20代のニートで働かないといけないと思う時バイトでなく正社員になるべき理由

夏の旅

20代でニートって今では普通ですからね。そういう私だって、31歳から一年ほどプータローしてました。その時は実家にいたのでニートでしたからね。

ただ、高校か大学なんかを卒業してそのまま就職しないでニートになってしまうと、やっぱり「働く」って感覚をまったく知らないで生きていくことになります。

ぶっちゃけて言うと、私も働くのは大嫌いです。人からなんかやれとか言われるのってものすごく嫌ですからね。

「働くのが好き」

とか言う人、私の知人とか友人とかで一度も見たことありませんよ。みんな働くのが嫌いですけど、イヤイヤ仕事をしているわけです。よくドラマなとかマンガで

仕事が好きで仕事をしている人とかは、現実では見たことありません。少なくとも私の周りには一人もいません。私の知人はサラリーマンがほとんどですからね。

もっと、デザイナーや芸能人、音楽家などの才能を生かした仕事なら仕事が好きな人がいるかもしれませんが、サラリーマンの98%は仕事をイヤイヤやっています。

そうみんなイヤイヤ仕事をしているんですよ。そのあたりをニートのあなたもわかっていると、嫌な仕事でも生きていくためにやっていなかければいけないということが、なんとなくわかると思います。

もう一度言いますけど、私も金があれば働きたくないです。実際、一生暮らしていくだけのお金があれば働きませんしね。キレイごととかどうでもいいです。

だけど、ニートのあなたはお金ありますか?親のお金はあっても親も高齢になればお金がかかりますし、このままいけばかなり悲惨な運命をたどることになるのは簡単にイメージできます。

私も働くのは大嫌いですけど、働かずに40代50代になるのはイヤイヤ働いている状態よりも、もっと悲惨な状況になるのが簡単にわかるからです。というか実際、悲惨な状況になっている人をたくさん見ていますしね。だから働きたくないけど働いています。やりがいとかヤル気とかそんなチンケな

議論とかどうでもいいです。働いたほうがまだマシなので働いている・・・・それくれいのことです。

だから、ニートなら若いうちのほうが特に20代なら就職は楽勝ですからね。その間には正社員で働くようになるのが、結局一番楽なんですよ。それに気付いてないなら人生ヤバめの方向で突っ走ることになりますからね。

関連記事:30歳までに正社員ならないと人生が詰む

26歳でフリーターのままで30歳まで行ってしまうと人生が詰みます。その現実の様子と正社員になる方法をご紹介しています。26歳なら普通に就活して求人を見つけてブラック企業を避けて履歴書をつくり面接対策をすれば十分正社員になれるので、あまり不安になる必要が無いですよ。

20代のニートがバイトから始めるのは自殺行為です なぜならバイトをズルズルと続けて30代にを超える可能性が高いからです

20代のニートがよく言われることって、あるあるになりますけど、

「バイトから始めて働く感覚をやしなったほうがいい」

とかいうことよく言われますよね。これ最悪ですよ。私はもうバイトとかそいうことは二度としたくないですからね。学生の時はバイトやってましたけど今考えればあんなことやってるなら、資格の勉強と化していたほうがマシだったと思っています。

バイトって時給900円とかで働くわけですよ。そして貴重な時間を使うわけです。これほど効率悪いお金の稼ぎ方ってこの世にないですよ。

しかも、バイトって派遣とかもそうですけど正社員とそれほど労働の苦しさが変わらないんですよね。

私が地方銀行に勤めていた時代でも、製造業にいた時代でもバイトや派遣の人はいました。でもやってることって地銀なら正社員と同じ事務処理の仕事をさせられますし、

女性ならバイトでも窓口業務もやらされて正社員とな事故とやってましたからね。それで時給1000円くらいです。製造業でもバイトや派遣の人が正社員に交じって現場作業をやっていましたけど、バイトと正社員の仕事の量とか質ってほとんど同じでしたよ。それでもバイトは時給1200円くらいです。

バイトはボーナスも何もないですしね。正社員は最悪でも年収400万円くらいはもらえますけど、バイトだとせいぜいいっても年収200万円くらいです。

これって、人生でバイトやるってホントに無駄ですよどうせ、イヤイヤ働くなら間違いなく正社員のほうがイイです。

人生で働く時間はなるべく少ないほうがイイですからね。だから、ニートでも最初から正社員になったほうがイイにきまってます。バイトでも正社員でもやらされる仕事の量とかそんなに変わらないですからね。

だって、高卒とか大卒でも学生時代はバイトとかはやるかもしれませんけど、学校卒業して誰でもいきなり正社員になりますからね。20代なら正社員にならないと若さの特権を使わないことになります。バイトでやっていことか思うと、それでバイトとか何年かやってると貴重な20代の時間を失ってしまいますからね。

正社員んいなるのって21歳と29歳では正社員になりやすさがまったくちがいますからね。バイトやってその時間を浪費してしまうと、時間ばかりかかってお金を稼げないばかりか年齢が上がってしまって、いざ正社員になろうとするとなるのが年齢が上がるのと比例して難しくなります。特にバイトのまま30歳と超えると正直、正社員になるのが苦しくなってきますからね。

バイトなんて人生でやらないほうがイイですよ。ゴミみたいな時給できつい仕事やらされてねえ。特に若い時ってバイトをやりがちですけど、それって完全に間違いです。

若いときほど時間は大事なので、正社員になれる年齢の時に是が非でも正社員になっておくほうがいいです。そしてお金を貯金していくのが一番、お金がたま方法です。

お金をためればそれだけ、人生で働く時間が少なくなります。65歳まで定年が延長されつつある時代ですが、お金をためていけば55歳で早期退職できるかもしれませんし

独身なら40代くらいでもお金をためてセミリタイアできるかもしれません。実際に30代とかでゼミリタイアしてい人も多いです。

働くのが嫌なら、人生で働く時間をなるべく少なくすることを考えたほうがイイです。そう考えるとバイトをするっていう選択肢なんてばかばかしくて完全に無くなるはずですからね。正社員になってお金を貯めるほうが人世トータルでの働く時間を少なくできますからね。

20代ってなかなかそのことに気づかないんですよねー、ニートだと特にそういう発想は出にくいです。普通に働いている人でも若いうちにはお金つかって散財する人多いですからね。

しかし、20代から正社員になって普通に貯金して投資で増やしている人もいます。そういう人はサラリーマンで働く時間が確実に少なくなります。

大金持ちになるためには、事業を起こすとか芸能人になるとかスポーツ選手になるとかといった行動が必要ですけど、サラリーマンでも働いて散在しなければ普通にいけば50代くらいで早期退職できるお金はたまりますしね。

さて、話が逸れましたけどニートだからといってバイトから始めようはバカすぎます。若い時間を無駄にしまくりますからね。

そして20代のうちにずっとニートだと人生は詰みます。生活保護も今後削減されていきますし、悲酸な人生を生きていきたければニートのままでいてください。

もう一度言いますけど、私だって働きたくないですからね。ニートしたいですよ。でも、ずっとニートでいるほうがどう考えても悲惨なことになるのでイヤイヤ働いています。どうせイヤイヤ働くなら正社員になったほうがイイですよマジで。

関連記事:フリーターは正社員になったほうがイイ理由

高卒の21歳でフリーターをやっていて「正社員になりたい」と行動しているあなたは正しい行動力を持っています。でも面接に堕ちたりして焦ってブラック企業につかまったりすると意味が無いので、優良な求人を紹介してくれる就活ツールを使う必要があります。21歳なら普通に就活をすれば正社員になるいことは難しくはありませんよ。

正社員とバイトの仕事ってそんなに労力はかわらないですからね でも待遇は天地ほど差があります 職歴での評価の差も歴然です 

ニートはバイトをやりがちですけど、結論言うと上述のように最初から正社員になったほうがイイです。何度も言いますけど正社員とバイトってそれほど労力は変わりまん。しかし、待遇は天地ほどさがありますからね。

給料も年収で200万円以上差が出ますし、社会保険もつくかつかないかもありますし、バイトだと有給休暇なんて概念ないでしょ?正社員だと休んで給料もらえるんですよ。

ボーナスもありますしね。もちろん正社員でもブラック企業に入らないっていう前提はありますけど、それさえクリアーすればバイトをやる意味を見出すことはできません。

あと、バイトと正社員の決定的な差は職歴ですね。

正社員でたとえば5年とか働いていれば、転職するときにその職歴は普通に武器になりますから、転職することが割と楽です。

バイトでずっと行くと、いくら働いても30代になってしまうと正社員にはなりにくいです。

バイトの決定的なデメリットは、

「年齢が上がっていくとバイトすら雇われなくなる」

「年齢が上がるにつれバイトもきついバイトしか雇ってくれない」

ってことです。バイトするにしても若い人を雇いますからね。だから、40代50代になるとバイトすら雇ってくれななります。そして、きついバイト、人がやりたくないようなバイトしか残らなくなります。当然年齢が上がればそういったきついバイトするしかなくなるので、体力が落ちてくるのに、バイト内容はどんどのきつくなるという悲惨はループが待っています。

バイトって1ミリもメリットないでしょ?なんでバイトやるのかわかりません。とうか20代なら正社員になれるのに敢えてバイトするのって全くナンセンスですからね。

バイトは学生がやるとか、子育てが終わった主婦がやるとか、定年した人が暇つぶしでやるものです。長期でバイトなんてやってられませんからね。

いいように冗談みたいな時給でこき使われてますからね。

余談ですけど、牛丼やとか行くでしょ?そこで働いているバイトって見るからにきつそうな仕事じゃないですか。あの仕事私に今やれって言っても無理ですからね。

私仕事できないつかえない男ですから笑。よっぽど牛丼屋で働いている人のほうがきびきび働いています。それでも時給900円とかでやってますからね。

あの牛丼屋の重労働を時給900円でやるってのが、ほんといいようにこき使われていますよね。学生とかで学費を稼ぐために仕方なくやるっていうならまだしょうがないって気もしますけど、あれをフリーターとしてバイトでやる意味がわかりません。普通にどっかの工場の正社員のほうが145倍マシですからね。

とにかくニートからお試しでバイトからやるってのはばかげています。バイトのほうがきつい仕事ってかなり多いですよ。だったら最初から正社員になったほうがイイにきまっていま。

私は別に正社員至上主義とかじゃないですからね。とにかく働くのがきらいですけど、正社員になったほうが「マシ」なので、絶対に正社員になったほうがイイと言っているだけです。

関連記事:ブラックバイトは悲惨ですからね

20代前半でフリーターをやってるのって楽しいんですよね。ついついそのままぶっとフリーターで20代を終えてしまう人もいます。でもそうなると人生が詰んでしまいます。フリーターの職歴だけでは30代では正社員になるのは限りなく難しいからです。20代前半でブラックバイトとかやってる場合じゃないですよ。正社員になるべき理由をご紹介しています。

ニートで働かないといけないと思ってるなら就活やっていきましょう でもハローワークとかつかっちゃだめですよ

あなたがニートで働かないといけないと思ってるなら、就職活動をできる範囲でいいのでやっていきましょう。

しかし、よくありがちなハローワークとかちまたにある求人誌とかは使っちゃダメですよ。ハロワとかブラック企業の求人でいっぱいです。これはハロワとかが掲載企業を審査していないからなんですね。ブラック企業の奴隷の狩り場になっています。

就活エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、就活のプロであるエージェントが就職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

就活って初めてだ何からやっていいkわからないので、難しいとイメージする人も多いです。

しかし就活は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですよ。ブラック企業じゃない求人があるっていう確認にもなりますし、これからやっていく仕事を選ぶ判断材料にもなりますからね。

優良なの就活エージェントは下記のとおりです。就活エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.JAIC(ジェイック)

2.若者正社員チャレンジ

3.就職Shop

 

JAIC(ジェイック)の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あなたの立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して就職活動を行うことができるエージェントです。

JAIC(ジェイック)では公式ページの説明会エントリーフォームの説明会の場所を選択して、名前、アドレス、TEL番号を入力して登録します。登録は30秒ほどで完了します。あとは選択した説明会会場に行って説明を聞くだけです。

エージェントから確認のTELが入りますからTELは出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいですから大丈夫ですよ笑。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

JAIC(ジェイック) (←公式サイトに移動します)

 

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合は「若者正社員チャレンジ」や「就職shop」を選択しましょう。

若者正社員チャレンジも就職shopも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともジェイックに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

若者正社員チャレンジ事業  (公式サイト)

 

就職Shop(公式サイト)

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!