看護師の退職理由でうそつくのって普通な理由 それより次の職場のことを考えましょう

ハサミ

えっとまあ、会社とかを退職するときに、退職とか切り出すときには「退職理由」とかはやっぱ聞かれますからね。

ほんとのことを言えば退職理由なんて話す必要なんてないです。法的な理由も無いですし、普通に民法・労働基準法である退職を告げてから二週間後か一か月後以降に

退職日をせっていすれば問題なく辞めれますからね。病院(会社)とかの規定で退職日は2か月後とかに設定とかあったらそれに従ったほうが無難です。でも退職理由を言わなければイケないなんて強制力はないんですよね。

まあそれでも、退職理由ってのは100%聞かれるので結論と言うとテキトーに言っておけばいいわけですよ。

だって病院(会社)とかを辞める理由なんて98%が

「この職場が嫌だ」

ってことですからね。キャリアアップとかいう理由で辞める人は今の時代ぶっちゃけ勤め人とかやらないですからね。個人で開業したりします。

病院(会社)辞める理由なんて現実は98%ネガティブな理由です。日本てもともと一つの職場に居続けようっていう風潮があるので、その職場がよほど嫌じゃない限り
ふつうは我慢します。

病院辞める理由なんて本当のところは

「仕事が激務すぎる」

「人間関係が悪すぎる」

「給料が低い」

に集約されますからね、退職する真の理由なんてこのうちにどれかがそれか全部かもしれません。

でも実際、に退職を切りだすときに退職理由を聞かれて

「給料が安いから辞めます」

とか言えます?言えないですよね。めんどくさいことになりそうですし、そもそも上司とかにそんなこと言えるわけ無いってのが現状ですからね。

だからまあテキトーなこと言えばいいんですよね。言葉悪くすると「ウソ」と言いいます。

でもまあ、そんなの退職理由を聞いてくる上司も「わかっている暗黙の了解」なんですよね。ぶっちゃけ言うと退職理由なんてどうでもいいんですよ。

よく退職理由を具体的に挙げてその言い方とかを記事にしているページとかありますけど、そこまで言い方とかレクチャーしなきゃいけないほどボキャブラリーが無いのか?とか思ってしまいますからね。

そう、もうその病院(会社)を退職するわけですから、その病院(会社)と関わることは無くなるわけです。ぶっちゃけ病院(会社)とかって辞めた人の事なんて1週間もすればみんな忘れますよ。だいたい3日くらいで誰も辞めた人の話題なんてしなくなります。それだけただの利害関係でつながっているだけなんですよね。

だから退職理由なんていくらでもテキトーに言っておけばいいんですよね。それが本当であろうと嘘であろうとどうでもいいわけです。特に病院(会社)なんて退職する
人のことなんてマジでどうでもいいってことですすね。

結婚・親の介護・キャリアアップ・夢のために資格取得

とかあまあこのあたりを言っておけばいいです。ちなみに私が転職のために会社辞めたときは「夢のために資格取得」でしたからね笑。まあそんな資格とるわけないってことですけどね。

でもまあ、そんなのもう一度言いますけど、上司とか病院(会社側)もわかっています。ほんと建て前だけでウンザリしますけど社会ってそんなもんなんですよね。

病院(会社)を辞める退職理由なんてほとんどが建て前と言うか、悪い言い方をすると嘘ですからね 私も転職の際にテキトーな理由で退職したしね本音は「こんな仕事やってられるかでしたけど笑

病院(会社)を辞める理由なんて、建て前100%ですからね。

私の経験で恐縮なんですけど、上述したように「夢のために資格を取る」みたいな理由で退職を切り出しました。まあ、そのときすでにうつ病で休職していたのもあってハッキリ言うとその退職を切り出して上司も薄々「こいつ辞めるな」みたいに思っていたのかもしれません。

私の本当の退職理由は

「こんな激務でノルマがあってパラハラとか普通にあって、しかもうつ病にまでされた会社なんていたくねーよマジで」

ってのが本当の退職理由です。まあその理由を言ったところで、めんごくさいことになるのはわかり切っているので、資格取るみたいにテキトーなこと言ったんですよね。

なんか大人の世界と言うか、現実ってちょっと切ないものがありますよね。

私の場合

「資格取得のために辞める」

っていうなんとも嘘くさい理由でも、その理由を根掘り葉掘り聞いてくることなんてなかったですよ。というか「辞める」って言ってる人間に会社とかって興味は無いんですよね。そりゃそうですよ。だってもう数か月後にはいなくなる人間なんてどうでもいいわけですからね。

個人的には、そういった退職理由とかを言うことに悩むとかいうこと自体がトピックに上がるのってちょっと笑えるくらいです。どうでもいいんですよね。だってその会社(病院)とかを

退職するわけですからなんか退職理由なんてどうでもいいんですよね。なんでそんなにマジメにもういなくなる会社(病院)とかに説明しなきゃいけないんだとか思います。

本音を言うとそんなのテキトーでいいんですよ。そんなことよりも退職てから次い務める場所を決めたりすることに労力を使いましょう。そんなことでウジウジ考えてるのって時間が持ったいなさすぎますからね。

関連記事:金融業界はホント辞めてよかったです

金融業に就職して後悔した体験 地方銀行は本当に辞めてよかった
金融やめたとけ、メガバンク、地方銀行、信用金庫と差はありますけど金融系、銀行はとりわけブラックな仕事です。むかしは給料もよかったですが、今ではそれほどでもなくメリット的なものは待ったうありません。ノルマもきつくパラハラ上司がいて毎日ストレスを感じてたいていうつ病になって離職率は5割ありますしね。早めの労働環境を変える行動をしたほうがイイですよ。

まあ、ブラックな職場になればなるほど「引き止め」的なものはありますからね でも実際は辞めると言っても引き留めなんてできないですよ そういう事態じゃないです

あとよくあるの悩みっていうか、退職を切り出したら

「引き止め」

にあうんじゃないか?ってことですね。これってブラック病院(企業)とかになればなるほど、退職を引き止められることもあるんですよね。

そりゃ、奴隷はなるべく長く使って、壊れるまで利用してやろうってのがブラック病院(企業)の「基本方針」ですからね。

でもまあ、最近ではそういうのもけっこうネット情報や世間でも叩かれるようになってきたので、退職を引き止められたらサクッと

「労働基準監督署にサクッと相談」

しにいきましょう。っていうかもう最近ではよほどキチガイじみたブラック病院(企業)じゃないとそういった退職の引き止めとか無いですけどね。万が一退職引き止め

とかにあったら、その会社に何を言っても無駄ですし時間がもったいないです。だから労働基準監督署に行ってそうだんしましょう。

あと余談的ですけど、大事なことなんで書いておきますけど退職とかを切り出すときには録音しておいたほうがいいですしね。私は録音してました。まあその時には引き止めとか全くなくて問題なかったのでその音声を使うこととかないかったんですけど、退職引き止めとかに会った時には、やっぱそれやり取りを録音しておいたほうがいいです。

ボイスレコーダーとかアマゾンで数千円で売ってますし、スマホの録音機能でもイイですしね。退職とかを切り出すときもそうですけど、人生において大事なやり取りをするときにはその会話のやりとりとを録音しておくことをおススメします。そうしておくことで、あとあと自分の身を守ることができますしね。

ぶっちゃけいうと、ほんとに退職を切り出して引き止められることなんてめったにないですからね。そりゃあ建前上で「辞めないほうがいいんじゃない?」とか言われることはありますけど、上司とかだって別に「こいつが辞めてもどうでもいいよな」とか思ってます。会社での付き合いの他人なんてどうでもいいんでよね。だからとりあえず、録音だけしておいて、

万が一引き止めとかあったら、その音声をもって労働基準監督署に相談しましょう。そうすると思ってる以上に簡単に解決することが多いですからね。

ウソって言うと語弊がありますけど、まともに本当の理由言ってる人なんて一人もいないので気にすることは微塵もありません。

なんか退職理由でウソつくって語弊がありますけど、ぶっちゃけ人間なんて普段から嘘つきまくってますからね。

たとえば異性から誘われても、気のない異性に対しては「忙しいからまた今度ね」とか言いますよね。実際忙しくないのに笑。だって、そんなときに「あなたに興味が無いから誘わないでくださいね(^O^)」とか言う人っていないでしょ?まあ中にはいるかもしれまんけど、それってめんどくさいことになりますからね。

だからまあ普通に嘘とかつきまくってるわけですし、それが退職のときには本当の理由を言ったほうがいいって思うのってちょっと偽善的で頭おかしいんじゃないかとか思いますしね。

だいたい会社を受ける面接の時だって、嘘つきまくってますからね。面接とかで言ってることがみんな本当なら、会社の中でダメ社員なんていなくなりますからね。

だって病院(会社)とかで全然仕事できない人っていますよね?そういう人だって面接受けて入ってきたわけですから、面接のときには「仕事ができる人」を演じてたんでしょうからね。

だから、まあ退職の時の理由付けでいちいち迷ってる時間とかて全く持って無駄です。そんなことを考えているなら、さっさとテキトーな理由つけて退職してもっとちゃんとした労働環境の職場に勤めるべきなんですよね。

なんで、退職理由の時だけ「ウソつくのはダメ」みたいな心情になるですかね?いや、どうせ入社の時も嘘ついてるですからまあどうでもイイじゃないですか。

別に嘘ついたほうがいいってことを言ってるわけじゃあないですよ。ホントの退職理由を言える人は行ったほうが言いに決まってます。ただ、それが言えない場合ってのは辞めるほうも病院(会社)側も嫌な思いするなら、そこは建前上の理由でいいんですよね。

まあ、これって「大人の世界」の話ですよね。本当の事ばっかり言ってたら、けっこう世の中悲惨なことになりますからね。そのあたりがわかっているってのは大事なことなんですよね。

ぶっちゃけ退職理由でウソつくのが嫌なら本当の理由を言ってください。私は嫌ですけどねめんどくさいことになるのが本当に嫌ですからね(;´Д`)

転職するにしても一人で求人とか探すとけっこう面倒ですし効率も悪いです ブラック病院に捕まるのもきついですしね・・・・転職ツールは使ったほうがいいですからね

転職するにしても、一人で求人を探したりするのってけっこうきついものがあるんですよね。時間もかかりますしね。しかもブラックな求人を引いてしまうこともあるので、危険なこともありますからね。ぶっちゃけ手職ツールは使ったほうが無難です。

転職支援サイトでは厳しい基準で求人を厳選してるので、おかしな求人はほとんどないですし、アドバイザーが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職ってけっこう難関なイメージもありますし、初めての場合何からやっていいのかわからないってのもあります。

しかし、転職は、アドバイスをもらったりして、履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定取れますしね。準備と対策ときちんとやっていれば内定は取れるもんなんですね。優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですね。

ブラックな求人じゃないって確認もできますし、これから仕事する職場を選ぶ判断材料にもなりますからね。

 

→使いやすい看護師の転職支援サイトの情報はコチラから