転職活動を諦める理由 結婚や親の介護やマイホーム購入で諦めていいのか?

新築住宅

結婚すると、親の世話や介護、マイホーム購入など時間的な制約、精神的な制約、金銭的な制約が増加しますよね。簡単には身動きができない状態になるのは結婚するとしょうがないことです。

結婚した後にどうしても転職をしたい、またはしなければならないといった事情がおきることはよくあります。

上司からのパワハラで鬱になった

会社の経営が傾いてきて将来に希望が持てない
仕事がハードすぎて体がもたないもう限界だ
どうしてもやってみたい職種の仕事が出てきた
サラリーマンをやめた独立してみたい
会社がブラックすぎて精神的にも肉体的にも限界だ

といった理由で転職をしなければならない時があります。

以前の終身雇用が当たり前の時代なら、約40年間一つの会社でずっと勤め続ける・・・・といったことは考えられましたが、この不安定なご時世で、ずっと一緒の会社に定年まで勤め続けることができる幸運な人は少なくなってきています。

転職したいけど、親の世話や介護があって転職できない。失敗できない。マイホームを購入してしまった。とても転職するリスクはとれない。

といって悩んでいる人も多いです。でもちょっと待ってください。そうやって我慢しててもしあなたの身体とかが壊れてしまったらどうなります?我慢してかっこいいとか思ってそれが家族のためになっていると自己満足になってませんか?

どのみちあなたが体を壊せば、収入源がなくなるのはわかりきっていますよね。

そう、結局、結婚が有ろうが親の介護があろうが、住宅ローン組もうが今の仕事であなたが体を壊したら終わりですし、どのみちその仕事を定年までやっていくつもりなんてサラサラないんですよね?それだったら

転職>結婚・親の介護・住宅ローン

というのが当たり前です。あなたの人生ですからね。そもそも、転職を反対する結婚とか、親の介護で転職できないとか、住宅ローンがあるから転職できないとかってそのうち、どのみち自分の精神的に無理がたまりすぎて破綻しますよ。

関連記事:住宅ローンがあるけど転職したい場合の行動

会社って住宅ローンを組んだ瞬間に海外転勤とか左遷とかあります。住宅ローンを組んだらもう会社を辞められない奴隷になるわけですからね。そんな状態で3000万円とかローン組むって怖いですねえ。というか私は無理ですすいません。住宅ローン組む前に転職したい人は検討しておいたほうがイイですよ。ローンを組んでしまってから転職する場合は今の会社に勤めながら転職活動をしましょう。それがリスクを回避する唯一の方法ですよ。

なんでも自分ひとりで背負い込むのは良くない そうしていると悪い方悪い方に物事が進んでいきます 自分の意志を抑えすぎると人生が破滅します

残業するおっさん

あなたは、今なんでも背負い込もうとしていませんか?

親の介護や、マイホーム購入で住宅ローンがたっぷり残っている状況を考えてすべてをじぶんだけで背負い込もうとしているのかもしれません。

もちろん、一家の主として責任を負うことは大切ですが、それとすべてを背負うことはちょっとちがいます。すべてをひとりでしょい込んでしまうと、他の家族に負担を減らすためのお願いができなくなったり

「自分が一人で耐えればいいんだ」みたいな悲劇の主人公的な思考に陥りがちです。

マジメな人ほどこういった思考に陥りがちで、このまま我慢して生きていくと高確率でうつ病を発症します。まずは。人生なんでも自分ひとりでしょい込む必要はないんだということを認識してみましょう。

もうすこし本当に自分のことを考えてみてくださいよ。そうやって自分を追い込んでいくと遅かれ早かれ「うつ病」になりますよ。それほど人間の身体って頑丈にはできていないです。

今大丈夫でも3年後とかに確実に体ってガタがきますからね。うつ病って相当重症になってこないと自覚症状が出てきません。ガンと一緒なんですよね。

会社行く前に、吐き気とか複数があったり、めまいとかがあったり、よく眠れなとか、悪夢を見る、「死にたい」と思うようになる・・・・こういった自覚症状が出てきたときは、もうかなり、うつ病は重症になってきています。

こういううつ病って、「自分を抑え込んで、一人で抱え込むまじめな人」がすごくなりやすいです。楽天家でちゃらんぽらんな人は自分がすごく悲惨な目にあっても、状況が悪くても意外とうつ病にはなりません。

あなたはマジメなひとなんでしょうね。

関連記事:どのくらいでうつ病になるのかを調査

長時間残業をしてストレスがたまっていくと、意外と簡単に「うつ病」になってしまいます。具体的にどのくらいでうつ病になったかを体験を踏まえてごしょうかいしています。あんまり思い出したくないことですが、これがあなたの役に立てば幸いです。

転職はリスク「だけ」と考えていないか 転職しないリスクも高いですよ 人生が納得いかないのは「ブラック人生」ですからね

燃え上がるサラリーマン

日本での転職はリスクがある「だけ」と思われがちです。まだまだ、一生一つの会社で勤めあげていくということを社会全体の構造から洗脳されている雰囲気があります。

たしかにやみくもに転職してもリスクが大きいですが、戦略をもって転職エージェンシーなどを利用しながら転職を行えば、今より待遇のいい会社に転職することも可能です。

というか、転職ってあなたが思っているより、きちんとした転職活動すれば普通に就職できますよ。情弱だとハローワークとかタウンページとか使って転職活動するから悲惨なことになるわけです。ちゃんと転職エージェントを使って転職活動すればあなたの希望の求人を得ることはそれほど難しくはありません。

ハロワってブラック企業がてんこ盛りなんですよね。これってハロワが掲載企業を審査していないからなんですね。ブラック企業の奴隷の良質な漁場になってしまっているのが現状です。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありせん。また、転職のプロであるエージェントが転職活動に的確にアドバイスをしてくれます。

実際転職って難しいと思われがちですし、初めて場合は何からやっていいのかわからないってのもあります。

しかし転職活動って優良な求人を紹介してもらった、アドバイスを受けて履歴書を作り、面接対策をすれば内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

転職の理由が深刻なものなら転職すべき そうしないと後で大きな後悔がまっています

親の世話や住宅ローンがあると、どうしても身動きを取らないでいまの会社にしがみつこうとするのが人間です。

人間は変化を恐れる動物なので、今の状況がキツイ状況であっても慣れている環境から抜け出すのはストレスを伴います。あたなが、親の世話や住宅ローンがありながら転職を考えているということは相当深刻な状態なのですよね?

その場合は転職することをリスクと考えるべきではなく、「転職しないことがリスク」とかんがえるべきです。さっき言ったように、転職しないでずっとブラック企業でガマンしていれば、いずれ身体を壊して人生自体がはたんしてききます。怖いですねえ。

今の会社に勤め続けることがリスクが無いと思ったら大間違いです。

大手の会社でもいくらでも業績が悪くなってリストラを始めるのが普通の時代になりました。もし会社の経営が悪化したときに転職もできないような人間ではどうすることもできません。

転職することはキャリアをアップするチャンス、今より働きやすい企業に移って、思う存分仕事ができるチャンスと考えるべきなのです。

それこそ今の日本ではキャリアをアップする外資系企業も多く存在します。

TOEICを学んで外資系企業に転職したり、業績の伸びている業界やベンチャー企業に転職すれば待遇や仕事の内容の濃さもアップすることにが多いです。

今いる会社に我慢してずっとい続けることのほうがリスクになっていくような時代に徐々に世の中は変化しつつあります。

というかまあ、とにかく普通に転職すればいいことですよ。そのための環境は今の時代は余裕でありますからね。

家族の反対があっても自分が生きている意味が無ければ意味がない

「でも家族の反対があって・・・」と、転職の踏ん切りがつかないことも多いでしょう。

それこそ、家族にとっても転職がリスクという考えは簡単に取り除くことはできないです。

ただ、このまま現状維持を続けていると、あなたのキャリアの価値はそこでストップして今います。そういう状況ではキャリアもスキルも頭打ちになることは目に見えています。

人間はチャレンジ精神を失ったらそこで成長が止まると言われています。無謀なチャレンジはそれこを家族に迷惑がかかりますが、考え抜いて計画的なチャレンジはむしと状況を好転させるための知恵です

もし今の会社で不満があったり、精神的に限界にきている状況だったら逆にチャンスになるということです。

定年まで今の状況を続けていることを想像できないならば転職を検討してみましょう。

関連記事:転職間に前に住宅ローンを組まないほうがイイ理由

ブラックな会社って住宅ローンを無んだ瞬間に僻地とか海外に異動させられます。なぜなら住宅ローンを組んだらもう会社を辞められないぞこいつ・・・と思われるからです。首輪をつけられているわけですね。そりゃ3000万円とかローン組むなんて頭おかしいですよ。住宅ローン組む前に転職したい人はしておいたほうがイイですよ。

これからの時代はサラリーマンでも会社だけに依存しない時代

鬼囚人

これからの時代は、思考停止して会社に勤めていればだいたいのことがうまくいくといった時代でないようです。

東芝やシャープの例を見ても明らかで、会社に骨をうずめようと思っているといずれ破たんするときがきます。

親の世話や住宅ローンで時間的や金銭的な負担が大きいならなおのこと会社べったりの状況は避けていていものです。副業をしたり、さらなるキャリアアップのために勉強したり、今後伸びていく業界に転職したりするのは必要不可欠な選択なんですね。

そういった選択がメジャーな選択になってくる時代がそこまできています。定年まで同じ会社に勤めていけるといった考えは今後捨てるべきですね。

というわけで今の状況でガマンするのは自分がかっこいいと自己陶酔しているだけです。逆にそれはただの「思考停止」なんですよね。自分の行動は自分で判断していきましょう。そのためには転職は必要不可欠です。

転職を成功せるためには転職エージェントを利用しよう

考えるサラリーマン
「そんなこと言っても転職って始めただからどうすれば・・・」と思っているあなたは転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントはプロのエージェントがあなたと面談して、どんな業界に向いているか、今伸びている業界の情報や求人情報を的確にアドバイスしてくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)かリクルートエージェントを選択しましょう。

JAC Recruitmentもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

JAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

JAC Recruitment(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!