20代後半で年収が300万円前後ならすぐ転職しないと人生が破滅する理由

年収が低い

大卒、高卒でも20代後半くらいになるとその会社でどれくらいの収入を得られるのかってのが分かってしまいます。

結論言うと20代後半で年収が300万円前後なら人生がぶっちゃけ厳しいものになります。年収300万円っていうとてどりだと240万円くらいですかね・・・・・

これだと、実家で全く生活費がかからない状態ならやっていけますけど、一人暮らしとかで仕事が忙しかったりするとけっこうきついですからね。

貯金も苦しいですし、なにより低賃金だと仕事にやる気も起きないので、生きていても楽しくありません。

20代前半くらいで自分の年収が300万円前後だったら、今後の人生をまじめに考えないと悲惨なことになってきます。私の一番嫌いなのは

「仕事はお金のためにやってるんじゃない」

「仕事はやりがいだ」

みたいに、やりがい搾取とかブラック企業がよく言う洗脳ですよね。仕事はお金のためじゃなくて、自分を成長させるためだ・・・・・・みたいなことを言います。

いやいや

「仕事は年収」

 

ですよ。仕事の価値はお金をどれだけもらえるかです。

もちろん、仕事が楽だったらある程度収入が少なくてもまだマシですけど、一番まずいのは

「仕事が激務で忙しいのにしかも給料が安い」

ってのはホントマジで最悪です。もし、あなたが20代後半で年収300万円前後だったら、仕事が「めちゃめちゃ楽でユルい仕事」だったらその仕事でもイイかもしれません。

仕事が楽で緩ければ、例えば仕事での収入が少なくても副業とかしてお金を稼ぐ時間と気力もありますからね。まだいいです。

しかし、仕事がかなり激務で忙しい仕事で年収300万円ぜんごだったらガチで最悪ですよ。いいようにこき使われて、労働力を利用されて儲けは全部会社に吸い上げられています。

そういう会社って30代くらいでどのみち体とか壊して退職する可能性も高いですしね。さんざん低賃金でこき使われて最後は捨てられれる・・・いわゆる「ブラック企業」ですね。

とにかく20代後半で年収が300万円前後だったら一度自分の今の状況を客観的に冷静に見て見る必要があります。

 

関連記事:20代後半で手取り給料が安いと本当に悲惨です

20代後半の正社員で手取り14万円で年収300万いかないならすぐに転職活動をすべき理由
20代後半くらいで手取り14万円くらいしか給料が無い。年収もヘタすると300万円以下ない・・・と言った状況なら完全にブラック企業の利用されているだけなので、すぐにでも転職をしないとまずいです。30代になると未経験でも転職できる会社も無くなってきますし、なにより、そういった低賃金の会社は高確率で経営が傾きます。従業員を大事にしない会社は傾いていきいますからね。

そもそも20代後半で年収300万では将来的に出世しても年収400~500万円が限界かもしれない 多大なストレスと引き換えにこの見返りでは厳しい

そもそも、20代後半で年収が300万円前後だとすると、将来的に係長、課長とかに出世してもせいぜい年収が400~500万円くらいまでしか上がらない可能性があります。

課長とかの給料明細とか見る機会とかあればいいんですけどね。

出世するためには、激務な仕事を我慢してやって、上司に媚びを売って飲み会とかゴルフとか付き合ったらりしてとにかく会社の奴隷になって仕事をやり続ける必要があります。

出世すればそれだけ仕事もさらにきつくなりますし、責任も重くなります。とにかく会社の奴隷として全く文句を言わず20年くらいかけて出世して、その結果が年収400~500万円とかだったら、ちょっと考えただけでも全く割に合いません。というか人生を棒に振った結果がその年収だったら目も当てられませんからね。

私が勤めていた製造業って工場の末端の作業員とかでも、正社員なら40代くらいになると年収550万円くらいいきましたからね。平社員でしかも末端の工場作業員でも40代でこのくらいの年収です。

末端の工場にいる作業員はホントにその辺のオッサンで単純作業してるだけでこの年収です。もちろん課長とか部長とかになると年収800~1000万円くらいはもらっています。

でも、別に年収が高いからと言って特別仕事ができるってわけじゃあないです。私も別に仕事ができるわけじゃなかったですし、ハッキリ言って牛丼屋とかファミレスで接客してるバイトのほうが能力が高いというか、てきぱき仕事をしてるような気がします。ぶっちゃけ牛丼屋やファミレスの接客の仕事とか私できないですよ。

あんなに、メニュー憶えてレジ打って、お客さんのクレームとかに対応してとか絶対に無理です。そんな高度な仕事でも自給800円とかでやってますよね。

何が言いたいかと言うと、結局、年収の基盤が少ない会社でいくら頑張っても「無駄」ってことです。その会社に入った時点で年収が300万円のところもありますし、400万円の会社もあります。

大企業のほうが年収が高いようなイメージもありますけど、そうでもありません。普通に中小企業でも年収ベースが高い会社も多いですし、逆に大企業と言われている会社でもブラック企業とかだと、年収が300万円台とかザラです。

さっきも言いましたけど、年収が300万円前後でも仕事がメチャクチャ楽とかユルいとかならまだいいですよ。副業とかやれば年収の底上げできますからね。

最悪なのはブラック企業で年収がめっちゃ低いってことです。

もう一度言いますけど、年収って仕事ができるとか能力が高いとか安間何系ないです。入ったい会社で決まってしまいます。

だって、けっこう牛丼やとかで年齢が高い男性とかがバイトやってますよね。かなりてきぱき動いてハードワークをこなしています。牛丼屋の仕事ができる人なら

大抵の会社の仕事はできると思います。そこに気づいてない人が多すぎますね。年齢が高くて牛丼屋でバイトをしてる男性とかは訳ありだと思いますけど、20代後半の年齢なら余裕で転職できるので、給料ベースのいい会社に転職することは比較的簡単です。だから、自分の人生を見直すいい機会でもあるわけです。

年収ってその人が仕事ができるとかできないとかは全く関係なくて入った会社で決まってしまうのが悲しい現実です。この現実に気づいていない人が多すぎます。

そりゃ仕事ができる人だったら、ある程度出世するかもしれませんけど、年収ベースが低い会社で出世しても年収が400~500万円くらいにしかならないので

いくら頑張っても正直キッツいですよね。ボロボロに働いて人生を会社に捧げて年収が400~500万円ってやってみるとわかりますけど、かなり地獄ですよ。

 

関連記事:これから伸びる業界のホワイト企業で賃金がイイ会社を選ぶべきです

これから伸びる業界で激務じゃない会社選ぶ理由 成長産業でもブラックじゃ意味がない
これから伸びる業界でも仕事内容がブラックな場合もあります。それだと結局短期的に奴隷としてこき使われるだけなので、伸びていく業界だとしても意味はありません。とにかく衰退産業でなければあとは労働環境が良いホワイト企業をとことん選んでいくべきなのです。

実際どうですか?年収が300万円前後の生活ってどんなん感じですか?貯金とかあんまりできないですよね

実際、年収が300万円前後だと手取りだと220~240万円くらいですよね。実家で生活費とか全く掛からないならいいですけど、一人暮らしとかしてたら

フツーに暮らしていても年間200万円くらいはかかるので、貯金とかできないですよね・・・・これって人生計画が成り立たないですからね。

結婚とかしたくてもこれじゃあちょっと厳しいですよマジで。結婚相手とかがある程度の収入があるっていうのが前提ですよね。というか一人で生きていくのが精いっぱいっていう人生もちょっと切ないものがあります。

何度も言いますけど「仕事はお金」ですよ。仕事をやること自体になんか価値観を感じているっても否定はしないですけど、もらう給料が低ければハッキリ言って仕事の意味がありません。

「仕事はやりがい」とかこれだけ社畜洗脳がヤバいって情報がネットなどで出ている現代で、仕事をやることだけに満足して自分の年収がいかに低いかって現実を見ないと今後の人生はけっこう悲惨なものになることが確定してしまいます。

 

関連記事:社畜洗脳から解放されると人生が豊かになる

転職を決意する瞬間(タイミング)は社畜洗脳が解けた時である理由
転職を決意する瞬間て、ふと自分が社畜洗脳をされていたというのに気づいてしまうんですよね。そのきっかけは自分がうつ病になったり、あまりに理不尽な仕事を要求されたり大きなショックを受けたりすると社畜洗脳が解けることがあります。労働環境が以上だと気づいてしまったら転職するしかないんですよね。

20代後半は転職するには一番有利な時期ですからね 職歴もついて20代という若さの特権もあるのでここが一番の人生のキーポイントです

20代後半くらいの年齢って年齢的には一番人生で転職しやすい年齢です。

ある程度の職歴もありますし、経験も出てきて年齢もまだ20代ということで転職には最も有利な時期です。

これが30代前半くらいまではいいのですが、30代後半くらいになると一気に転職がやりにくくなり40代になるとぶっちゃけブラック企業しか転職先はありません。

そういう時期なのが20代後半なので、このまま年収が300万円前後での会社に居続けるのは、今後の人生が破たんしてい可能性があるわけですから、この時期を逃すとけっこうキッツい現実が待っています。

そのままその会社に居続けるとずっと年収300万円ぜんごですし、死ぬ気で仕事をして仮に出世しても400~500万円の年収・・・・・

いやいや、マジで無理です。そんな人生をお送るっていうのも考えモノですよね。その会社にずっといるっていう選択肢はかなり厳しいものがあります。

ただ、転職をするにしても転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは、厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しいってイメージもありますし、初めての場合何からやっていいのかわからないってのもあります。

しかし転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですね。ブラック企業じゃない求人があるっていう確認もできますし、これからやっていく仕事を選ぶうえでの判断材料にもなりますからね。

 

 

仕事って年収が全てじゃないと言われますけど、私から言わせば仕事なんて生活をしていくための手段なので、労働に対して収入が良い方がイイにきまってます。

たとえば弁護士の仕事とかも難しくてやることは高度なレベルでも、お客さんがいなければ食っていけない弁護士とか最近ではたくさんいますからね。

逆に上述した工場の単純作業でも年収600万円近くもらってる人もいます。

結局、収入なんて入った会社によって決まってしまうのが現実です。そのあたりの現実が分かっている人が、ある程度収入の高い会社に入っていくことができるんじゃないでしょうか?