転職での面接で自信がない時の対策方法 ハッタリと自己暗示が大切な理由

よくあることですが

「面接で自信がないから怖い」

「自信を持つことができない面接でオドオドしてしまう」

という悩みってありますよね。

これは気持ちはわかります。新卒で入った会社を辞めて、そのあとフリーターでずっとやっていた人とかは、面接で自信満々にやれと言ってもいきなりは難しいです。たしかに自信を持つっての簡単には行きません。

ただ、面接ってやっぱり自信をもって堂々と発言するのが条件です。面接官も面接でその人の履歴とかよりも、どういう態度で受け答がきっちりできているかを見ています。堂々とした態度でキッチリ質問に答えることができる人のほうがそりゃあ印象は全然いいです。

ただね、これってみんな自信なんてない人のほうが多いんですよ。たまに自信満々で勘違いしている人いますけど、たいていの人は相当な自信家でない限り、ふつうに面接とかで自信がある人のほうが少ないですよ。

じゃあ、どうやった堂々とした態度で話してるるの?

と突っ込まれると、それは「ハッタリかましてる」だけなんですよね。

「ハッタリなんて、ハッタリだけで面接とかのりきれるのか?」

とあなたは思うかもしれませんが、実際仕事になると「ハッタリ」ばっかりの世界ですよ。

もちろん、全然実力が無かったり内容が無かったりしたらまずいですけど、仕事って、例えばお客さんの対応とかもハッタリで乗り切ったりします。

お客さんって、オドオドした態度の営業からはモノを買いません。自信をもってはっきりした態度で言い切る感じの営業から物を買います。

これって、実はハッタリなんですよね。世の中自信に満ち溢れている人なんて少数派です。みんな無理してハッタリかまして生きてるんですよ。

だって、ハッタリかませないと仕事も恋愛も、人生も上手くいかないことがおおすぎますからね。

そうその人生の一部の面接だって「ハッタリ」重要ですよ。自信を持ったような「ハッタリ」をかまさないと、面接官に

「こいつオドオドしてるなハイ不採用」

とかなってしまいます。

ハッタリって言葉尻は悪いですけど、かなり大事な要素です。面接でもそうですし仕事の面でもとても大事な要素です。ホントですよ(;^ω^)

正直、面接で自信満々の人なんていないですからね。不安なものです。

ハッタリって誤解を受けていますけど、言い換えると

「自分を自信があるように見せる技術」

ですからね。どんな大企業の社長とか政治家、法律家などもどれだけハッタリをかませるかで勝負か決まることはものすごく多いわけです。

関連記事:面接で落ちる人には理由があります

転職の面接で落ちまくるのは私も転職の時に経験しました。面接で受からない理由がわからなかったのですが、そこを自分なりに考えてみて、それについて対策していきました。理由と対策を私なりに転職経験から具体的に書いてみました。自分を客観的にみてみて対策をしていけば面接はクリアーできるので大丈夫ですよ。

会社とかに入ると「ハッタリ」かませる人が出世しますよハッタリをかますのはある意味スキルです 誤解のないようにしてくだしあ

会社に入ると、重要な会議とかでも言い切れるだけの「ハッタリ」が大事になってきます。

「このプレゼン微妙じゃね?」

と思われていていても、堂々と言い切る口調で論破するというハッタリで押し通す必要があるときもあります。

これって、仕事やってるとかなりあります。こういうハッタリで行かなければいけない場面てかなりあります。

仕事をすでにやっている人なら「あるある」と思うでしょう。それだけ「言い切る」「堂々とした態度や口調」というのは大事なんですね。

もちろん、この人たちが自信があるというわけではないです。ぶっちゃけていうと「ハッタリ」です。上手くハッタリ使える人は結構出世します。もちろん仕事がある程度できるのが前提ですけど、それと同時に自分の意見を

多少強引にハッタリで押し通すことができる人が仕事をうまく回していくことができます。ハッタリかませる人ですね。

そうハッタリって悪いイメージがありますけど、なんでも「バランス」ですよ。

ハッタリだけじゃあだめですし、かといって仕事ができるだけでもダメです。両方バランスよく使いこなせるのが大事です。

でもね、ハッタリってなんか薄っぺらくて悪いイメージがありますけど、世の中の社長とかはハッタリのスキルとかものすごいあるんですよね。そのスキルだけでも生きていけるくらいハッタリがうまいわけです。

まあ自信を持つって事が根底に大事なんですけどね。その自信の持つためのマインドは、自己暗示で「私が面接を受けてやるんだ」暗示をかけることです。

関連記事:面接で落ちまくってしまうときには原因があります

転職活動をしていて面接で何度も落ちる。これって面接の準備が悪いか、面接で改善する点があるのかもしません。自分の長所と短所をしっかりと認識して、マジメ一本での受け答えは避けてフレンドリーな受け答えを心がけるのが面接に受かるコツです。また、自分だけでは悪いところを見つけるのはむつかしいので、第三者に面接満天星をしてみるのも効率がいいです。

面接でのマインドは「落ちても別にいい」「会社はいくらでもある」「私が受けてやるんだ」というもの 実際面接は1度ではないので、いくらでも受けれますからね

面接で自信がない人は、仕事での前練習と思って面接で自信があるような態度を「ハッタリ」かませるようにしましょう。

「でもさあ、ハッタリっていってもどうやってつかるようになるの?

というのはまず「マインド」を変えていきます。

これは自己暗示をかける感じで、

「面接では落ちても別にいいさ」

「会社はいくらでもある

「私が受けてやるんだ」

位のマインドでいくとちょうどいい自信をもってハッタリかますことができます。

これも、自分で何度もつぶやいてみたりするのが効果的です。特に夜寝るときに10回つぶやいてから寝るとか普段からつぶやいてみるとか、とにかく自己暗示をかけるのがポイントです。

よくあるマインドコントロールによる自己暗示ですけどかなり効果があります。思い込みってやつですよね。

そう「いいいみでの思い込み」が「いい意味でのハッタリをかます」ということにつながります。

もともと自分に自信がない、自信が持てないという人は面接のときだけでも堂々とした態度をとることができるようになります。

ちなみに、もともと自信満々の人ってほとんどいませんよ。よく自信満々の態度を取っている人って、実は気が弱かったりします。

それこと自己暗示かけて頑張ってるんですよ。

一番いいのは、自分の人生で積み重ねていく自信がイイのですが、それを待っていると何年もかかってしまうので、面接を受けるというときには間に合いませんしね(;^ω^)

自己暗示は立派なマインドを確立する方法なので、やってみると効果はかなり高いです。大事な面接です。自のある堂々とした態度で面接を受けるように持っていきましょう。

関連記事:面接でのマインドの持ち方

あがり症だと面接でしゃべれないくらい固まってしまうケースもあります。その場合は緊張を緩和させるために、緊張感を受けいれるマインドが必要になってきます。開き直りにちょっと近いですけど落ちてもイイくらいのマインドがちょうどいいです。また、模擬面接を何度もやることで緊張が緩和されていきます。

転職エージェントで面接のアドバイスをもらのは必須です

考えるサラリーマン

面接で自身の無い人は転職エージェントの利用は必須です。転職のプロであるエージェントに面接のアドバイスをしっかりもらったほうがイイからです。

エージェントのアドバイス無しで自分の考えだけで面接をうけると、どうしても独りよがりになって失敗の基です。

もらえるアドバイスはしっかりもらって、自分なりにかみ砕いて自分のものにしていきましょう。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職エージェントに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職エージェントはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職エージェントの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.パソナキャリア

3.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録はスマホでは下段の転職希望時期→希望勤務地と入力していき、パソコンでは公式ページのだいだい色のボタンの「簡単スピード無料登録」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけでスマホ・パソコンとも1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (←公式サイトに移動します)

 

 

 

リクルートエージェントが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)を選択しましょう。

パソナキャリアもJAC Recruitmentも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

パソナキャリアは幅広い求人が多くJAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多いのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

パソナキャリア (公式)

 

JAC Recruitment(公式)

 

もともと、面接っていのはどれだけ

「自信を持った態度で堂々としゃべることができるか」

っていうことが一番重要視されます。話している内容とかは二の次なんですよね。

話の内容がしょぼくても、その人が堂々としゃべっていると、その放して言う内容がなんかすごいことのように「錯覚」するもんなんですよ。

特に面接って短い時間で、面接官とのやり取りをして決めるものですから、そこで人間性とか仕事ができるかどうかを判断するなんてことは不可能です。

「仕事ができそうな雰囲気がある」

「この人は堂々としているから、仕事もちゃんとやるだろう」

「この人はハキハキとしゃべるから性格も明るいだろう」

とイメージだけで判断されるっていうのが面接です。現実はそんなものです。

だって、面接で完全に判断できるなら、仕事のできない人なんて会社に居なくなりますからね。そういうことです。あなたの会社にも死ぬほど仕事できない人いるでしょ?

「なんでこんな人面接で採用したんだろう」

っていう人もけっこういます。だから面接はハッタリかっまるのが上手ければそれで採用されてしまうようなものなんですね。

そういうもんです面接ってもんは。だから、思い切り明るい雰囲気でハキハキ堂々としゃべる人が勝つんですよ。性格が暗くても、面接の場でそういうことができる人が勝ちます。

しかし、いきなり面接の場だけそういう堂々としたしゃべりをしようとしてもなかなかむつかしいです。そこは模擬面接などをやって、練習しておく必要がありますからね。

逆に言うと、面接の練習(シュミレーション)をやっておけば、面接は長くても20~30分程度なので、普通に乗り切ることができます。練習やるかやらないかだけなですよ。

いくら普段うまくしゃべれる人間でも面接の練習をしていないと失敗します。

これってやってない人がけっこう多いんですよね。模擬面接だけはやっおきましょう。転職エージェントで面接対策の相談をすれば模擬面接の練習についてアドバイスをもらうことができますからね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!