職歴無しの20代フリーターがが正社員に内定するための方法 労働条件が良くて競争率が低い求人を探すのがベター

紙飛行機を飛ばす

職歴なしのフリーターっていうのは、やっぱりあんあまり就職活動には印象わるいです。

こういったネット上情報だと職歴なしでの正社員でのやっぱり就職するのってきついんじゃね??っていうことで叩かれてますからね。フリーターにるとそのまま30歳になってしまって、人生が詰んでしまうということがよくあります。

なので、フリーターで職歴なしの20代がやることは、まず就職活動をすることです。

就活をするといっても、やみくもにやっていても職歴がネックになってうまくいかないことが多々あります。

でも、普通に職歴がフリーターでも労働環境のいい会社に就職できている人はいますよ。そういう人を私は何人も見ています。

前の会社で面接をたんとうしていたので、そういうフリーターだった人とか内定もらっていましたからね。

職歴なしの人の場合は、受ける会社の求人をいかにうまく収集するかというのがキモです。

まず、競争率が低くて労働環境が良い会社の求人を探すことを徹底しよう

前提は「転職エージェント」を使うのが大前提です。ハローワークとか求人誌では絶対に「まとも」な求人はないですからね。

怖いもの見たさのひとはハロワとか使ってみてください。ガチで悲惨ですよ。ひどいですからね。

それはさておき、まず職歴なしの人でも内定をくれる会社というのは、人気のある会社とか大企業で名前を知られている会社とかは、まず無理です。その辺は割り切りが必要です。

でも、下手に大企業でもブラック企業も多いですから、ネームバリューがあればいいってもんじゃないんですね。ユニクロとか大企業ですけど超スーパーブラック企業ですしね。

そのなかで、業種を選ぶ場合は労働環境がしっかりしていて、給料も悪くな若い人材が不足している業界を選ぶべきです。

「そんな業界あるの?」

というと普通にあります。

「マイナーなものを作っている製造業」

「マイナーなものを作っている食品加工会社」

「建設業で中堅でしっかりしている会社」

といった業界ですね。探せばまだあります。

こういった業界は、製造業なんかは会社は小さくても特許があったりして安定した経営をしているところが多いです。

休みも多くて残業もついて、しかも会社にいる人材が40代50代が多いので、若い人材を欲しがっているケースがあります。

建設業界も、普通に人手不足で最近では労働環境が整っている会社が多いです。若い人材が不足しているところは狙い目です。

逆に飲食業界とかは入らないほうがイイです。ここは知っているとは思いますけどブラックで有名な業界です。

そういう、どういう業界が労働環境がしっかしているかは、転職エージェントで相談してみるのが一番です。プロであるエージェントは業界に精通しているので、詳し情報を教えてくれますしね。

そういう業界で労働環境が良い会社が美味しいですからね。ただそういう求人はハロワとかには絶対ないので、転職エージェントを使うのが一択なんですね。そのあたりのツールを間違うと悲惨なことになります。

関連記事;ハローワークはブラック企業ばかりですよ

ハローワークの求人でブラック企業を見分けて、避けて就職したいものです。しかし、見分け方を駆使するわけですけどそもそもハロワはブラック企業の巣窟になっているので、ホワイト企業はほとんどゼロに近いというのが現状です。それより効率のイイ転職ツールを利用するのがベターな方法です。公的な期間であるハロワですが嘘の求人を掲載できるというのは厚生労働省から黙認されているんですよね。悲しい現実です。

普通に私のいる会社(一部上場ホワイト製造業)にもフリーターからの内定者が入ってきますよ

私が以前勤めていた会社は製造業でホワイトな会社でした。定時でかれれるし、残業もついて休みも多いですし、人間関係もほどほどにいいかんじでしたね。 かなりマイナーな自動車の部品を作っている会社なので、知名度はかなり低いです。そして年齢層が高いので若い人材が集まりにくかったんですね。

なので定期的に若い人材を中途採用しています。もちろん経験者もいますが、半分くらいは未経験で入ってきてもともとフリーターだった人ちらほらいます。

実際こういう会社は「探せばある」ので探しましょう笑。そう探してないだけなんですよね。ふつうの求人誌とかではなかなかイイ求人て少ないんですよね。できれば転職エージェントを利用していくべきなんですね。

そういう求人を転職エージェントでエラんで、コツコツと履歴書を送っていくのが一番の職歴のないフリーターが正社員に就職する近道です。なるべく焦ってハローワークでブラック企業に捕まるといったようなことにはならないでくださいね。

そういうホワイト求人はフリーターからの転職専門の転職エージェントを利用しよう

こういった、労働環境がよくて競争率が低い会社を見つけるのが手職エージェントの理容が必須です。

「でもフリーターみたいなのが登録できる転職エージェントってるの??」

と思うかもしれませんが、「既卒フリーター専門の転職エージェント」があります。

転職のプロであるエージェントと面談をして、なるべく労働条件が良くて競争率が低い求人をマメに探していけば

職歴なしの20代のフリーターでも充分ブラック企業以外で正社員として内定を取ることができます。

優良なの就活エージェントは下記のとおりです。就活エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.就職Shop

2.若者正社員チャレンジ

3.ハタラクティブ

 

就職Shopの特徴は登録者の就職への希望を最大限に尊重した求人紹介が特徴です。

アドバイザーが就活について、あなたの立場に沿って就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれて、優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して就職活動を行うことができるエージェントです。

就職Shop登録は公式ページのピンク色の「面談予約に進む」からエントリーフォームに希望、名前、住所、アドレス、TEL番号、面談場所、住んでる地域が必須項目になってりるので入力して登録します。登録は1分ほどで完了します。

登録完了後にエージェントから確認のTELが入りますからTELは出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいですから大丈夫ですよ笑。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにも、アドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

就職Shop (←公式サイトに移動します)

 

 

就職Shopだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない、住んでる地域が地方だ・・・と言った場合は「若者正社員チャレンジ」や「ハタラクティブ」を選択しましょう。

若者正社員チャレンジもハタラクティブも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともジェイックに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

若者正社員チャレンジ事業  (公式サイト)

 

ハタラクティブ  (公式サイト)

 

 

職歴なしで20代フリーターって言っても20代なら正社員への就職先は十分にあります。

ただ、フリーターってバイト先い心地が良かったりすると、本当にそのままバイトのまま過ごしてしまって30代になってしまう・・・・こういったケースがとてつもなく多いです。

バイトだけで正社員の職歴が無くて30代になってしまうと、正社員になるのがメチャクチャ厳しくなります。

そりゃそうですよね。会社としたら20代のうちって正社員になるには一番「簡単」な年齢なのにその時期にバイトしかしていない・・・そういう人をあえて採用する会社はめったにないです。

だから、20代のうちに正社員になっておいたほうがいいです。これって現実に生きていくための「知恵」みたいなもんですよ。

正社員の職歴があれば30代になっても割と楽に転職することができます。

とにかく20代は正社員になっておくべき年代です。あなたが、自営業とかでやっていく当以外なら正社員にならないで20代を過ごして、そのまま30代になると人生が詰みます。

関連記事:バイトのまま30代になると人生詰んでしまいますよ

20代後半でフリーターニートのままでそのまま30代になると人生が詰みます。正社員になるのが難しい、きついと嘆いているだけで現実から目をそらしているとそのまま一生バイトや派遣で生活することになります。20代後半のフリーターでも就職できないというのは間違いで、普通に準備と対策をすれば内定を摂れる理由をご紹介しています。

そうならないためにも、20代のうちに正社員の仕事になっておいてくださいね。

20代のうちなら万が一ブラック企業に引っかかってもすぐに辞めて次の転職先を探せるというメリットがあります。ブラック企業に引っかかる可能性を0%にするのはむつかしいので、早めに行動して正社員での主食活動をやっていくのがキモですね。

やってみると20代なら割と楽に就職できますよ。

20代で就職ができないとか言ってる人って、大企業ばっかり選んだり、プライドが高くてネームバリューがある会社とかしか選んでないことが多いです。

普通にマイナーな会社でもこれから伸びていく会社なんかを選んで就活していけば、20代ならけっこう簡単に内定が取れるものです。

内定が取れない場合は、転職エージェントのアドバイザーに相談して模擬面接などをやってみて、自分の悪い部分を改善してから面接を再度受けていくようにしましょう。

そのためにも転職エージェントを使うってことは20代からの就活には必須と言うことになってきます。効率を上げるツールは積極的に利用するのが就活成功のコツになってきます。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!