転職の面接で落ちまくる時の改善方法 自己分析とフランクな面接を目指す理由 

疑問に思う女性

面接を何度も受けてもどうしても正社員に受からない・・・このままではどうすることもできない。一生フリーターや派遣のままなのか?どうしよう・・・

という切羽詰まった悩みを持っている人は多いです。とにかく正社員になりたいと日々就職活動をがんばっていても全然結果が伴わないということ今の日本の情勢では日常茶飯事です。

最初は頑張っていても、連続して正社員に不採用になっていると、あるところで心が折れてしまいます。そうなるとずっと派遣で生きていく人が誕生してしまうわけです。

面接ってめんどくさいですよ。相手が人間だから、自分の悪いところって人によっては個性ですし、人によっては欠点ですからね。面接って精神的なものも大きいですから、一度落ちると気分が落ち込んでズルズルと連続で落ちてしまうケースが多いです。

圧迫面接とかあるとけっこう心が荒んでしまうのでイヤですよね。ちなみに圧迫面接するような会社はブラック企業の可能性が高いのであんまり入らないほうがイイですよ。

関連記事:圧迫面接する会社は辞退しちゃったほうがイイよー

就活してると圧迫面接はありますよね。ただ、圧迫面接する会社はパワハラ上司が多かったり人間関係がブラックな会社っていうことが簡単にイメージできます。だからその会社はさっさと切り上げていいですよ。その場を面接中でも立ち去ってもいいです。時間がもったいないですしね。その時間を優良な求人をさがす時間にあててまともな会社に入りましょう

残念ながら今の日本では「正社員」であることが確実に年収をキープする方法なのです。派遣社員はバイトなどと生涯年収は2億円違うといわれています。やはり正社員にならないと、人生を積極的にに生きていく土台がないわけですので、厳しい戦いになってきます。

だから、正社員になりたいとういのは当然ですし、是が非でも正社員の面接に受かりたい・・・・そう思って何度も面接を受けてもおちてしまう。もう心が折れる寸前だ。どうしよう。

そういう場合には自分の面接方法を改善したほうがイイんですよね。多分面接の方法とかが我流になっていていヤバいことに合ってる可能性がけっこうあります。

面接にはコツがあって、自分のいい面や悪い面を面接官の心に突き刺さるような受け答えが必要です。面接なんてコツさえつかめばけっこう楽勝になる人っておおいんですよ。

だから、それほど完璧な受け答えをする必要もなく、ポイントを押さえれば誰でもできるようなことなので、すこし、視野を広めて面接対策をしてみるのが大事です。

ここでは面接のありきたりなポイントではなく、本当に大事なことをご紹介します。

まず準備不足として自己分析をして面接対応をしてないから しっかり自分の長所と短所を把握しよう

まず、あなたは自分の長所と短所が分かっていますか。わかっていても具体的に相手にわかるように説明できますか?意外と自分のイイところ悪いところってじっくり自分と見つめ合ったり無いとわからないもんなんですよね( ;´Д`)

まずそれができないとまずいので、まず具体的に書き出してみましょう。

たとえば「私の長所は、一つの仕事をあきらめることなくやり遂げることができます。集中力が高いのが調書の一つです。

逆に短所は、たまに視野がせまくなり、もうすこし周りとのコミュニケーションをとっていくべきだと反省する倍もあります。」」

といったことだとします。これをまずパッと言えるようにしておきましょう。

面接ではこの自分の長所と短所を軸にして質問の答えを考えておきます。

例えば銀行に就職するとすれば

長所として私は営業に出て、一つの商品を徹底的に売り上げる自信があります。集中力が高いんので、その商品を売り切る自信はあります。

ただ、短所はその一つの商品以外の別の商品を売るのが弱くなってしまうかもしれません。

となります。

そしてその短所に対して、しっかりと今改善する努力をしているという部分もアピールしておくのが大事です。

「短所は、一つの商品しか売れないかもしれませんが、それではまずいので、視野を広く持つため、コミュニケーションのノウハウの本や、視野を広くするための行動理論の本を読んでいます。今後短所を改善していたいです。」

といったことを言うわけです。

面接はとにかく自分の長所と短所をしっかり把握して、「長所を使って会社にどれだけ貢献できるか」をアピールし「短所を改善しているアピール」がどれだけできるかということが大事です。

そのためにはまず自分の長所と短所をしっかり分析して、そのうえで面接を受ける会社を分析していくことが重要です。ついつい、会社の情報や分析はするけど、自分のことをあまり深く分析していないというパターンはあります。

自分の長所(イイところ)と短所(悪いところ)って意外と把握してないのでこの機会に書き出してわかっておくと、面接とかだけじゃなくて、自分似合ってる業界とかを判断するためにもやりやすくなりますからね。知っておいて損は無いです

己を知ることから面接対策は始まってきます。ということなんでよね。

自分のことは自分でしかわからないですからしっかり自己分析をしていきましょう。

関連記事:中途採用での面接でやっておきたいこと

中途採用の面接で聞かれることで「前の会社でのやってきたこと」を聞かれますよね。うまく前の仕事でのアピールポイントを自分で「具体的に」プレゼンするのがポイントです。あと大事なのはハッタリ力的な部分も意外と大事です。

面接ではあまりに模範的な態度を追求してもダメ 少しラフな感じの柔らかい印象が必要です

面接での態度は、「礼儀正しくまじめに」と教えられると思いますし、それは間違いではありません。

キチンとした身なりで清潔なスーツを着て、髪型は清潔感のある髪型をしていく必要があります。茶髪やピアスは論外ですね。

ただ、見た目はそれでいいのですが、話し方があまりにまじめすぎる人は、面接官にあまり受けがよくありません。

マジメに受け答えはしますが、例えば話し方でもあまりに硬い感じで「御社の○○はですね・・・こうですハイ」みたいに完全面接マニュアルみたいなしゃべり方は、あまり受けがよくありません。

敬語ベースで多少砕けた感じでしゃべったほうが、面接官の心象もよくなります。

イメージとしては運動の部活で気心のしれた先輩に敬語で話すくらいでちょうどいいです。敬語ベースの言葉がしっかりしていれば多少フレンドリーに話したほうが、面接官もその人間に親近感がわくものです。

あんまり、まじめで堅物そうな人間でけっこう敬遠されるんですよね。なぜなら一緒に働いて楽しそうじゃないからです。

基本人間は楽しそうな人間を一緒にいたかったりする生き物なので、面接官も同じの力なら楽し気な人間を選んでしまうのです。

ある程度敬語ベースのフランクなしゃべりと、力を抜いた笑顔が武器になります。ひきつった笑顔じゃだめですよ。

ここでのポイントは「面接を楽しむ」くらいのマインドで面接を受けるのがちょうどいいです。落ちても次があるし

この面接たのしんでやろうか・・・くらいのマインドが、ちょうど失礼のないくらいのフランクなしゃべりを出しやすくなります。

面接と言えども「あたなと面接官のコミュニケーションの場」です。短時間の面接であなたの内面を判断するのはほとんど無理なので、「あなたの楽しそうな雰囲気」「コミュニケーションがうまそうな雰囲気」といった雰囲気で判断するケースがほとんどです。

そのため、ある程度やわらかい話し方はが必要で、緊張しきってマジメ一辺倒の話し方では面接官人の子ですから、「こいつつまらなそうだな」と思って低い評価をつけていしまいます。

先ほど言った「面接を楽しむマインド」くらいの楽な姿勢で面接にの臨むのが最重要になります。

こういう対策はハローワークや学校では教えてくれません転職エージェントを利用してエージェントに相談してみよう

こういった面接対策を一人で進めるのは、なかなか苦労するものがあります。

ハローワークとかで就活について相談する人がいますけどハロワって職員が嘱託の人や派遣の人で別に就活についてノウハウを持ってる人じゃないでしね。

関連記事:ハローワークの職員の対応がムカつく

ハローワークで転職活動をするのはやめたほうがイイです。求人の質が企業が多くて、職員も派遣や嘱託社員なので本来仕事にやる気がありません。ブラックな求人を紹介されて終わり・・・と言うケースが多いです。その点民間の転職エージェントが転職相談するには効率がイイかの理由をご紹介しています。

転職するには、今いる業界(業種)に転職するか別の業界に転職するかで、大きくやりかたが違ってきます。

ただ、どちらの選択をするにしても、転職エージェントを使用すると効率的に転職できるのは間違いありません。

なぜなら、転職エージェントは、あなたと面談をして希望の求人を選択してくれたり、履歴書のの作り方や面接の具体的なやり方までをサポートしてくれるからです。転職のプロであるエージェントがキッチリ転職のアドバイスをしてくれます。

なお、エージェントは登録から利用までが無料になっています。

これは、企業側が求人を出してエージェントに登録しているため、企業が転職エージェントに費用を支払っているためです。

このため、求人者は完全無料で利用できるわけです。

転職エージェントは登録すると、担当のエージェントがついて、あなたの希望の求職条件がどのようなものかを面談してくれます。

それをふまえて、良い求人をピクアップしてくれるので、効率的に求人を探していくことができます。

自分にどんな仕事が合っているかを一人で悩んで考えていると、どうしても自分の適性を見失いがちです。

転職エージェントではプロのエージェントに相談できるので、自分の適性を第三者の目から見て、的確なアドバイスをもらうことができます。自分では思いもよらなかったキャリアの適性が見えてくることもあるんですね。

転職をする意志が少しでもあるなら、自分が転職をイメージしている業界の動向を一度転職エージェントに相談してみるのをおススメします。

無料で相談ができるので、気軽に自分が転職に向いているか、転職したい業界は今どういった状況なのか?給料はアップするのか?などをを聞いてみるのもイイですね。

転職活動はとにかく一人でやると時間がかかります。履歴書作成・面接の準備、企業の情報の収集など、これを一人でやるのは効率が悪すぎます。転職エージェントを利用すると、こういう時間のかかる作業を削減することができます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (→公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!