折込チラシ求人はハローワークよりはマシな理由 地域限定の情報が特徴です


よく日曜日の朝刊とかに「人文の折り込み求人」てチラシで入っていますよね。これってどうなの?と思うことがあります。

新聞の折り込みなのでそれほど無茶なブラック企業は無いと思いますけど実際大丈夫なの?という不安はありますね。このあたり新聞の折り込みの求人情報はかねがね「悪くもないが良くもない」くらいに思ってもらったほうが良いです。

正直、折り込み求人にもブラック企業が紛れ込んでいることもあります。ただそのあたりは自分で求人広告を判断して身を守るしかありません。イメージ的にもいかにも新聞て地域のブラック企業が入ってそうな気がしますしね( ;´Д`)

結論から言うと折込チラシってハローワークの求人よりはマシってことです。

折込チラシの求人に室はブラック企業が60%くらいってところです。ハローワークはヘタすると90%がブラックな求人ですからね。それに比べればまだ利用価値はあります。

折込チラシってけっこう工場系の求人が充実してます。工場系の求人てけっこう敬遠されがちですけど、私的には工場の仕事ってめっちゃいいです。

定時で帰れるし有給休暇も消化できるし、けっこう給料もよくて人間関係も薄いですからね。下手にホワイトカラーのノルマのある営業とか運送業とかで毎日夜遅くまで荷物を運んだり、介護や飲食業で超絶ブラックな仕事をするよりは178倍マシですからね。

関連記事:ホワイト工場の仕事は美味しいですよ

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

関連記事:転職活動でハローワークを使うのは危険すぎます

転職活動でハローワーク使うのは危ない 嘘の求人とブラック企業があるハロワの現状と正しい転職方法
転職活動でハローワークを使うのは危険です。嘘の求人でもOKというのが厚生労働省のページから公然と成り立っていますし、そもそもブラック企業ばかりのハロワと利用自体が無駄です。優良な求人を紹介してくれるツー路を最初から利用するのがベターに決まってますので、気を付けてください。

新聞の折り込み求人のメリットは地域を限定してるのと企業がお金を払っている

新聞の折り込み求人のメリットは「地域がかなり限定されている」ということです。地域が限定されてるので、基本自分の住んでいるところの近場の企業が多いです。

バイトから派遣・正社員と求人の幅も広くて、かつ近場での職場なので勤めるには通勤の条件が良くなるのがメリットです。だいたい聞いたことがあるような会社なので、安心感もあります。

また、企業がお金を出して求人情報を掲載しているということです。お金を払って求人を出しているということはそれなりに本当に求人が欲しいケースが多く、お金がかかるためっずっと広告を出しておくこともなかなかできません。

そのためブラック企業率は多少ですけど減ることになります。ハローワークは求人を出すのが無料なので、もうブラック企業の巣窟となっているイメージですよね。それうよりは新聞の折り込み求人のほうがクリーンなのは間違いないでしょう。

ただ、新聞の求人チラシに大手企業や、好待遇でホワイトな会社が掲載されるとは少ないです。求人チラシを見たことがある人はわかると思いますが、中小企業や大手企業の下請けの会社がほとんどです。

だからと言って、その中にもよい企業が潜んでいる可能性もあります。転職を考えているときは多くの求人にとにかく目を通す事も大事になってきます。

思わぬ大手や優良企業が新聞のチラシ求人に思わず「ポン」と求人を載せてることもあるんですね。これは人事の担当者がわりと年輩でアナログな人だったりすると、新聞に載せたり、求人チラシ載せたりすることしか選択肢が思い浮かばなかった・・・・

なんてケースもあります。そのため求人チラシと言えどあまり侮りすぎるのも思わぬイイ求人を逃すこと居なるので、目を通してマイナスにはならないです。けっこう折込チラシってたまにいい企業がまともな求人を掲載してることがあるんですよね。だからこまめに折込チラシをチェックしていても損はありませんよ。

ハローワークよりは「マシ」ですがブラック企業も潜んでいるので注意が必要です

こういった感じの新聞の折り込みチラシの求人ですが、ハローワークよりはマシなのですが、やはりブラック企業も潜んでいます。

そのためには自分でブラック企業の求人を見破る必要があります。ブラック企業の見分け方は以下の記事を参照にしてください。

 

関連記事:ハローワークでのブラック企業の求人のチェック方法

ハローワークでブラック企業の見分け方 転職でハロワは優良企業が少ない理由 
ハローワークの求人でブラック企業を見分けて、避けて就職したいものです。しかし、見分け方を駆使するわけですけどそもそもハロワはブラック企業の巣窟になっているので、ホワイト企業はほとんどゼロに近いというのが現状です。それより効率のイイ転職ツールを利用するのがベターな方法です。公的な期間であるハロワですが嘘の求人を掲載できるというのは厚生労働省から黙認されているんですよね。悲しい現実です。

最近ではネットの情報でもブラック企業の見分け方はさんざん情報としてあるので、ベタなブラック企業は求人の段階で排除していくと転職で無駄な時間を使うことなく効率的に転職活動を行うことができます。

また、どうしてもブラックかどうか判別できない時は、一度履歴書を出して面接を実際受けてみると、その時点でブラック企業かどうかも判別できます。

あきらかに面接がおかしかったり、会社に行ったら従業員の目が死んでいたり、社長の態度が横柄だったり、求人情報と面接で言っている条件が違っていたり面接を受けるとよりブラックかどうかの判別がしやすくなります。

ポイントは新聞のチラシ求人でも「これいいかもしれない」と思ったもものは履歴書を出してみるのがいいですね。

面接を受ければどういった会社かどうかもわかるので、そこで判断するのもあります。

また、会社に実際行っ手抜き打ちで会社の職場を見ることができれば見たほうがイイです。こうすれば実際働いている会社がブラックかどうかは割と簡単にわかります。

 

関連記事:可能であれば面接を受ける会社の仕事をしてる状況を見ておきたいですね。

面接を受けた会社もしくは受けようとしている会社に行って職場の雰囲気を見ておく
転職活動で面接を実際に受ける会社、または入ろうと思っている会社は一度実際にその会社の職場を見ておいたほうがイイです。職場に入れない会社もあるかもしれませんが、可能な限り見ておくことで、ブラック企業か同課の判断をつけることができます。そしてブラック企業だと思った会社はたいていその判断は正しいことがほとんどです。

ただ、最初からブラック企業を避けて効率的に転職活動をするなら転職エージェントを利用するのをおススメします。

ブラック企業を避けて転職活動をするなら転職エージェントを利用しよう 折込チラシよりもより確実です

黒板に書く人
転職エージェントは転職のプロであるエージェントが、企業の求人を掲載するときに企業を審査しているので、ブラック企業はありません。

また、エージェントがあなたと個別に面談をして、希望に合った求人を適性をみてピックアップしてくれます。

求人誌や新聞の折り込みには乗らない非公開求人を多数抱えており、転職の競争率がその分低いというのもメリットになっています。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから

 

 

折込チラシをマイ中チェックしつつ、ハローワークとかを使わないで普通に転職エージェントを利用るのが一番硬いですね。

転職活動っていい求人をつかむっていうよりも、ブラック企業に捕まらないってことのほうが大事です。

日本人はもともとまじめで働き者なので、ブラック企業以外の会社なら多少のことが合ってもやっていけっます。

平たく言うと「長期で務めることができる」ってことですね。

そもそもブラック企業が異常というかキチガイなだけなんですね。

昔はこんなブラックな環境でも給料は右肩上がりだったのでまだギリでみんな頑張っていたんですが、今では労働量はそのままで給料がっ全く上がらない時代にになってブラック企業はだた「きついだけのゴミな企業」になったわけです。

ここまで行ってハローワークとかを使う人はいないと思いますけど、そういう求人が集まる場所の選択を間違えると本当に転職活動においては致命傷になりますからね。

 

折込求人チラシでやっぱり美味しいのは工場系と倉庫物流系ですね。特に男性はフォークリフトが使えるとかなりオイシイ物流の仕事がけっこうあります。なぜか物流の仕事が多いのが落ち込みチラシの特徴です。それに続いて上述でも言ったように、工場系の仕事が多いです。

介護、飲食、販売系だけは避けてくださいね。とにかくブラックな業界で低賃なので仕事そして選ぶ意味が解らないわけです。

そのあたりを注意して慎重に転職活動をやっていってくださいね。