製造業に入るための転職サイト・エージェントの使い方 正社員で入社すれば製造業はOKな理由

製造工場

製造業の転職エージェントを選ぶのって「製造業 転職エージェント」で検索すると普通に、メジャーな転職エージェントが紹介されています。

これも間違いじゃあないんですけど、半分間違いなんですね。製造業の現状というかどういう風に入社すべきかをわかっていません。ちょっと悲しいです。

製造業って工業系ですからね。自動車関連、精密機械、電気機器ってところです。

製造業と言っても仕事はたくさんありますしね。工場現場で作業してる人、現場をサポートする品質管理、技術、生産管理、経理をやる人などもいます。

本社なんかにいくと、営業、総務、人事、経理、システム管理なんかの仕事もありますからね。現場作業の人でも現場のリーダー、係長といった出世ルートもありますし、現場以外の仕事でもそれぞれ係長、課長、工場長、役員といった出世ルートがあります。

製造業は当然ですけど、工場を持っています。製造業って新入社員でも中途入社でも、入社するとどうなると思います?

たいていは、最初は誰でも現場で工場作業をします。そして適性とかを見て、そのまま現場の作業の人もいればそれこそ品質管理や生産管理、技術の係にい行く人もいれば、本社に異動になって営業や総務、人事、経理中をやる人もいます。

さて、何が言いたいかと言うと、製造業はとにかく「正社員で潜り込めば何とかなる」と言うことです。正社員で製造業に入ることができれば最初は現場の作業員でも、そこから経理や総務の仕事い行く場合もありますし、品質とか技術の仕事をやる場合もあります。そのまま現場で現場のプロとしてやっていくという方向性もあります。

キャリアの方向性がいっぱいあるんですよね。だから、とにかく製造業には「正社員」で入ればいいわけです。

 

関連記事:製造業の工場勤めは美味しい仕事

肉体労働ならホワイト工場勤務がおススメ 工場でも疲労が少ない分野を選ぶポイントをご紹介します
肉体労働をするなら、大手企業の下請け当たりの製造業がおススメです。こういった製造業はたいていホワイトな工場が多く、ポイントは「部品の小さい製造業」というのがキーワードです。ついついホワイトカラーに目が行きがちなので製造業って穴場の工場が多いんですよね。残業もついて、休日もしっかりしているホワイト工場がおススメです。

製造業に転職するときにやってはいけないほ「派遣社員・期間社員から正社員登用」というルートを目指すのはNGです

製造業に入る場合によくあるのが、「派遣や期間工から正社員に登用アリ」的なことを求人に出してる会社ってあるでしょ?

これって、正社員登用される人はほとんどいないのでやめたほうがいいです。私は派遣社員の管理をしていて、派遣の人数調整とかを担当してたんですね。

当然、求人とかには「正社員登用アリ」みたいなことをサクッと書いてあるんですけど、8年ほどの間に派遣社員から正社員に登用されてた人は

2人だけでした。正社員になりたいと希望している人が200人以上いて2人ですから100人に一人ですよね( ;´Д`)

しかもその2人てのは、リーマンショックが起こる前の2008年以前に期間工から正社員になった人で、リーマンショック以降は一人も派遣や期間工から正社員になった人はいません。

そりゃそうですよ。派遣とか期間工は生産が多いときにやとって、生産が減ったら雇用を切るという人員調整のコマなわけです。

今では3年派遣で働くと正社員にしなきゃいけないみたいですけど、そこは会社もわかってるので、派遣期間が3年を超える前に首を切るわけですね。

だから、派遣や期間工から正社員になるのはハッキリ言って無理と言うか、効率も悪いですしね。

製造業には最初から正社員で入ったほうがイイです。派遣や期間工で入る目的が主婦が家計の足しにと仕事をするとかならいいですけど、それを本業にするのはやはり危険ですし、メリットが少ないです。

 

関連記事:派遣社員からの正社員登用は現実的に難しいですよ

派遣社員から正社員登用は無理な理由 最初から正社員採用で転職すべき
派遣社員から正社員になる方法は「最初から正社員募集の求人で内定と取る」だけです。派遣社員から「正社員登用アリ」ってのはそれで正社員になって人を私は今まで見たことがありません。派遣を募集するときの人集めのエサなので引っかからないでくださいね。

結論を言うと製造業は「正社員」で入社してしまえばあとなんとかなります それが現場採用でも中途採用でも同じですからね

どの転職エージェント的なものを使うのは、現場で活躍したいか、専門的な係で活躍したいとかでも違ってきます。

個人的には、製造業って工場現場でも正社員として入社できれば、そのほうがヘタすると出世とかが早い人がいます。

私がいた製造業は自動車系部品を作っている会社だったんですけど、工場長とか役員はたいてい現場から上がっていった人です。

意外と技術や品質の専門職をしている人は出世しても課長どまりだったりすることが多いかったですね

あと、電気技師とか機械加工のいわゆる専門的な技術職はそういった専門分野の主任とかになる人が多かったです。

製造業に入るなら、「工場系の専門の転職サイト」が一番入りやすいですよ。この手の転職サイトを使うポイントは「正社員採用」で入ることです。

そう、製造業とかいっても結局、現場作業とかができない人って現場あがりの部下とか言うこと聞いてくれないですからね。やっぱり現場とから出世していくのが一番手っ取り早いですし、工場長、役員といった本当に上まで登ることができると思います。

私がいた製造業でも工場長や役員は現場から出世した人が8割くらい、あとは研究職からの出世の人が2割くらいです。

工場系の点もの転職サイトは「工場求人ナビ」や「工場ワークス」あたりです。

製造業に入るならこういう工場系専門の転職サイトは押さえておくのは必須になってきますからね。、

 

 

工場求人ナビ(公式サイト)

工場・製造業専門の求人サイト【JobHouse】(公式)

 

工場ワークス(公式サイト)

【工場ワークス】

 

電気技術とかの技術を持っている人、営業や経理や総務など経験を活かしたい人、品質管理や生産管理を経験している人なら普通の転職エージェントを使えばいい

電気工事士の技術とかを持っていたり、それこそ営業や経理、総務軟化を専門にやっていたり品質や生産にかかわる仕事をしていた人なら、メジャーな転職エージェントを使ったほうが製造業への転職は効率がイイと思います。

現場に入ってからそこから昇進していくのもイイですし、最初から専門職的な感じで製造業に入るのもアリですからね。

自分のキャリアなんかがある程度ある人は大手の転職エージェントなどを利用して、製造業の求人を探してみるのがイイと思います。

個人的には、工場専門の転職サイトと大手の転職エージェントをひとつづつ利用するくらいがちょうどいいんじゃないかと思いますけどね。使いやすさも人によって違いますからね。

大手の転職エージェントは工場系の転職サイトよりも製造業専門というわけではありませんけど、キャリアがある人だったら大手の製造業にも入るチャンスは広がります。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから

 

製造業ってたしかに美味しいですよ 地方銀行から製造業に入りましたけ求人を見つけたのは新聞の求人欄でしたからね

転職サイト、転職エージェントを紹介しておいてなんなんですが、私が入った製造業は新聞の求人欄で求人を見つけました。

もちろん、転職サイトとかは使っていましたけど、やっぱり求人欄とかも毎日チェックしていたんですよね。そして新聞の求人欄で見つけた製造業の求人に履歴書を送ってみたわけです。

やみくもに送ったわけじゃあないですよ。ネットでその会社のホームページを見て、実際にその会社と取引のある会社に勤める友人がいたので、

どんな感じの会社かは聞いてみました。聞いた話だと、いわゆる「ホワイト工場」っぽかったので履歴書を送ってみたんですね。

そして、面接を受けて内定をもらったわけです。

新聞の求人欄から入社でしたけど、入ってみるとホワイト工場で、定時で帰れるし、残業があっても残業代付きますしね。製造業って労働組合が強いので、サービス残業とかやってるとすぐに労働組合から労働基準監督署に訴えられますからね。正月・ゴールデンウイーク・お盆と10日前後の長期休暇もあって、有給休暇も消化が奨励されます。有休が余っていると「有休使って休んでくださいね」と言われます。

地銀の時には有休を使うときには、理由とか根掘り葉掘り聞かれましたけど、ホワイト工場では有給取るのにいちいち理由なんか聞かれません。

そもそも有休取得は労働派の権利で、取得理由を言う必要はないと法律で決まってるんですよね。

ボーナスもしっかり出て、地銀と給料はそんなに変わらないのに、仕事での拘束時間は激減しました。そのため実際に時給換算すれば製造業のほうが圧倒的に高い時給で働いてることになりますからね。

製造業ってぶっちゃけおススメですよ。仕事の種類にこだわりがあまりないなら、接客業とか販売業とか人間関係が濃い仕事はストレスも多いですしその割に給料が安いんですよね。

どうしてなんですかね?飲食とか販売とか介護とか、労働がきつい仕事の給料が安くて、比較的ゆったり仕事ができる製造業のほうが給料がいいってのはなんかよくわかりません。だったら、飲食業とか販売業とか絶対にやりたくないですからね。

 

関連記事:製造業のホワイト工場は美味しいですよ

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

余談です 派遣やで働くなら製造業が一番いいですよ これはガチです

余談なので、派遣社員に興味のない人はスルーでお願いします。

派遣社員を一生の仕事にするのはお勧めできませんが、転職期間中にお金のためにツナギで働いたり、女性が子育てを終えて働いたりと

派遣社員で働くってのは人生でたまにあると思います。

派遣で働くにしても、普通に事務職から販売業や介護とか建設業とかありますけど、個人的にはダントツで製造業の工場で派遣で働くのが効率がイイです。

時給も1300~1500円くらいもらえますし、寮とかにも入れますしね。工場って寮の家賃が無料だったり3000円だったりとかなんですよね。

だから、寮とかに入って派遣や期間工とかで働けば、そのまま給料をたくさん貯金できます。1年とか工場で働けば100~200万円くらいためることができますからね。

だから、ツナギの仕事とかでバイトとかやるのってアホみたいですよ。バイトとかって時給900円とか良くても1000円くらいですからね。

だったら工場の派遣やってほうがいいですよ。人間関係は薄いですし、作業だけやってれば文句を言われることはありませんしね。

ずっと人生で工場の派遣社員をやるのはお勧めできませんが、一時的に収入をえたりお金をためたりしたいときには工場の派遣て一番、

ストレスがたまりにくいですし、お金もためやすいです。寮とかがとにかく美味しいです。

私も工場現場に3年ほどいましたけど、派遣社員とも話しながら楽しく仕事してましたよ。現場のあとは生産管理の仕事をやるように

なりましたけど、工場の現場にいたときが一番なんか楽しかった記憶があります。ブラジル人とかの派遣社員とかとテキトーにバカ話しながら作業やっていたのはいい思い出です。