新卒入社で失敗してブラック企業だったら即退職してホワイト企業を目指すべき理由

会社を辞めたい男

「新卒カード」という言葉をよく聞きますね。日本では新卒者で就職を失敗すると厳しいですよ、だから新卒カードを大事につかってくださいよ。という意味合いも含まれていると思います。

実際、管理人も新卒でけっこうなブラック企業に入ってしまったので、20代はかなり苦労しました。

ですが、今はネット普及で情報もあります。2chでは「ブラック企業ランキング」なるものもあって、簡単にブラック企業を知ることができます。ブラック企業大賞というのもありますしね。

参照ページ「ブラック企業大賞」

ブラック企業の情報っていくらでもわかるのに、どうしてあえてブラック企業に入ってしまうの?????????と思います。あほちゃうか?と思いますけどそれでも大学生とか何にも考えずに就活するので、簡単に引っかかってしまいアmす。

でも、ブラック企業の情報は大手企業のものが多いので、わりかし中小企業レベルだと実際入ってみないとわからないということもあります。中小企業は入ってみないとブラックかホワイトかわからないっているのもリスキーなんですよね。

うっかりブラック企業に入ってしまったなんて新卒社も多いでしょう。せっかく新卒カードを使って入った会社がオールブラックな会社だったら目も当てられないですね。

もし、ブラック企業に新卒ではいってしまったら、すぐに辞めてホワイト企業をを目指すべきというのをご紹介しますね。

まずどのくらい自分の会社がブラックなのかを冷静に判断してみましょう

ブラック企業といっても、たとえば外資系企業のように仕事は超ハードでもその分報酬がももすごくいいという会社もあります。

これは、ブラック企業ではないですよね。

ブラック企業は、

長時間労働で残業がつかない
残業100時間以上はあたりまえ
仕事はハードだけど給料は安い
休日出勤が多いしかも無給
上司のパワハラセクハラは当たり前
過労でうつ病になる人が毎年数人いる
仕事は根性だけでこなすという精神論
労働者は経営者の奴隷という風潮

定時で帰るのは都市伝説

とういか過労自殺が出ているけど世間的抹殺されている

会社自体が経営が危ないのに経営者が強気

そもそも経営者がサイコパスでクレイジーなのでブラックになるのは当たり前

参考記事

ブラック企業大賞出ましたね。 それについて思ったことを適当に書いていきます。忙しい人はスルーしてください笑。 いやそ...

こういう冗談みたいな特徴があって挙げればきりがありませんが、こういったブラック気質でもその程度は会社によって様々です。

本当に精神的に限界が近いという毎日が地獄なようなのを超ブラック企業とすれば、仕事はハードで上司もきついけどまあ耐えられないことは無いなというのがソフトなブラック企業です。

超ブラック企業の場合は、数年で高確率で精神を病みますし、下手をすると、うつ病になって何年も社会復帰できなっくなったり最悪の場合過労で自殺したりします。

長時間残業をしてストレスがたまっていくと、意外と簡単に「うつ病」になってしまいます。具体的にどのくらいでうつ病になったかを体験を踏まえてごしょうかいしています。あんまり思い出したくないことですが、これがあなたの役に立てば幸いです。

こういっ明らかに超ブラックで新卒で入社して数カ月で限界が来そうだったら、即座にやめるべきです。

よく、会社は3年は我慢して仕事したほうがいいというのは、企業側の洗脳でこういった風潮がある超ブラック企業でも辞めずに働く人間を利用するための便利な言い回しです。

特に超ブラック企業はあらゆる洗脳術を使って少しでも長く、労働者を務めさせようとするので、超ブラック企業は仕事をする時間がもったいないくらいです。即やめたほうがあなたの人生のためなんですね。

ただ、ソフトなブラック企業というある程度耐えられそうで、そこそこ給料も出るといった会社は数年勤めるメリットもあります。

そのメリットの判断するべき点は、次の転職のためのキャリアに役立つか、職歴として数年勤めることで自分のスキルや技術が向上するかという点です。

仕事自体はキツクても自分のスキルが向上する会社ならば、それこそ3年くらい勤めて、その職歴を生かして転職するというこことに「利用」することができます。

ただ、ここでも自分の体が限界がきていたらやはりやめるべきです。

この限界の判断はそんなに難しくなくて、たとえば朝起きたときに体が異様に重かったり、夢に会社でいやたことがあった夢を見たり肉体的にというより精神的にヤバイ感覚がるかどうかです。

この感覚があると「うつ病」になる確率がとても高いので、その場合は早々に退職したほうがいいでしょう。」とにかく言えるのは新卒で入ろうが、中途で入ろうが「体を過労で壊したら誰も助けてくれない」ということです。

それこと会社の思うツボなんですね。

とにかく体を壊すことだけはしてほしくありません。仕事で体を壊すほどナンセンスなことはこの世にないので、

マジメにブラック企業に勤めることだけは避けたほうが良いんですね。

メリットが無ければスパッとやめる決断が必要

このように、ソフトなブラック企業でメリットがあれば数年勤めてもいいですが、それは勤めることによって次の転職のキャリアアップにつながるなど「メリット」がある場合です。

本当にただの超ブラック企業は、新卒で入ってもスパッとやめるべきなんですね。

ただ、まじめな人ほど

「すぐにやめたら世間体が悪い」

「こんなに早く辞めてしまったら、次の就職先がないんじゃないだろうか?」

「親になんて言われるだろうか?}

などと心配してズルズルと超ブラック企業に勤めてしまうケースがあります。こういったタイプの人が過労で倒れたり最悪自殺してまうんですね。

ブラック企業の常套手段としてはこういったマジメな人の「責任感」を利用して理不尽な労働をさせようとすることです。

上司に

「そんなに早く辞めてしまうなんで社会人としての常識がないのか?」
「お前がやめると、会社全体に迷惑がかかるんだよ。」
「辞めるなんでそんな無責任なことができるのか?」

「3年は頑張ってやれよ常識だろ?」

「お前が辞めたらだれが次にこの仕事(奴隷)をやるんだよ」

などといった言葉で辞めようとしても引き止める常套句が炸裂します。

コレ、本当にやめてほしいですよね。さんざんサービス残業とかやらしておいて、こういった言葉を吐く会社の言い分は意味不明です。というか、その責任とかのせいで私が体の不調を訴えてもまったく聞いてくれないじゃん、お前れ自分の言いたいことしか言えないのか?とか思いますしね。

こういった予想できる範囲の言葉の常套句は無視して超ブラック企業はさっさと辞めてしまいましょう。

新卒ですぐにやめてしまっても「第二新卒」枠で転職活動をすればいい

現在は新卒ですぐにやめてしまっても「第二新卒」の枠で25歳までなら募集をかけている企業はたくさんあります。

「面接でこんなに早く辞めてしまった理由はなんて言えばいいんだろう」

と心配になるかもしれませんが、その辺は正直にブラック企業で理不尽な上司の対応や長時間の残業で限界だったと理由を述べればいいです。ブラック企業はもう世間で認知されているものなので、そこで「根性がない人材」などと判断されることはありません。

ただ、第二新卒での求人はハローワークや求人誌には載っていないので、「転職エージェンシト」を利用しましょう。

転職エージェントを利用して超ブラック企業からの転職をしよう

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

ブラック企業との関わり合いを絶つには、

「転職して今いるブラック企業から脱出する」

「就職するときにブラック企業に引っかからないようにする」

とこの二点が必須ですよね。このポイントを同時に兼ねそろえているのが「転職エージェント」です。

ブラック企業から脱出するにしても、一人で転職活動をするのは大変ですが、転職エージェントではプロのアドバイザーが転職の方法を詳しくアドバイスしてくれます。

また、転職エージェントの求人はアドバイザーが審査を行っているので、ブラック企業は限りなく少ないです。

ここが、ハローワークや普通の求人誌とは大きくし我う点です。ハロワや求人誌は求人掲載に審査が無いので、ブラック企業の求人の巣窟になっています。

ハローワークの求人でブラック企業を見分けて、避けて就職したいものです。しかし、見分け方を駆使するわけですけどそもそもハロワはブラック企業の巣窟になっているので、ホワイト企業はほとんどゼロに近いというのが現状です。それより効率のイイ転職ツールを利用するのがベターな方法です。公的な期間であるハロワですが嘘の求人を掲載できるというのは厚生労働省から黙認されているんですよね。悲しい現実です。

こういう理由で転職活動をするなら転職エージェントを利用するのがブラック企業を避けるために最も有効なんですね。

もちろん、転職エージェントの登録も利用も無料です。求人企業からの紹介料で運営しているので登録者にお金がかかることないので安心して利用できるのが転職エージェントです。

優良なの転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.JAIC(ジェイック)

2.若者正社員チャレンジ

3.就職Shop

 

JAIC(ジェイック)の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あなたの立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

JAIC(ジェイック)では公式ページの説明会エントリーフォームの説明会の場所を選択して、名前、アドレス、TEL番号を入力して登録します。登録は30秒ほどで完了します。あとは選択した説明会会場に行って説明を聞くだけです。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

JAIC(ジェイック) (←公式サイトに移動します)

 

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合は「若者正社員チャレンジ」や「就職shop」を選択しましょう。

若者正社員チャレンジも就職shopも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともジェイックに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

若者正社員チャレンジ事業  (公式サイト)

 

就職Shop (公式サイト)

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!