仕事辞めるのに最短で退職する方法 規定と就業規則をまず最初に確認しよう

黒板に書く人

会社を辞めると決めたら、どのくらいのタイミングで上司にそれを言えばいいのか最初はわかりません。

ネットの情報を見ても、一か月前にすればいいという場合もあれば、三か月くらいあとにしたほうが良いという場合もありますよね。

これもその会社でのポジションなどのにも大きく影響されます。引継ぎがしっかり必要な仕事なら退職しようと思っている日から三カ月以上前には退職の意志を伝えたいですし、ほとんど引継ぎが必要なければ一か月前でも仕事上は差し支えないでしょう。

ただ、規定や就業規則などには「退職日の何か月前前までに届け出しないといけない」などの規定がある会社も少なくありません。

一応会社を辞めるときはその規定に沿って退職したほうが「めんどくさくない」です。

ただ、余談ですけどブラック企業でもうこのまま仕事してたら限界っていう場合は、ぶっちゃけ会社をバックレたほうがイイですよ。そこまで固く考える必要はありません。会社に無断で行かなくなっても逮捕されるわけじゃあないですしね。自分の身体のほうが絶対大事ですからね。

関連記事:ブラック企業からバックレる方法

ブラック企業を退職したいけど、強引な引き止めや理不尽な仕事強要、辞めたら殺すぞ的な違法な教養とかするキチガイなブラック企業もあります。普通に退職するのがイイにきまってますが、それができない会社ならバックレるしかないということもあらいます。会社をバックレるときに知っておいたほうがイイことをご紹介しています。

だったブラック企業なんかに長居したら自分の「命」が過労死とかで危ないんでしょ?死んだらおしまいですからね。そこをわかっていない人が多すぎます。たかだか仕事程度で死んだらシャレになりません。

ここでは、退職すると決めたら、会社の規定や就業規則を早めにチェックしてなるべく早く最短で退職する方法をご紹介します。

労働基準法と会社の規定では違うことがある とにかく一瞬でも会社を辞めたいと思ったら会社の規定は読んでおきましょう

女囚人

労働基準法では一か月前、民法では2週間前に退職すると伝えれば会社を辞めれますが、現実は仕事の引継ぎなどもあり、そうはいきません。

また、会社の規定でよくあるのは「退職までの2か月前までには届け出をしなければならない」などどいうことがあります。

規定を退職に関する規定を一度チェックしておくことが大事です。転職するためにも円満に退社したほうがいいので、このへんは会社の規定にしたがって退職日を設定したほうが良いです。

まあ現実には、そこまで会社のことを心配する必要もないです。3か月前くらいに辞めるといえばたいてい大丈夫。どんなに規定が長くても「三ヶ月前に辞めろと通告しろ」という規定は無いですからね。実際には。

実際には二週間前に辞めると言えばいいわけですから。それでいいんですけど、会社の規定にはたいてい2~3か月前にはいえということになってますからね。とりあえず会社を一瞬dねも辞めたいと思ったら会社の規定は読んでおいたほうが損はありませんよ。

ただしブラック企業の場合は規定とか無い場合も多くて最悪バックレてもいい

いちおう上述は正攻法の辞め方を書いてますけど、ブラック企業とかだと規定とか普通にない会社とかもあります。

その倍は、普通な労働基準法のとおり1ヶ月前に辞めると言えば辞めれるのが普通ですけど、ブラック企業の場合は、

「お前辞めたら迷惑かかるだろ」

「辞めたらわかってるだろうな?」

みたいな脅しと退職引き止めとかけっこうありますからね。ブラック企業としては奴隷を簡単に辞めさせたくないわけです。

その場合は普通に辞めると言ったり、メールとか内容証明郵便で退職届を出してバックレるしかない場合もありますからね。

なるべくなら1か月前に退職すると上司に告げて、普通に退職日を決めて辞めるのがイイんですけど、それができない場合は最悪バックレることも致し方ないことになってきます。

ブラック企業からはさっさと逃げたほうがイイですからね。なるべく早く。

関連記事:ブラック企業の正しい辞め方

ブラック企業を辞めるには、いったん退職してから転職活動をする必要があります。ブラック企業に勤めながら転職活動をするのは時間的にもほぼ不可能だからです。退職してからの自分の生活をキープすることができるだけの資金を確保するのと、転職ツールもイイものを選択するのがポイントです。

ブラック企業お約束の辞める時のトラブルをなるべく回避する

可愛い娘

ブラック企業によくありがちなのは、「退職は迷惑になるから認められない」などと脅される場合もあります。

ホントに迷惑極まりない話ですが、いまだにこんな企業もまれに存在します。こんな企業に未練も何もないと思いますが、こういう場合は行政機関に助けを求めましょう。というかこんな会社の都合なんてどうでもいいわけですよ。

どうせ、まともに退職金とかないですから、離職票だけもらえればいいわけです。そのために労働基準監督に、「会社が辞めるのを認めてくれない」とサクッと言えば簡単に会社は動きます。そう、会社ってこういう「公的な機関の忠告は書面」にものすごく弱いんですよね。

関連記事:心療内科で診断書もらってサクっと休職する方法

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

会社の地域を管轄している労働基準監督署に相談すれば会社を指導してくれます。こういう会社は個人に対しては強いですが、

公的な機関からの指示などにはとても弱い傾向があります。会社と言い争っても無駄な時間になるので、労働基準監督署に早々に相談しましょう。

また有給休暇などを消化させてくれない会社もあります。これ実際にあるんですよ。私が転職した前の会社は実際うやむやにされました。いやほんと勘弁してくださいよ。ちなみに某地方銀行です。有休を全部パクられましたよ。

ホントに有給休暇全部根こそぎもってかれました。会社とか信用しないほうがイイです。というか人間でも信用できない人がいるのに、会社なんてものを「信用」するってのが間違いです。だって東芝とか不正決算してますし、大企業だって普通に不正やってるんですから「信用」という言葉自体がナンセンスです。

その時はもう「辞めたい」一心だったんで、わかっていましたけどもう会社にどうこういう気力がなかったわけです。

ただ、それもおかしい話で完全に違法行為なので、こういうケースも労働基準監督署に相談しましょう。労働基準監督署って相談すると、会社に勧告するんですよね。

そうるすると会社はしぶしぶですけど労基の勧告に従います。だから、軽い感じで労働基準監督署に行って診るのもイイですよ。まあ、退職したらそんな嫌な会社とかかわりたくないので、必要ないかもしれんけどね。

ちなみにパワハラ上司とかイジメられてる場合にも、ボイスレコーダーとかで上司の暴言とかを録音して労働基準監督署に相談に行けばその会社に勧告してくれます。そうするとパワハラ上司は高確率で左遷されるので、うまく労働基準監督署を利用するってのは大事なことなんですよね。

関連記事:上司の猪爪に対応する方法

上司からいじめがあって退職したい、辞めたい・・・と思う前に自分で対処してみましょう。といっても会社に相談しても全く状況は変わらないというのは経験済みなので、労働基準監督署に訴えるか心療内科とかで診断書もらって休職するか、転職するのが現実的な方法です。会社とかに相談しても時間の無駄なので現実を見て対処してくださいね。

退職金規定や思わぬ早期退職制度があったりするから規定はくどいですけど読んでおきましょうね

退職金は規定を見て自分で一度計算してみましょう。たいてい「退職金規定」なるものが存在します。

自分で計算しておけば、どれくらいの退職金が入るかを予想できるので、これから転職活動をするにしても金銭的にどれくらいの時期活動できるかを趣味レーションすることができます。

また、会社によっては「早期退職制度」があったりして意外と自分で知らない場合もあります。私は休職していた時代にこの「早期退職制度」が出来上がっており存在時代を知りませんでした。

ただ、退職するといった時点で親しい仲間が「お前早期退職制度使わないのか?」と教えてくれました。

会社のほうから普通教えてくれるのがスジですが、そういった制度はコチラからモーションをかけないとスルーされることもあるんだと痛感しました。ほんとに自分の身は自分で守る必要があります。

関連記事:割増退職金をもらった体験

40代で早期退職制度を利用して退職して転職をしました。割増退職金をもらって金銭的には余裕をもって転職活動ができましたね。40代でも履歴書対策、面接対策をして転職活動をすれば内定は取ることができます。早期退職制度をする会社は有能な人材から退職していくので長期的にみると経営が苦しくくなってきます。海外資本に乗っ取られれている大企業とか見ればわかりますよね。

とにかく会社の規定と就業規則は退職の意志が固まったら一度目を通しておくのが無難です。思わぬトラブルが発生してもつまらないですし、円満退社をするのが次の会社へ転職する際にも大事な要素になりますからね。

結論は規定と就業規則をチェックしてから上司に退職の意志を告げよう

法的に1か月前に退職の意志を告げればいいとなっていても、一度規定をチェックして、その規定に沿って退職の意志を上司に伝えましょう。そのほうが無駄なトラブルと心労を起こす必要がなくなります。

もし、並行して転職活動をしている場合ならなおのことそんなことに時間を費やしている暇はありませんしね。

個人的には、普通の会社だったら転職活動も会社に勤めながらやったほうがイイと思いますけど、ブラック企業の場合は一日でも早く退職してしまってから、転職活動したほうがイイと思っていますブラック企業で働きながら転職活動って実質無理ですからね。長時間労働をしながら履歴書書いたり、面接対策したり、会社を休んで面接を受けたりとかブラック企業でそんなことやる時間ないですよ・・・ブラック企業ほどさっさと辞めて、転職活動をしたほうが効率がイイですからね。

ただ、そういった退職の引継ぎなどをしながら一人で転職活動をするのはかなり厳しいです。実際引継ぎとかやってると転職活動ってほとんど時間を割けない状態になってきますよマジで。

そうなると転職エージェントを使って時間効率を上げていくしかない状態になります。エージェントの利用は必須ですね。

転職活動には転職エージェントを利用しよう


転職エージェントはプロのエージェントがあなたと面談して、あなたに合った求人情報を提供してくれます。

また、履歴書の書き方や面接の方法のアドバイスをしてくれるので、一人で情報収集するより時間の節約になります。

転職するには、今いる業界(業種)に転職するか別の業界に転職するかで、大きくやりかたが違ってきます。

ただ、どちらの選択をするにしても、転職エージェントを使用すると効率的に転職できるのは間違いありません。

なぜなら、転職エージェントは、あなたと面談をして希望の求人を選択してくれたり、履歴書のの作り方や面接の具体的なやり方までをサポートしてくれるからです。転職のプロであるエージェントがキッチリ転職のアドバイスをしてくれます。

なお、エージェントは登録から利用までが無料になっています。

これは、企業側が求人を出してエージェントに登録しているため、企業が転職エージェントに費用を支払っているためです。

このため、求人者は完全無料で利用できるわけです。

転職エージェントは登録すると、担当のエージェントがついて、あなたの希望の求職条件がどのようなものかを面談してくれます。

それをふまえて、良い求人をピクアップしてくれるので、効率的に求人を探していくことができます。

自分にどんな仕事が合っているかを一人で悩んで考えていると、どうしても自分の適性を見失いがちです。

転職エージェントではプロのエージェントに相談できるので、自分の適性を第三者の目から見て、的確なアドバイスをもらうことができます。自分では思いもよらなかったキャリアの適性が見えてくることもあるんですね。

転職をする意志が少しでもあるなら、自分が転職をイメージしている業界の動向を一度転職エージェントに相談してみるのをおススメします。

無料で相談ができるので、気軽に自分が転職に向いているか、転職したい業界は今どういった状況なのか?給料はアップするのか?などをを聞いてみるのもイイですね。

転職活動はとにかく一人でやると時間がかかります。履歴書作成・面接の準備、企業の情報の収集など、これを一人でやるのは効率が悪すぎます。転職エージェントを利用すると、こういう時間のかかる作業を削減することができます。

ブラック企業は勤めながらの転職活動ってかなりむつかしいです。一回辞めたからじゃあないととても転職活動なんかできない会社がいわゆるブラック企業ですからね。そのあたりの自分の状況を考えて行動していくことが大事になってくるんですよね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!