転職で中途採用の面接に落ちる人の対策 早口やネガティブ要素はNGな理由

面接女性

私は以前、製造業の工場現場の面接担当をしていました。

俗にいう「一次面接」というやつですね。これに受かると本社でもっと偉い人(部長や役員レベル)の面接を受けることができます。

そう、一応書類はパスした人を面接します。ホント面接してると、まともな人からとんでもない「お前やる気あるのか?」という人までいました。

そう、面接って結局面接官の「主観」なんですよ。面接官がイイと思った人を採用するわけです。

なので、面接で考えるべきなのは

「自分のことを気もちよくアピールして満足できた」

じゃなくて

「面接官がいかに気持ちよく面接をやることができるか」

ということを「考えてあげないといけない」わけですよね。

ここがわかってない人が多いです。面接は自分のいい面をアピールする場でもありますけど、けっこう能力の高い人に限って

「ウザい自分アピールで演説のように延々と話し続ける」

ということになります。ハイこうなると当然不採用です。そりゃあだって、私こんな演説するような人と一緒に仕事したくないですもん(^O^)/

逆に控えめに自分のイイところをアピールしつつ、面接官の質問にも丁寧に答えるタイプの方を採用します。

これって、けっこう面接で共通する要因じゃないですかね?まずこれが大基本です

「面接は面接官を気もし良くさせる接待」みたいなもんですよね。

関連記事:面接で落ちまくる人の改善方法

転職活動をしていて面接で何度も落ちる。これって面接の準備が悪いか、面接で改善する点があるのかもしません。自分の長所と短所をしっかりと認識して、マジメ一本での受け答えは避けてフレンドリーな受け答えを心がけるのが面接に受かるコツです。また、自分だけでは悪いところを見つけるのはむつかしいので、第三者に面接満天星をしてみるのも効率がいいです。

面接官の立場になってみると面接で落ちる「理由」が見えてきますよ 自分が面接官になった気持ちになるとけっこうわかりやすいです

面接官やってると、けっこう「面接舐めてる人」が多いです。

会社名すら間違う人とかいますしね。そりゃ落ちますよね。そう面接って、「どれだけ準備できたか」によるんですよね。

逆に準備をしないで面接を受ければ落ちます。会社の内容を「これでもか」ってくらい調べている人はやっぱり採用されやすいです。

面接官は自分の会社のことを誰よりも知っているタイプの人が面接しますからね。そこに話を合わせるにはまず会社内容を徹底的にしれべて行くというのが大前提です。

そうまず、面接の大前提の基本が

「面接官を気もちよくする」

「受ける会社の内容を徹底的に調べる」

これにつきます。

これが面接の2大基本要素ですね。ここをないがしろにしている人は面接に落ち続けることになるかもしません。

面接は一見、面接を受けてる人が主役のような気がしますが、面接を平たく言うと

「面接官を接待する場所」

ってことです。ぶっちゃけ面接官を気持ちよくさせたら勝ちです。どんなに普段クズ人間だったとしても、面接の瞬間だけ面接官を接待して気分を良くしてあげれば、面接は受かります。

これを前提にして具体的に面接対策を見ていきましょう

具体的な6つの面接対策

面接の施策と言っても基本的なことばっかりで、特に面接では早口でしゃべったりしてはダメです。あとはネガディブな要素はNGですね。たとえあなたが前の会社がブラック企業で悲惨な目にあったとしても、それを面接の場で言うのは辞めたほうがイイです。

堂々とゆっくりと話す(自信過剰という意味でななく)

面接でオドオド話している人は落ちます。あんまり早口でしゃべっていても落ちます。

オドオドしゃべっていれば「なんだこいつ」と思いますし、あんまり早口だと「何言ってんだか聞き取れねえよ」と面接官は思います。

普通に堂々とゆっくりしゃべったほうがイイです。意外と緊張したたりしてると自分が思っているより

オドオドしゃべっていたり、早口でしゃべっている場合た多いです。

このあたりはしゃべり方に自信のある人ならいいんですけど、自信のないひとは一回自分がしゃべってる声をマホとかで録音して聞いてみるといいです。

録音して声聞いてみると

「え?これマジで私の声??」

ていう言う感じになります。自分でしゃべってるときの声と違うし、意外としゃべりの早さって録音してみないとわからないもんなんですよね。面接を何回も落ちてる人は、一度自分が話しているのを録音して聞いてみるのがいいですよね。

私も自分のしゃべってる声を録音して聞いてみるとけっこう「愕然」としましたからね。

「いや、こんなしゃべり方してたんだ・・・なんか自信なさそうだしこれじゃあだめだな」

ってのが嫌と言う穂とわかりました。冗談抜きで自分の声は録音して一度聞いたほうがイイですよ。ホント録音した声(実際に相手に伝わっている声)ってのは自分が直接自分の声を聴いているのと全く違います。これ面接っていうよりも人生の早い段階で自分の話し方を老恩賜的いたほうがイイですよマジで。

面接ではネガティブなことは言わない

面接では一切ネガティブなことはいわないほうがいいです。

普通の生活では別にいいですよ。どんなにネガティブな性格でもそれはそれでキャラですから。

ただ、面接という短い時間でネガティブなことはぜえったい言わないほうがイイです。例えば前にいた会社の上司の悪口とかなんかありがちですよね。

「パワハラ上司でどうしようもない人間でした」

とか当然心の中で思うのは当たり前なんですけどね。これを面接官に行ってしまうと、

「こいつ、悪口言うタイプだな」

とか決めつけららるころもあります。面接ではとにかく、前向きなこと「だけ」を言うようにしましょう。

面接出の短い時間ならそう難しくはないです。そういうマインドで面接を受ければネガティブな言葉はそう出てきません。面接で気を付けておきたいところですよね。面接官ってちょっとした言葉とか拾ってますから。

あと、上述しましたけど前の会社の悪口とかは言わないほうがイイです。

たいてい転職するのって前の会社がブラック企業だったりして、けっこうひどい目にあった経験がある人が多いです。私もそうなので、気持ちはメチャクチャわかります。

そういう場合ついつい面接で口が滑って前の会社がひどかったんだ・・・・的なことを言ってしまいそうですけど、これは避けたほうがイイです。

いや別にいいんですよ、面接以外の場所でいくらでも前の会社のグチを言えばいいわけで、面接の場だけ我慢すればいいだけです。たまに行ってしまう人がいますけど、面接官から見ると

「こいつ会社の不満とかすぐに口にするタイプだな」

とか思われてしまいます。面接の間だけでもポジティブ人間になりましょう。前の会社でサービス残業やらされまくったことでも

「修行と思って前の会社には感謝しています」

くらいのことを言っておけばいいです。そんなこと1ミリも思っていなくてもそういうことをサラッと言える人が面接では受かるのが現実っていうものです。ちょっと悲しいですけどね。

志望動機は受ける会社ごとに用意しておく

志望動機は100%聞かれませす。

これは受ける会社ごとに用意しておくものです。冒頭で書いた「受ける会社の内容を徹底的に調べる」ことができていればそれに沿った志望動機はすぐに思いつくでしょう。

ダメですよ。転職本とかにあるコピペを使って、企業名だけ変えて志望動機考えたりしたらホントダメ。

例えば会社の内容を調べてあれば

「御社の○○という部署の○○という仕事をしてみたいと思ってエントリーしました。私の今の会社では○○という仕事をするのは実質不可能なので、どうしても御社に転職したいという気持ちがつのり応募しました。」

とこんな風にどういった部署がどういう仕事をしてるかという細かいところに突っ込んだ志望動機も作れます。

面接官てこういう具体的な仕事内容をピックアップした志望動機とか大好きです。

「御社の仕事内容が好きです」

「御社の経営者の考え方に共感しました」

とかいまどき新卒でも言わないような志望動機を考えているとhこっと厳しいですよ。

調子に乗って話しすぎない 

能力値が陥りやすいワナですね。

自分に自信があるのはいいことですが、それがあんまりナルシスト的な自信になってしまうとついつい面接の場での自己アピールが「演説」になってしまうことがあります。

面接はいかに、コンパクトに自分のイイところを簡潔にアピールする場でもあります。そう簡潔にです。

能力がある人で自信家にありがちですけど自己アピールを延々としゃべる人がいます。まあだいたい落ちます。

面接官はこう思っています。

「こいつダラダラ自慢話しやがって、長いんだよ。」

とこういう風になってます。面接官も普通の人間ですしね当たり前です。

キャバクラで自分の自慢話を延々とするオッサンのようにはなってはいけません。自己アピールと言ってもアピールするのは簡潔にさっぱりとした感じでするのが鉄則です。延々と自慢話をしてはいけませんよ。

別に落ちてもイイやというマインドで面接を受ける

面接のマインドとてしては

「別に落ちてもイイや」

というくらいのマインドでちょうどいいです。あんまり必死感が伝わると、それはそれで面接官に伝わります。

もちろん受かりたいと思うのは当然いいのですが、あんまり必死感を出すのもちょっと問題です。

「別に落ちてもイイや」とちょっと気楽なマインドで面接を受けると、自分がしっかり準備してきた面接対策を緊張することなくやることができるんですね。せっかく面接対策しても、ガチガチに必死で緊張していたら実力の30%も出せません。

面接は準備を徹底的に行って、本番は気楽に「落ちてもいいくらいの」マインドで受けるのがいい結果を引き寄せてくれます。

受けたい会社だけ受ける どのみち受けたくない会社に内定してもまた転職する羽目になる

これは人の事情にもよると思いますが、なるべく「受けたい会社だけを受ける」というほうが結局面接でも受かりやすくなります。

受けたくない会社だと、やっぱり準備としての会社の内容を徹底的に調べたりするのテンション上がらずやる気も出ませんし面接対策もテキトーになってしまうパターンがおおいですしね。

仮に受けたくない会社に内定もらって入社しても、また転職するハメになることも多いです。

あなたの状況が許されるなら、「受けたい会社だけを受ける」ということを徹底したほうがイイです。

面接に関してのまとめ

にかく面接対策は準備とマインドです。

徹底的に会社内容を調べて、志望動機を作ってマインドをリラックスるするような感じで面接を受ける・・・

これが王道です。ホント面接をしてると「準備不足」の人がおおすぎるなあっていう印象です。

ぶっちゃけていると、そんなに今までの経歴とか頭良さそうとか関係ないんですよ。

しっかり受ける企業のこと調べて、面接官の質問にきちんと答える。ついでに自己アピールを自慢話的にしない。

こういったことができてれば内定します。そう、できてない人がほとんどなので、普通にできれば逆に内定をもらえちゃうんですよ。

転職エージェントをつかってエージェントから面接のアドバイスは受けたほうがイイですよ

面接対策をやっていくのには転職エージェントの利用は必須です。転職のプロであるエージェントのアドバイスを受ければあなたの面接対策の弱点を的確に指摘してくれるからです。

一人で面接準備するってかなり過酷ですよ。やっぱりプロの意見やアドバイスを聞かないとものすごく独りよがりな面接対策が完成してしまいます。

転職エージェントはしっかり登録してみて、使い倒す勢いで質問とかしてみるといいですよ。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.CONNECT(コネクト)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かリクルートエージェントを選択しましょう。

CONNECTもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

面接て堂々とした態度でポジティブなことを言ってればけっこう受かります。

あとは明るいキャラを演じることができればなおいいです。

そもそも、明るいキャラに人って現実にはそんなに多くないですからね。明るいキャラを作れるようにちょっと練習しとくのもイイです。

明るいキャラって疲れるんですよね。だから面接の30分くらい「演じれば」いいだけです。

あと笑顔も鏡見て練習しておきましょう。これってなか阿保らしい感じもしますけど、笑顔大事ですよ。

別に笑顔がイイよとかきれいごと言うわけじゃあないですけど、面接に関すれば笑顔はホント練習しておいたほうがイイです。自分で鏡見て顔が引きつっているようだったら自然な笑顔作れるようにしておいたほうがイイです。これ意外とバカにならないですよマジで。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!