介護職を脱出して辞めたい 精神的にきつい低賃金で激務からの転職方法

住宅模型

私の知人に介護職に勤めている人が何人かいます。その人たちが共通して言うのは

「給料が安すぎる」

「夜勤が合って不規則で体がつらい」

「腰が痛い。このままでは体がキツイ」

「この仕事年を取ってからは無理なんじゃないかな」

「人間関係が悪すぎる」

「ずっと続けていける仕事じゃない」

「もうダメだ死にたい」

と口をそろえていいます。あなたも同じようなことを思っているんじゃないでしょうか?

介護職の待遇はハッキリ言ってきついです。年収は永遠に上がりませんし、労働環境もかなり悪くて離職率も高いのもしょうがない状況です。

介護職はいくらでも求人があり資格が必要なので、「介護職」に就くのは簡単です。ただ、これだけ重労働でしかもニーズが高い職業なのに、その給料の低さは悲惨です。年収300万行かない人が多くワーキングプアを量産するのが介護職というのが実際のところです。

それでもってこれだけ低賃金で激務でしかも「高齢者だけ」を扱う仕事なので、リスクも責任も大きいです。

自分の仕事で高齢者を怪我でもさせたらその責任は大きいですしね。ただでさえ普通に歩いていてもケガをしそうな高齢者をあつかうわけですからリスクの高さもハンパないです。

そういう状況があるので、結論を言うと「お金を稼いで生活をしていく」ための仕事そてしては介護職は最悪の仕事です。もちろん、高齢者介護は大事な仕事で、それにやりがいを感じ生きがいとしているなら全く問題はないです。

ただ、生活の糧として仕事を考えているなら介護職を続けるのはまったくもってリスクも大きく賃金んも悪く儒る労働で全く意味がありません。ほかの職業を選んだほうがいいわけですね。あなたの人生です。そこの選択はとても重要ですよ。

介護職を続けるリスクと転職リスクを天秤にかけるなら、圧倒的に転職するリスクのほうが低いですからね。

介護職から転職するっていうと、飲食業、販売業、保育士などの仕事以外だったらたいていの仕事が労働環境はよくなります。

平たく言うと、介護職以外ならどこに転職してもどこの職場に行ってもたいていは「マシな労働環境」になるということです。

介護職は仕事もきついし未来もない仕事 現実を見ていきましょう 私からするとなんで介護職やるの?って思いますからね

 

介護職の現実を知っていてなおかつ介護職が好きなら勤め続けてもいいかもしれません。

ただ、介護職はその仕事が重要な割には冷遇されている職業です。待遇なのは今後上がっていくことはありません。

そもそもその理由は介護職はあくまで終末医療。そこにお金を政府が投入することはありません。移民や外国人の派遣社員にその介護の仕事をやさせようとしています。さらに給料体型を低賃金にするためなんですね。

介護に税金を投入するより、少子化対策などに力を入れていくはずです。といっても少子化対策に力を入れても無駄なんですけどね。

もう結婚して子供をたくさん産むことにメリットを感じている人はかなり少ない状況です。

これから超高齢化社会を迎える時代に、介護職ま最も必要になる仕事になるでしょう。第二次ベビーブーム世代が高齢者になるときにはもう想像がつかないくらいの高齢者が日本に存在することになります。

そうなったとしても介護職の待遇はさらに下がっていくのは間違いありません。介護の質は下がりさらに賃金は下がってという悪循環でも介護職に全く未来はありません。

ハッキリ言うと、介護職は「もうどこも雇ってくれない、介護職しか仕事が無い」という場合にやるべき仕事です。

特に20代で介護職に就いているなら、ハッキリ言ってなんか思考停止ですね。職業を一番選べる年代の20代で介護職を選ぶということは「一生貧乏で結婚もできず満足した人生を送れない」ということを自分から選択しているのと一緒なんですからね。

介護職で働いているなら、その時間を普通に就職活動に充てれば、20代ならなんか犯罪者とかじゃなければ普通にもっといい業界の正社員になりますからね。

若いうちに介護職を選択するってことはホントに自分で自分の生涯賃金を半分以下にしているおと同じです。そのことを考えていない人がガチで多すぎます。

 

関連記事:サラリーマンが生涯年収を上げる方法

サラリーマンが生涯年収を上げる方法 結婚相手を選ぶ・出世か転職が副業がポイント
サラリーマンが生涯年収(生涯賃金)を上げるための方法をご紹介します。前提はブラック企業を脱出しているのが大前提ですね。そこから正社員同志で結婚するか、まともな会社で出世するかの二択です。もしくはネットでアフィリエイトなどで副業をやるのも一つの手です。夢のない選択ですけど、生涯年収をサラアリーマンとして上げていくにはこれしかありません。

 

介護職でも異業種に転職は普通にできます 行動は早蹴れば早いほうがイイです このまま行っても長続きする職業じゃないですからね

はしゃぐサラリーマン

こういった待遇が最悪の介護職ですけど、転職するとなると職歴としては逆に

「キツイ介護職をやってきた人」

という風にとらえられます。転職するときには堂々と職歴に「介護職をやっていた」と書いて大丈夫です。

転職し理由も介護職の場合は「介護職に誇りを持ってやっていましたが、給料が低くて生活が厳しいためやむなく転職を希望しました」といった直球の転職理由が通用します。

それだえ介護職がハードワークな割には賃金がものすごく低いというのはもう世間でも誰でも知っている事実だからです。

そのため転職希望の会社の面接官も普通にそのあたりは納得します。

これを考えると、介護職から異業種に転職するのはそれほど難しいことではありません。ぶっちゃけ介護職やってる人なら大抵の仕事はできますよ。特にブルーワーカーの仕事ならラック生です。

製造業の工場なら定時で帰れて、有給休暇も完全に消化できますしないより人間が相手じゃないのでストレスもたまりにくいです。

 

関連記事:工場系のホワイト工場は美味しい仕事です

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

 

あとは上述しましたけど飲食、販売、保育士などのブラック業界を避ければたいていは今よりも給料は上がるし、労働時間は減りますからね。そういう意味では介護業界を経験してるとたいていどんな仕事でもマシですから、転職して失敗した・・・・ってことはぶっちゃけなかなか起こりえませんからね。

介護職をしていると、貯金ができている人も少ないでしょうからなるべく数か月で転職活動を決定していきたいところです。

ただ、もし転職活動を一人でやっていくとなると、求人集め面接対策と介護の仕事をしながらでははっきり言ってキツイです。

その場合は転職エージェントを利用して求人をさがしてもらったり面接対策のアドバイスをうけるのがおススメです。

転職活動をどうやっていいかわからない状況でも具体的なやり方を教えてくれるのが転職エージェントです。

転職活動を実際にするには転職エージェントをつかって効率を上げていこう

笑顔の女性

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

 

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職エージェントに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職エージェントはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職エージェントの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから

 

介護の仕事って最初は使命感を持ってやるケースが多いですうよね。

「人の役に立ちたい」

みたいな感じでやります。とはいっても、実際には仕事量、難易度と給料が全く釣り合ってない悲しい仕事です。

仕事やるとわかるんですけど、使命感とかやりがいとかそういうのって、会社が従業員をうまく使うための洗脳の技術だったりします。そうやって使命感のある仕事、やりがいのある仕事とかいってごまかして低賃金で重労働をやらせるという会社側のテクニックです。

そういうのに騙されてるんですよね。けっこう多くの人がね。

そのあたりに早い段階で気づいた人はイイですけど、まじめで仕事を一生件名やる人に限ってそういった「使命感」とか「やりがい」だけで仕事を選んでしまいがちです。

仕事は長期間やるもので、

「自分の生活を安定させるためのもの」

っていうことに気づいてほしいですね。生活の安定には

「仕事時間がなるべく少なくて給料がほどほどもらえる仕事」

「人間関係が薄い仕事」

「ストレスがたまりにくい仕事」

っていうことが大事です。介護職ってこれらが全部無いですからね。長時間労働で給料は安い、職場の人間関係は職員同志でもめんどくさいですし、介護している高齢者とその保護者との人間関係も非常にめんどく際しストレスがたまります。

まあ仕事として選ぶにはナンセンスすぎますからね。

介護職って就活とかしなくても待ってく誰でもオールパスで正社員になれたりするので、そこがヤバいんですよね。

やっぱり就活してちゃんとした会社の正社員になったほうがイイですよ。長い時間勤めることを考えると就活はキッチリとやるべきだっていうのがい雇うほどわかります。仕事内容で人生がイイか悪いか結構決まってしまいますからね。

介護職をやっていてもうこの仕事は限界だ。どうしようもないという風に思ってるならここでじっくりと転職するかどうかを考えてみるべきではないでしょうか?