ベンチャー企業に向いている人 大企業は衰退期の会社が多い理由

しかめっ面する営業

あなたのキャラってありますよね。あなたは

「仕事でバリバリやっていく、キャリアを積んでいく」
みたいに仕事にやる気があるタイプなのでしょう。

「仕事は生活を安定させるため、賃金がよくて仕事がユルければいい」

という考えの人もあるでしょう。個人的には仕事に対するスタンスはどちらもアリだと思います。仕事って一生付きまとう問題ですから、人によってスタンスは一人一人違いますしね。

ただ、もしあたなが、「仕事バリバリやってくぜ、キャリアつんでくよー」という考えなら、無条件でベンチャー企業がいいです。

なぜなら、ベンチャー企業は、企業がコケやすいというリスクもある反面、

「仕事の自由度が限りなく高い」

「会社の成長がハンパなくいい」

というメリットがあります。特に仕事をバリバリやってキャリアアップしていきたいタイプの人間にとっては「仕事の自由度が限りなく高い」というのは、とにかく大きなメリットになります。

これがないと、かならず大企業に入って後悔するということになります。そうそれだけ大企業では「仕事に対する自由度は限りなく低い」からです。

あと今時の大企業は高度経済成長期に成長をしてきた会社がほとんどで、今は会社としては「衰退期」にある会社がほとんどです。

成長曲線

 

画像出典元 プラスワーク 成長曲線・ライフサイクルとはなんでしょうか?

実際に衰退期に入ってるので、大企業なので簡単に倒産とかはしないですけど、事業規模が大きく成ったり、成長する可能性は限りなく低いです。なので給料も上がることがあまり見込めないですし、そもそも例えば20代の人がその大企業に衰退期の状態の時に入ると高確率で40代50代でかなり苦しい状況になるのが、このグラフを見ても一目瞭然です。

当たり前すぎて笑えますけど、会社はこのグラフでは「導入期」か「成長期の前半」に入るのが一番おいしいわけです。

導入期あたりの会社がこれから成長していくかを見抜くのはむつかしいですけど、成長期に入ってる会社を判断するのは割と簡単です。

そりゃそうですよね。成長過程になる会社ってのはそれなりにわかりやすいです。

そこで会社の規模とかで判断してしまうと本当に判断を誤りますよ。なんというかそのあたりは「安定志向」みたいなのが働くわけですけど、大きい規模の会社が安定してるってのはもう通用しないですからね。大企業が粉飾決算とかやっTELのよくありますうよね。

自分の会社が粉飾決算とかやってたの知ったらもう愛社精神とか微塵もなくなりますからね。

話が逸れましたけどベンチャー企業は成長中の会社に入って自分も成長していけるという大きなメリットがあります。もちろん成長していく過程で給料も右肩上がりになる傾向があります。

関連記事:会社は成長性で選ぶべきです

大企業に入社して後悔する理由 会社の「規模」で見るのはやめて「仕事内容」「成長性」で会社選びをしないとダメ
大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

大企業ではとにかく「自分の意志」は殺されるのを覚悟してください 今までの会社での「やり方」を押し付けられて効率いい仕事なんてできないですよ

私は俗にいう「大企業」にいました。一部上場企業ってやつですね。製造業ってやつです。

この会社は昔は町工場からスタートした、比較的仕事に対しては自由度の高い会社でした。

しかし、会社の規模が大きくなって、その仕事に対する「自由度」というのは比例して小さくなっていきました。

もちろん大企業でも自由度の高い会社もあるのでしょうが、たいていほどんどの大企業は仕事に対して「自分の意志」というのは「絶対入れるなよ」という感じで仕事が進んでいきます。

そう組織がいったん大きくなって落ち着くと「現状維持をする」というのがなぜか最優先されるようになってきます。

そうこの「現状維持」っていうのはかなりやばくて、企業がこういうスタイルになったらまず「オシマイ」です。

もともと企業は可能な限り、利益を上げていくのが大事です。それを会社の規模が固まってしまうと「現状維持」に走るケースが多いんですよね。

うちの会社もこの典型的な「現状維持」をする会社に変貌していました。そうそうなると会社ってどうなると思います?

効率を上げようとして会議なんかで意見を出しても、ほとんど却下されます。理由は「今まで通りでいいじゃん」みたいな理由からです。

もちろん役員クラスが現状維持を望むので、部長課長クラスの上司もそれに右にならえになります。とにかく今の仕事のスタイルを変えるなみたいになってきますね。

なので、あなたが仮に「この仕事ってもっと効率よくできるんじゃん無いの?」とか思ってフツーに上司に打診してもその打診が上司にとって

「こいつ仕事増やすようなめんどくさいこと言ってるなあ・・」

みたいに受け取られます。そう上司にとってテキトーに仕事を流して毎日過ごしていればいいわけですから、通常業務以外に仕事を増やすなんてもってのほかです。

その仕事が後々効率が良くなって、仕事が減っていく可能性があったとしても、そんな意見はどうでもいいわけです。

こんな状況になってくるので、あなたの自分の意志なんて全く通りません。言われたことをただやるだけになります。

その言われたことが合っていようと間違っていようと、ただその通りに仕事をやるだけになります。

たいていの大企業はこうなります。

こういう「現状維持」をやっている会社は当然、あとから出てきた成長している会社に抜かれます。

実際うちの会社も海外の同じ部品を作っている会社に仕事を取られて生産量は半減しました。会社も今はあまりいい状態ではありません。

これが大企業の現実なんですね。

もしあなたが

「自分の意志で仕事をやっていきたい」

「会社を良くしたい」

「自分のスキルを上げたい」

と思っているなら、大企業ではそれはむつかしい注文になってきます。

ベンチャーは責任とリスクの代わりに「自由な仕事」のスタイルを得ることができます その感動ははかりしれません

「仕事をバリバリやって行こう」

「スキルアップしよう」

「会社を良くしていきたい」

こういった仕事にモチベーション(やる気)が高い人にとってはベンチャー企業は最強です。

もちろん、ベンチャーですから成長するときはものすごく成長しますが、倒産するリスクはたしかに大企業よりも高いです。

ただ、今では東芝やシャープなどの大企業も普通に倒産しそうです。というか買収されてますしね。もう元の形は残していので実質会社としてはおわっています。

会社が大きいから、会社が小さいからリスクがあるという時代はとうの昔に終わっています。

そう、大企業に入るメリットは昔ほど大きくない時代になってきました。

そこで仕事のスタンスが「バリバリやっていきたい」「自分の意志を仕事で反映したい」というなら問答無用でベンチャー企業に就職するのがベストです。

ベンチャー企業のメリットは「自分の仕事の自由度がある」とうことです。

当然ですよね。ベンチャーは役員と直接話すこともできますし、意見を通すこともできます。

一人一人の責任は重いですけど、それだけあなたに仕事の「裁量」が与えられているということです。

これは仕事をバリバリやっていきたい人にとっては「たまらないかけがえのないメリット」になります。

大企業に入っても自分の意見なんて通りませんよ。意見が通るようになるのは出世して役員になったことろです。

そのころあたたは何歳ですかねえ?若くても役員になるのは40代後半ですね大企業では。

その点ベンチャー企業では20代で役員になるケースもかなり多いですし、そもそも経営者が20代30代というケースも多いですよね。

そいう意味では、仕事で自分のやり方、自分の意見を通すことが簡単です。自分のやり方で仕事をやっていくことができます。

なにより

「この会社を良くしていこう」

「この会社を成長させよう」

という高い意識を持つことができます。ベンチャー企業はそういうタイプの人には最高です。

大企業では会社を成長させようと思っても、それを逆に「現状維持」のために邪魔されたりします。そうするとたいてい

心が折れて、ただ会社に通うだけの社畜になっていくというのが現実です。

こういう経緯があるので、「とにかく仕事をバリバリやっていきたい」というあなたにはベンチャー企業を強くおススメします。

関連記事:収入を上げるにはベンチャー企業が最適な理由

ベンチャー企業に転職して年収をアップさせる方法 成長中の会社を選ぶべき理由
大企業でも最近では給料が上がっていくことはほとんどありません。年収アップをするにはこれから伸びていくベンチャー企業に入るのが効率的です。ベンチャー企業を選ぶときに経営者や経営方針などをしっかりとチェックしてこれから伸びていく会社を判断するのが重要です。

成長中のベンチャー企業の求人を得るには転職エージェントの利用は必須です 効率のイイ行動をしていくべきですよ

こういった理由で「仕事をバリバリやっていく」というやる気(モチベーション)が高い人はベンチャー企業を選択すべきです。

そこでなるべくなら、成長中であなたのやりたい分野のベンチャー企業に入るのが一番でしょう。

そういった求人はハローワークや求人サイトにはありません。転職エージェントにそういった「成長中のベンチャー企業」の求人が集中しているのが現状です。

そのため転職エージェントの利用は必須になります。

転職のプロであるエージェントが求人を探してくれます。いわゆる非公開求人というのがベンチャー企業がほとんどです。

一般に公開されていない求人ですね。そのため競争率も限りなく低いので、内定も取りやすいというメリットがあります。

 

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)

私がもし学生にもどれるなら、最初からベンチャー企業に入ります。もちろん「成長しているベンチャー企業」です。

そこでスキルを学んで会社を興す的な行動をとりたいものです。

悲しいですけど、なぜか学生に人気のある会社って大企業ばかりでしかも普通に銀行とかがランクインしています。

いや、どんだけ学生って情弱なのかってのがよくわかります。特に銀行とかが人気企業にランクインしてるのって意味が解りません。

長時間労働でサービス残業でノルマは異常に高くて、しかも給料も昔ほどよくないのでメリットがほとんどない金融業ですからね。しかももうAIが発達していけば営業社員以外のしごとはぶっちゃけいらないです。窓口業務の女性とかホントいらないですからね。

もう一度言いますけど、会社は「成長性」で選んでください。規模とか従業員数とか知名度とかで選ぶとほんと悲惨ですよ。イイ女だと思って付き合ったら性格がひどかったみたいな状況と似ています。平たく言うと見た目だけで判断するとバカを見るってことですね。