結婚が近い女性の転職のタイミングの真実 既婚女性は正社員採用は不利な理由

結婚と転職のタイミング

女性が結婚が絡むと転職のタイミングって難しいですよね。あなたがすでに「転職したくてしょうがない」という結婚する予定の彼氏か婚約者がいるっていう前提で話します。

最初に結論を言ってしまうと、結婚を考えてる女性が転職するなら「結婚ン前にしたほうがイイ」と言うことです。

これって、最大の理由は私面接官やってたことがるんですけど、単純に独身女性のほうが採用されやすいってことですね。

そりゃそうですよね。独身女性のほうが動きがとりやすいですし、既婚女性だとこれから子育てとかいろんなイベントがあるうえに、旦那が転勤とかになったらそのタイミングで辞める人とかけっこういますしね。圧倒的に不確定要素会社をあっさりやめてしまう可能性が大きいのが既婚女性です。

採用しやすいのはやっぱり残念ながら独身女性の方ですからね。そりゃ独身女性だって採用してすぐに結婚しちゃって辞めるなんて女性もいますから

何といえないですけど、これって面接官の採用イメージとかの現実なんですよね。そもそも既婚者を積極的に採用する会社って少ないですよ。

建て前とか上辺では「女性の活躍」とか言ってますけど、実際は既婚女性なんてわざわざ中途で正社員で採用しません。派遣とかそいうので採用します。

だって女性って正社員と派遣の仕事の仕事内容ってそんなに大きく変わりません。だったら既婚女性は派遣採用みたに暗黙で決まってる会社とか多いですからね。

結論最初に出ちゃってますけど、女性が結婚とかがからんでいて転職を考えているなら、まったくもって「結婚前に転職してしまったほうがイイ」ってことです。正社員で潜り込んでしまえば、そのあとすぐに結婚して産休に入ってしまっても、たしかに気まずいこととかありますけど、クビにされるってことないでしょ?だから結婚前に転職しちゃったほうがイイです。

結婚後に転職とか考えてると、転職自体が苦しくなりますからね。そして派遣社員とかに逃げてずっとその後の人生派遣社員とかで働くことになてってしまいますからね。

結婚したら普通に育児や旦那の転勤の可能性、親類との付き合い、地域の行事とか仕事以外での時間が大幅にロスします そんな時に転職とかできないです

そもそも、結婚すると仕事以外にかける時間的なものが圧倒的に大きくなるでしょ?女性なら、出産育児とかもありますし、親戚との付き合い、地域の付き合いとか一番厄介なのは旦那が遠隔地に転勤とかになると、それについていったりになったりすると必然的に会社を辞めたりするでしょ?

もちろん独身女性でも結婚すればそれで寿退社する人もたまにいますけど、最近では昔に比べると結婚しても会社に残りますからね。だからあえて既婚者を中途採用で採ろうって会社は実はほとんどありません。既婚女性忙しいですからね。だったら独身女性を採用して5年間くらいでもガッツリ働いてもらったほうがいいという考えです。

これって、あくまでも会社側の都合ということで話していますからね。やっぱり現実を考えると採用するのはか会社なので、あなたが結婚してから転職したいっていう希望があるかもしれまんけど、そんなの会社にとってはどうでもイイことなんですよね。

そもそも、あなたの周りで既婚女性が正社員で中途採用入ってきたことあります??

私は地銀と製造業いわゆるホワイトカラーとブルーカラーの職業を両方経験しています。地銀がブラック企業で製造業がホワイト企業ってくくりですけどね。

二つ合わせると20年近くの会社員の経験になりますけど、両方とも「既婚女性が正社員で中途で入ってきたことなんてない」ですよ。そう今思い出してみると一度も無いです。100%派遣社員でしたね。

もちろん、男性は中途で入ってくるのは独身50%、既婚者50%くらいで既婚者もけっこういました。けど女性に限定するとそもそも既婚女性が正社員で入ってきたことは、もう一度言いますけど、「一度もない」ですよ。

独身女性なら、男性ほどではないですけど、ちらほらと中途採用で正社員として入ってきた女性がいます。

 

これが現実ですからね。

なんかよく、普通にネットの記事で、女性が転職するタイミングとかを、完全に「転職する女性の側」の都合で書いている記事とか多いですからね。

いやいや、採用するのって会社が泡ですから。既婚女性って日本の会社って正社員でほとんど採用しませんよ。だって日本て男女平等とか建て前で、会社とかでは全然男性の管理職追ほうが多いですしね。わざわざ既婚女性を正社員で採用する会社はありません。

しかし、一つ例外がありますけど外資系企業は違います。独身女性だろうが既婚女性だろうがキャリアを重視するので、外資系企業は既婚女性でも転職はできます。

ただ、子育てとかしながら外資系企業の激務はけっこうキッツいと思いますけどね。そのあたりはあなたのキャリアと結婚生活の方法と相談ってことになります。

現実を知ってショックですか?そう残念ながら、既婚女性を正社員で採用する日本企業ってぶっちゃけほとんどありません。

だから、地銀とか製造業でも正社員で働いている女性はそれが痛いほどわかっているので、結婚しても辞めないですし、子供ができても辞めない人が

最近本当に増えましたよ。

だから行動パターンはもう決まっています。

どうしても転職したいなら結婚前に転職したほうがイイ

正社員としてはたらいていきたいなら、結婚したらその会社は辞めないほうがイイ なぜなら既婚者で正社員への転職ってめっちゃキツイからということです。

なんか色んな記事で、

「結婚はあなたのターニングポイントなので、あなたの生き方を考えて転職するかどうか考えましょう」

とか書いてあってバカじゃねえの?とか思いますからね。転職って自分が有利な方法を取るのが転職活動ですからね。結婚して既婚者になって圧倒的に

不利になってから転職活動しても「終わり」ですから。正社員とかにこだわらず派遣でよいなら既婚者でも大丈夫ですけどね。

既婚者になったら、相当なスキルがあって外資系企業などに転職する以外に既婚女性が正社員になるすべはほとんどありませんよ。

ということで女性の転職は結婚前にしたほうがいいというのが一択です できれば今の会社にとどまって、結婚してもやめないのがなんだかんだでいいんですけどね

ということで、女性が結婚のタイミングがあって転職するかどうかを考える原、「結婚前に転職したほうがいい」ってのが一択です。

あなたがもし、結婚を考えている彼氏とかいて結婚が近い雰囲気なら転職したほうがいいですよ。

これってライフスタイルによりますからね。あなたがずっと正社員でやっていきたたくて転職したいなら、結婚前に転職すべきです。

もしくは、正社員でずっとやっていきたくて今の会社で我慢できるなら、今の会社を辞めないほうがイイですよ。結婚して子供ができても、育休とって復帰して仕事は続けたほうがいいです。子供ができてその時点で会社を辞めたりすると、もう既婚者が正社員で再就職するって強力な縁故とかないと実質無理ですからね。

正社員にこだわらない、派遣でもイイっていうならその会社を辞めてもいいですし、結婚してから辞めてしまっても派遣ならいくらでも仕事はあるのでまったく問題ありません。そのあたりの働き方を正社員にこだわるか派遣でいいかってを自分なりに考えておおいたほうがいいですね。

しかし、やっぱり女性も正社員のほうがイイと思いますよ。地銀でも製造業でも正社員と派遣社員とでは年収で200万円以上の開きがありましたし、福利厚生とか天と地とくらい差がありましたからね。

正社員にはこだわったほうがイイですよ。女性って正社員でも男性よりも仕事量が少ないケースがほとんどですし、正社員というだけで男性と給料が一緒ってパターンも多いですしね。女性の正社員でいるってことは実はかなりオイシイんですよね。それが分かってる人は結婚しても出産しても会社を辞めません。

どうしても転職したいなら結婚前にさくっと転職活動して転職しておいたほうが今後の人生の人生計画も立てやすくなってくるはずです。

転職をするならブラック企業に捕まらないってのが超重要ですあからね 落ち着いて転職活動をやっていきましょう

ただ、転職活動をするなら、転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは、厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれるんですね。

転職って難しいと言われますし、初めての場合には何からやっていいかわかりにくいってのがあります。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスとしてもらい履歴書をつくって面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみると、ブラック企業出ない求人があるっていう確認になりますし、これからやってみたい仕事を選択する判断材料にもなるりますしね。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから