永遠にフリーターはダメ ブラック企業を避けて正社員になるべき理由

縫いぐるみイエーイ

「ずっと永遠にフリーターでいたほうがいいな」と思ってるあなた。それは普通ですよね。できれば私もフリーターでいたいです。

時間的に拘束時間も短いですし、なにより責任が軽いのがイイ。そこまでして血反吐履くまで仕事して、たいした給料ももらえない正社員になっても悲しいことばかりです。

でもね、もっと悲しいことにやっぱりこの国って正社員を優遇してるんですよね。というか「サラリーマンの正社員」のみを優遇しています。

フリーターはもちろん、個人事業主とかでも国民健康保険は高いですし、正社員なら会社が保険料を半分負担してくれます。正社員は有給休暇もありますしね、フリーターはそんなのありません。

正社員はこき使われるのが前提ですけど、それなりの優遇はあります。ボーナスがある会社だったらなお優遇度は高いです。

そう、時代が変わってきてバイトとかでも「ブラックバイト」とかが増えてきたんですよね。バイトなのに正社員並みに働かされて、しかもバイトのめりとである「簡単に辞めれる」というのでさえ、キチガイ店長とかに

「お前やめるなんて責任感ないだろ」
「やめたらどうなるかわかってるのか?」

とかバイトなのに脅されてブラックバイトでこき使われるという悲惨な運命をたどる人もいます。

これってどうでしょうか?バイトなのに正社員くらい働かされるって、フリーターのメリットである

「仕事の責任が軽い」

「仕事がある程度楽」

というメリットが時代の流れでなくなりつつあります。

そう、変わってきたんですよねフリーターを取り巻く状況が。

そもそも、フリーターは正社員より生涯年収が2億円少なくなります。それはわかっていても、仕事の楽さや自由度があったからフリーターをやっていたのに、ブラックバイトばかりになってそのメリットも無くなりつつあります。

そうなんですよ。時代の流れで「フリーターのメリットはゼロ」にはってしまたんです。悲しい時代ですね。

ということで、しょうがない状況なので正社員になったほうがイイです。

別に正社員至上主義じゃないですよ。でも正社員になったほうがやっぱり生きていくうえではいいんですよね。

正社員でもブラック企業にさえハマらなければ割と普通に仕事ってやっていけるもんですよ。バイトと正社員て思っているほど仕事の内容に開きはありません。そこまで不安になることはありません。

永遠にずっとフリーターでもその職歴は普通にバイトでやったことを書いておくそして、面接では「是が非でも正社員になりたい」を強烈にアピールする これだけです

ビックリする考える人

でもって、バイトしか職歴のない人は正社員になるのが難しい・・・・と言われていますけど、たしかに何も準備せずに就活してたら難しいです。準備しなければブラックバイトを抜け出しても、ブラック企業につかまってしまうのが関の山ですね。

就活にはやり方があって、特にバイトしか職歴が無い人は職歴はバイトでやったことを素直に書いていくわけです。

バイトでもきつかったことや、何とか乗り切った経験はあるでしょうからそこをアピールします。

それで最も大事なポイントなんですけど、

「どんなことがあっても正社員になりたい」

「死んでも正社員になりたい」

「この会社の正社員になりたい、本当に是が非でも」

ということを面接でアピールします。履歴書に書いておいてもイイです。

自分がそう思ってなくても、面接のときはそういう風にアピールするべきなんですね。

そうです。「バイト生活から抜け出したいから、死んでも正社員になりたいアピール」です。こういうの面接官は大好きです。

「そうか、人生の転機を考えているんだな・・・・」

と面接官が思ったら勝ちです。

「バイト生活を抜け出したい。この会社で死ぬ気で働きたい」

くらいの松岡修造くらいの熱い思いをぶつけるわけですね。そればいままでバイトしかやってこなかった人の面接での「戦術」です。

日本人て「どんなことをしてでも」「死んでもなんとかしたい」とかいうのが好きなんですよね。

気迫とかそういったものが大好きです。そこを面接でアピールします。抽象的なことですがこれがかなり効果のある実践的な方法です。

面接での方法はこれでいいのですが、普通に正社員の求人をハローワークとかで選んでいくとブラック企業のオンパレードになっています。そうなると、このサイトの趣旨である「ブラック企業に捕まらない、というのに外れてしまいます( ;´Д`)

それを避けるために転職エージェントを利用するのを強く進めているのがそこいにはブラック企業が少ないからなんです。

転職エージェントを実際に使って転職しましたけど最終的には3つ掛け持ちで使っていました。その3つを使っていた理由は「アドバイザーがしっかりしていた」という理由につきます。転職はアドバイスがないと正直効率がものすごく悪くなります。自分で考えるよりもプロのアドバイスともらったほうが全然時間的に効率がいいからです。

別にフリーターだからって死ぬわけじゃないけど、やっぱ正社員のほうがイイですよね 転職エージェントでとりあえずアドバイスを受けてみましょう

じっと見つめる猫
フリーターのままでも死ぬわけじゃないので、フリーターのままでも生きていけます。

それでも時代の流れでフリーターが行きにくい世の中になってきています。ブラックバイトとかにハマったら目も当てられません。

どうせなら、正社員になったほうがイイですうよね。ブラック企業じゃない会社の正社員。そうどんない優秀なスキルがあってもブラック企業やブラックバイトだと全く人生で意味がありません。

これ経験した人じゃないとわからないかもしれませんよね。ブラック企業、ブラックバイトの悲惨な状況。

そうです。それほど普通の会社の普通の正社員ならハードルは高くありません。別に大企業や一流企業じゃなくてもいいわけなんで、選択肢はかなりあります。

そういう、入りやすくて、ブラックじゃなくて正社員を採用している会社の求人て自分ひとりの情報網ではなかなか見つけられないんですよね。

自分で求人を探していくのは骨が折れるし効率が悪いです。そういう場合は転職のプロである転職エージェントに登録して求人を探してもらうのがおススメです。

エージェントが希望の求人を探してくれますし、求人企業を審査しているのでブラック企業あはありません。

また、エージェントが個別に面接の対策や履歴書の書き方をアドバイスしてくれるので、なるべくやり方をきいたほうがいいです。長年転職にかかわっているエージェントのアドバイスは的確で、企業受けする面接対策を伝授してくれます。

フリーターから正社員は正しい就活をすればならそれほど難しくはないです

笑うサラリーマン

フリーターから正社員になるのが難しいとよくネットで叩かれていますけど、今は正直若い人材が不足している時代なので正しく就活をすればそれほど正社員になるのはむつかしくありません。

ハローワークとか求人誌で求人を見てしまうと、ブラックな求人ばかりで愕然とすることがあります。これが正社員になるのは難しいと思われている一つの理由です。

一度転職エージェンントで優良な求人を見ると、就活への考え方が変わってくると思います。求人の質が違うからです。

優良な求人を紹介してもらい、アドバイスを受けながら履歴書対策をして、面接対策をして就活をしていけば、正社員になるのは難しくはないんですね。

逆にハローワークなどを使って無理に一人で就活をすると、ブラック企業に捕まってしまう可能性が高いです。

一度、転職エージェントで優良な求人を紹介してもらうと視野が広がって、正社員への就活のイメージが変わってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!