看護師4年目で仕事できないと思うなら労働環境は変えたほうがイイ理由

現代社会

よく、看護師系の記事とかを見ると

「仕事ができるナースの特徴」

みたいなことが書いてあって、ありがちな例ですけど、

「一回で仕事を覚える」

「情報収集力があって仕事の幅を広げることができる」

「準備段取りが上手い」

「時間の使いかたがうまい」

とか言うことが言われてますね。でもまあ・・・仕事ができる人はこんなの意識しなくてもやってることですし、意識してやってもできないから、仕事できないってことなんですよね。

これくらい誰でもやろうと思ってやっています。

そう、仕事できないと思ってる人だってこれくらいのことは、やろうと思ってやってるわけですよ。でも、やってもできない。というかやってもその処理速度とか行動速度が普通の人よりも遅いわけですね。

人間って悲しいですけど、仕事の処理速度とかって個人差があります。仕事やってる人はわかると思いますけど、同じことやらせても30分で終わる人もいれば2時間かかる人もいます。

特にナースの仕事って器用で処理速度の速い人が「仕事できる人」になりますよね。そりゃあ患者さんへの気遣いとかもありますけど、それは現実では2割くらいの要因で8割くらいが仕事の処理速度が速くできるかってことなですよね。

だから、もともと不器用だったり行動がどうしても遅い人は「仕事できない」ってなってしまうわけなんですよ。これって仕事できない人が悪いっていうよりも、そもそも看護師になる人なんて仕事をちゃんとやろうと工夫する人がほとんどですからね。だって、わざわざ看護師試験受けて看護師になって、看護師の仕事で「やる気ない人」ってめったにいないですからね。看護師の仕事をやる気がある人が9割以上なわけです。

それで看護師の仕事をやってみたら、実際自分の処理能力とか行動の速さが遅いってのに気づいていくわけです。これって実際仕事をやってみないと解んないもなんですよ。

東京大学を出た人間でも、実際仕事をやってみると使えない人間だった・・・・ってことと似てるんですよね。

頭とかよくても、頭の中での処理能力とかが高くても行動の処理能力って意外と違うんですよね。仕事ができないとかって、人間だから差があって当然です。

看護師を4年やってて仕事がある程度できるようにならなければ、今後できるようになることはまあたぶんないでしょうからね。厳しいですけどそれが現実です。

看護師4年目で仕事できないならその状況は変わりません 4年仕事やって仕事できない人ができるようになるわけはないですからね 

そう、看護師をやっていて4年目くらいで「仕事ができない」ってなら「仕事ができるようになる」ってことは可能性は少ないですからね。

4年やってればまあ、嫌でも仕事できるように努力はしたでしょうから、もう看護師としての仕事はある程度やり作りてるはずですからね。1~2年じゃないですからね。

4年ですから・・・・

ちょっと悲しい現実ですけど、一つのことを4年やってみて、仕事できない・・・・ってなら仕事ができるようになるのってけっこう難しいです。そこで無理に頑張っても一般的に言われるレベルの「仕事ができるようになる」になるのは難しいです。これってあなたもわかってることなんじゃないですかね。

個人的には、無理していわゆる「仕事ができる人」になるように無茶な努力をするよりも、

「仕事ができない」ってことを受け入れて生きていくほうが楽といか普通ですよ。

なんか、ほんとに

「仕事ができるようになろう」

とかっていう情報ばっかりですけど、本と個人的には「仕事ができないならそれを受け入れて仕事をしていく」ほうがいいんじゃね?って思います。

実際、社会に出て、会社とかに入ると仕事全然できない上司とかいるでしょ?仕事できなくてもなんとかなるんですよ。世の中なんてものは。

まあ、看護師の仕事は普通の仕事と違って仕事ができたほうが良いに決まってますけど、できないものはできないですからね。そこを無理してこじ開けようとするよりも

仕事ができないなりにどうやって生きていくかを考えたほうが、全然状況は良くなりますし人生も好転します。

ほんとに、なんか仕事ができない人はいけないことみたいな風潮って嫌ですよね。人間なんて能力に個人差があるんですから、仕事ができなくたって別に他のことができたりする人もたくさんいます。

それにまあこれ言っちゃうとおしまいかもしれませんけど、仕事ができても人間的にゴミクズみたいな上司とかけっこういるでしょ?病院とか会社って出世とかで人間性とかってほとんど考慮されないんで、仕事さえできれば出世できたりしますからね。

仕事ってお金を稼ぐためのものなので、看護師の仕事にやりがいを求めるのも悪くは無いんですけど、4年目で仕事ができないと悩んでいるなら、それなりの方向性を考えていかないと状況はどんどん悪くなっていきますからね。

仕事ができないって言っても、看護師の仕事が続けられないくらいできないわけじゃなければ労働環境が忙しいだけかもしれません 激務ならミスも多くなるし人間関係も悪くなるのは「当たり前」ですからね

まず、看護師4年目で仕事ができないと言ってもその程度にもよりますからね。

仕事ができないと言っても、仕事ができないタイプの人が救急患者が多かったり総合病院、大学病院でメッチャ忙しい状況でやってたら、そりゃあ仕事のできない人だったら

さらに輪をかけて人生がきつくなります。っていうか、そういう激務な仕事は「仕事のできる人」に任せておけばいいんですよ。

年金でも健康保険でも、はたらけない高齢者の方とか収入の少ない人って免除されたりするじゃないですか。それと一緒で、忙しい仕事は仕事ができる人任せればいいんですよ。

そういう仕事できる人は意識が高い人が多いんで、そういった忙しい仕事を喜んでやる社畜タイプが多いですからね。わたしからするとホント信じられないですけど、忙し仕事を嬉しそうにやっている人種です。いくらでもサービス残業とかやる人たちですね。ちょっと頭がイってしまってます。

でもまあ、本人が社畜でいいならそれでいいじゃないですか。忙しい仕事はそういう人たちに任せて、仕事ができないと悩んでるくらいなら、仕事が割とユルイ労働環境で仕事をやっていった方がいいですよ。

ほんと、別に人間なんて能力差があるんですから仕事ができなくたっていいんですよ。

誤解を受けそうなんで言っておきますけど、仕事を不真面目にやるとかテキトーになるとかそういう意味ではないです。看護師の仕事はちゃんとまじめにやったほうがいいです。

でも、ちゃんとまじめにやっても仕事ができないなら、それはもうしょうがないですからね。でも、看護師として食って行かなければいけないなら労働環境を変えていくことはとても大事なことです。

もう一度言いますけど、忙しい仕事とか激務の仕事は「仕事ができる人にやってもらえばいい」わけですよ。世の中全体を見るとその方が上手くいきます。だって仕事できる人はそういうの仕事を喜んでやってくれますからね。

余談ですけど、仕事ができる人でも「仕事ができないふり」をしてる人ってけっこう世の中には多いです。実際、会社に入るとそういう人多いですよ。

これってなんでかっていうと、仕事ができる人は、どんどん仕事をやらされて仕事を盛られて仕事量が増えていくからですね。仕事ができると仕事の量を増やされるんですよ。当たり前と言えば当たり前ですし、仕事量が増えたからと言って給料が上がるわけでもないですし、シュッセルるわけでもないですからね。出世は上司にどれだけ媚びたか決まるので、出世したい人は仕事はほどほど(仕事ができないってのは出世しにくいですけどね)にやって上司に媚びへつらうことに集中したほうがいいわけです。

だから、仕事なんて別にできなくてもいいんですよ。本当に致命的に仕事ができないってのは確かにまずいですけど、多少仕事ができないくらいでちょうどいいんじゃね?って思います。

致命的に仕事ができないってのは、毎日どうしようもないミスをするとか、人と全くコミュニケーションが取れないとかですね。

でもまあ、そういった仕事が致命的にできない人でロクに意思疎通ができない人でも、普通に職場に居たりしますから、そこまで悩む必要もないんじゃないですかね?

そんなことで悩むより、自分の労働環境が忙しくて激務だったらもう少し、楽な職場に行くとかそういう行動をとっていったほうが人生を良くしていくためになるともいますけどね。

関連記事:社畜洗脳されてると人生曲がりますよ

会社辞めたら負けとか終わりとか考え時点で社畜洗脳されている事実
会社を辞めたら人生終わり、負けとか短絡的な情報がいっぱいすね。そんなので終わったらとても生きてけないでしょ。仕事なんて労働環境があまりい悪かった自分で変えていかないと状況はもっと悪化していきますからね。逃げるとか責任とかそういうきれいごと言ってる人はもうダメでしょうね。

仕事で思い悩むってバカバカしいですよ 所詮「仕事」ですからね まじめな人ほど自分がちょっと仕事ができないとなるとすごく悩みますからね そこまで悩むくらいなら労働環境かえたほうがいいわけですよそりゃあ

看護師4年目くらいだと悩みも多いですからね。

でもまあ、仕事で思い悩むのってバカバカしいですよ。所詮「仕事」ですからね。看護師の仕事が特別ってわけじゃなくて、普通にお金もらうための生活の手段です。

看護師にの仕事をやることで、普通のサラリーマンの倍くらいの給料がもらえるなら「特別な仕事」ですけど、まあ給料も女性にしてはイイと思いますけど、それって夜勤とかやって夜勤手当とかがあるるからであって、普通の仕事と何ら変わりない給料なわけですからね。

だから、まあ仕事ができないのとある程度できるようになるっていう努力はイイことだと思いますけど、仕事ができないってことをちゃんと自分で受け入れてそれに見合った労働環境とかに変えていくって方が全然大事な行動だと思いますよ。

だって、仕事できない人が激務の病院とかで仕事してたら簡単に悲惨なことになるってのがイメージできるじゃないですか。そういう激務の仕事は仕事ができる社畜に任せておけばいいんですよ。仕事できない人はそれを受け入れて、できるだけ仕事がユルい労働環境に移っていくべきなんですね。

そこをちゃんと教えてくれる情報ってほとんどないですよね。ほんと、仕事ができない人に対して「仕事ができるようになるための情報」とか与えても、そんなの

看護師になる人なんてマジメなんだから、もうやってるよって話です。それでもできなかったら、自分で仕事ができないってのを受け入れて生きていくわけですよ。

今自分の持っているカードを使って、なるべくうまく生きていくしかないんですよね。

顔が悪ければ整形できますし、デブだったら痩せればいいですし、そういことは可能ですけど、仕事ができるできないはぶっちゃけどうしようもない部分もありますからね。

自分である程度工夫してみて仕事できない・・・・と自覚があるなら仕事ができないなりにできる職場ってのけっこうあります、平たく言うとあんまり仕事が忙しくない

クリニックとか、健康センターとかですね。眼科とか心療内科とかまあ、看護師は選択肢は多いですしね。

あんまり、仕事ができないからって自分を追い込んだりするのは良くないですからね。マジメな人ほどそうなります。

仕事に価値を置きすぎなんですよ。別に仕事できなくたってそこまで悲観することはありません。仕事ができてもパラハラするようなゴミ野郎とかけっこう多いですからね。

仕事はあくまでも自分の生活を維持安定させていくためのツールですから、別にあなたの人間性とが悪いわけじゃあないです。まあ仕事ができなくて人間性も悪ければどうしようもないですけどね。個人的にには人間性だけはイイ感じで保ってほしいものです。

転職するなら一人でやるとけっこう求人を見るのもめんどくさいですし、時間もかかりますしね ブラック病院に捕まるとめんどくさいですか転職ツールは使ったほうがベターです

転職するなら一人で求人を探したりするのってけこう大変ですし、効率悪いですしね。ぶっちゃけダルいです。時間もけっこうかかりますしね。

しかも、一人でやってるとけっこう独りよがりになってブラック病院とかに捕まってしまうことも多いです。

転職支援サイトでは厳しい基準で求人を厳選してるので、おかしな求人はほとんどないですし、アドバイザーが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職ってけっこう難関なイメージもありますし、初めての場合何からやっていいのかわからないってのもあります。

しかし、転職は、アドバイスをもらったりして、履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定取れますしね。準備と対策ときちんとやっていれば内定は取れるもんなんですね。
優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですね。

ブラックな求人じゃないって確認もできますし、これから仕事する職場を選ぶ判断材料にもなりますからね。

 

→使いやすい看護師の転職支援サイトの情報はコチラから