手取り10万円台前半でワーキングプアで結婚できない年収200万円以下なら転職するのはそりゃ当たりな理由

給料袋

手取り10万円台前半だとしても12~13万円の手取りだとしますね。総支給額が15~15万円くらいなんでしょう。

正社員でこれでボーナスとかが3ヶ月以上はあって、交通費とか住宅補助とか福利厚生がある程度あるなら、まだいいです。

ただ、こういった会社ってボーナスが無くて福利厚生もひどいみたいな会社って多いんですよねー。手取りで見るより年収で判断してください。

これだと年収が200万円とかだったら・・・・・・いやそれって冗談なの?っていうくらいなことになりますからね。

それとあと仕事を「時給換算」するのがものすごく大事です。

手取りが10万円代前半で毎日定時で帰れるならまだ救いはありますけど、サービス残業とかで残業やらされていのに残業代がつかない・・・ってことはすっごくよくありますよね。

いやマジで・・・手取りがこれでしかも残業とかサービスでやってたら時給に治してたら時給500円とかになっちゃいますよ(^O^)/

それって、高校生の郵便配達のバイトとかコンビニのバイトよりも全然ひっくいですからね。それで正社員だったらもうその会社にいる「意味」が1ミリもありません。

なぜなら、もっとましな会社とかって世の七にはいくらでもあるからなんですうよ。あながた50代とかならしょうがないかもしれませんが、普通に考えてそういった手取りで働いているのがナンセンスすぎます。

そういう会社って、昇給とかもほとんどなく・・・・というかブラック企業確定ですからね。なんか悲しくなってきますね。 

田舎だとこれくらいの仕事って現実にあるんですよね 介護とか保育士とかい職業とか激務なのに低賃金な仕事ばっかり

ただ、田舎とかだとこういった手取り10万円代前半みたいな会社ってけっこうあるんですよね。

ただ、あえてそこに勤務しなければいけない理由ってないですからね。だから、その会社にいることを嘆いていてもしょうがないんですよ。

その会社で頑張っても出世しても、仕事を効率よくやっても給料が上がらないのはわかっていますし、人生そのものが低いレベルで推移ししていしまいます。

いやほんと、お金と大事ですよ。お金ってたくさんはいらないですけど「最低限」ないと行動の範囲も狭くなって、生きていても自分のやりたいこととかも

出来なくなってきてしまいます。だから、せめて平均レベルの給料がもらえるところに転職しましょう。

田舎とかでも、ちょっと政令指定都市とかに行けば仕事ってけっこうありますし、東北とか北海道、沖縄で仕事自体が無いっていうなら移住したほうがイイですよ。

家族とかがいるならしょうがない面もありますけど、独身だったら絶対移住したほうがいいです。

介護とか飲食、清掃業とかそんな仕事しかないような地域だったらとっとと見切りをつけて移住しましょう。ハッキリ言って東京以外だったら家賃もそれほど高くないですし、移住するのも視野何入れたほうがイイです。

といってもやみくもに移住してもしょうがないので、いわゆる「太平洋ベルト」の地方なら仕事は普通にありますからね。

参照 太平洋ベルト

特に20代くらいから30代前半で独身だったら迷わず太平洋ベルト出たほうがイイです。

太平洋ベルトでも神奈川、静岡、愛知、三重、名古屋、京都、大阪あたりは仕事はぶっちゃけ多いです。たいした作業量がなくても年収400万以上いく会社とかザラにありますし、現場作業員とかでもずっとやってれば40代くらいで年収500~600万円いく製造業とかたくさんあります。

ソースは実際にそういった業界に転職した私です。私の勤めていた会社もそうでしたけど、取引先とかもたいていおなじくらいの給与すいじゅね仕事はハードではなくいたって普通でしたからね。

ずっと低賃金な会社で悶々と働いていくくらいなら、いっそちゃんとした会社に転職したほうがまったくもって合理的です。

「でもさあ、手取り10万円台前半でも実家だったらやっていけるだよね・・・・それか派遣とかでもいいしさあ」とか言ってる人はちょっと考えをあたら目たほうがイイですよ。そのまま30代とかになったら人生がだんだんと詰んでいきますからね。

実家に居たら手取り10万円とでもやっていけるじゃん・・・とか言っても結婚とかできますか?絶対できないですよね(*^^*)

さて、10万円台前半の手取りとかでも、実家にいて生活費とか入れなければたしかにやっていけますよね。一人暮らしだったらこのっ給料じゃあ正直、貯金すらできなくてもワーキングプアまっしぐらです

実家にいればこの給料でも多少は貯金はできますし、生活はできるでしょう。ただ、このままこの給料の会社にいても30代くらいでだんだんと生活が「詰んで」きます。

そもそも、親も老いてきますし30歳を超えてずっと実家にいるというのもアレですけど、そもそも実家ありきの生活はいつか破たんします。

その給料で結婚とかできますか?私が女性だったらさすがに年収200万とかの男とかとは結婚しません。

いや、別に年収が高い男と結婚したいとかいう女じゃなくてもさすがに年収300万年以下の男と結婚すれば苦労するのが目に見ています。

高校とか大学時代から付き合っている同志ならいいんですが、社会人になってから出会った女性なら間違いなく結婚はできないですね。

「いや年収200万でもけっこんしている人いるよ」

そうかもしれませんけど、私の周りの知人友人でそんな人一人もいませんからね。

何が言いたいかというと、その賃金の低い会社でずっとはたらいていて 年を取ってしまうと転職もできなくなってしまうよと言うことです。

そういった手取りが10万円強くらいで、年収が200万円の仕事で10年やっても年収が230万くらいにしかなりませんからね。そういった仕事って昇給も低いってのが定番ですからね。そもそも従業員にお金をは対手たくない上にこき使って捨てるっていう考えの仕事が多いです。

それがそういった低賃金の仕事・会社の特徴です。だから、ぞこにずっと勤めていて年齢が上がって、実家にいるからなんとなく生活できるからと転職しないでそのまま生活していると悲惨なことになりすからね

30代とか40代とかで年収300万円いかとかの生活、人生をイメージしてみてください。ちょっと怖いです。本当に怖いです。

実家にいるとけっこう生活ができてしまいますけど、親だっていつか無くなりますし、その時にバイト以下の低賃金の生活っていうのはけっこうきついです。

そもそも、なにもそこまで低賃金の会社にあえて入る意味が解りません。ちょっと転職活動をすればいくらでもマシな会社はあるのにどうしてですかかね?

めんどくさいんですかね?でもそれでは人生が底辺のままおわってしまうのでちょっと切なすぎますからね。

ちょっとだけでも転職活動をしてみるのがいいですよ そうすれば手取りがそこまで低い会社よりマシな会社っていくらでもあります

さて、手取りが10万円台前半とかの会社なら、ちょっとだけでも転職活動してみましょうよ。騙されたと思ってでもやってもらいたいです個人的には。

ただ、ハローワークとかちまたにある求人誌とかだとブラック企業ばっかり掲載されていますからね。これってハロワとかが掲載企業を審査していないからです。ブラック企業の奴隷の狩り場になっていますからね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動に的確なアドバイスをしてくれます。

転職ってやったことが無い人にとっては不安なものですし、私も転職活動前は不安でしたしね。

しかし、転職って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったり、履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通に取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですよね。

一度、優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイと思います。見てみれば手取り10万円台前半の会社のほうが図くないってのが解かりますし、ブラック企業じゃない求人の確認にもなりますしね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!