夜の仕事に行きたくないから辞めたい 昼の仕事の正社員の仕事を淡々と就活すべき理由

休む子犬

夜の仕事ってのは、キャバクラ、スナック当たりですかね。ガールズバーとかもありありますしね。いわゆるお酒飲んで接客系の仕事です。

実際、夜の仕事の知人も何人かいましたけど、やっぱり年齢的に32~35歳くらいで辞めていきましたね。結婚とかもありますけど、夜の仕事の年齢って経営者(ママ)とかにならない限り年齢が高い人とかすくないんですよね。場末のスナックとかだったらけっこ年が高い人も見かけますけどね。それでもキャバとかガールズバーで30代ってのは結構少ないです。

そう、夜の仕事って若い時は楽しいというか、酒も飲めるし昼夜逆転とかの生活でもなんともないんですけど、けっこう年齢が上がってくると単純に

「体力的にしんどく」

なってきますからね。

よく、工場とかで夜勤をやってる人が寿命が5~10年縮まるとかいわれてますけど、やっぱり人間て夜寝るのが当たり前ですからね。昼間起きていて夜寝るってサイクルを無視してると普通に寿命が縮まるわけですね。まあ工場の夜勤と人とかは定年まで夜勤とか普通にやってますし、私の勤めてた工場でも現場一筋の人は50代とかでも普通に夜勤をバンバンやってしたからね。

そう、夜の仕事も夜勤の工場もそうですけど、寿命縮めてまでやる仕事じゃないと思いますけどね。生きていくためにやってく仕事だったらまあしょうがないとは思うんですけど、夜の仕事ってあと酒もあるんですよね。まあ酒の量もある程度個人でコントロールできるとは思いますけど、夜起きていて、酒飲んでればそりゃあ体に良いわけありませんからね。

こういう生活を「一生」続けていくことはまず無理なんで、夜の仕事は、自分の店とかを持ってママになってバリバリやっていく、もしくは経営者になって店を運営していく

野望がある人以外は、ぶっちゃけ言うと普通に働いていったほうが人生の長期の視点で見ると「楽」なんですよね。これって別に私が安定した人生がイイよとかか思ってるわけじゃあ無いんですけど、やっぱり「楽」なんですよね。

職を変えるとかの不安が無いってかなり精神的に安定しますからね。サラリーマンとかってきついと言えばきついですけど、ブラック企業とかじゃなくてまともな会社ならそこまできつくないですし、安定した給料が出て解雇されないってのはかなりの精神的な安定になります。これって、派遣とかやってる人だったらものすごくわかるんじゃないですかね?

夜の仕事といっても正社員でやってる人って女性ではかなり少ないでしょうしね。普通に首切られることもありますし、キャバ嬢だって営業と同じですからノルマもふつうにあったりしますからね。あんまり卯木上げが悪いと、クビになったりするけっこうシビアな世界です。

やっぱり夜の仕事もある程度の年齢になる前に、チャットレディとかで収入を得ながら就活やってくのがいいんじゃね?ってことですね。

夜の仕事やったてたならチャットレディとかでバイトとかしながら、就職活動を淡々とやっていけばいいんですよね やっぱ普通の会社の正社員とかが安定度では最強ですけど1年くらいのスパンで考えて就活やってくと焦らずうまくいきます

夜の仕事をやっていた人ならチャットレディとかやればいいんですよね。ネット越しに男性と話すだけで時給3000円とかもらえますし、キャバ嬢と一緒で売れっ子になると時給5000円とか1万円とかになりますからね。チャットレディって夜の仕事と違っていつでもできますし、酒飲まなくていいし、直接男性客と会わなくていしメリットがかなり大きいです。

デメリットっていうと、なんかありますかね?あったら教えてください。私が女子大生とかだったらわざわざ飲食のバイトとかして、こきつかわれるとか、パパ活とかで変なトラブルに巻き込まれるリスクとかよりもチャットレディのバイトしますね。

女子大生とかだったらいくらでも男性がアクセスしてきますからね。普通に愛想よくしゃべってるだけでけっこうな人気者になりますからね。

 

→初めてでもやりやすいチャットレディの仕事情報はコチラから

 

といってもチャットレディの仕事もまあバイトですから、こういうのをやりながら生活を保って、あとは淡々と正社員になるための就活をやっていけばいいんですよね。就活ってあんまり焦ってやるとたいてい、ブラック企業とかに焦って入ってしまうので、1年くらいかけてやるくらいのユルいスタンスでいいですよ。というか、就活って「長期で(できれば一生くらい)勤められる労働環境の会社の正社員になる」

ってのが目的ですから、これってぶっちゃけいうと、恋愛とか趣味とかよりも全然人生での優先度が高いわけです。というか、自分の働く場所の労働環境ってのがいいってのは、圧倒的に生活を安定させます。生活が安定すれば恋愛とか趣味とか家庭を持つとかでも、安定感を持ちながらやっていけるわけですからね。

なんか、こういった自分の労働環境を安定させるってことは人生で最優先なのに、なぜか安直に介護や飲食とか販売とか仕事がきつくて低賃金の職場に何も考えずに入ってしまったり

しますからね。ちょっと就職活動で工夫すればまともな会社とかに入れるのに、なんかそれがめんどくさくてテキトーなショボイ会社に入ると時間の無駄になりますからね。

それを防ぐためにも転職ツールとか使ったほうが無難ですよ。ブラック企業とかに捕まるのって結構きついですからね。それを防ぐのにも転職ツールは使ったほうがいいわけです。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから

 

 

キャバクラ、スナックなんかは30歳超えたらやっぱりママになるとかしか選択肢が無いですし、人生長期でやれる仕事でもないんですよね スナック経営とかも悪くないですけど普通に働いたほうが楽なんですよね

キャバクラ、スナック、ガールズバーとか夜の仕事系のって30歳とかこれるとけっこうキッツいですからね。夜の仕事って40代とか50代とかでやってくのってけっこうキッツいものがありますからね。

「結婚すればいい」

とか思ってる人もいるかもしれませんけど、今の男性とかって専業主婦になりたい人とかを嫁さんにしないですからね。というか結婚とかで収入のイイ男性を捕まえるのってそういう男性って2%もいないですし結構な無理ゲーです。

それよりも、普通に自分でまずは長期で務められるまともな会社と課に勤めるほうが全然、確率的には安定度の高いゲームになります。人生をゲームに例えるとッてことですね。

それこそ夜の仕事なんで昼間とかは動けるわけですし、面接とかにもいけますしそういう面ではある意味有利です。上述したチャトレディとかのバイトをすれば無理に夜の仕事やりながら就職活動しなくて見いいですしすしね。

個人的には、夜の仕事ってママとか経営者になる気概があるならずっと続ければいいと思いますけど、それくらいの決心が無い場合は早めに昼の仕事に方向転換したほうがいいわけですね。

女性ってずっと若いわけじゃないですし、北新地とかでの夜のお姉さんとかけっこう見ましたけど、やっぱり年齢が上がっていて、ああいった夜系のドレスとか来てるのってけっこうキッツいものがあるんですよね。

やっぱりママとかになる以外は夜の仕事って年齢制限的なものが早いと思います。体力的にも年齢が上がって夜起きてるのってかなりきついですしそもそも寿命が縮まりますからね。現実的なことを言ってしまうと女性って夜の仕事の年齢的なものってけっこう引退が早いような気がします。

サッカー選手並みに引退が早いですからね。言ってしまうとオバサンで夜の仕事とかやってるのって結構きついものがあります。普通の飲み屋とかならいいんですけど、キャバとかで

年齢が高いのってけっこうキッツいものがありますからね。そのあたりを考えるとやっぱ普通の仕事にシフトしていくってのは早い方がいいです。まあ、夜の仕事が大好きならしょうがないですけど、そういう人はこのページにいないでしょうからね。

夜の仕事ってやっぱり長く続けるのは肉体的にガタがきて、精神的にもきつくなってきますよね けこうお酒がらみの仕事って体を蝕みますからね 脳も委縮しますしあまり長期でやらないほうが無難です

夜の仕事ってどのみち、長く続けるのって難しいんですよね。

夜働くこと自体が人間の生理的にきついものがありますし、夜に寝てないとけっこう精神的にだんだんと歯車が崩れていって、うつ病とかになる人も多いです。

夜の仕事といっても、営業といっしょですからね。お客さんに対して気を使って、媚びる感じでやってかないと売り上げも上がらないですし、キャバとかはノルマもあって営業の仕事と一緒なわけです。

営業の仕事と一緒ですから、まあけっこう大変なわけですね。お客がつかなければ売り上げも上がらないですし、時給でやっていても最低限の時給しかもらえないわけです。けっこうシビアな業界なんですよね。そういったシビアな業界で、年齢が上がったらきっついわけですから夜起きて酒飲んでってそういう仕事が好きなら続ければいいですけど、結局、普通に昼間おきて働いていたほうが長期的に見てみると「楽」なんですよね。

だって夜の仕事って、給料が昼の仕事よりもいいからやってるんでしょうけど、ずっと続けられる仕事って言うとそうでもありりませしね。酒と不規則な生活で寿命知事待ってますし、肌とかボロボロになりますからね。これって若いうちなら回復しますけど、年齢が上がってくると回復しないですからね。

あと酒飲んでると脳も委縮して、アルツハイマーの原因になると言われてますすしとにかく体に悪いのが夜の仕事ですからね。そういった夜の仕事を辞めたいなら

淡々と昼の仕事(というか普通の会社)への就活を淡々とやっていくのがイイですからね。そこをやっていかないと人生がけっこうあとあとキッツいものになるっていうのはあなたも薄々気づいてはいるともいます。