ニートを脱出したい就活転職方法 フリーターはNGで正社員になるべき理由

縫いぐるみのバイト

ニートを脱出したい。ニート脱出にはまず就職ですよね。

といってもいきなり、ニートだった人がその日からバリバリ行動するのはむつかしいです。というか実際無理です。

ただ、ニート歴が長かったりすると、やっぱり就職活動は難しいです。ニート脱出のために行動をおこしたのに、なかなかうまくいかずにまたニートに逆戻りみたいなこともけっこうあります。

そう就職活動って一人でやるのって、普通の人でもむつかしいですから、ニート脱出したいあなたにはハードルが高いわけです。

じゃあどうするの?というと行動のハードルを下げればいいです。

そう。就職の方法を教えてもらえばいいわけですね。自分で試行錯誤して就職活動をするより、アドバイスを受けて就職活動すべきです。

自分で履歴書を書いたり面接対応をするのは、かなりむつかしいしそれこそハードル高いんですよね。ニートを脱出しようと思って一念発起するとついついハードルを高い位置に置いていしまいます。

でもって、就職の方法を教えてもらうというと、「どこで教えてもらうの?」ということになります。

まずここで、就職活動についてアドバイスをもらうべきサービスと間違うと悲惨なことになります。ニートにも優しい就活をアドバイスしてくれるサービスを利用すべきなんですね。

まずはハローワークとかちまたにある求人誌を使って就職活動するのは論外です。ハロワとかは掲載企業を審査していないので、ブラック企業がてんこ盛りなんですよね。ブラック企業の奴隷の狩り場になってるのが怖いです。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれますからね。

行動のハードルを下げるってことは「人の手を借りる」のが一番手っ取り早いです。就活ってやったことがある人ならわかるんですけど、自分で情報収集して自分で履歴書書いて面接対策ってけっこう無理ゲーです。やっぱりプロの手を借りるのが一番楽なんですね。

 

関連記事:転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントのメリットとデメリット 有効な利用方法を考えましょう
転職エージェントはあくまでも転職の効率を上げるツール=道具です。ハローワークなどはブラック企業が多すぎるので転職エージェントを使うという選択肢しかないわけです。そのメリットとデメリットを知ったうえで、効率よく利用することが転職活動をうまくやる秘訣です。転職は準備と対策をすれば内定を取るのはそれほど難しくはありませんよ。

ニートだからとりあえずバイトとかしてフリーターやるかっていうのあ超絶NGですからね

ニートやってると、いきなり正社員になるのはハードルがったから

「とりあえずバイトしてフリーターやっとくか」

ってことになりがちです。ほんとよくあるパターンですからね。

これって上述した「行動のハードルを下げる」ことになると思いがちですけど、逆なんですよね。

バイトって時給が安くてこき使われますし、実際正社員と同じくらいの仕事をやらされたりします。飲食店とかコンビニとかでもけっこうバイトが正社員並みにこき使われているのってよく見たり聞いたりしますからね。

バイトやっるのって行動のハードルを下げるんじゃなくて、ただ自分で自分の首を絞めてるだけです。

フリーターやってる時間があると、それが長ければ長いほど人生が落ちていくことになります。フリーターを5年とかやってる人を普通の会社が面接で正社員に採用することってまずないですからね。

これなんでかって言うと、面接には今まで正社員で働いてきた職歴のある人がいっぱいいるいからです。

仕事ができるとかできないとかって面接ではわからないですからね。だったら正社員で働いてきた人を採用しますからね。

だからニートだからといってバイトやってフリーターをやってると自分で自分の経歴を不利にしてるだけなですね。

私も別に正社員至上主義じゃあないですよ。正社員になりたいわけじゃあありません。

ただ、バイトってメチャクチャこの世で最も効率の悪い働き方なんですよね。効率のイイ働き方はホントは自分でシステムとかビジネスモデルを作ってそれを機能させて、自動で稼ぐことです。平たく言うとパソコン使ったり人を雇って仕事をさせることです。事業を起こすってことですね。

ただ、勤め人と言う形で働くなら正社員一択です。理由は「バイトの274倍マシ」だからです。

バイトと正社員の年収も200万円前後違ってきますし、生涯年収だと2億円以上違ってきます。しかもバイトは簡単に首になりますし、正社員は法律違反とかしないかぎりクビにはなりませんしね。

余談ですけど、仕事ができない人のほうが正社員になったほうがイイですよ。一番の勝ち組は仕事が何にもできなくても正社員として会社にしがみついてる人です。ただで給料もらってるみたいなもんですからね。社会に出て会社に入るとけっこうそういう人がいるんですよね。仕事何にもできないけど給料だけもらってる人。こういった人がまさに勝ち組です。

話が逸れましたけど、ニートがバイトでフリーターやるのはそのままさらに人生が転落するので絶対にNGってことなんですよね。

 

関連記事:フリーターを続けていると普通に人生が詰む

20代後半のフリーターやニートが正社員に就職しないと人生が詰む理由 効率的で賢いホワイト企業への就職方法
20代後半でフリーターニートのままでそのまま30代になると人生が詰みます。正社員になるのが難しい、きついと嘆いているだけで現実から目をそらしているとそのまま一生バイトや派遣で生活することになります。20代後半のフリーターでも就職できないというのは間違いで、普通に準備と対策をすれば内定を摂れる理由をご紹介しています。

ニートだからと言って焦りがあると結局ブラック企業につかまってしまう 淡々とブラック企業を避けて就活していくべきです

ニートだから、正社員に就職したいと「焦る」場合が多いです。逆に焦りが何にもないのもちょっとヤバいですけどね。

ニートだとついつい焦って、就職活動とかもテキトーにハローワークで求人を見て、あんま理考えずに就職してしまう・・・・

こうすると、ハイ、ブラック企業に一直線と言うことになります。ブラック企業はこういった情報弱者が大好きですからね。

ブラック企業は一度奴隷を捕まえてしまうとなかなか話しません。特にニートをやってる人は自己主張とかしないですし気が弱かったりするので、いいように奴隷として使われてしまうんですよね。

そしていずれブラック企業を辞めるんですけど、その時

「もう二ど度こんな思いをするのはイヤだ」

とか思って、再びニートになってしまう・・・・という悪循環になります。

そうならないためにも、しっかりとブラック企業を避けて就活する必要があります。

ハローワークで就職活動をすると実際ブラック企業ばかりで痛い目を見る

考える青年

就職についてアドバイスをしてくれる期間というと、たぶんハローワークが思い浮かぶはずでしょう。

これがものすごい「罠」なんですよね。実際ハローワークってブラック企業求人の「楽園地帯」です。もうブラックブラック

ブラックと真っクロな華が咲き乱れています。本当にハロワの求人の質は極限にまで低いです。職員も接したことがある人ならわかりますが、ただのオッサンとかオバサンがバイトでやってるの?て感じです。実際非正規社員のほうが多いというのがハローワークの実態ですからね。

特に田舎というか地方の場合は本当に、冗談みたいな求人が掲載されています。正社員で月給13万円ボーナス無しとかなんか、詐欺みたいな商品を売るみたいな仕事で、しかも就職するのに連帯保証人が2名必要とか・・・え?これってなんか詐欺商品が焦げ付いたら、連帯保証人に購入してもらうためか??みたいな怖い求人もあります。

それでもって、ハロワ職員は基本ヤル気がありません。行ったことがある人ならわかりますけど、もちろんまともな職員もいますけど8割がたは「やる気のない」職員です。

接客業としての自覚も微塵もなく、逆に「こんな無職の愛てなんてしたくねえなあ」と思って仕事をしています。

だから、平気で「この年まで何やってたんですか?」「??え、もしかしてニートだったの?」「どうしてこんな風になったの?」とか普通に効く必要のないことまで聞いてきますし、精神的なケアなど全く考えていません。

まあ、ハローワークですからね・・・ハロワに間違って就職のアドバイスとか求人を探しにいったらアウトになります。

 

関連記事:ハローワークって実際に行きづらいですからね

ハローワーク職員はムカツク対応で求人もブラック企業ばかりな理由
ハローワークの職員はむかつくくらいの対応の悪さで有名です。基本嘱託か派遣社員なのでやる気もありません。もちろんちゃんとした人もいますが、対応の質は低いですね。しかも求人に質もブラック企業が多いので、「利用する意味」が無い状態です。民間の転職エージェントを利用したほうが何倍もイイ求人もありアドバイザーがしっかりとサポートしてくれるという現状があるので、ハロワの利用価値というのは「ゼロ」なんですよね。

ハローワークでも就職支援などのセミナーやアドバイスなどと行っている講習会みたいのがたまにありますが、時代遅れの情報や、全く役に立たない講座が残っており、時間の無駄になるケースがほとんどです。

こういった状況でニートがハローワークを使ってしまうと、とたんにニートに逆戻りするので選択ミスには気を付けるべきです。

タウンワークとかの就職情報誌も危険 ニート脱出するならとにかく転職エージェントで就職方法を相談しよう

ハローワークやタウンワークとかを使うとブラック企業に簡単に捕まってしまいます。ブラック企業に必要な人材というのは

「自信がなく」

「洗脳しやすくて」

「自分の意見を言わない」

「奴隷のように文句を言わないで働く人」

です。これはニート脱出を図っている人にありがちなキャラです。なので、ハロワだけは使わないほうがいいですからね。

そいうことで、ニート脱出には「転職エージェント」を使うべきなんですね。若い世代の労働力を企業に提供するツールとして 転職エージェントというツールが多く利用されています。

転職エージェントは労働力が欲しい企業側と求人が欲しい利用者がウィンウィンの関係を作れるものなんですね。

特に求人が欲しい人は転職エージェントがしっかりと審査をした求人を紹介してもらうことができます。

そうハロワはまったく審査が無いのでブラック企業ばかりですが転職エージェントの求人は基本ブラック企業はありません。

また、転職のプロであるエージェントがしっかりと、就活のアドバイスをしてくれます。就活のプロであり、仕事として利益を求めている転職エージェント。そのため、ニート脱出などのパターンも多く経験しています。そのため的確なアドバイスと行動方法を教えてもらうことができます。

こういった事情でニートを脱出するなら転職エージェントを使うのが一択なんですね。

ニートを脱出したいとう切実な思いを、エージェントは親身になって聞いてくれます。そこが公的機関としっかり利益を求めている民間企業との差です。

 

→使いやすい正社員への転職エージェントの情報はコチラから

 

よくニュースで高齢ニートとかを放送して40代とかでニートやってる人いますけど、そういうの放送してるけどその人たちが50代60代になるとこって包装してないですよね。

いわゆる「親が亡くなった後」の様子とか見たことが無いです。これってあまりに悲惨すぎて放送できないからじゃないですかね。

さすがに40代とか50代までずっとニートで働いたことが無いとかだと、もうそのまま餓死するしかないわけですからね。

「生活保護もらえばいいや」

とか言ってますけど、それって体が病気の場合だからもらえるんであって、たとえば知能が遅れていたり、持病を持っていてどうしても働けないって場合にしか生活保母後は出ませんしね。50代とかってまだ体は動きますし普通に働けますからね。

そういう時にずっとニートだった人で親が亡くなった後の映像とか様子を教えてほしいです。あまりに悲惨な状況で伝えることができないんでしょうね多分ね・・・