派遣で働くメリットは20代で終わる 20代で正社員になる方法

整備士の男

もともと日本の会社って20代くらいの人材は必要としています。少子化で若者自体が少ないですからね。

なので、フツーに派遣で非正規社員の20代が正社員になるのはそれほど難しくない状況です。それだけ求人はたくさんなるんですよね。

といえてもそれは「どんな会社でもいい」と限定すればいくらでも求人はあります。

そうなんですよ、いまではブラック企業がたくさんあって、そこにつかまってしまう派遣で非正規社員の20代の若者が後を絶えません。

なぜかというと、派遣で非正規社員だとどうしても「早く正社員になりたい」という焦りが生まれるので、ブラック企業はそういう「焦り」の部分をうまくついて、若い奴隷を獲得するわけですね。

求人誌やハローワークにいっぱい掲載されてるブラック企業についつい間違って入ってしまうと貴重な20代という時間を「ブラック企業の正社員」という悲惨な状況ですごしてしまうとになります。

派遣で非正規社員の20代の若者が正社員になるには「労働環境のいい会社の正社員になる」ということが大事なことなんですね。

それをするのもポイントを押さえればそれほど難しいことではありません。まず、正社員として働いたいという意志が

あるなら、大事なポイントを押さえて労働環境のいい会社の正社員になることがベストな選択です。

企業を研究するのがとにかく大事ですガチで それをやることで道が開ける

正社員の求人の応募するときには、とにかくその会社のことを調べるのがとっても胎児です。

その会社を調べればブラック企業か労働環境のいい会社かは判断しやすくなりますし、面接を受けるときにどれだけその会社について詳しいかどうかで合否が違ってくるというのは紛れもない事実。

その会社の製品、強み、経営方針、将来の展望などはホームぺージを見たりすればかなり詳しくわかります。

またその会社の業界・・・たとえば自動車業界だったら、今、自動車業界はどういう風になっているのかをニュース軟化をチェックしておきます。

そう、面接では必ずと言っていいほど、こういう業界についての質問とかされるんですよね。そして面接官も自分の会社を

どれくらいしれべて来たかどうかをチェックするような質もんとかを浴びせてきます。面接ですからね。

そう、そういった会社についての面接官がするのは、「どれくらいこの会社にこいつは入りたいのか?」をチェックするためです。

そりゃあ、入りたい会社のことなら調べまくりますよね。それが人間の心理ってもんです。

そう、自分の入りたい会社を調べて、ブラック企業ぽかったらスルー、労働環境がよさげなところだったら、徹底的に調べて履歴書を送るっていうのろルーティンワークにしたほうがいです。

会社調べるのって、やってみると意外と楽しいですよ。その過程で自分のやりたいこととかわかってくとる時もあるし

労働環境のいい会社で正社員として働きたいなら会社を徹底リサーチするのは大事なことです。ホントガチで。

たくさん会社を受ければたくさん内定が取れるってわけじゃあない むしろ逆ですね

正社員の内定をゲットするためには、「とにかくたくさんの会社を受けろ」的な情報もありますけど、これって

「二兎を追う者は一兎をも得ず」

になりますよ。なぜなら、先ほど言った「会社を徹底的に調べる」ってそこそこ時間がかかります。

逆に言うと、会社を調べないでたくさんの会社を片っ端から受けても、まぐれでもない限り内定は取れません。

そんなに甘くないですよ。さすがに面接って。たくさん受けても、会社を下調べしないで受けてもほとんど内定する可能性は「ゼロ」です。

それより、3~5社に絞って、会社を調べて、丁寧に面接を受けていったほうがイイです。40代とかですぐに就職しなければいけないと切羽詰まってるわけではないので、こうやって会社を絞って徹底的に調べて受ける会社の数は少なくてもいいので丁寧に面接を受けるほうが結局、内定率はグンと上がってきます。

そりゃそうですよね。会社を徹底的に調べれば、ほかの面接を受けるライバルよりも上をいけますし、時間的に余裕があるので切羽詰まった精神状態で面接を受けなくて済みます。

3~5社に絞って面接を受けるのが一番行動しやすいです。そうすれば面接をうけるほかの人たちより格段い面接を突破する可能性が高くなってきますよ。

とにかくニッチな会社で労働環境のいい会社を狙うべきですね 

そしてですね、最大のネックである「ブラック企業に引っかからないようにする」いう課題ですけど

結局ブラック企業って、大手の会社のほうが意外とブラックだったりします。労働環境が良い会社って、割と世間的にあまり知られてなくて、マイナーなものを作っていたり、人目に触れないようなものを作っていたりサービスにしている会社が多いです。

そうですねー例えば

「自動車の部品でもマイナーな部分の部品を作っている会社」

「電気製品で精密機械で特許を持っていて一社独占の会社」

「カメラの業界で医療器具を作っている会社」

とかこれは私の地元にある「超ホワイト企業」の例です。社名は出せませんけど、世間的には全く知名度はないですね。

でも、マイナーな部品でその会社が独占で製造してたり特許もってたりと、そういう会社は得てして労働環境がいいです。

私の知人が勤めていますけど、定時で終わって残業代もついて、休日も多くて、福利厚生もばっちりで給料もそこそこいいという何ともホワイトな会社です。

そう、こういった日の目はあたってないけど、優良な会社ってのはいくらでもあります。こういう会社に正社員で入らた人は人生かなりプラスになっていくんですよね。

やっぱりこういった「労働環境がいい会社に正社員で入る」ってのが最強です。

もしあなたが、「ブラックでもいいから自分のやりたいことをやりたい」みたいな青い考えならぜひブラック企業に入ってください。私は絶対に嫌ですけどね。

そう「やりたいこと」があるならまずそういう「労働環境が良い会社に正社員で入って」から考えればいいことです。

そうしないと、やりたいことをする「土台」すらできていないのが今の、派遣で非正規社員という状況なんですね。

ただ、労働環境が良い会社を探すにはちゃんとした場所で探すのがポイントです。

ハローワークや求人サイトはブラック企業の独壇場になっています。見てみるとひどいもんですよ。夢も希望もありません。

こういった労働環境が良い会社というのは、転職エージェントの非公開求人が多く抱えているというのが現実です。

転職エージェントをつかって労働環境が良い会社に正社員で就職しよう

可愛い娘

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!