面接での逆質問の対応と自分アピールをし過ぎないほうがイイ理由

メモを取るスーツの女性

新規採用でも中途採用でも面接で「最後に一言お願いします」というのはほんとよくありますよね。

これって、よく就活の情報誌みたいのだと「アピールポイントなのでやる気を前面に出していこう」みたいなこと言ってますけど、実はあんまり最後の一言は関係ないんですよね。

実際私、面接官やってましたけど、

「最後に一言お願いします」

「いえ、特にありません」

というケースでも受かる人は受かるし落ちる人は落ちます。

逆に、最後の一言が「ウザい」感じて落としたことがありました。そう、「最後の一言」ってたしかに自分んをアピールするのにもいいんですが、逆に面接官にウザがられることもありえる「諸刃の剣」なんですよね。

そう、「最後の一言」はまあNGなことさえ言わなければいいわけです。そこまで力を入れなくていいんですね。差所に結論言っちゃうとNGなことを言うくらいなら「いえ、特にないです」っていったほうが100倍マシなんですね。

最後の一言でNGなこと

「御社はどういった仕事をするんですか?」

この会社を受けにきたのに仕事内容を聞くのはNG。というか「お前そんなのしれべてないのかよ」と思われます。

「この業界はどのようになるのでしょうか?」

この業界について調べてないと思われます。これじゃあ「勉強不足です」と自分から言っているようなものです。

とこのくらいですかね。NG過去とさえ言わなければいいです。

本音を言うと知りたいところですけど、こういう質問はしないほうがイイです。

面接は「最後に一言お願いします」の最後の一言で決まることはほぼ無い なので無難なことを言えばいい

もう一度言いますけど、「最後の一言」でどんなに素晴らしいことを言ってもそんなに評価変わりません。

そんな面接の場で「名言」を吐ける可能性は少ないですし、実際もうすでに評価はその時点で決まっています。

ちょっと夢のない答えですいませんね。実際「最後の一言」は無難な言葉で充分です。たとえば

御社でぜひ働きたいと思っています。よろしくお願いします。

入ったばかりは何もできませんが、3年後には使える人材に必ずなりますので、どうかよろしくお願いします。

私の印象はこの通りです。御社に入ることができたらもっと努力しますのでよろくお願いします。

特に何もありません。

とまあ無難な回答ですけど、無理やり長々と自己アピールするのはあまりよくありません。そんなの、最初に自己アピールの時間は与えられているので、わざわざもう一度やる必要はありません。

でもなんで、私がこんなアドバイスすると思います?実際に面接をしていた側の人間にとって、面接って「仕事」なんですよね。

当たり前ですけど。

だから面接もスムーズに回して、早く終わらせたいわけですよ。

そこで、最後の一言とか聞くんですけど、そこから自分アピールを一生懸命やる人がいたらどう思います?

ハッキリ言って面接官も人間なので「こいつウザいな」「自信過剰じゃねえか?」とか思うからです。

もちろん、やる気を見せる言葉を言っても問題ないがあまりに「やる気ばかり」をみせるとウザさがでる 面接官も人間です

面接でやる気を見せるのは悪いことはありません。

でもけっこう勘違いして、自分アピールをしまくる・・・・・結局なんか「自慢話」みたいにないりがちなんですね。

「自己アピール」と「自慢話」っていうのはこれも諸刃の剣です。

プライベートなんかで自慢話する人って、思いきり嫌われますよね。面接でも同じなんですよ。

このあたりで「謙虚な人間」と「自意識過剰な人間」っていのがバレバレになってしまいます。

面接やってるとわかるんですよね。何千人も面接してるとそりゃあわかるようになってきます。

ちなみに私は「自意識過剰な人間」はソッコーで落とすようにしてきました。これってもちろん誤解を恐れないで言うとすると

「自意識過剰な人間が嫌いだから」です。まあ、それが謙虚な人間を会社に入れたほうが、会社の雰囲気がよくなりますからね。

会社にとっても良く働くでしょう。

調子に乗って「最後の一言」でベラベラと自分のことを話すのはまずいです。無難な言葉や質問でいったほうが100倍いいですよね。

そんなことより、面接全体をしっかりとこなすような準備をしていきましょう。

面接で受かりにくい人はこの記事を参照にしてみてください。

中途採用などの転職での面接はマナーと企業分析と自己分析が最重要ポイントです。マナーは一般的なことだけできれば十分ですが、企業分析は徹底的にやるのがベターです。自己分析は客観的に第三者に自分のことを見てもらうのが楽ですし確実です。その方法をご紹介しています。

最後の一言対策については具体的には転職エージェントでアドバイスをもらったほうが無難です

最後の一言の質問はそれほど重要視しなくてもいいんですが、それがちょっとわかりにくい人。もしくは面接対策自体が自分ひとりではちょっとむつかしい人。そういう場合は転職エージェントを利用し転職のプロであるエージェントに相談してみましょう。

エージェントがあなたと面談して的確な面接対策をしてくれます。やっぱり面接って他人の意見とかを聞いて対策したほうが楽ですし、性格です。模擬面接みたいなもんですしね。独りよがりにならないためにも大切なことなんですね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!