まっています。

なかなか、就活の優先度を上げないで、よくありがちなのが

「しばらくバイトしてしのごう」

「次は派遣の仕事でしばらくやってみよう」

といって就活に有利な年齢をバイトとか派遣ですごしてしまうのが一番やってはいけないことです。

これってけっこうやりがちなんですよね。たしかに20代前半くらいってバイトとかって楽しいんですよね。

そういう風に「楽しい」のはいいのですが、そこで就職過活動で一番だいじな「年齢が若い」というカードを自ら削って無くしている状態なんですよね。気づいていない人もいますけどとても怖い行動です。

バイトのまま30歳になったら詰みますよ。ガチで人生詰みますから冗談にもなりません。まず2年半で会社を辞めたら次にやることは「第二新卒」の枠を利用した就職活動です。

そこの優先順位をないがしろにすると10年後に確実に後悔することになりますよ。

必ず「新卒での就活の失敗」を改善しよう 同じ失敗はしないように 第二新卒の枠を大事に使う

2年半で会社を辞めるのはやはり「最初の就活は失敗」したわけです。

この失敗を糧にして、自分が本当にやりたい仕事や自分が譲れない仕事に対する「条件」も明確になってきているでしょう。

「私はこういった分野の仕事をしたい」

「こういう業界の仕事がしてたい」

「今の会社の部署での仕事は全然向いていなかった、今度はこういった部署での仕事をしたい」

「今の仕事は残業が多すぎて次の仕事は定時で帰れる仕事にしたい」

「仕事を辞めたのは上司のパワハラだったので、労働環境が守られた会社に入りたい」

「毎日サービス残業で深夜まで働いていたので、今度の会社は残業がついて早く帰れる会社に入りたい」

こういう自分なりの「改善点」と「仕事に対する希望・条件」というのがはっきりしているともいます。

そう2年半で辞めるのにも意味はあります。こういった自分が仕事というものに対してどういう価値観をもって、どういう仕事や労働条件が必要かというのがかなり明確にイメージできるようになっているはずです。

そういう明確になったイメージをもとに「第二新卒」での就活をしていくのが一年半で辞めた後のガチで大事な行動です。

ただ、自分ひとりで第二新卒の求人を集めたり、履歴書を作ったり面接対策するのはかなり骨の折れる作業です。

その場合は第二新卒専門の転職エージェントを利用するのがおススメです。

あなたの明確になった希望・条件を転職のプロであるエージェントに伝えれば、それに沿った求人をエージェントが見つけてくれます。

また、履歴書作りや面接対策もエージェントからのアドバイスがもらえるので、自分ひとりで考えるとどうしても、独りよがりになりがちな履歴書・面接などもさらに効率のイイ対策を練っていくことができます。

第二新卒専門の転職エージェントを利用して一年半で辞めた後の行動を強化しよう

決断力

転職するには、今いる業界(業種)に転職するか別の業界に転職するかで、大きくやりかたが違ってきます。

ただ、どちらの選択をするにしても、転職エージェントを使用すると効率的に転職できるのは間違いありません。

なぜなら、転職エージェントは、あなたと面談をして希望の求人を選択してくれたり、履歴書の作り方や面接の具体的なやり方までをサポートしてくれるからです。転職のプロであるエージェントがキッチリ転職のアドバイスをしてくれます。

なお、エージェントは登録から利用までが無料になっています。

これは、企業側が求人を出してエージェントに登録しているため、企業が転職エージェントに費用を支払っているためです。

このため、求人者は完全無料で利用できるわけです。

転職エージェントは登録すると、担当のエージェントがついて、あなたの希望の求職条件がどのようなものかを面談してくれます。

それをふまえて、良い求人をピクアップしてくれるので、効率的に求人を探していくことができます。

自分にどんな仕事が合っているかを一人で悩んで考えていると、どうしても自分の適性を見失いがちです。

転職エージェントではプロのエージェントに相談できるので、自分の適性を第三者の目から見て、的確なアドバイスをもらうことができます。自分では思いもよらなかったキャリアの適性が見えてくることもあるんですね。

転職をする意志が少しでもあるなら、自分が転職をイメージしている業界の動向を一度転職エージェントに相談してみるのをおススメします。

無料で相談ができるので、気軽に自分が転職に向いているか、転職したい業界は今どういった状況なのか?給料はアップするのか?などをを聞いてみるのもイイですね。

転職活動はとにかく一人でやると時間がかかります。履歴書作成・面接の準備、企業の情報の収集など、これを一人でやるのは効率が悪すぎます。転職エージェントを利用すると、こういう時間のかかる作業を削減することができます。

優良なの転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.JAIC(ジェイック)

2.若者正社員チャレンジ

3.いい就職.com

 

JAIC(ジェイック)の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あなたの立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

JAIC(ジェイック)では公式ページの説明会エントリーフォームの説明会の場所を選択して、名前、アドレス、TEL番号を入力して登録します。登録は30秒ほどで完了します。あとは選択した説明会会場に行って説明を聞くだけです。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

「JAIC(ジェイック)」の公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合は若者正社員チャレンジやいい就職.comを選択しましょう。

若者正社員チャレンジもいい就職.comも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「若者正社員チャレンジ」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

「いい就職.com」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!