会社で社畜洗脳されて「仕事を辞めるのは逃げだ」の呪縛を解くべき理由

指さす男

こんなサイトをやっている私のスタンスは「会社は辞めたければすぐにでも辞めたほうが良い」というスタンスです。

イヤなことをしてまで生きているなら死んだほうがマシかな?と思うのですよ。特に最近は。

その究極の形っていうのが、「過労死自殺」とかですよね。イヤなことをやってしかも思い詰めて死んでしまうというわけです。

会社を一人の人間と考えるなら「殺人事件」ですからね。殺されちゃってるわけです。立派に人を殺すことができるんですよ会社ってね。

そう考えると「会社を辞めたいなら辞めたほうが良い」というスタンスは変わりません。転職すればいいじゃないですか

仮に転職できなくても今時なら餓死するってこともないですよ。仕事で死ぬくらいならさっさと辞めたほうが良いです。

もう一度言いますけど、「会社や辞めたいなら辞めたほうが良い」というスタンスは変わりません。

なんでこういうスタンスを取っているかと言うと、会社を辞めないでストレス溜めて体壊して仕事どころか社会生活もできなくなった人を何人も見ているからです。もちろん私もその一人です。

私は運よく1年ほどでうつ病から回復しましたけど、うつ病から回復しない人もいますし、過労で倒れてそのまま脳梗塞を併発して半身不随になった人や心筋梗塞でそのまま亡くなった人とかをたくさん見てきたからですね。

たくさんというと語弊があるかもしれませんけど、少なくとも20人以上は見ています。それだけ仕事で人生が曲がってしまう人が多いわけですね。

みんな勘違いしてるんですよね。仕事って生活を安定させたり生活を楽にするためにやるものなのに、仕事して体壊してたら本末転倒です。

関連記事:仕事量が多かったら体を壊す前に退職しましょう

仕事量が多い会社を辞めたい 自分だけ業務量が多くストレスでパニックでうつ病になるリスク
仕事の業務量があまりに多くて限界だから辞めたい。よく聞く話です。仕事ができる人はガンガン仕事を盛られるので仕事量が減ることはありません。このまま仕事続けるとストレスでパニックになったり、うつ病になって休職したりヘタすると過労死します。そういう状況を変え類は労働環境を「自分で」変えるしかありません。

まず自分で考えるクセを付けましょう 周りに合わせるとそのままあなたの人生の時間を利用されまくりますよ ブラックな労働環境はブラックなんですからどうやって行動するかを考えるべき

「会社には3年は我慢して勤めたほうが良い」

「転職なんて無理に決まってるリスクが高い」

「ずっと一つの会社にいるのが良いことだ」

「サラリーマンになるのが一番だ。自営業はリスクが高い」

「上司の言うことは絶対だ」

「死ぬまで我慢して仕事するなんてなんて漢らしいんだ」

「仕事で死ぬんなら漢として本望だ」

「やっぱり男は仕事で死ぬのがかっこいい生き方だよねw」

とキリがないのでこのあたりにしますけど、とにかく我慢を強いる社会になっています。会社にいて我慢するのが美徳というか「素晴らしい人間」というふうな構造になっています。

なんとかして、我慢して仕事をやり続ける人間を「素晴らしい人間」というイメージに仕立て上げたいのが見え見えですね。

だからサービス残業をしても何も言わないような人間ができあがってしまいます。

日本でこういった「効率の悪さを労働時間で補う」働き方で、なんとか国を保っています。効率悪いの大好きなんですよ。

そういう効率の悪い働き方を推奨しているような感じさえします。だからもとにもどりますけど「ひたすら何も言わず自殺するまで働くような人間が素晴らしい」みたいなことを言うわけです。

そういう人も減ってきましたけどね。でも会社に行くとそういう人まだまだいっぱいいます。

自分の働生き方というか「生き方」を自分で決めるようにしないと、「死ぬまで働け」みたいな会社の思うつぼになってしまいますよ。

いや・・・死んだら終わりですし、しかも冗談じゃなくてけっこう仕事で過労死とか自殺しちゃってる人いるじゃないですか。しかもニュースとかじゃなくて身近にリアルタイムでそういう人を何人も見てしまうと、そりゃ社畜洗脳もだんだんと解けてきますよ。

ちなみに

「俺って残業250時間やったぜ、いやー疲れた(`・ω・´)」

「最近睡眠時間4時間で働いてるぜ」

とか嬉しそうに言ってる人は社畜洗脳に完全にやられています。いいように会社の思うつぼですね。過労死するか倒れるかうつ病になるまで働かされて動けなくなったら捨てられます。

社畜洗脳にやられている人だと一度仕事から離れるしかないんですよね。でもまあこういう人は会社死ぬまで辞めないですから、自分がもし社畜洗脳にやられていると思ったら早いうちに何とかしたほうがイイですよ。

社畜洗脳になってると自分の人生とかも急降下で下がっていきますけど、それと同時に周りの人間にもものすごく不快な思いをさせています。

平たく言うと「嫌われ者」になります。

会社ってそういうことを指摘してくれるひとはいません。そりゃ、そんな人間と関わり合いになりたくないですからね。

「俺は社畜洗脳されたままでいい」

っていうなら、過労死やうつ病になる可能性が高いプラスみんなから嫌われる人生を送ってください。応援しています。

 

関連記事:社畜洗脳されている場合さっさと解除したほうがイイですよ

会社辞めたら負けとか終わりとか考え時点で社畜洗脳されている事実
会社を辞めたら人生終わり、負けとか短絡的な情報がいっぱいすね。そんなので終わったらとても生きてけないでしょ。仕事なんて労働環境があまりい悪かった自分で変えていかないと状況はもっと悪化していきますからね。逃げるとか責任とかそういうきれいごと言ってる人はもうダメでしょうね。

転職するのがリスク高いとかいう洗脳が一番怖いです 行動する意識を押さえる洗脳はかなりやっかいです

転職するのがリスクがある。たしかにリスクはあります。

ただ、結局、その会社でサービス残業をしながら、やりたくない仕事をイヤイヤやっていって、挙句の果てに会社がつぶれた・・・なんてことになるリスクだってあるんですよね。

得てして、従業員を理不尽なレベルの仕事をやらせているようなそんな会社は得てして、衰退期に入っていきます。

効率のイイ経営をしている会社は「社員に理不尽なレベルの仕事をさせる必要が無い」からなんですね。

私も何度か転職していますが、最初に入った会社はこういった「理不尽な仕事を指せる会社」で今は会社自体が無くなっています。というか買収されました。

その次は割といい会社で、効率のイイ仕事をさせてもらいました。今も会社は順調に成長しています。仕事の量も少なくは無いですが、自分のペースでできるレベルでそれでいて福利厚生も良かったです。今現在の会社もさらに効率が良い、経営をまっとうに考えいる会社です。

最初の会社と比べると「ここまで違うのか?」というくらい会社によって経営の効率を求める姿勢と従業員に対する対応が違います。

何が言いたいかというと、会社によってそこまで働き方が違うってことは、会社員としての人生が変わってくるということです。

サラリーマンて人生で一番時間を費やすのが「仕事」じゃないですか。その仕事をする「場所」を自分の納得できる場所に変えるという行動は「当たり前」だと思うんですよね。

それをやらないうちに定年まで不満を持ったまま勤めて終わってしまった・・・考えるだけでも怖いです。

転職のリスクと、不満を持ったまま勤める、もしくはブラック企業で過労自殺するといったリスクがどちらが大きいかは

後者のほうが大きいと思うんですけどね。そこは私の考えとしては変えることは無いと思います。

転職をするには転職エージェントを利用して転職のプロであるエージェントのアドバイスを受けるのがおススメです。

転職活動もなるべく効率を考えるのが大事です。そこを考えていかないと、会社と共倒れになってしまいます。行動しないと定年まであっという間ですよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)

会社って基本は「社畜洗脳して社員を奴隷化して辞めないようにしてこきつかう」ってのが基本です。会社というかブラック企業ですね。

特に「会社を辞めるのは恥ずかしい」とかいうことを強く前面に出してきいます。

マジメで責任感が強い人ってこういった会社を辞めるのが恥ずかしとか責任感が薄いから嫌な仕事でもやっていこうとか、まがった方向性で自分に無理をしながら働きます。

いやあこれがブラック企業のテクニックなんですね。

だって自分で納得してブラック企業に勤める方向性になったら、自分から進んで奴隷になってるわけですから、ブラック企業としては

「しめしめ、こいつバカだよマジで」

とかお思いながらこき使ってきます。そしてまじめな人とかって、言われるままに仕事をするので、ガンガン仕事量を増やされて毎日長時間労働でサービス残業、家に仕事を持ち帰ってこなして、休日もサービスで出勤したりしてとまあ、理想的な奴隷に仕上がってきます。

このあたりで「おかしい」とか思わないってのはまさに社畜洗脳の完成形なんですね。完全体セルも真っ青の完全体奴隷です。

社畜洗脳が完全体になると、あとは堕ちてく一方ですからね。

こうなる前に実際は何とかしたいわけです。

「この会社辞めたい」

とか思うのっていたって普通の精神状態なんですよ。社畜になっていくらでも仕事を言われたままやるのって、完全に思考停止しています。そうなるといくらでも仕事量が増えていって、最後にな自滅します。そういう人を本当に何人も見てきましたからね。

社畜洗脳を取るには強制的に休職するのが一番

社畜洗脳を取るには実際には

「仕事から一時的にでも離れる」

ってことが一番です。ただ、社畜になってる場合なかなか仕事から離れられないのが現実です。

いくら社畜洗脳されていても、人間なんて無限のストレス耐性とかがあるわけじゃないので、フツーにうつ病とかになります。

特にもう、夜疲れていても眠れないとかだったら、かなりうつ病が重症化しています。そういう場合には思い切って心療内科に行って診断書をもらえばすぐに会社を休職できます。休職するのはたいてい2~3か月くらいです

 

関連記事:心療内科で診断書をもらってサクッと休職しよう

心療内科の診断書を利用して休職する方法 実際にうつ病で休職して傷病手当金をもらいつつ転職活動するのがベター
仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

 

仕事からいったん離れると嫌でも自分が異常な環境下に置かれていたかが客観的にわかってきます。自分の状況を客観視するってことは人生を修正する意味で大きく役に立ちますからね。