新卒で入った会社をすぐに辞める場合の再就職は難しくない理由

奪取するサラリーマン

新卒で入った会社って、当たり外れが大きいです。

そりゃそうですよ。大学生なんてまだ働いたことがないから、どういった仕事が自分に合ってるかなんてわかるわけがありません。実際に働いてみないとやっぱり自分の適性なんてわかりません。

大学生の時に無口だったけど営業の仕事をやってみたらいきなりトップ営業になったという人もいます。その人も自分は営業には向いてないと思っていてやってみたら楽しくてしょうがないと言っています。

逆に、大学生でイケイケの男が営業やっても鳴かず飛ばずということもあります。営業って性格が明かるければできるってもんでもないんですよ。お客さんを喜ばせる能力がないと営業では大成しません。

こんな例もあって、実際、新卒で入った会社なんて仕事をしてみないと、本当に自分にその仕事が合っているかってのはわかりません。

そうです、じゃあ最初に入った会社で自分にその仕事が合ってなかったらどうしてると思います?あなたなら?

それは多くの人が「我慢して」仕事をしています。新卒で辞めたいとおもっても「我慢して」働いている人が大部分を締めます。

ただ、新卒で入って辞める人もいます。大卒でも三年以内の3割辞めるわけです。これって、ブラック企業は新卒で入っても9割くらい辞めちゃいますし、まともな会社なら1割もやめないでしょう。あくまで平均ですからね。

でも、そんな新卒で入った会社がブラック企業だったら適性とかそんなのどうでもいいくらい早く辞めたほうがイイんですよね。だってブラック企業って私の経験だと、ホワイト企業の3.5倍はあります。(自己比較です)

転職してホワイト企業に入ったら仕事量は半分くらいになりましたしね、現実こんなもんです。それで給料はホワイト企業のほうがいいという、悲しい世の中の現実。

地銀から製造業に転職したわけですけど、ガチで仕事量は半分くらいになって、給料は同じ躯体でした。製造業では定時で終わるし残業があっても残業代はつくし、有給休暇も消化できるし、長期休暇も正月、ゴールデンウィーク、お盆と10日前後休みがあります。マジで最高でした。

関連記事:製造業のホワイト工場は美味しいですよ

製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

私、新卒で地銀に入りましたけど、同期で辞めたのって外資系企業にヘッドハンティングされた2人と私だけなので3人ですからね。そのあと辞めた人もいるかもしれないですけどね。

でも、同期のほとんどの人間が「辞めたい」と言っていましたよ。我慢して仕事してるんです。そんな時代でした。

でも最近では「第二新卒」みたいな枠もあるじゃないですか。これって最高ですよね。新卒ですぐ辞めても「第二新卒」のワクで就活すればまた、チャンスがあるわけです。

時代も変わって20代ならそれほど転職にリスクも少なくなってきました。ブラック企業が社会的に知れ渡るようになったので、辞める人もふえてきましたからね。

こういう転職が楽になってきた時代。特に20代くらいなた新卒で入って辞めたいと思ったら、さっさと辞めて転職したほうがいいです。

自分で考えて行動した人間が美味しい思いをする時代です。会社に使われてそのまま我慢していると損をするのは目に見えています。

新卒で入った会社をすぐに辞めても再就職はフツーにできます。

新卒で入った会社を辞めたいと言っても、自分の会社をしっかりほかの会社と「客観的に」比較してから考えるべき

手のひらをかざすリーマン
新卒で入った会社がブラック企業だったり仕事が合わないという理由でで辞めたいと思ったら、転職したほうが良いと言ってますけど、簡単に会社を辞めたほうが良いというわけではないですよ。

自分のいる会社ってほかの会社と比較してみないと自分の会社が、「どれだけブラックか」「どれだけ労働環境がおかしいのか?」「どんくらい仕事が自分のやりたいこととかけ離れてるのか?」がわかりません。

飲食業とかで、あきらかに毎日16時間勤務で月に4日しか休みが無いとかだったら、まったくもって異常な会社とわかりますけど、ブラックというかグレー企業の場合や、自分が単にこの仕事が合わないと思っている会社は、たとえば知人や友人の会社と「客観的に」比較してみるべきです。

比較と言っても

「給料はどれくらいか」

「残業はきちんとついているか、仕事を時給換算してみて判断する」

「仕事内容があまりに理不尽でないか」

「人間関係はまともにはたらいているか」

「仕事が合わないといってもそれって自分が思い込んでるだけじゃないか?」

とこれくらいを比較すればいいです。あくまで「客観的に」です。給料なんかはすぐにわかりますし、仕事の時間もサービス残業をやらされてるなら論外ですけど、時給換算してみないとわからないですからね。給料が高くても、残業しまくりで毎日終電とかだったら時給にしてみたら800円だったなんてオチもあります。

仕事の内容が理不尽だったり人間関係がボロクソだったりするケースも辞めたいと思いますよね。その場合も「異動すれば人間関係は変わるか?仕事内容は変わるか?」と考えてみます。

そういって考えて、結論「この会社やっぱ辞めたです」となれば、もう転職行動を起こしたほうが良いですね。

納得したうえでの行動なら早いほうが良いです。行動しないのが一番まずいです。そうするとズルズルと仕事をしていると簡単に30歳とかになってしまいます。

そして転職できずに定年までその会社で奴隷としてやりたくない仕事をする・・・・という割かしよくあるパターンですね。

そうならないためにも、自分のいる会社をほかの会社と比較してみて「やっぱり駄目だ辞めたい」と思ったら行動を起こしたほうが無難です。

関連記事:社会人1年目でもダラダラと辞めたなで務めてしまうと不利になる理由

社会人1年目って新卒で入って間もないけど、直感で「この会社ヤバいな」と思ったら辞めたほうがイイですよ。たいてい人間関係が悪い、ブラック企業とか仕事が合ってないっていう理由で辞めたいと思うことがほとんどですけど、どのみちズルズル務めていると転職ができないような年齢になって大後悔することになりますからね。

新卒で入ってブラック企業だったり仕事が合わない会社ををすぐに辞めると決めたらすぐ辞める 新卒で入って3年は我慢しろとか言ってると「第二新卒」の枠が使えなくなりますよ

鬼囚人

新卒で入ったブラック企業をすぐに辞めようとすると、お約束で「3年我慢しろ」とか「すぐにやめたら職歴もないし転職できないぞ」とか言われますけど、まったくのデマなので気にしないほうが良いです。

だいたい3年も辞めたいと思いながら仕事をしていても何にもいいことないですし、第一「第二新卒」の枠の年齢を過ぎてしまう可能性もあります。第二新卒の枠は25~26歳くらいが限度です。

3年待ってたらダメですよ。それってブラック企業が「3年は勤めたほうが良い」「辞めたら迷惑がかかるよ」とか言って社員を辞めさせないようにするのと一緒です。奴隷として使われてそのあと捨てられるわけですけど、なるべく長く奴隷として使ってやろうという魂胆が見え見えです。

世知辛い世の中ですけど、会社の思惑は今も昔もかわっていません。

そのあたりは、世間でいわゆる「イイ人」を演じてしまうと、責任感ばかり大きくなって会社をスパッと辞めることができません。

会社で出世してる人って、「嫌な奴」が多いでしょ?そいう人間のほうが会社にとってはいい人材なんですよ。部下こき使って死ぬまで働かせるのに罪悪感とかないんですからね。

話がそれましたけど、3年我慢しろパターンは必ず言ってきますのでそこはスルーしましょう。自分の考えで行動しているならあまり迷う必要はありません。

ただ、新卒で辞めて転職活動というと不安なケースも多いです。新卒での就職活動を転職活動はやはりまるで違います。

そもそも「第二新卒」の枠の求人を集めたり、辞めた理由などを履歴書に書くので一人でそれを考えたりするのは大変です。

そいういう場合は転職エージェントに登録して「第二新卒」の求人を専門的に探してもらったり、履歴書の書き方のアドバイスをもらったりするのがおススメです。

関連記事:とりあえず3年・・・・を守ると悲惨なことになる

「とりあえず3年」理論て辞めてほしいですよ。言ってる方は当人がどれだけつらい状況にあるかってわかってないですからね。そんなこととをまじめにブラック企業とかで実際にやったら余裕で過労死、うつ病、自殺、思考停止、完全社畜状態いjなってしまいますからね。さっさと我慢しないで辞めて環境のイイ職場に転職しないと年齢ばかり上がってしまいますよ。

転職エージェントを利用して効率的に第二新卒の求人を見つけよう

書類を見る女性

転職するには、今いる業界(業種)に転職するか別の業界に転職するかで、大きくやりかたが違ってきます。

ただ、どちらの選択をするにしても、転職エージェントを使用すると効率的に転職できるのは間違いありません。

転職エージェントは「転職活動を効率化する」支援ツールです。

これのいいところは、

「アドバイザーと相談できる」

「紹介してもらう求人がしっかり審査されている」

ということです。

転職活動って実際に初めての人がほとんどです。転職を何回もする人もまだ少数派ですからね。

なにからやっていいのか、わからないのが本音ですよね。その場合、アドバイザー相談してアドバイスを受けることができます。転職のやり方から細かい困りごとまで相談することができます。

アドバイザーは転職のプロなので、その人に応じた的確なアドバイスをもらうことができます。転職に不安がある場合でもその不安を相談してみるのがおススメです。

また、転職エージェントでは紹介しれくれる求人はアドバイザーが審査していので、ブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークとか普通の求人誌だと求人掲載に審査が無いので、ブラック企業のオンパレードです。

これだけでも転職エージェントを利用する価値はあります。求人の質はブラック企業を避けるためには必須条件ですからね。

転職エージェントの登録・利用は無料なので安心して使うことができます。求人依頼の企業から紹介料をもらって運営しているので登録者にお金がかかることはありません。

今の会社を出たい、転職に迷っている…という場合は一度転職エージェントに相談して求人を紹介してもらうのをおススメします。

いかに世の中には「まともで従業員にやさしい会社がたくさんある」というのがわかるだけでも視野がグッと広がってきますよ。

優良なの転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.JAIC(ジェイック)

2.若者正社員チャレンジ

3.就職Shop

 

JAIC(ジェイック)の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あなたの立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

JAIC(ジェイック)では公式ページの説明会エントリーフォームの説明会の場所を選択して、名前、アドレス、TEL番号を入力して登録します。登録は30秒ほどで完了します。あとは選択した説明会会場に行って説明を聞くだけです。

エージェントから確認のTELが入りますからTELは出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいですから大丈夫ですよ笑。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにも、アドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

JAIC(ジェイック) (←公式サイトに移動します)

 

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合は「若者正社員チャレンジ」や「就職shop」を選択しましょう。

若者正社員チャレンジも就職shopも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともジェイックに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

若者正社員チャレンジ事業  (公式サイト)

 

就職Shop (公式サイト)

 

 

新卒で入る会社ってホント学生の時に世間知らずなので、どうしても「知名度」「会社の規模」「仕事のイメージの良さ」とかで選んでしまうわけです。

私もこれで失敗しましたからね。世間的にはイメージのイイ地方銀行とかに就職しましたけど、やってる仕事はノルマ地獄、パワハラ地獄で長時間労働で悲惨でしたよ。その割に給料も大したことが無いってことでひどい目にあいました。

しかし、そこで会社選びい失敗したら、さっさと辞めて「第二新卒」の枠を使って再就職が最近では割と簡単にできます。

第二新卒のでの就活のほうが視野が広がっていいかもしれません。一度、働いてみて社会人の現実ってものが分かっているので、クールな視点で会社を選ぶことができますからね。

働いてみてどうですか?社会人と想像以上にはるかに、つまらないでしょ?それに仕事がキツイってのがわかったとでしょう。

だから、仕事が激務ってのはそれだけで簡単に人生が悪い方向にすすで行きます。その先には過労死やうつ病がまってますからね。

だから、仕事を選ぶときにはホントにブラック企業に入らないってのがまず大事ですし、もう一つは、会社の「規模」「ネームバリュー」「イメージ」だけで選ばないことです。

会社は「具体的な仕事内容」「会社の成長性」を見て選ぶべきです。大企業でも会社が衰退している状況だとあっという間に会社は傾きますからね。

関連記事:会社を得れ部には「成長性」で選ぶべき理由

大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

新卒で入った会社を辞めるのはそこまでリスクが高いことじゃありません。大事なのはそのあとの再就職でどれだけ会社を吟味して選ぶってことですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!