新卒で入った会社が失敗だった 就活失敗の場合はすぐに転職したほうがイイ理由

苦悩するOL

新卒で入った会社っていうのは、正直ミスマッチというケースのほうが多いです。

ミスマッチ=自分に会っていない仕事ということですが、これって新卒で入る会社では無理もない話なんですよ。

実際社会も経験していないですすし、ネームバリュー優先で会社を選ぶことが多い新卒での就活ではミスマッチが起こる確率はものすごく高いです。

でもせっかく頑張って就活して内定をもらった会社・・・入ってから数年も建たないうちに辞めていいのだろうか?

仮に転職するにしても自分が入りたい会社に入ることが斬るのだろうか?とっかなり不安になるものわかります。

でもミスマッチが起こってしまった以上、絶対に新卒で入った会社での不満は消えることはありません絶対に。

新卒で入った人材が3割以上は辞めているという事実と、実際それ以上に人間がミスマッチが起こっているという事実。

結局ミスマッチはかなりの確率で起こってしまいます。

ただ、そのままずるずると不満を抱えたまま働いているとあっというまに30歳になってしまいあす。そうなると時すでに遅しというわけですね。

最初に入った会社が自分に合っているという可能性はハッキリ言って低い 新卒の就活はリサーチが不十分ですからね 自分の選択できる事から始めましょう

最初に入った会社に満足する人がほとんどいないというのは事実です。ただ我慢して働いているだけです。

そういう場合の違いは「行動するか行動しないか」だけなんですね。

そもそも新卒での就活ってリサーチするっていっても会社のホームページ見て少し情報を集めて面接を受けてとい感じです。

海外みたいに実際にインターンで何か月も仕事をしてから、会社を決めるとは大きく違うんですよね。

結局、実際に働いてみたいとわからないっていうのが本質です。どんな仕事でもそうですね。

だから、新卒で入った会社の多くはミスマッチになります。これはあるいみしょうがないことなんです。

そこでミスマッチがあったら転職すべきなんですけど、転職経験が少ない人は、転職することが

「我慢に弱に人間」

「逃げる奴はかっこ悪い」

とか思いがちです。いや違うんですよ。転職しない人のほうが

「行動できない人」

ということです。そう行動しないのは本当に自分の状況を悪化させていきます。

転職って若ければ若いほどいろんな業界や業種にいけるんですよ。

事務から外資系企業に行ったり、営業からクリエイティブな職業になったりとキャリアを変えるのは簡単です。

30代になると未経験での転職はむつかしくなってくるので、やはり20代の早めのうちにミスマッチを改善するのは必須です。

ミスマッチがあったら転職する これはホントに「普通」の行動です無理に我慢するというのは「洗脳」されています

新卒で入った会社でミスマッチがあった。これってもうやりたい仕事じゃあなかったよマジでとなると、仕事はもうテンションも上がらずテキトーにやるのが目に見えています。

そうなるのが分かっているので、やっぱり転職活動をしたほうがイイんですよね。

他にもミスマッチなうえに上司がゴミだったり、会社の方針がおかしかったりしてドンドンその会社での仕事のやる気が無くなっきます。

こうなると相当ストレスがたまります。マジメな人はホント我慢しますよね。自分が耐えられない状況でも。

でもこれってただの「洗脳」なので安心してください。

「我慢するのがかっこいい」っていうのは洗脳です。そうしたほうが、サラリーマンとして奴隷として会社がこき使いやすいからですね。

よく努力している人はいますけど、それは自分が好きなことだから、わき目も触れずそのことをやっているだけで本人はそれを努力と思っていないことがほとんどです。

好きなことをするのがイイにきまってます。ましてや、仕事は人生で大きな時間を費やすものですからミスマッチの仕事を我慢して続ける意味が分かりません。

なぜなら、20代のうちは転職が容易だからです。自分で環境を変えれられる状況にあるのにそれをしないのは後々ものすごい後悔につながります。ここで転職活動をしないと30代後半あたりになって、転職が難しくなってからではアウトです。

仕事のミスマッチに関しては我慢など全く必要ありません。ミスマッチを我慢しながら会社で働く方がよっぽどかっこ悪いです。

実際に転職したほうがほぼ人生が上向きます そういう時代ですし20代ならなおさら行動すべきです

転職するのはグローバル化が激しくなった今の日本では、当たり前の常用です。普通に東芝とかシャープが

転落している状況なので、大きい会社はいれば満足という時代も酢で次終わっています。

そうなです。会社っていうのは永遠には続かないんですね。成長期→安定期→衰退期→倒産という風な流れをどんな会社でも通っていきます。

それを理解しないで、ずっと同じ会社に定年まで働くつもりと思っている人はちょっと怖いです。見通しが甘すぎるというか今の時代の流れを見ていない人ともいえます。

転職している人って多いですよ。20代のうちは転職できる年代というのにそのままズルズルと不満を抱えながらイヤな会社で仕事をしている・・・これじゃあ自業自得です。自分が納得した環境で仕事をするというのが

いかに大事かというのが30代40代になってくると痛いほどわかるんですよね。

その時になって後悔するかしないかはあなた次第です。

20代前半なら第二新卒の枠を使って転職できるので、転職自体のリスクは高くありません。転職したい、仕事を別のことをり対と思ったら、悩んでいないで行動をおこすことがキモになってきます。

転職エージェントを利用して新卒で入った会社のミスマッチを解消する

転職というのは、いかにイイ求人を選んでいくかというのが最大のポイントです。

そこでやってはいけないのが、ハローワークなどをつかってブラック企業の求人の餌食になることなんですね。

ブラック企業は普通に嘘丸出しの求人で奴隷を募集しています。焦ってしまうとついついそういう求人に騙されてしまいます。

そんな場所から数少ない良質の求人を探すのはむつかしいです。そういう求人は自分で探すより転職エージェントに探してもらうのが簡単です。なぜなら転職のプロ集団のエージェントは企業を審査して求人を集めており、ブラック企業はありません。

優良なの転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.JAIC(ジェイック)

2.若者正社員チャレンジ

3.就職Shop

 

JAIC(ジェイック)の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あなたの立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

JAIC(ジェイック)では公式ページの説明会エントリーフォームの説明会の場所を選択して、名前、アドレス、TEL番号を入力して登録します。登録は30秒ほどで完了します。あとは選択した説明会会場に行って説明を聞くだけです。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

JAIC(ジェイック) (←公式サイトに移動します)

 

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合は「若者正社員チャレンジ」や「就職shop」を選択しましょう。

若者正社員チャレンジも就職shopも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともジェイックに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

若者正社員チャレンジ事業  (公式サイト)

 

就職Shop (公式サイト)

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!