新人薬剤師でも辞めたいときは転職すべき 仕事が複雑で人間関係もキツイなら環境を変えましょう

薬剤師のお姉さん

大学で薬剤師の資格を取り、新人として就職しました。希望に満ち溢れて就職したことでしょう。

未経験で新人薬剤師というのは、厳しい環境だとそこは試練の場所になります。薬局や病院では経験を積んだ薬剤師が多く存在します。

こういう人員をとにかく減らして人件費を減らしている時代には、どうしても丁寧に仕事を教えてもらうというのが難しい場合も多いんですね。だって教える側の人も自分の仕事で精いっぱいですし、人員削減でみんなギリギリで仕事をしている場合が多いからです。

もしベテラン薬剤師ばかりのケースだと運が悪い場合には「職場のお荷物」になる可能性もあります。

最初は薬を覚えるのも大変で、職場の雰囲気に慣れるのも一苦労ですがずっと勤めている薬剤師にとってはそんなの関係ありません。

仕事を覚えるのが遅かったりすると嫌味を言われたり、仕事を押し付けられたりと憶えることもたくさんあるうえに精神的にも圧迫されるケースもあるですね。

新人薬剤師はこういった不慣れな状況を乗り切っていかなければなりません。優しい先輩にかこまれてのんびり仕事ができる環境があるかどうかは、新卒ではいる場合はほとんど運ですからね。

とにかく入っていて自分の状況があまりにキツイなら自分の身の振り方をまじめに考えてみましょう。幸い薬剤師は転職が割と簡単にできる資格職です。そこを利用していくのは大事なことです。

ここでは、新人薬剤師がつらい理由と、精神的に限界を超えた場合の対処法をご紹介します。

もともと薬剤師の仕事慣れるまではかなりキツイです

新人で薬剤師の仕事を始めるとイメージとはかなり違うことに戸惑います。

憶えることはもちろん多いですし、立ちっぱなしのケースもあり意外と体力的にもつらいです。

新人は仕事を「教えてもらっている」立場なので、自分の仕事が終わらない限りは残業が増えていく一方です。新人だとどうしても患者さんも横柄な態度をとったりしますし、クレームも多くなります。そのあたりでのストレスも大きいです。最初から仕事がバリバリできる新人なんてめったにいないので、それはしょうがないことなんですね。

そんな状況でさらに、上司がパワハラ系や陰湿なネチネチ系な上司だったら最悪です。仕事を憶えないといけないのにろくに教えてくれないのに、仕事ができないと説教ばかりされているということもあり得ます。人間関係だけは自分で選べないのです。

このように薬剤師の新人はつらい仕事になるケースが多いです。もちろんここまでつらいケースもそうは無いですが、新人薬剤師はある程度の仕事の試練の場と考えたほうがいいでしょう。

もし自分の状況がいわゆる「ブラック薬局」や「ブラックドラックストアー」だと思えるときは転職を視野に入れるのが大事です。新人で辞めていしまっても、薬剤師は何度も言いますけど転職が簡単な職種です。

自分の職場があまりに「おかしい」「厳しすぎる」とおもったあた一度考えてみるべきです。

人間関係の悪さが加わるとさらにキツイ 人間関係の悪さは改善しないので我慢はしないほうがイイです

仕事を憶えるのに時間を割きたい新人薬剤師ですが、先輩などが良い先輩ならそういう辛さも乗り切ることができます。

そういう人なら、新人に対しては大きな目で見てくれるので、少々ミスをしてもそれほど大事にはなりませんし、ミスをフォローしてくれます。

ただ、そういう人ばかりではないのが現実社会です。新人だからと言って失敗を一切認めない偏屈な先輩薬剤師はいます。

そういうケースだと、薬局や病院内薬局では割と狭い範囲で仕事をしているため人間関係が狭いんですよね。

そのために、そういう新人に特に厳しいサイコパス系の先輩がいた場合は毎日のようにネチネチネチネチと嫌味を言われます。

「こんなこともできないの?辞めたら?」
「これこの前一度言ったよね、もう忘れたの?」

毎日こういうプレッシャーをかけられて平気でいられる人間はそうはいません。おおかた、半年もたたずに精神的に病んできます。

そうなってくると負のループが始まります。精神的に落ち詰められて仕事も覚えにくくなり、やる気を失ってきます。やる気を失ってくると仕事のスピードもさらに落ちて、残業が増えさらに精神的負担は増していきます。

そうなっても当然先輩は手助けしてくれませんし、状況は悪くなっていく一方です。

薬局は人の入れ替わりは少なく、イヤな先輩がいなくなる可能性も少ないです。

そうなってくると、もう逃げ場が亡くなり精神的に限界を超えて「うつ病」になってしまいます。

残業とかしまくって長時間残業をしてると、実際どのくらいやると「うつ病」になったりするのでしょうか?うつ病は怖い精神疾患です。実際私が体験した状況からそれをご紹介します。結論を言うとそこまで我慢するのは絶対にやめたほうがイイです。体を壊す前にサクッと転職したほうがイイにきまってますからね。それはホントに辞めたほうがイイです。

実際、社会に出るとこの手のことはよくありますし、ドラマのように「助けてくれる人」っていう人は実際いません。世の中悲しいけれどそんなものです。だってヘタに助けたりしたら、その人がいじめの標的になったりしますしね。だから宅けてくれる人はいません。

だから自分の身は自分で守るのです。そのためには転職などをして環境を変えていくしか方法はないのです。

仕事なのである程度は我慢が必要ですが、体に異常がきたすようなら転職を考えたほうが無難です

薬剤師の仕事はもともと憶えることも特に多く、薬の数も薬局で大体1000くらいはあります。これを一から覚えながら

客の対応をして、上司や先輩に気を使ったりするため、新人の時はつらいのはしょうがないです。

これを乗り越えると、楽になっては来るのですが、もし新人で入って、数か月仕事をしてみて早い段階で精神的に限界になってきたら転職を検討するのが無難です。

精神的に限界とはどういった状況なんでしょうか?

精神的いに限界になってくると

・気分が落ち込んでくる、特に朝が一番気分が落ち込む
・理由もなく悲しい気分になる
・若いのに将来を意味もなく悲観する
・集中力が切れてくる 仕事が遅くなる
・決断するのが怖くなってくる(怒られるという恐怖心がある)
・自分の趣味ができない 興味がなくなる
・友達と話しても面白くない
・体が重い
・朝起きられない
・急に不安になったらり不安定な精神状態になる
・眠れない
・何度も寝ている間に目を覚ましてしまう
・食欲が減退する
・甘いものが異様に食べたくなる
・過食で体重が増加する
・性欲な無くなる
・生理不順
・便秘や胃痛が頻繁に起こる
・とにかく疲れやすくなる

こういう症状を自覚するようになったら、かなり精神状態が限界になっています。

この症状があっても見て見ぬふりをしながら仕事を続けると「うつ病」になり半年~数年社会復帰がむつかしくなるほどの病状になってしまう危険があります。

そういう自覚症状が出て来たら迷わず転職するのをおススメします。

なぜなら、薬剤師は資格を持っているため通常の職種より転職して職場環境をかえるのはそれほど難しくありません。

ただ、一人で職場環境のよい病院や薬局を探すのはかなりむつかしいです。

そういう場合には「薬剤師の転職支援サービス」を使用しましょう。

薬剤師の転職は「転職支援サービス」を利用しましょう

薬剤師の転職は、普通の転職サービスより薬剤師の求人に特化した支援サービスというものがあります。

全国から薬剤師を募集している求人を網羅していて、プロのアドバイザーがあなたと面談して、希望の求人をピックアップしてくれます。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

優良な薬剤師の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.ファルマスタッフ

2.薬キャリ

3.マイナビ薬剤師

 

「ファルマスタッフ」は東証一部情報の「日本調剤グループ」が運営する転職支援サイトです。

職場へ足を運び求人情報を収集し、面接同行サービスを実施してキメの細かいアドバイスで定評があります。

薬剤師専任コンサルタントが80名在中し、あなたの希望に合った薬剤師求人の提供・面接指導を行ってくれます。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして名前・とアドレス、生年月日・住所と携帯番号と必要事項入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

ファルマスタッフ  (←公式サイトに移動します)

 

「ファルマスタッフ」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「薬キャリ」や「マイナビ薬剤師」を選択しましょう。

「薬キャリ」も「マイナビ薬剤師」も大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

薬キャリ  (公式サイト)

 

マイナビ薬剤師  (公式サイト)

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!