本を読むのが苦痛ならストレス溜めてまで無理に読む必要はない 社会人は暇じゃないですしね

有休休暇
本を読むのが苦痛・・・

私としては、苦痛なら別に本を読む必要なくね?と思います。

もちろん、私はホントかは嫌いじゃ無いので読むこともありますけど、車通勤でしたし仕事で帰りも夜遅い時期とかは本なんて全く読めませんでしたからね。疲れでそこまでやる気力はありません。

それでも本を読むのは、仕事の知識を得るとかのためですね。娯楽として本を読む時間はない・・・ってのが社会人の本音ですね。

でも、私も車で通勤していたときはたまに、「朗読してくれる本」を車の中で聞いてました。時間効率もイイですし自分で本を読むよりは楽ですしね。

あとは音楽とか聴いてたらストレス発散できますし、本を読むのが「苦痛」ならそおまでして、本を読む必要なないわけですよ。

本を読むのが苦痛でも読みたいようになりたい・・・・ってなら、まずは「子供用の推理小説やライトノベル」なんかを読んでいくのがいいですね.

活字が読めないケース別の解決方法 ストレスをためずに本を読んでいこう
活字が読めない解決方法ってのは、ケース別に違います。ただ本が嫌いとかのレベルから、本当に病気というケースもあるんで、それぞれ対応方法が違います。活字を読むことで知識を得てストレスが発散されるべきなのに、活字を読んで苦しい思いをするのはナンセンスなので、状況別に解決していったほうがいいわけです。

いきなり難しい本とかを「本を読むのが苦痛」って人が読んでも苦しいものがあります。

とはいえ、スマホとかでヤフーニュースとかを読むことができるなら、文章を読む力は普通にあるのでそこまで気にすることは無いですよ本当に。

本を読むのが苦痛だったら最初から「朗読してる本を聞けばよくね?」っておもいますけど・・・

それこそ、本を読むのが苦痛だったんで車通期と化してるときに

「本を朗読してくれるサービス」ってのがあったのでたまに利用していました。アマゾンさんなので簡単にりようできましたしね。

AmazonのやってるAudible(オーディブル)と言う「本を朗読で聴ける」サービスがあります。

その名の通りですけど、文学からビジネス書、ライトノベル、落語、洋書とかのオーディオブックを利用できるサービスですね。

Audibleの料金は1月1500円で会員になるコースです。30日間は無料で体験するコースになってます。(30日超えると課金されます)

 

→Audible 体験版30日間無料 最初の1冊無料(amazonのサイトに移動します)

 

これだと、月に1冊だけかよ・・・・的な感じになって会員になってもオイシクない感じです。

しかし、「返品制度」があって1コインで購入したタイトルを返品できるんですよね。返品すれば1コイン戻ってきます。

1冊聞いて返品してまた、聞いて返品・・・・・ってこともできます。返品できるか回数は決まっていません笑。

ただ、無限に返品はできるわけじゃなくて、今のところ「5回前後」くらいできるってくらいですね。いわゆる「常識の範囲内」ってことでしょう。

1冊購入して嫌だったら返品すればいいわけです。

あとは本を単品購入するときにお金がかかるわけですね。ちなみに会員にならなくても購入はできますけど、会員になるとひと月に1枚

「コイン」ってのがもらえます。あと会員だと30%オフでタイトルを購入できます。

「コインって何?」ってとこですけど、1コインで一冊のオーディオブックを購入できるってことですね。会員だと月に1冊は無料で購入できる

ってことです。返品っていう仕組みが微妙ですけど、何度か聞いてみて本を選べるのでそういう意味ではお得なサービスです。

メリット・・・1コインで何冊狩本を実際に聞いて選べる/30%オフで購入できる/音読で聞くのは楽/アニメの声優などプロの朗読を聞ける
デメリット・・・返品も無限に返品できるわけではない/本を読むのが苦にならない人には価格が割高になるだけ/

Audibleでメリットを大きく感じる人

通勤で車に乗る人ならその間、朗読の本を聞けますし、疲れているときでも本を読むより「読んでもらった」ほうが楽ですしね。

英語の本なんかは英語の勉強にもなるし、アニメファンとかなら声優の声が生で聞けます。こういう人ですかねメリットを感じるhとは。あと、本を読むのがメンドクサイ人いはいいシステムですね。

30日間の無料体験のうちに解約すればお金はかかりませんし、無料体験でも1コインもらえるんで、一冊の本はゲットしてずっと聞くこともできます。

Audibleを使ってみたいと思うときは、無料体験を試してみたはどうでしょうか?

 

→Audible 体験版30日間無料 最初の1冊無料(amazonのサイトに移動します)

本を読むのは好き嫌い別れますしね っていうか無理に活字読む時代じゃないですよ 映像もあるしそこから知識吸収すればいいわけです

本を読むってのは好き嫌いがわかれますしね。

活字を読むのってかなりパワーがいります。というか、

「自分の好きな知識とか興味のある分野」

だったらそういう本なら読めますよね?っていうかマンガとかなら普通に読めるし、ハンターハンターみたいにたまに文字ばかりのの回とかありますけど、それでも自分の好きなものだったら読めるじゃないですか・・・

だから、本を読むのが苦痛ってよりも

「自分の興味のないモノを読むのは苦痛」

ってことですね。

興味のないものを無理して読む必要とか全然ないですからね。ホントマジで極論を言うと、エロ記事とかでもいいんですよ。男ってエロ記事とかなら必死で読むでしょ?笑

それだけ活字が読めれば十分なわけです。本を読む必要性はそこまで高くないですしね。

今時では、いくらでも映像から知識を得たりできますしね。というかYouTubeみればほとんどのことが解決するくらい動画が出ています。

たとえば、バイクのスーパーカブとかの整備の仕方とかメンテの仕方とか、マジでYouTubeとかみれば完璧に近いくらいわかりましたからね。

これって、仕事とかでも工場系の仕事とかでも、一つ一つ教えてもらうよりも工場LINEの現場作業の方法を映像で撮ってそれを見ながら覚えたほうがは無くね?ってところですね。

どうしてもわからないところだけは人に聞くとかすれば時間効率もいいですうしね。

話が逸れましたけど、本を読むのが苦痛なら苦痛を感じてまで本を読む必要は無いですね。というか本を読まなくても生きていきえますし、本を読んだとしてもたしかに読解力とかは上がって、テストや試験でいい点を取れるようになるくらいで、ほかにメリットを感じたことはあまりりせん。

本を読むと多少読解力があがりますけど、それで金が稼げる、女にモテる、トーク力が上がるっていうことは無いですからね 無理しないで本は聞いたり映像から知識得ればいいです ネットで文章呼んでるから十分ですよそれで

本を読むと

「読解力が上がる」「書類の理解力が上がる」「本が好きな人はストレス発散になる」

といったメリットもあります。本を読むことにデメリットっはほとんどないですね。目が悪くなる可能性があるくらいですかね・・・・

しかし、本を読むことでなんか、

「読解力が上がってメチャクチャ頭が良くなる」

とかなんか本を読むことで人生が変わるみたいなことをよく言われてますけど、そんなこともないですよ別に。

本を読むことで得られるのは、多少読解力が上がって想像力が上がって、視野が広がるくらいです。

いまどきでは、ググったりツイッター検索とかでいくらでも知識は得られますし、無理に本を読む必要はないです。というか普通にネットをみてるだけでもブログとかを読めば文章を読んでますしね。

本が好きな人は活字をガンガン読んでもイイですけど、さすがに

「本を読むのが苦痛」

ってレベルの人が、無理矢理に本を読む必要はないですね。それよりも映像とかで情報を得るとか、人から聴いたり映画を見たりするほうが前向きな行動と言えます。

そう、ものすごく思うのが

「本を読んでれば頭が良くなる」

的な神話が大きすぎますよ・・・・・っていうか私の友人でも本とか読んでるやつは確かに頭よかったですけど、普通に本とか全く読まないな奴でも東大とか早稲田とかに受かってましたからね。

本を読むからバカになることは無いですけど、本を読んだからと言って頭が良くなるわけでもないですし、人生が大きく好転するわけでもないです。

もう一度言いますけど、今時ではネットで調べればある程度の知識はわかりますし、本を読んで知識だけで満足して行動しないってのが一番まずいパターンです。

本を読んでもその知識を生かして行動するのが大事ってことですね。

本を読むのが苦痛なら、いまでは「本を読むのを聞いたりする」「ネットで調べる」「映像で調べる」ということができますしね。

活字を読むのが本当に苦手で、ストレスをためてまで本を読むのはぶっちゃけナンセンスです。本を読むことが万能で頭が良くなる敵な風潮ってのもちょっとこまりものですよね。