転職が恥ずかしいなら一生奴隷 社畜洗脳を解いて行動しないと人生破たんする理由

心臓が痛いサラリーマン
「転職するのが恥ずかしい」

ってのは、まあぶっちゃけたとえばブラック企業とかでこき使われて、パワハラとか受けて悲惨な目に合ったことが無いんだなあ・・・って正直思います。

だって、私も経験しましたけど、会社でこき使われて激務で限界になったりパラハラ受けて毎日イジメられたりすると、まあ転職とかするのってホントなんというか

「このままこの場所にいると死ぬかもしれないので転職しないとやばい」

みたいな状況になるからですね。そこまで過酷な状況でないにしろ転職なんて9割以上が今の仕事に不満があるから、今よりいい労働環境を求めていくって行く行動ですからそこに

「恥ずかしい」

って感情がわくうちは、転職なんてしないほうがいいです。たぶん後悔しますよ。恥ずかしいとかそんな感情がわくってことは、そこまで今に仕事で切羽詰まってない状況ですしまだ余裕があるのかもしれません。何となく嫌だから転職したいなとか思ってる段階かもしれませんからね。

ほんと、ガチで今の仕事ヤバい、こんな場所で仕事やってたら人生最悪になるとか思うと「転職するのが恥ずかしい」とかいう感情はほとんどなくなってきます。ソースは私ですけどこれってブラック企業で追い詰められたことがある人なら納得できるんじゃないかと思います。

その職場にいたら「ガチでやばいな」とか危機感を感じるとまあ、「転職が恥ずかしい」とかいう生ぬるい感情ってまあ無くなりますからね。

そりゃあ、一瞬は思ったりするかもしれませんが、「転職が恥ずかしいから転職しないでおこう」とかになはりませんからね。そんなことしたら、自分のみが持たないからです。

仮に、今の職場に不満があるとか出なく、キャリアップとかでの転職だとしても「転職するのが恥ずかしい」からとか躊躇しているうちは転職しないほうがいいですよ。その心情とかにとらわれてるのに無理に転職しても後悔するだけですからね。自分ん人生を良くしていくために転職するんですから、恥ずかしいとか温い感情で妨げられるなら転職とかしないほうがいいですからね。

自分に人生をけっこう大きく左右することで「恥ずかしい」とかまあそんな上っ面のどうでもいいことにとらわれてると人生普通に傾いてきますからね そこは覚悟しておいてください

転職って自分の人生を大きく左右こともあり明日よね。私事ばかりで恐縮ですけど、私はブラックな金融機関から割とホワイトな製造メーカーに転職しました。

ただ、会社が変わっただけなんですけど、人生が変わったくらいの生活の変化がありました。ノルマのストレスも無く、パワハラ上司もほとんどいなくて、仕事は基本定時で帰れてサービス残業もありません。時間に余裕が出て、趣味、恋愛などをやっていく時間もできましたし、それまでの生活は仕事だけやってただけの生きる屍だったのに対して人生を生きている感じを実感しましたからね。それでいて、まあ給料も同じくらいで、いままでの生活はいったい何だったんだ?くらいに思いましたからね。

転職するのが「恥ずかしい」って思う時点で転職なんてしないほうがいいですよ。転職って、そりゃあうまくいくこともありますけど失敗することもあります。

でもまあ、今の会社にずっといることのほうが完全に「人世失敗」になってしまうので、ある程度のリスクは取らないとどうしようもないので転職する・・・・ってのが転職する人の本音じゃないんですかね?

何度も言いますけど、転職ってそりゃあ失敗することもあります。でもまあ、普通に転職活動してちゃんと履歴書書いて面接対策すれば、そこまで失敗する可能性ってのは

かなり低くなりますしね。ましてや、今務めている会社がブラック企業とかだったら、転職すれば高確率で今よりは「マシ」な労働環境になります。

どのみち、今の会社にいても地獄なんですからそりゃあ労働環境を変えていかないとそのままの状況が定年まで続くことになります。ちなみち労働環境わ悪い職場って状況が悪くなっていくことはありますけど、改善されてよくなるってことな絶対と言い切っていいほどないですよ。そもそも経営者がそういう方針なんで、さらに調子に乗って従業員をこき使って、賃金を低く設定していこうとかたくらんでいますから、そりゃあ労働環境が良くなるわけはありません。

結論言うと、労働環境が悪くて、その職場に耐えられないなら転職する下選択肢が無いってことです。当たり前なんですけどね。でもまあその時に「転職するのが恥ずかしい」とかいう意味不明な思考になってしまって、転職できないってのは本末転倒ですし、そもそも最初から転職する気なんてないんじゃないですかね?

そもそも、転職がはずかしいって思ってるとブラック企業の思うつぼですからね 社畜洗脳が上手くハマってるわけで利用されるだけ利用されて捨てられるパターンが濃厚です。

「転職するのが恥ずかしい」

っていうのは典型的な「社畜洗脳」されている状態ですね。社畜洗脳ってまあ、子供のころからマジメに生きろとか我慢が大事とか教えられてきてるマジメな優等生がハマるんですけどね。

「仕事は我慢してずっと死ぬまでやったほうがカッコイイ」

「俺は風邪ひいても体調がわるくても会社に来るぜ」(風邪ひいてうつすの迷惑なんでこないでほしいんですけどね、実際につい最近こういったことを言った上司がいました。昭和??)

「仕事で死ぬなら本望だ」(だったら勝手に死んでください、その考え方を押し付けないでください)

「俺、サービス残業で今月200時間やったで、ドヤ」(頭おかしいんですかね?っていうかただのバカ)

と言う感じですよね。まあ仕事をやってる自分に陶酔しきってるのが社畜洗脳なんですけど、これだとブラック企業とかには思うつぼなんですうよね。そりゃそうですよ。

サービス残業とか違法行為ですけど、それお自分からやりたいみたいな感じでいくらでもやってくれるんですからね。会社からすると

「このバカ使いやすいから、とことんこきつかってポンコツになったら破棄しよう」

って思われてますからね。もちろんそういった本音は絶対に言わないですけどね。なんでそういう会社の本音に気づかないんですかね。昔ならいざ知らず、今なんていくらでも

ネットなどで情報が入る時代なのに、こういった社畜洗脳されている人は根強く生き残っていますからね。こういった社畜洗脳が強い人だとやっぱり

「転職するのが恥ずかしい」

ってなりますよね。なんとうか会社を辞めるんことが「負け」とかそいう風に思うわけですよ。何が負けなのかよくわからないですけど、まあとにかく社畜洗脳されてる人にとってショボイ労働環境の会社だったとしても辞めることは「負け」になるってことですね。

負けになるわけだから「転職することは恥ずかしいこと」ってことになります。社畜洗脳されていて、それを解くことができなければ転職とかしないでしょうしね。一生いいようにこき使われます。

でもまあ、社畜洗脳差ているからって、人間なんて弱いものですし、激務が続けば過労で倒れたりうつ病になります。意外とあっさり体ってのは悲鳴を上げますからね。

そして、仕事ができなくなったときに会社とかってなにも助けてくれません。当たり前なんですけどね。奴隷とかをわざわざ助けるわけないですし、ポンコツになった奴隷は早めに廃棄して生きのイイあたらしい社畜洗脳された奴隷を補充すればいいだけですからね。

だから、まあ「転職するのが恥ずかしい」とか言ってるなら一生こき使われてるのもいいんじゃないですかね?それはそれで社畜にとっては幸せなんでしょうからね。私は死んでも嫌ですけどね(^O^)

関連記事:会社辞めたら負けとかいう時点で社畜洗脳されてる事実

会社を辞めたら人生終わり、負けとか短絡的な情報がいっぱいすね。そんなので終わったらとても生きてけないでしょ。仕事なんて労働環境があまりい悪かった自分で変えていかないと状況はもっと悪化していきますからね。逃げるとか責任とかそういうきれいごと言ってる人はもうダメでしょうね。

たしかに、世の中の価値観は「ずっと同じところで働け」みたいな空気ですけど、給料上がらないポストも無くて出世もできない今の世の中ではこれはナンセンスだってことは、もう若い世代を中心にわかってることですからね

世の中の価値観みたいのっていまだに

「ずっと同じところで働け」

みたいに言われてますけど、まあこのあたりの価値観は今時の若者の間では崩れ去ってるんでしょうね。

これってある程度勤めていればだんだんと給料が上がっていって、マジメに仕事やってればある程度出世するみたいな状況だから成り立つわけですからね。今は、給料もガチで上がらないですし、ポストも無いですしまともに出世とかもできないですしね。そんな状況で「ずっと同じところでガマンしてひたすら働け」っていわれても

「はあ?なにそれ?」

ってなるのは当たり前です。

こういった状況でまあ「転職するのが恥ずかしい」とかいう思考って致命的じゃないんですかね?というか恥ずかしいとかってなに?って感じですよマジで。

だって世の中新卒で入った会社なんて半分以上の人が辞めてるわけですから、半分以上の人は「恥ずかしい」ってことになりますからね。なんかそれもおかしい話です。

こうやってクドクド書いてますけど、転職するのが恥ずかしいとか言ってるのってちょっとあまりにナンセンスで、それだったらずっと今のショボイ労働環境で働けばいいんですよね。

誰にも迷惑は掛かりませんし、あなたの人生がしょっぱくなるだけですからね。

若いうちに失敗と化したほうがいいとか、なんか青臭いこととかじゃなくて、現実的に今の状況が悪くてそこから脱出したいなら「恥ずかしい」とか思うのって論外ですからね。

というか、言ってしまうと恥ずかしいとかお言ってるくらいなら、一生奴隷のまま生きていったほうがいいですよ。自分で考えて自分で行動できないってのは奴隷になったほうが

ある意味楽かもしれませんからね。そんなことは自分自身が一番よくわかってるのかもしれませんしね。

転職活動するにしても一人で求人探したりするのはけっこうめんどいですし効率も悪いです 一人でやってるとブラック企業に捕まる可能性も高いので転職ツールは使ったほうが無難ですからね

転職活動するにしても、一人で求人探したりするのはかなりめんどくさいですし効率ガチでわるいですしね。それに一人で転職活動やってるとやっぱり視野が狭くなってブラック企業とかにも捕まりやすくなります。転職ツールを使ったほうがベターなんですよね。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.CONNECT(コネクト)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かリクルートエージェントを選択しましょう。

CONNECTもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!