ニートを脱出したい場合の就職方法 ニートこそブラック企業を避けて正社員になろう

縫いぐるみのバイト

ニートを脱出したい。ニートだ脱出にはまず就職ですよね。

といってもいきなり、ニートだった人がその日からバリバリ行動するのはむつかしいです。というか実際無理です。

まず、一冊でいいのでニート脱出方法の本を読んでみるのがイイです。超おススメなのがコレ

これはニート脱出本ですけど、ニートを脱出しようしようと思うと、自分の行動のハードルを上げてしまう。

でも実際は「行動のハードルを下げて行動しよう」ということが書かれています。読んでみるとどういう風にニートを脱出するかが分かってきます。

それでもって、就職活動ですよね。

ただ、ニート歴が長かったりすると、やっぱり就職活動は難しいです。ニート脱出のために行動をおこしたのに、なかなかうまくいかずにまたニートに逆戻りみたいなこともけっこうあります。

そう就職活動って一人でやるのって、普通の人でもむつかしいですから、ニート脱出したいあなたにはハードルが高いわけです。

じゃあどうするの?というと行動のハードルを下げればいいです。

そう。就職の方法を教えてもらえばいいわけですね。自分で試行錯誤して就職活動をするより、アドバイスを受けて就職活動すべきです。

自分で履歴書を書いたり面接対応をするのは、かなりむつかしいしそれこそハードル高いんですよね。ニートを脱出しようと思って一念発起するとついついハードルを高い位置に置いていしまいます。

でもって、就職の方法を教えてもらうというと、「どこで教えてもらうの?」ということになります。

まずここで、就職活動についてアドバイスをもらうべきサービスと間違うと悲惨なことになります。ニートにも優しい就活をアドバイスしてくれるサービスを利用すべきなんですね。

ニートだからと言って焦りがあると結局ブラック企業につかまってしまう 淡々とブラック企業を避けて就活していくべきです

ニートだから、正社員に就職したいと「焦る」場合が多いです。逆に焦りが何にもないのもちょっとヤバいですけどね。

ニートだとついつい焦って、就職活動とかもテキトーにハローワークで求人を見て、あんま理考えずに就職してしまう・・・・

こうすると、ハイ、ブラック企業に一直線と言うことになります。ブラック企業はこういった情報弱者が大好きですからね。

ブラック企業は一度奴隷を捕まえてしまうとなかなか話しません。特にニートをやってる人は自己主張とかしないですし気が弱かったりするので、いいように奴隷として使われてしまうんですよね。

そしていずれブラック企業を辞めるんですけど、その時

「もう二ど度こんな思いをするのはイヤだ」

とか思って、再びニートになってしまう・・・・という悪循環になります。

そうならないためにも、しっかりとブラック企業を避けて就活する必要があります。

ハローワークで就職活動をすると実際ブラック企業ばかりで痛い目を見る

考える青年

就職についてアドバイスをしてくれる期間というと、たぶんハローワークが思い浮かぶはずでしょう。

これがものすごい「罠」なんですよね。実際ハローワークってブラック企業求人の「楽園地帯」です。もうブラックブラック

ブラックと真っクロな華が咲き乱れています。本当にハロワの求人の質は極限にまで低いです。職員も接したことがある人ならわかりますが、ただのオッサンとかオバサンがバイトでやってるの?て感じです。実際非正規社員のほうが多いというのがハローワークの実態ですからね。

特に田舎というか地方の場合は本当に、冗談みたいな求人が掲載されています。正社員で月給13万円ボーナス無しとかなんか、詐欺みたいな商品を売るみたいな仕事で、しかも就職するのに連帯保証人が2名必要とか・・・え?これってなんか詐欺商品が焦げ付いたら、連帯保証人に購入してもらうためか??みたいな怖い求人もあります。

それでもって、ハロワ職員は基本ヤル気がありません。行ったことがある人ならわかりますけど、もちろんまともな職員もいますけど8割がたは「やる気のない」職員です。

接客業としての自覚も微塵もなく、逆に「こんな無職の愛てなんてしたくねえなあ」と思って仕事をしています。

だから、平気で「この年まで何やってたんですか?」「??え、もしかしてニートだったの?」「どうしてこんな風になったの?」とか普通に効く必要のないことまで聞いてきますし、精神的なケアなど全く考えていません。

まあ、ハローワークですからね・・・ハロワに間違って就職のアドバイスとか求人を探しにいったらアウトになります。

関連記事

ハローワークの職員はむかつくくらいの対応の悪さで有名です。もちろんちゃんとした人もいますが、対応の質は低いですね。しかも求人に質もブラック企業が多いので、「利用する意味」が無い状態です。民間の転職エージェントを利用したほうが何倍もイイ求人もありアドバイザーがしっかりとサポートしてくれるという現状があるので、ハロワの利用価値というのは「ゼロ」なんですよね。

ハローワークでも就職支援などのセミナーやアドバイスなどと行っている講習会みたいのがたまにありますが、時代遅れの情報や、全く役に立たない講座が残っており、時間の無駄になるケースがほとんどです。

こういった状況でニートがハローワークを使ってしまうと、とたんにニートに逆戻りするので選択ミスには気を付けるべきです。

タウンワークとかの就職情報誌も危険 ニート脱出するならとにかく転職エージェントで就職方法を相談しよう

ハローワークやタウンワークとかを使うとブラック企業に簡単に捕まってしまいます。ブラック企業に必要な人材というのは

「自信がなく」

「洗脳しやすくて」

「自分の意見を言わない」

「奴隷のように文句を言わないで働く人」

です。これはニート脱出を図っている人にありがちなキャラです。なので、ハロワだけは使わないほうがいいですからね。

そいうことで、ニート脱出には「転職エージェント」を使うべきなんですね。若い世代の労働力を企業に提供するツールとして 転職エージェントというツールが多く利用されています。

転職エージェントは労働力が欲しい企業側と求人が欲しい利用者がウィンウィンの関係を作れるものなんですね。

特に求人が欲しい人は転職エージェントがしっかりと審査をした求人を紹介してもらうことができます。

そうハロワはまったく審査が無いのでブラック企業ばかりですが転職エージェントの求人は基本ブラック企業はありません。

また、転職のプロであるエージェントがしっかりと、就活のアドバイスをしてくれます。就活のプロであり、仕事として利益を求めている転職エージェント。そのため、ニート脱出などのパターンも多く経験しています。そのため的確なアドバイスと行動方法を教えてもらうことができます。

こういった事情でニートを脱出するなら転職エージェントを使うのが一択なんですね。

ニートを脱出したいとう切実な思いを、エージェントは親身になって聞いてくれます。そこが公的機関としっかり利益を求めている民間企業との差です。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!