活字が読めないケース別の解決方法 ストレスをためずに本を読んでいこう

専門学校

活字が読めない・・・っていうとなんか仕事してく上で致命傷みたいな感じもしますけど・・・・・

ただ、活字とかって今でも、普通にスマホ使ったりネットの記事とかはガンガン読めるのになんで本とか読めないでしょうかね?

これって、単純に「苦手意識」ってのもあります。活字が嫌いってっていうか

「本が嫌い」

っていうわけなんですよ。

これって、学生の時とかに勉強ばっかりやらされたりして、自分の「好きな分野の本」とか読んだことが無い人にけっこう多いです。だって、たとえばエロい人が「官能小説」とかだったら、食い入るように読むって人もいますからね。私の友人で高校生で官能小説が大好きという強者もいました。

いまではエロでも普通の映画とかでもとにかく映像でみれるので、あまり本を読む・・・活字を読む必要性ってのがあまりないんですよね。

でも、それって、「自分の好きな分野」の本を読んだことが無いだけじゃね?ってことです。

実際、活字だと映像が無いので、活字を追いながら

「自分で活字の意味、状況を想像する」

のがたのしいんですよね。これが自分の好きな分野の本とかを一度読んでみるのが一番の特効薬が気がします。

最初は、マンガの原作とか、子供向けの推理小説とか、それこそ官能小説でもなんでもいいんですよね笑。

というか、活字が読めないと言いながら、自分の好きなことならスマホで記事呼んでますし、活字が「読めない」って人なんてまずいません

「活字を読むのが嫌いなだけ」なんですよね。

「活字が読めない」イコール「活字が嫌い」

なだけなわけです。これは好き嫌いがあるので、無理に読まなくてもいいような気もしますが、活字が読めないなら「活字を朗読してくれるサービス」を利用すればいいんじゃね?ってことですね。

活字が読めないなら「朗読してくれるサービス」ってのを利用するのも一つの手ですね

活字が読めないというか「読むのが嫌い」なら

「本を朗読してくれるサービス」

ってのも最近では多いです。アマゾンの「オーディブル」とかもその一つですね。ぶっちゃけ今時ではこういった活字嫌いな人用の

サービスも充実してrンで、無理に活字を追って行く必要はなくなったわけです。いい時代になりましたねえ(^O^)/

AmazonのやってるAudible(オーディブル)と言う「本を朗読で聴ける」サービスがあります。

その名の通りですけど、文学からビジネス書、ライトノベル、落語、洋書とかのオーディオブックを利用できるサービスですね。

Audibleの料金は1月1500円で会員になるコースです。30日間は無料で体験するコースになってます。(30日超えると課金されます)

 

→Audible 体験版30日間無料 最初の1冊無料(amazonのサイトに移動します)

 

これだと、月に1冊だけかよ・・・・的な感じになって会員になってもオイシクない感じです。

しかし、「返品制度」があって1コインで購入したタイトルを返品できるんですよね。返品すれば1コイン戻ってきます。

1冊聞いて返品してまた、聞いて返品・・・・・ってこともできます。返品できるか回数は決まっていません笑。

ただ、無限に返品はできるわけじゃなくて、今のところ「5回前後」くらいできるってくらいですね。いわゆる「常識の範囲内」ってことでしょう。

1冊購入して嫌だったら返品すればいいわけです。

あとは本を単品購入するときにお金がかかるわけですね。ちなみに会員にならなくても購入はできますけど、会員になるとひと月に1枚

「コイン」ってのがもらえます。あと会員だと30%オフでタイトルを購入できます。

「コインって何?」ってとこですけど、1コインで一冊のオーディオブックを購入できるってことですね。会員だと月に1冊は無料で購入できる

ってことです。返品っていう仕組みが微妙ですけど、何度か聞いてみて本を選べるのでそういう意味ではお得なサービスです。

メリット・・・1コインで何冊狩本を実際に聞いて選べる/30%オフで購入できる/音読で聞くのは楽/アニメの声優などプロの朗読を聞ける
デメリット・・・返品も無限に返品できるわけではない/本を読むのが苦にならない人には価格が割高になるだけ/

Audibleでメリットを大きく感じる人

通勤で車に乗る人ならその間、朗読の本を聞けますし、疲れているときでも本を読むより「読んでもらった」ほうが楽ですしね。

英語の本なんかは英語の勉強にもなるし、アニメファンとかなら声優の声が生で聞けます。こういう人ですかねメリットを感じるhとは。あと、本を読むのがメンドクサイ人いはいいシステムですね。

30日間の無料体験のうちに解約すればお金はかかりませんし、無料体験でも1コインもらえるんで、一冊の本はゲットしてずっと聞くこともできます。

Audibleを使ってみたいと思うときは、無料体験を試してみたはどうでしょうか?

 

→Audible 体験版30日間無料 最初の1冊無料(amazonのサイトに移動します)

活字が読めない理由って「活字が嫌い」レベルから「本当に理解力が無い」「病気」と理由は大きく変わりますよね

活字が読めない理由って、3つあるわけですよ

「活字が嫌い」
「活字を本当に理解力が無くて読めない」
「病気」

の三パターンです。それそぞれ解決策がかなり違うんで、むりやり活字を読もうとしても失敗するので、自分がどれに当てはまるかを

理解してから、活字を読んでいくことをやっていったほうがいいわけですね。

活字が嫌い というか読むと眠くなる・・・簡単な本から読んでいけばいい

活字が嫌い・・・

活字を読むとすぐに眠くなる。とかありますよね。

これって、ぶっちゃけ

「興味のない分野の本を読んでる」

っていう理由です。それだけです。

たとえば、あなたがどうしても落としたい女がいる、付き合いたい女がいるときに、恋愛の方法みたいな本だったら、真剣に読むでしょうし眠くならないですね。

これが、イヤイヤやっている仕事の知識を入れ込むたえの本とかだと、すぐに眠くなります(;´Д`)

これは、にんげんしょうがないことなんですよ。ぶっちゃけ興味のない本を無理に読んでも続きません。

これいっちゃおしまいですけど、自分の興味のある分野者のだけを読めばいいんですよ。別に知識を得るためだったら、マンガでもイイですし、上述した朗読サービスでもいいですし、なんでもいいわけです。別に活字にこだわる必要はないんじゃねえの?ってところです。

時分に興味のないものを読むってのは誰でも眠くなりますし、集中力も途切れます。そういうのができる人が東大とか受験勉強とかができるんでしょうけどね。

個人的には無理して興味のないものを読むより、好きなものだけを読んでいたほうが精神衛生上いいと思いますよ。

本当に理解力が無い これも簡単な本からリハビリしていけばいい

本当に理解力が無くて活字が読めない・・・

ってなら最初は絵本とか、児童文学、子供向けの推理小説などを読んでいくのがイイです。

それを読めるようになったら、簡単な大人向けの普通の本を読んでいく・・・・っていうのを順番でやってけば理解力ってのはだんだんと上がっていきます。

そりゃあ、人間って頭の回転も理解力ってのも差があります。こりゃあしょうがないことです。

しかし、人間って適応能力はハンパないので、まずは

「簡単なことから始めていって、慣れていく」

ってのを徐々にやっていけば、大抵の人は活字の理解力は上がっていきます。

私も、まあ、活字が苦手でしたけどね。最初はライトノベルとかそういうのを読んでいましたよ。けっこうおもしろいですし、子供向けなんで普通に2日くらいで読めてしまいます。こういうのも図書館とかであるので、子供向けの楽しそうな本をまずは読んでみればいいんですよね。

そして、あとは東野圭吾の小説とかだと、かなり面白いので意外と読めますしね。白夜行とか長いですけど、一気に読んでしまいましたよ(;´Д`)

活字の理解力が無いなら、最初は子供向けの小説とか、極論を言うと絵本とかでイイんですよね。そこまで難しく考える必要はありません。

まずは簡単のな子供用の本→おもしろい推理小説とか→普通の専門書→難しい専門書

というふうに段階を上げていけば割とすんなり読めるようになってきます。

うつ病などの病気で活字が読めない→一刻も早く心療内科に行きましょう

うつ病などになると活字を読むことがきつくなります。

というか、うつ病になると活字を読むというか、普通にテレビを見たりするのもキツイ状況になります。私は実際うつ病に銀行勤務の時に

うつ病になったことがありますけど、最悪の時にはテレビを見てもまともに内容とかがよくわからないくらい、集中力がなくなっていました。これって、活字を読むとかどうとかじゃなくて

「一刻も早く心療内科に行って診断書をもらって会社とか休職したほうがイイ」

ってことです。今まで活字が読めていたのに、急に読めなくなったりしたら、「うつ病の可能性」があります。

とにかく心療内科に行ったほうがいいです。

私も、ある日突然、朝起きれなくなって、ロクに活字も読めない状況になったんですよね。自分の身体は自分で守るしかないので、体調の変化ってのには細心の注意を払っておいてください。

心療内科の診断書を利用して休職する方法 実際にうつ病で休職して傷病手当金をもらいつつ転職活動するのがベター
仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

個人的は無理して活字読む必要もなくね?とは思います 活字を読めばたしかに理解力とかは上がるけど、無理してストレス溜めてまで読むとそれこそ体と精神を壊しますからね

私個人的には、これを言っちゃおしまいかもしれませんけど

「無理して活字を読む必要もなくね?」

とは思います。そういう時代でもないですしね。ストレスをためてまで活字を読む必要もないと思います。

無理して活字読んでストレスたまるってのはあまりにナンセンスですからね。

そもそも、本とか読むのはストレス発散になるはずです。イヤイヤ活字を読んでストレス溜めるのってホントにきついですからね。

しかし、仕事をしていた、生きていくうえで活字は絶対に避けて取れないモノなので、少しずつでも慣れていくしかない・・・・・というしかありません。あまりに活字を読むのがきついなら、朗読サービスを利用するなり、簡単な本からなさしていく・・・・・っていう方法しかないんですよね。

ちょっとずつでも活字に慣れていくために、こういった工夫をして解決をしてくのがベターなんですよね。